We need another Metal (and beer)!

メタルCD、ヘッドホン、DTM、プラグインのブログ。オススメが多いです。
SoundCloud
プロフィール

やまちゃ

Author:やまちゃ
スラッシュメタル大好きっこ!
質問したい方はAsk.fmからどうぞ
[Ask.fm]

検索フォーム
カテゴリ別検索
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Twitter
ブログRSS

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

【逸曲】Doc Holliday / Volbeat【入魂】

Outlaw Gentlemen & Shady Ladies


デンマーク出身のヘヴィメタルバンド、Volbeatの4thアルバム「Outlaw Gentlemen & Shady Ladies」(2013年)より「Doc Holliday」です。

またVolbeatですまんね!


今回はアメリカのアイダホ州に出張に行っていたときラジオから流れてきて「こいつぁ~ヤバイ」と思ったものです。

ジャケは渋いジェントルメン。
鋭い眼光に立派なヒゲが印象的、こんな渋い人になりたいものです。


音は前回紹介のA Warrior's Callのと同じ方向性。
ただ、あのときほど鉄塊と言った印象にはならない程度、どちらかと言えば鉄のヤスリ。
ベースにもドラムにも若干柔らかさがありますねー。

ボーカルは上手いね!
上手いのに、最近のメタルコアとか若干エモいメタルのクリーンボーカルとは一線を画す漢らしい歌いっぷりです。


曲詳細



●イントロ
長い。
最初のバンジョーでの民族音楽的なフレーズが印象的。
そこに歪んだギターの音が意外と合う。
メインのリフは2種類、どっちもノリがよくてかっこよい、バンジョーフレーズとの関係性不明。
バンジョーからギターへの移り変わり時の加速感がいい感じ。
イントロ長い。


●ヴァース
イントロ後半、ギターリフ後半のフレーズのリズムを若干崩したようなリフがまた良い。
前2ループは単音、後ろ2ループはパワーコードにするあたり凝ってるね。


●プリコーラス
ドラムをハーフテンポに、イントロでも使ったロングトーンフレーズで緩急を。


●コーラス
プリコーラスの後に一度ヴァースを入れて、直接直接コーラスに入る。
2ループ目はプリコーラスは最初から無し、なかなか面白い構成だね。
ここでイントロ最初のバンジョーフレーズ登場。


●その他
ギターソロがなかなかにかっこよく、そしてドラム(のスネアとキック)がハーフテンポになったり元に戻ったりと緩急をやたらと強調してくる。

全体的に正統派シリアル路線スラッシュメタル的な曲調をしており、そこにバンジョーを組み合わせ、そして独特の歌唱とコーラスを混ぜることで新たな雰囲気を確立していますね。
他のバンドには出来そうにない、このバンド最大の武器!


いやあ、Volbeatやるじゃん。
そう思ってこの曲はアルバムごと買いました。
うーん、全体的にはこっちのほうがかなり少数派・・・orz

しかしこの曲はすごーく気に入りましたb



スポンサーサイト

【逸曲】A Warrior's Call / Volbeat【入魂】

Beyond Hell Above Heaven


超久しぶりな逸曲入魂ですね!

ということで今回はデンマーク出身のヘヴィメタルバンド、Volbeatの4thアルバム「Beyond Hell/Above Heaven」(2010年)より「A Warrior's Call」です。


今年初め辺りにテキサスに出張に行っていたときにラジオからしょっちゅう流れてたので気になってて、そんで勢い余って買ったらこの曲にハマってしまいました。


非常に重い。
鉄の塊かのようなギター、分厚い鉄板のようなベース、全力投球された鉄球を連打されているようなドラム。
それに対しボーカルはリズミカルで上手く歌い上げる。
一番の聴き所は周りのコーラスなんだけども。


