We need another Metal (and beer)!

メタルCD、ヘッドホン、DTM、プラグインのブログ。オススメが多いです。
SoundCloud
プロフィール

やまちゃ

Author:やまちゃ
スラッシュメタル大好きっこ!
質問したい方はAsk.fmからどうぞ
[Ask.fm]

検索フォーム
カテゴリ別検索
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Twitter
ブログRSS

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

【アルバム】We Wish You a Metal Xmas and a Headbanging New Year / Various Artists【レビュー】

クリスマスまであと2ヶ月とちょっとです!
もうすでにクリスマス商戦は始まっています!


そんなわけで、今回はこのアルバム!
「We Wish You a Metal Xmas and a Headbanging New Year」
We Wish You a Metal Xmas and a Headbanging New Year


いろーんな人による、クリスマス曲のメタルアレンジアルバム「We Wish You a Metal Xmas and a Headbanging New Year」(2008年)です。
14曲収録、日本盤なので内2曲ボーナストラック。


なんといってもこのアルバムは参加メンバーが超豪華!

バンド単位ではなくとにかくいろんな人が混ぜこぜに参加していますが、一曲目から順に並べていくと、
(重複有り)

Jeff Scott Soto, Bruce Kulick, Bob Kulick, Chris Wyse & Ray Luzier
Lemmy Kilmister, Billy Gibbons & Dave Grohl
Alice Cooper, John 5, Billy Sheehan & Vinny Appice
Ronnie James Dio, Tony Iommi, Rudy Sarzo & Simon Wright
Geoff Tate, Carlos Cavazo, James LoMenzo & Ray Luzier
Dug Pinnick, George Lynch, Billy Sheehan & Simon Phillips
Tim "Ripper" Owens, Steve Morse, Juan Garcia, Marco Mendoza & Vinny Appice
Chuck Billy, Scott Ian, Jon Donais, Chris Wyse & John Tempesta
Oni Logan, Craig Goldy, Tony Franklin & John Tempesta
Stephen Pearcy, Tracii Guns, Bob Kulick, Billy Sheehan & Greg Bissonette
Joe Lynn Turner, Bruce Kulick, Bob Kulick, Rudy Sarzo & Simon Wright
Tommy Shaw, Steve Lukather, Marco Mendoza & Kenny Aronoff
Doro Pesch, Michael Schenker, Tony Franklin & Frankie Banali
Girlschool

私的にわかりやすい人を並べると、

レミー(Motörhead)
アリス・クーパー
ディオ
トニー・アイオミ(Black Sabbath)
ルディ・サーゾ(Quiet Riot、Ozzy Osbourne等)
ジェフ・テイト(Queensrÿche)
ジェームズ・ロメンゾ(Megadeth)
ジョージ・リンチ(Dokken)
ティム・リッパー・オーウェン(Judas Priest)
チャック・ビリー(Testament)
スコット・イアン(Anthrax)
ジョン・テンペスタ(Exodus、Rob Zombie等)
ジョー・リン・ターナー
ドロ・ペッシュ(Warlock)
マイケル・シェンカー


どこをどう見ても、超豪華メンバー!

これはもう聴かないわけにはいきません!
見つけた瞬間、あまりの豪華さにちびりかけました。


ということで、まずはジャケット!
さっそくもってキリストの誕生日を祝う気も無いような、髑髏にサンタ帽です!
横のほうに豪華メンバーを記載。


内容というか曲の傾向はメンバーが多すぎるのでやめますねw
とりあえず言えることは、クリスマスソングなのでLAメタル的なものが多め、ということです。
が、中にはチャック達のようにエクストリイイイィィーームなアレンジをやってる人もいます。


各トラックのレートは、

#1 We Wish You a Merry Xmas ★5
#2 Run Rudolph Run ★5
#3 Santa Claws Is Coming to Town (サンタが町にやってくる) ★4
#4 God Rest Ye Merry Gentlemen ★4
#5 Silver Bells ★5
#6 Little Drummer Boy ★4
#7 Santa Claus Is Back In Town (サンタが町に来る) ★5
#8 Silent Night (きよしこの夜) ★4
#9 Deck the Halls ★4
#10 Grandma Got Run Over By a Reindeer ★4
#11 Rockin' Around the Xmas Tree ★5
#12 Happy Xmas (War Is Over) ★4
#13 O' Christmas Tree (もみの木) ★5
#14 Auld Lang Syne (蛍の光) ★5

Top3は決め難いですが、


#7 Santa Claus Is Back In Town (サンタが町に来る)
かなりの実力を持ちながら、その待遇や立場があまりよくなかったティム・リッパー・オーウェン。
そのリッパーのはっちゃけっぷりがパない!
こんだけ元気良く、楽しそうに歌うリッパーはなかなか聴けないと思います。
曲のアレンジもストレートで聴き易く、良い感じです。
が、やっぱりリッパーのはっちゃけっぷり!
もうその一言に尽きます!


