WNAM

メタルCD、ヘッドホン、DTM、プラグインのブログ。オススメが多いです。
SoundCloud
プロフィール

やまちゃ

Author:やまちゃ
スラッシュメタルとフォーク/ヴァイキングメタル大好きっこ!
質問したい方はPeingからもどうぞ
[Peing]

検索フォーム
カテゴリ別
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Twitter
ブログRSS

【アルバム】Facet Of Aberration / Invection【レビュー】

Facet Of Aberration


アメリカのスラッシュメタルの本場ベイ・エリア出身のスラッシュメタルバンド、Invectionの1stアルバム(2011年)です。
10曲収録。


ついに出ました!私が一番期待しているバンドのデビューアルバム!
アルバム発売延期からどれだけ待ったことか・・・


ジャケットは頭を切られた髑髏を大量に吊るしてある・・・
雰囲気は2ndEPの迷宮に似てますが、こっちのほうがかっこよい!
赤を基調にしたところがなんとも本能をかきたてるというか、アドレナリンが出てくるというか、期待感が高まってしまう!


内容ですが、1stEPは知らないのでわかりませんが、2nd、3rdEPから4曲、あとの6曲は新曲とのことです。
(後から調べてみたら1stEPから1曲のようで、新曲5曲のようです)
EPからの曲も若干変更がある部分もあるようです。

非常にシリアスで直球真面目なスラッシュメタルになっています。
音的にはEPのころより若干音質が向上してますが音の本質は変わっていません。
が、全体的に音の広がりが大きく、良くなっています。

ギターは本場ベイエリア譲りなザックザクな音で、低音強め。
ベースは染み渡るような、やわらかめな音で、さほど強調はされてません。
ドラムは非常に聴こえやすい音の棲み分けでよく聴こえ、テクニカルなプレイを十分に楽しめる。
ボーカルは叫ぶような吐き捨てボーカル、コーラスの怒号のような声との掛け合いとあわせて見事な破壊力。


各トラックのレートは、

#1 Impulsive Violence ★4
#2 Invection ★5
#3 Derealization ★5
#4 Formication ★4
#5 Drug Justice ★5
#6 Solace In Mediocrity ★5
#7 Two Faced Lie ★4
#8 As The Locust Starve ★5
#9 Broken Silence ★5
#10 Noetic Affliction ★4


Top3は、


#2 Invection
やはりこの曲は強い!
コーラスがパワーアップしたことと、ドラムの音が聴こえやすくなったことでブラストビートの効果がよく出ててさらに破壊力アップ!
それにしてもこんなにドッコドコに踏みまくってるとは思わなかった・・・すげえよ。
クラッシュシンバルとチャイニーズシンバルの使いどころも非常に上手い!
ギターソロは変わっているようですが、相変わらずものすごい!


#5 Drug Justice
ミドルテンポが(Invectionにしては)多めだけど、中盤の必殺のリフが威力がありすぎてついついTop1にしてしまうところだった・・・
このリフは反則だろ・・・
ワウ効かせたソロもかっこいい・・・
2:30辺りのドラムの手数の増え方がかっこいい・・・
ボーカルの破壊力も特に映えてかっこいい・・・
(この曲が1stEPからです)


#9 Broken Silence
おそらく全曲中最速。
どこをどう聴いても「Silence」の部分が無いの・・・
「Broken Silence」じゃなくて「Non Silence」。
ギターソロ長めで、ドラムもすごい手数が多いしスラッシュビートが気持ちよくてかっこいいし、すんごいの!


2011年スラッシュメタルアルバム最高傑作最有力候補!

やはりInvectionはすごかった!

ホントに待った甲斐があった!
新人でデビューアルバムにしてすでに
「真打登場!」
って感じでした。
特にドラムとギターの技術がすごい!
今後もすーーーごく期待できるバンドです!
かっこよすぎ。


評価 ★5+


動画はInvection(本アルバムバージョン)
EP版と比べてみてください(2ndEPのレビュー)


もうひとつ、必殺リフのDrug Justice



【アルバム】Ironbound / Overkill【レビュー】

Ironbound


アメリカのベテランスラッシュメタルバンド、Overkillの15thアルバム(2010年)です。
10曲収録。


私的2010年Top1アルバム!

2010年の初月、1月29日に発売でいきなり凄いものを出してくれたな!と思ったものです。


ジャケットは、Overkillではお馴染みの角突き髑髏に翼の生えたあれが、鉄っぽい質感になって鎖につながれ鎮座しているようです。
なんとも重厚感があります。
これのTシャツがあったら即買います。


内容は全体的に大作思考な長大曲多め。
しかし、曲の出来はどれも凄く良く、聴いてて飽きません。

ギターは高音強調めでジャキジャキといった音で刻みまくる。
Overkillの中核の一つであるベースは、いつにも増して目立つバキンバキンな音。
D.D. ヴァーニがベースを弾く姿が容易に想像できます。
DD
ギャグ化する前の渋い頃の桃白白。

ドラムは軽快軽やか、ちょっとリバーブ強めで響きが強いかな。
しかし凄く安定したドラム!
タムの音がかっこよい!

