We need another Metal (and beer)!

メタルCD、ヘッドホン、DTM、プラグインのブログ。オススメが多いです。
SoundCloud
プロフィール

やまちゃ

Author:やまちゃ
スラッシュメタル大好きっこ!
質問したい方はAsk.fmからどうぞ
[Ask.fm]

検索フォーム
カテゴリ別検索
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Twitter
ブログRSS

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

【アルバム】Super Collider / Megadeth【レビュー】

Super Collider


アメリカのメタル、ハードロックバンド、ベテランスラッシュメタルバンドMegadethの14thアルバム「Super Collider」(2013年)です。
14曲収録、内1曲ライブ音源。


本作でMegadethをスラッシュメタルバンドと呼ぶのは終わりです。


Collider「衝突装置、衝突型加速装置」
分子を加速させて衝突させるアレですかね?
ジャケットはそれの内側のイメージだと思います。
すっごく加速しそう!


音は非常に現代的な隙の無い音で、どの音も綺麗に聞き分けられるほどに上手い音作り。

ギターは前作よりザクザク感が少なく、高音階が映える音。

ベースはかなりはっきりと聴こえる。
重く、そしてブリブリとしたような強い音。
中心に重く腰を据えていて、スライドがすごくかっこよい。

ドラムも隙が無い。
手数は多くないが、特にスネアが重く次いで金物が激しさを強調。
バスドラムはさほど強くない。

ボーカルは相変わらずの大佐で「ウネ~ウネ~」みたいな歌声。
やはり癖が強く人を選びそうだが、昔よりかなりよくなったほうだと思います。


各トラックのレートは、


#1 Kingmaker ★5
#2 Super Collider ★3
#3 Burn! ★3
#4 Built for War ★2
#5 Off the Edge ★2
#6 Dance In the Rain ★4
#7 Beginning of Sorrow ★2
#8 The Blackest Crow ★3
#9 Forget to Remember ★3
#10 Don't Turn Your Back... ★3
#11 Cold Sweat ★4
#12 All I Want ★3
#13 A House Divided ★3
#14 Countdown to Extinction (Live At Fox Theater, Pomona, CA./2012) ★3


Top3は、


#1 Kingmaker
最初のトラックだけに気合が入っているよう。
ヴァースなどのリズミカルなリフが印象的。


#11 Cold Sweat
なんというか、Anvil的な曲調。
MegadethがAnvilカバー的な。
ハードロックな雰囲気をまとった曲です。
まあ、Anvilならもっと楽しそうなボーカルだろうなと思いますが。


#6 Dance In the Rain
イントロは静かで重苦しいく悲しげな雰囲気。
結構中盤までその雰囲気が続きます。
中盤からは若干明るめの雰囲気になり、激しめに。
それから後半、非常に激しく変わります。
恐らくMetallicaでいうところのOneやThe Day That Never Comesを目指したのでしょう、全然似合ってません。


あのさ、もうインテレクチュアルどころかスラッシュメタルですらないよね。
メタルですらないのも多々。
ハードロックとしては良い感じな曲もあったかもしれない。

大佐は過去の素行不良で薬中だった過去を改め、今では熱心なクリスチャンになったそうだが、一緒にスラッシュメタルの熱い心も捨ててしまったのかい?
これならMetallicaの直近2作(Death MagneticとSt. Anger)のほうが遥かにスラッシュメタルでかっこよいぞ!
このままではジェネラル(将軍)から本当に大佐へ降格になってしまうぞ!
(過去、大佐が自身のことをジェネラル(将軍)と呼んだが、日本で大佐と誤訳されたことがある)

