We need another Metal (and beer)!

メタルCD、ヘッドホン、DTM、プラグインのブログ。オススメが多いです。
SoundCloud
プロフィール

やまちゃ

Author:やまちゃ
スラッシュメタル大好きっこ!
質問したい方はAsk.fmからどうぞ
[Ask.fm]

検索フォーム
カテゴリ別検索
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Twitter
ブログRSS

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

結婚の報告

この度、私は結婚することにしました。

ん、何言ったらいいかわからんねw


今の彼女とは付き合ってもうすぐ5年。
そんなに時間が経ったようには思えないのですが、実際にそんなに経ったようです。

その間ずっと遠恋状態、というか私の仕事の都合上どこにいたって遠恋になってしまってました。
いわば終わりなき遠恋のようなものです、なんか仁義無き戦いみたいです。

それを承知でずっと付き合ってくれてたわけですが、いつまでもそのままってのは良くないなってことで、実は結構前から結婚することにはしてました。
けどなかなか良いタイミングがなかったので決めかねていたのです。
が、昨年から国内の、しかも私が所属する事務所のある県内、彼女の地元から車や電車で比較的すぐに来ることができる範囲への出張が増え、たまたま半年後の出張先がそこに確定の状態になったので、今がチャンスかなと。


結婚といっても何もかもが変わるわけではありませんが、とりあえず明確に変わるものの1つといえば、
今までのように買いたい物を買いたい時に買うことができなくなるでしょうかw
これから事あるごとにお金が必要になってくるでしょうからお金を貯めなければなりません。

なので、高価なヘッドホンを買うにしても、高価なアンプを買うにしても、高価なDACに興味を持ったとしても、スピーカーに興味を持ったとしても、大量のCDを買い込むにしても、お小遣いを貯めなければなりません。
おかしな感覚かもしれませんが、それがちょっと楽しみであったりもしますw


世の中では時々こんなことを聞きます。
「ヘソクリ(お小遣いをちょっとづつ貯めたお金)が妻に見つかって旅行に使われる!」
と。

これを彼女に言ってみたところ、
「そんな酷いことするのはありえない」
との回答でした。

安心してお金を貯めることが出来ます。

これからT1(約9万)が欲しくなったとしても、AH-D7100(約9万)が欲しくなっても、PS1000(約15万)が欲しくなったとしても、P-700u(約25万)が欲しくなったとしても、DA-06(約30万)が欲しくなったとしても、がんばってお小遣いを貯めることにしようと思います。

いわば子どもの頃に戻るような状態。
我慢してお金を貯めて我慢して貯めて我慢して我慢して貯めて、そしてやっと買えた物はすごく気に入り、大事にしていたはずです。

私の今のおかしな金銭感覚が正常に戻るだけではないですか。


変わることといえば、
例え結婚しても、駐在員になるか今の仕事をやめるかしなければ今の生活が変わるわけではありません。
が、気持ちの持ち様は大きく変わるのでは、と思います。

うん、そこ一番重要だよね。


ということで、私は結婚してきまーす(・∀・)ノシ


あ、某メタル系まとめサイトで結婚を期にサイトの更新を終了した方がいましたが、私は今のところここの更新を終了する考えは無いです。
今ですら更新少ないけどwww

では、これからもよろしくお願いしますー!

スポンサーサイト
[ 2013/01/26 06:10 ] 雑記 | TB(0) | CM(2)

Oath Bound / Summoning

Oath Bound


オーストリアのブラック・フォークメタルバンド、Summoningの6th(2006年)です。
8曲収録。


近くにCDコーナーのある雑貨屋があるのですが、この前セールをやってたので見たところこのCDはセール対象商品だったのでとりあえず買ってみた1枚です。
日本ではあまり知られていないバンドだそうですが、この手のバンドではかなりの人気だそうです。

台湾盤に付いてる帯の紹介ではアトモスフィックブラックメタルと書いてありました。

ブラックメタルにはなっていますが、ヴァイキングメタル的な要素も強いようです。
ただ、ここで今まで紹介したヴァイキングメタルとはかけ離れています。
まず疾走はなく、全体的にすごくスローでゆったりした雰囲気を出しています。


さてジャケットは、湖に大きな山の風景画とその額、みたいな感じですかね。
ジャケットからはブラック的な要素は感じられません。
どっちかというとヴァイキングやフォークな要素を感じてしまうジャケットですね。


内容は、まず言えることは「音があまりよろしくない」。
まぁもっと真性なプリミティヴブラックメタルの音と比べたら断然こっちのほうが良い音と思いますが。

ジャッキンジャキンな音を悪くしたような音のギター、ベース聴こえません。
ドラムはかなりリバーブ強めでちょっとうるさいくらいですが、かなり民族楽器的な音に近づけたような音になっています。
そして意外にもキレイな音のシンセ、フルートのような音、ホーンのような音、そのほかシンセで結構いろいろな音を出しているようで面白かったりします。
ボーカルはまさにブラック系ボーカル、高音成分タップリなグロウルに、ときどきピッグスクイールのような声もだしますね。
ただ全体的にボーカルの存在感は薄いです。


で、好きなトラックですが・・・その~・・・なんと言いますか・・・
イマイチ好きになれないのです(汗)

なのでTop3も無しということで;


トラック全部が結構似てて判別が付きにくいってのもあるかもしれません。
8曲なのに全部で70分という長尺なのもあるるかもしれません。

やはり今のところこういう雰囲気の曲は馴染めないようです。
曲はずーーーっとスロー、疾走皆無、そんなのが70分、どれがどの曲か区別が付きにくいので70分同じ曲がずっと続いてるように聴こえてしまう。

いや、このアルバムが悪いとか言ってるわけではないですよ。
シンセやコーラスにはなかなかの魅力を感じました。

あと「疾走こそ至高」みたいな考えも無いです。
疾走パートのほうが盛り上がりやすいというのは事実ですが・・・

世間的(このジャンルのメタル界的)に評価がそれなりに高いアルバムですが私には合わないアルバム、と言うことです。
というかここのまで徹底的にスローなものは初めて聴いたので評価のしようがありません。

ヴァイキング的な要素は確かに感じたので何回も聴いていけばクセになるかもしれませんね。

でもスローなパートが多いこと&長尺な曲を作ることで有名なヴァイキングメタルバンドのMoosorrowでもここまでは無いよ!


評価 評価不能


動画はBeleriand





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。