楽器隊が見事なミックス。
どれもこれも凄く見事に音を分けてあり、楽器の音一粒一粒がよく聴こえます。

そしてOverkillの最大の武器であるボビー・ブリッツ・エルズワースのボーカルは、低音も効き物凄くパワーを持ち、そしてヒステリックに叫ぶ様はまさに鬼神、ジャケットの鬼髑髏そのもの。
メタル界トップレベルのフロントマンだと思ってます。


各トラックのレートは、


#1 The Green And Black ★5
#2 Ironbound ★5
#3 Bring Me The Night ★5
#4 The Goal Is Your Soul ★5
#5 Give A Little ★4
#6 Endless War ★5
#7 The Head And Heart ★5
#8 In Vain ★5
#9 Killing For A Living ★5
#10 The SRC ★4


もうね、桁外れの★5の多さです。


好きな曲Top3は、


#4 The Goal Is Your Soul
大抵の人は#2のIronboundや#3のBring Me The Nightが一番に来るでしょうと思います。
しかし私はこれが一番!
前々から私が言ってきた、所謂メタル曲構成最強説(後付)。
これが特に顕著に現れる曲では無いでしょうか。
特に言われる「起承転結」、これがはっきりしており明快で分かりやすく、そして疾走も忘れない強烈強大大作曲
クリーンなギターの怪しいフレーズに始まり、段々と音が大きくなりながら追いかけてくるスラッシーなリフ。
そのリフに完全に切り替わった瞬間、完全に心を奪われます。
スラッシュメタルどころか、メタルそのものがここに集約されていると思います。


#2 Ironbound
最初に高速刻み、バスドラムドコンドコン、スネアタッカンタッカン、ベースバッキンバキンに弾き倒すイントロでで始まるアルバムタイトル曲。
全体的に凄く疾走爆走と、上記の引き倒しパートを絡めて進行し、間にスローなクリーンパートを挟み、また疾走して速度を強調。
問答無用の名曲です。


3曲目ですが・・・

選出が出来ません。

ホントにどれもこれも良過ぎて選べないのです!
なんとも贅沢な悩み!

いきなり大作ですが、気持ちのよい疾走と脅威の完成度で短い8分の#1 The Green And Black。

超絶疾走激走爆走な#3 Bring Me The Night。

集中砲火のようなドラムと刻みに始まり、終始疾走な#6 Endless War。

低いグロウルのようなボーカルを珍しく使う曲、ダークな進行が良い#7 The Head And Heart

NWOBHMとスラッシュの融合、メロディを刻むのに速い疾走の#8 In Vain。

期待感を煽りまくるかっこよいイントロから、アナウンスのようなパワータップリの語り風のボーカルで今度はスピード感を煽る#9 Killing For A Living、ブリッツのボーカルが冴える!


なんとも凄いアルバムを出したものです。
スラッシュメタル初期から活動し、コンスタントにアルバムを出し続けて15枚、これこそが本物の「継続は力なり」であるなと思います。

曲良し!テンション良し!プロダクション良し!
メタル界の歴史に名を残すアルバムMetallicaの「Master Of Puppets」にも匹敵するのではないかと思っています。
それくらいに凄いアルバムで、数々の名盤を出しているOverkillでもトップに君臨するアルバムだと確信しています。


評価 ★5+


動画はThe Goal Is Your Soul



【アルバム】The Beauty and the Beer / Tankard【レビュー】

The Beauty and the Beer


ドイツのベテラン酔いどれスラッシュメタルバンド、Tankardの11th(2006年)です。
10曲収録。


ジャケット・・・
これ、エロジャケシリーズに入れていいですか?
いやぁ~、B地区丸出し!
有無も言わさずエロジャケ入り確定しちゃいます!

「美女と野獣」をもじって「美女とビール」にしてありますが、ジャケット的には「美女と野獣と乾杯」です。


さてさて内容ですが、非常に真面目なスラッシュメタルですよね。
一時期Tankardも1990年代の流れにのまれて音楽性が変わったりしたみたいですが、本作は安心のTankardスラッシュです。

ザックザクの気持ちよいギター、陰ながらバッキバキの音で曲の雰囲気を支えるベース、ヌケの良い音で気持ちよく叩くドラム。
1stの頃より迫力が増したと言うか、パワーがついたように思えるしゃがれたボーカル。
チープな音にならず、しっかり作りこんだ良音質で気持ちよく聴けます。

好きなトラックは全曲。
いやぁ捨て曲が無いってこういうことですね。

Top3は、


#6 Blue Rage - Black Redemption
な・・・なんと見事な刻み・・・
完膚なきまでに刻んでおり、これをスラッシュと言わずして何と言う!
バスドラのドコドコも冴えており、気持ちの良い1曲!