コンスタントにアルバムを出す姿勢は評価できるけどね。


評価 ★2


動画はKingmaker




スポンサーサイト

【アルバム】Pound For Pound / Anvil【レビュー】

Pound For Pound


さて、今度はAnvilの5thアルバム「Pound For Pound」(1988年)です。
10曲収録。


ジャケットは体重計を破壊するAnvil、金床。
あれですね、重いですよアピール。
金床なので重いのは当然ですw


音は・・・Anvilのアルバムの中でも屈指といえるほど悪いかも;
まだスタジオアルバムは2枚聴いてないんですけどね。
全体的に音がだいぶ篭ってる感じ。

ギターはまださほど重さをアピールしていないようです。
さほどザクザクでは無い。
ちょっと音が遠い。

ベースは最新作路線なバキバキ感の少ない音ですが、やはり篭っておりそしてあまり分離が良くなく聴き取りづらい。

ドラムは聴こえやすいほうかな。
タムの重さはさすが。

ボーカルはまだ若い頃のためか張りのある感じ。
でも現在もそんな大きくは変わってないな。


各トラックのレートは、

#1 Blood On The Ice ★3
#2 Corporate Preacher ★3
#3 Toe Jam ★4
#4 Safe Sex ★3
#5 Where Does All The Money Go ★3
#6 Brain Burn ★3
#7 Senile King ★3
#8 Machine Gun ★3
#9 Fire In The Night ★3
#10 Cramps ★3


Top3は、


#3 Toe Jam
本作では一番わかりやすく激しい。
あまりスラッシュ的ではないけど、まあスラッシュメタルではなくスラッシュメタルの元となる立ち位置なのでこんなものか。
緊張感のあるリフが良い。
リード多め。


#6 Brain Burn
わかりやすくアンヴィルロックンロール。
ブレインバ~~~ン!
ホントAnvilって曲名をサビで叫んでばっかりだよねw


3曲目は、んーーー決まらんです。


正直このアルバムはイマイチ。
爽快感はほとんど無く、Anvilの持ち味であるミドルテンポでもノれるヘヴィメタル、、ロックンロールってのからノれる部分だけ外したような状態。
勧めることは無いですが、Anvil好きとしてコレクションには持っておこうかなって感じ。


評価 ★2


動画はToe Jam



【アルバム】Never Fail / Gurd【レビュー】

Never Fail


スイスのモダン・スラッシュメタルバンド、Gurdの10th(2011年)です。
10曲収録。


ん~、モダン!


いやぁ~、遠目から見てエロジャケシリーズに使えそうかなぁ~、と思って買ったんですよ、最近やってないし。
なんか中途半端感がありますよねー。
爆弾に乗った下着(&ベルト)娘。
そのままブラとれてくんないかな、エロジャケ的に。


さてさて内容ですが、上にも書いたとおり一言目にはモダン。
二言目にもモダン、三言目にもモダン。
それからやっとスラッシュ?って出てくる感じです。

ギターは歯切れの良いちょいザクザク感のギター。
ソロ時の音は良いです。

ベースは結構控えめですが、少しバキバキ感のある重めな音。

ドラムは薄い音ではなく、モダンらしいしっかりした音になっています。
あまりドカドカ暴れないですね。

ボーカルは、通常はちょっと高音めなグロウル吐き捨て。
そしてときどき低音の効いたグロウルになることもあります。
普通に歌うときもあります。


各トラックのレートは、


#1 Never Fail ★4
#2 Terminate ★4
#3 Burn Yourself ★3
#4 Rising from the Ashes ★3
#5 A Higher Meaning ★2
#6 The Truth Will Leak ★3
#7 Blame Someone Else ★2
#8 No Sleep for the Damned (Grapes of Wrath) ★4
#9 Secret Underground ★3
#10 Velvet Apocalypse ★2


Top3は、


#2 Terminate
イントロから続くリフを終始使用し、同じテンションで進んでいきます。
かなり無難な使い方と言えばそうなってしまいますが、私的には比較的好きな部類ではあります。
しっかし、PVちゃちいwww


#1 Never Fail
最初はしっかりと刻んでいます、いいペースです。
しかしミドルテンポつまらん。
ミドルテンポ好きな私には致命的。
しかしそれでも、全曲中でも一番スラッシュらしい曲では。


#8 No Sleep for the Damned (Grapes of Wrath)
一応スラッシュな感じです。
曲はあんまり面白く無いかもしれんが・・・


なんというかダメダメです、スラッシュメタルとして。
私はモダンなスラッシュメタルも普通に聴けて楽しめるスラッシャー、と自負しています。
しかし、ここまでモダンな方向に行ってしまうともうダメですね、スラッシュと認めたくなくなります。
ところどころエモいです。

スラッシュメタルはオールドだ!