#2 Run Rudolph Run
さすがのレミーですわ!
完全にレミーの独断場として曲が取り込まれてるレベルです。
どっちかというとハードロックって感じの曲ではあります。
やっぱレミーのしゃがれ声が効いてるといいね!


#13 O' Christmas Tree (もみの木)
元祖ヘヴィメタル姐さんドロに、マイケル・シェンカーという超!強力な布陣!
最初はしっとりと。
ハスキーなドロ姐さんの声が最高に良い。
途中から激しくなり、マイケル・シェンカーのギターが唸る!
明るめの曲調になったり暗めの曲調になったりするそのギャップも良い!


買いです!
こんな夢のようなメンバーによるコンピアルバムなんて、次は何十年先に出るのかわからないほどですよ。
そしてリッパーがこんなに元気な曲もなかなか無いでしょう(しつこい)

基本的にコンピアルバムって、奏者が楽しんでやってるので、聴いてるほうはイマイチと感じることも多いです。
が、これはそんな雰囲気は微塵もありません。
上に書いたTop3以外も良いものがいっぱいです!


評価 ★5


動画はSanta Claus Is Back In Town (サンタが町に来る)


とRun Rudolph Run


とO' Christmas Tree (もみの木)



スポンサーサイト

METAL GAGA

METAL GAGA


いろーんなバンドによる、Lady Gagaのメタルアレンジ・コンピレーションアルバム(2011年)です。
10曲収録。


ん~面白い企画だなぁ、とか思って買ってみました。
参加バンドは、

Tiger Force
Antichrist Superstars
F.O.D.
S.D.M.
Metalback
Hanoi Cru
Night Halen
Nailhead
Metallover
Paradise Queen

いやあ、見事に知らないバンドばっかりですw


ジャケットはシンプルに「METAL GAGA」、そのまんまですね。
まぁコンピレーションはそんな感じで良いのだと思います。


さて音ですが、各バンドで音が違うのでなんとも言えません。
共通して言えることは、チープな音は使ってないということですかね。
ただ、ちょっと音が軽め・・・
バンドはNu Metal的、LA Metal的、Black Metal的等々・・・


各トラックのレートは、

#1 BAD ROMANCE ★3
#2 POKER FACE ★3
#3 SCHEISE ★4
#4 JUST DANCE ★4
#5 TELEPHONE ★3
#6 BOYS BOYS BOYS ★2
#7 THE EDGE OF GLORY ★3
#8 JUDAS ★3
#9 HEAVY METAL LOVER ★4
#10 BORN THIS WAY ★2

上記のバンドの順とこの曲の順は同じなので、どのバンドがどの曲をやってるか知りたい方は上のを参考にしてください。


Top3は、


#3 SCHEISE
Nu Metal的ですが、サビ以外のボーカルが非常にアグレッシブでかっこよい!
恐らくサビ以外原型を留めていないものと思われますw
ドラムも主にタムをドンドコ鳴らしており良い感じ。
クリーンなパートはイマイチ要らなかったけどコンピとしては必要だったのかな?


#9 HEAVY METAL LOVER
平均的メタル良曲に選ばれやすい曲構成です。
最初はゆっくり、段々激しく、そして激速へと展開。

どう聴いても前半Hero of the Day、For Whom the Bell Tolls、後半One、...And Justice for Allだよwww
すげえMetallicaだよwww
なかなか上手いなw


#4 JUST DANCE
ものすごく勢い重視な音、ボーカルがゲボゲボ、ドラムはボカボカ!
全曲中でも一番激しいかと。
こういうのもっと増やしていいと思うんですよ。


ん~なんと言ったらよいか。
まずはガガさんの作るメロディってのは確かにポップだけど使い勝手の良いメロディなのだな、と思います。
こうやってメタルに使っても違和感が無いものがいっぱい。
まぁガガさんの曲はほとんど知らないので、内容を聴けば普通にメタルと思ったわけです。
ときどき聴いたことあるメロディが出てくるね、って感じ。

でも一言言えることは、

「メタルガガには一撃が無い!」

残念なことです。

もっと激しくディープなメタルな音にしてよかったと思うのです。

ネタ的には面白かったですw


評価 ★3


動画はSCHEISE



ホントはHEAVY METAL LOVERにしたかったけど見つかりませんでした(´・ω・`)

ここに行けば30秒だけ試聴できます。
試聴

iTunesなら1分30秒です。




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。