#10 Shaken Not Stirred
ドリンク!
イッツオールユーキャンドリンク!
イッツオールユーキャンドリンク!
ヘイ!ミスター!バーテンダー!
これマジスラッシュ!
サビのノリとスラッシーさと、この歌詞が大好き!


#5 The Beauty and the Beast
こっちでは普通に美女と野獣できましたな。
全編に渡り見事なスラッシュリフでザックザクと刻んでいく、これまたすごく気持ちよく聴ける1曲。
特にサビの最低音での刻みなんて悶えるほどです。
ビュッティー アン ビース
(曲中での発音風)


Top3はマジで迷いました。
B地区丸出しなジャケットに似合わず、すんごい良曲揃いです。
後半になるにつれて良くなって行く、こんなのなかなか無い!

これも買って損しない名盤の1つ。

Sodom、Kreator、Destructionに並ぶドイツの良バンドの一つだと思います。

1st、2ndのときとはちょっと雰囲気違いますが、こっちだってすごくかっこよい!


評価 ★5+


動画はShaken Not Stirred



【アルバム】Kill 'Em All / Metallica【レビュー】

Kill 'Em All


原点


スラッシュメタルBIG4の一つに数えられ、スラッシュメタル人気を作り上げたであろうバンド、Metallicaの1stアルバム(1983年)です。
ライブ音源含め12曲収録。

恐らくスラッシュメタルバンドで一番の人気、アルバムセールス、動員力を持つメタル界でも最高に特に近い位置いるであろうバンドです。

私がレビュー、紹介をするまでもなく数多くの方がこのアルバムを知っており、レビューをしているでしょうが、あえてやります。


メタリカの原点とも言えるアルバムは二つあると思っています。
一つはこの1stアルバムである「Kill 'Em All」。
もう一つは伝説のベーシスト、クリフ・バートンが本格的に作曲に参加した2ndアルバム「Ride the Lightning」。

私はこのKill 'Em Allが原点であり最高のアルバムと思っており、一部でKill 'Em All原理主義と言われている人たちの一端であると思っています。


さて、ジャケットは・・・
金槌に血、そして手の影。
邦題は「血染めの鉄槌(ハンマー)」と、このジャケまんまになっています。
それほどインパクトが強かったんでしょうか?
金槌に手の影が映って無いですね。


まぁなんというか、この中に捨て曲なんて無いのですよ。
全曲すごく良いのですよ。
まだジェイムズがハイトーン気味な声を使い下手糞だとか言われてる状態なのですが、悪くは無いですし若気の至りと思ってますw
というか、この頃のライブ音源と比べると物凄くまともに歌ってます。

エッジの効いたジャッキジャキのギター、アタック感の強いドラム、ボンボンになっているベース、どれもがすごくかっこよい音。
音質自体は時代を感じさせますが、最高にメタルな音です。


Top3は、


#9 Seek and Destroy
起承転結がはっきりし、メタルどころか作曲時の見本のような曲だと思います。
今でもライブ、特にアンコールの最後に使われる定番の曲で、ライブ映えする佳曲と言われてます。

が、それは違います。
ライブ映えするのは確かですが、これは名曲
クールな起・承、そしてあまりにもかっこよすぎる転、きっちりとまとめ最後にふさわしい結。
一分の隙もありません。


#1 Hit the Lights
静かにフェードインし、荒々しく始まるこの曲。
当時にすると物凄く速く、レコードで発売された当時はレコ-ドの回転数を間違えたと勘違いする人がいたくらいです。
いきなりリフがかっこよい、所々に入るギターソロ、ドラムソロがかっこよい、そして締めのソロ。
明るい曲調な感じがしますね。


#8 No Remorse
ノリの良い感じのリフからいきなりのギターソロ、物凄くかっこよい!あまりにもかっこよい!
この曲、後のジェイムズの強力なボーカルの片鱗を感じます。
そして最後の爆走、初期Metallicaのような後ろを向かず前に突き進む様のようです。

まさに
我が生涯に一片の悔い無し!
(No Remorse=後悔無しの意)


デビューアルバムでこの完成度!デビュー当時のメンバーはみんな10代。
これが本物の才能かと思わせるような凄さです。
上でも書いたように捨て曲はありません。
まず買って損をしたと思うことは100%ないでしょう。