なんて信じてやまない人も多いですが、これを聴いた後にはそんな気持ちになりました。

まぁ、曲自体がイマイチ、というのもあるかもですが。


今までのエロジャケはハズレなしでしたが、中途半端なものはダメですね。


評価 ★2


動画はTerminate



【アルバム】Atomik Thrashing Acid / Antacid【レビュー】

Atomik Thrashing Acid


こwwれwwはwwwwww




マレーシアのスラッシュメタルバンド、Antacidのどこかのアルバムですw
もともとLPのみで発売されたものを集めた音源集だそうです。

なぜ日本盤を作った!?

この人たち、絶対初期Sodomが大好きです。


さてジャケットですが、マレーの虎ですか?水分補給中ですか?
うむ、よくわかりません。
なんとなく、スラッシュ系には珍しいジャケットだと思います。


好きな曲Top3、あえて選ぶなら、


#8 Heavy Metal
比較的まともだと思います。
思ったよりよい曲です。
何かのカバー曲?

#6 Demise
あの流れからくると良く聴こえます。

#7 Living In Disorder
同上



後ろ3曲はまあまあでした、それが上記3つ。

CDとしては、音が悪い、曲ごとの音量バランスが悪い、良い曲が少ないといった感じであまり良い印象ではありません。
それでいてほとんどの曲が5分以上で、ところどころ修行になっちゃいます。

わかりやすく表すと、
「初期Sodom(In the Sign of Evilとか)-攻撃性-ドタバタドラム+長編曲=Antacid」
つまりドタバタ加減、それによって出来た過剰な攻撃性、潔い曲尺など初期Sodomが評価された部分が消し去られた状態。


オールドスクールスラッシュって言葉がありますが、それは魔法の言葉だと思いますね。
こういうのにオールドスクールスラッシュって付けとけば古き良き時代を思い出して、このCDも多少良く聴こえるな、と。
そう思いましたが時間をあけて再度聴くと、やっぱりこれはひどいwwww
ポンコツスラッシュってこういうことを言うんだな、と思いました。

最初の1曲を聴いた瞬間笑いました、まじで。


別にオールドスクールスラッシュが嫌いなわけではありません。
初期Sodomの曲だって好きな曲はいろいろあります。
Fueled By Fireは好きです。
このバンドが好きな人もいるでしょうが、私には合いませんでした。


評価 ★2


動画は他に見つからなかったので、#1のDeathstorms Aggressor
(CDには1曲目がDeathstorms Aggressorというタイトルになってますが、その曲でSexual Holocaustとか別の曲の曲名を叫んでます)

はじめのだいいっかい!

はじめまして。

ここでは主にメタル、その中でもスラッシュメタルやフォークメタル、ヴァイキングメタルを中心にCDレビューをやっていきます(文字が大きい順に記事が多くなると思います)

もちろん最後に総合評価?的なものも付けます。
若輩者ですし、楽器は一切出来ませんので、「何言ってんだこいつ」ぐらいの感覚で見てもらってよいです。
評価の段階は、

★5+ 最高の名盤!おまえがメタルだ!
★5  これは名盤!全曲好き!
★4+ ★4より上、★5に届かず
★4  俺、これめちゃ好き!好きな曲いっぱい!
★3+ ★3より上、★4に届かず
★3  俺は好きです、好きな曲が数曲。
★2+ まぁまぁかな。
★2  イマイチ
★1+ ・・・
★1  ふざけんなクソッタレ!このマザーファッカーめが!

にする予定です。
何気に★1の評価コメントが一番長いです。
私の個人的な所感含みまくりなので、一般的な評価とかけ離れる場合もあります。
のちのち評価が変わった場合はもう一度同じCDを書く場合もあります。

あと、時々雑記なども挟んでいきます。
DTMやメタルな着メロを作ってるので、もしかしたらその話も入ってきます。

記事を書くときのスタンスとして、記事初めは敬語でだんだん砕けてくる、みたいな状態を毎回繰り返すと思います、上の評価段階みたいに。
初めから砕けてるときはテンション高いので察してください。


そんな感じでいきますので、よろしくお願いします~


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。