評価 ★5+


因みにこのアルバムの曲の着メロは全て作ってあります。

過去に作った着メロ
Hit the Lights
The Four Horsemen
Motorbreath
Jump In the Fire
(Anaesthesia) Pulling Teath
Whiplash
Phantom Lord
No Remorse
Seek and Destroy(イントロ~)
Seek and Destroy(Gtソロ)
Metal Militia
(全て試聴は登録不要、無料)
(試聴はau、ドコモ、SB、アンドロイドスマフォ、PCから可能)


動画はSeek and Destroy(1989年 シアトルLive)
ジェイムズのゲップはあの頃のお約束だそうですw



【アルバム】Reign in Blood / Slayer【レビュー】

Reign in Blood


世界中に信者がいることでしょう、確実に世界最強の部類に入るバンドです。
メタリカファンの数で勝るのならば、スレイヤーファンの信仰度で勝るでしょう。
ファン一人一人が一騎当千です。

今回はそのスラッシュメタルバンド、Slayerの3rd(1986年)です。
スラッシャーは知らない人はいないでしょう、メタル史に残る名盤です。
私が持っているのはリマスターされ、ボーナストラックが付いたバージョンです。

このバンドも以前にレビューしたSodom、Overkillと同じくスラッシュメタル低迷期でもスラッシュの音楽性を変えることなく貫いたバンドの一つですね。


ジャケットですが、カオスの一言ですね。
激しいから覚悟しろ!といっているようです。


このCD、#1のAngel of Deathと#10のRaining Bloodインパクトが強すぎて他の曲が霞んでしまいますが、基本的にどの曲もすごくよく出来ています。それ故の名盤なんでしょうね。

好きなトラックは#1~10。
ボーナストラックである#11、12は入っていません。
理由は後ほど。

好きな曲Top3は、

#10 Raining Blood
かっこよすぎだYO!
前の曲からの続き方もすごく良いです!


#1 Angel of Death
あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛ぁ゛ぁ゛ぁ゛ぁ゛ーーーー!!!!!
これ以上の説明は不要!


#9 Postmortem
このポジションはすごく悩むところですが、私はこれにしました。
曲の出来は他のトラックも同じくすごく良いですが、このトラックはTop1である#10 Raining Bloodへつなぐための重要なトラックです。
最後の雷と雨のSEへつなぐために必要不可欠です。


さてこの盤、スラッシュメタルとして理想的、最高の曲が詰まっています。
通常版の10曲で30分未満という潔さも兼ね備えています。
スラッシュメタルと言えば!このCD!に数えられる1枚です。


ここで、ボーナストラックの2曲です。
この曲が付いていることで別に損はしません、悪い曲でもありません。
しかし、このReign in BloodというCD、作品は10曲で完成しています。
それが完璧な形です。
そこに2曲追加したことで残念感が出ちゃいます、なぜか。
追加した人は好意からしたんでしょうけど、やっぱり10曲で完結させて欲しかったなぁ~・・・
ボーナストラックのせいで評価が落ちそうなものなんて初めてですよwwwww


だ が し か し


評価 ★5+


文句なしです。
ボーナストラックは評価のマイナス要素になんてなりません。

以前に作った着メロ
Angel of Death
Raining Blood


動画はRaining Blood



【アルバム】Code Red / Sodom【レビュー】

Code Red



最高




いやぁ、私が今一番好きなバンドの一番好きなアルバムです。

ジャーマンスラッシュメタル三羽鴉の一つとして知られるSodomの9thアルバム(1999年)です。

もうね、暴虐の限りを尽くしたかのようなアルバムですよ!
どの曲も遅かろうが速かろうが攻撃性が詰まっています。
スラッシュメタルがここに詰まっています。
まさに狂気とはこのこと。

ジャケットには、右手にスパイクロッド、左手にチェーンソーを持った、何かもうジェイソンにも余裕勝ちするのではないかと思ってしまうような人が描かれています。
でも両肩から掛けた弾丸ベルトはいつ使うのだろうとか思っちゃったりもしますが、気にしたら負けです。

気に入ったのは~、どれもこれも気に入ってるのですが;
なのでその辺はとばしてTop3は好きな順に、

#2 Code Red
退かぬ、媚びぬ、顧みぬ
そんなレベルではありません。
最強、最凶、最狂
である。

#7 Warlike Conspiracy
突進、このアルバムのどの曲にも言える事ですが、この曲はギターソロ後に小気味の良い8分刻みのリフがあります。
突進も好きなのですが、実は一番好きなリフは淡々と小気味よく刻む8分ミュートなのです。

#9 The Vice of Killing
この曲、途中に3連譜を中心にしたリフがあるのです。
3連譜中心の曲、リフはカッコいい法則!


アルバム通して曲の雰囲気などは似ていますが、どれも何かしらの差別化がされていてすごく良いです。
一気に最後まで聴き終え、最後にまたCode Redが聴きたくなるでしょう。
Sodom最高の名盤だと思います。


評価 文句無しの★5+


以前に作った着メロ
Code Red


動画はCode Red