曲詳細



●イントロ
迫るようなイントロ。
淡々と刻むギターとベース。
スネアとバスドラムだけで作られる雰囲気、その後のシンバルを使った雰囲気の違い。


●ヴァース
リズミカルなドラミングに乗せるボーカルが秀逸。
またギター、ベースの切りが非常にかっこよい。


●プリコーラス
ヴァースでのギター、ベースの切りがなくなりドラム、ボーカルと一体となり畳み掛ける。


●コーラス
一番の聴き所。
ついつい「ファイッ!!ファイッ!!ファイッ!!ファイッ!!」と叫びたくなるこの雰囲気、リズム。
この力強さこそがかの曲最大の魅力。


●その他
コーラス後にスローなパートに入る。
重い雰囲気を出したかったんだと思う。

因みにこの曲、ギターソロがありません。


Volbeatの名前はだいぶ前から知ってたけど、こんなかっこいい曲があるとは思わなかった。
アメリカのある場所では変人と呼ばれているよう、ロカビリーを取り入れた音楽性ゆえだと思われる。
ファイッ!!の声がここまで合う曲は他に知らない。


【逸曲】Lift Me Up (feat. Rob Halford of Judas Priest) / Five Finger Death Punch【入魂】

Lift Me Up


今回はアメリカのオルタナティブメタル、ヘヴィロックバンド、Five Finger Death Punchの「Lift Me Up (feat. Rob Halford of Judas Priest)」(2013年)です。

前から注目はしてたけどメタルゴッド、ロブ・ハルフォードとまさかのコラボをするとはね!


ジャケットはいつもの5FDP髑髏が上下反転!
左右には天使っぽい人がアサルトライフルと天秤所持!、どういう意味なんだろうか。


音はいつも通り激重なギター、ベースに良く通る音で強烈なドラム。
そこへやはりいつも通りな5FDPのボーカルに、後半ハルフォード!
ハイトーンは使わないけどやっぱハルフォードはかっこいいわー

曲詳細



●イントロ
ハイハット4発!
それから8分音符分早くギターが入るのが意外!
スネアやハイハットが最初に4発入ると、大抵は次の小節の頭で合わせてくるからねー。

激重でリズミカルなリフが気持ちよい!


●ヴァース
イントロ後半のリフそのままに、1回目は5FDPのボーカル。
グロウルは要所でしか使わない。

2回目はハルフォードのボーカル。
ハルフォードの特徴的な跳ねるようなリズムが◎


●プリコーラス
刻みの量倍化!
「あ゛---い゛」の掛声が良いね!


●コーラス
バスドラム踏みっぱなし!
それ以外はいつも通りクリーンボイスで落ち着いてる。
2回目からはハルフォードも参加!


相変わらず全体的に重さをを重視し、それとクリーンボイスの対比が◎
今回はそこへハルフォードが加わり更に幅が広がった感じ。
とりあえずハルフォードさんはこんな感じの激重系がかっこよいと思った。



【逸曲】Rock and Roll (In a Black Hole) / Rob Zombie【入魂】

Venomous Rat Regeneration Vendor


今回は、アメリカのインダストリアルメタルバンド、White ZombieのボーカルRob Zombieによるソロ活動の5thアルバム「Venomous Rat Regeneration Vendor」(2013年)より、「Rock and Roll (In a Black Hole)」です。


曲詳細


今回はバンドサウンド率低め。
しかしバンドサウンドに入った瞬間の爆発力は物凄い一曲!

相変わらず重く荒い音のギター。
この荒さが気持ちよい。

ベースはかなーり重い。それしか言えない。

ドラムは威力とヌケを重視してあるような音。
重みがあると言うほどでもない。
シンセドラム?フィルターを通したドラム?の音はまさしく機械的で常にバスドラム4つ打ち。

ボーカルは全体的に静かめだけど、コーラス部分はいつも通りがなり声。
ただ、前回みたいに割れ気味な音には作ってない。
強めにディレイをかけて効果音的な使い方も。


●イントロ
ノリの良いシンセベースに、4つ打ちドラムでノリを加速させる。
終始このノリ。


●ヴァース
ナレーションのような声であったり、静かめに歌うロブが中心。
間にときどきギターが小さめな音で入る。


●プリコーラス
あるのかな?


●コーラス
バンドサウンドに切り替わり一気に爆発!
フレーズなどは変わらないが、この瞬間ノリは最高潮に!


●他
チョコチョコと細かい音を変えたり加えたりとなかなか芸が細かい。
また後半に入ると突然のコーラスがあったりと、いきなりクライマックス状態。


これぞまさに4つ打ちの力を引き出した一曲であると思います。
また、電子音とバンドサウンドの切り替えによるテンションの差を作ることで一気に爆発させることに特化しています。
終始基本は変わらず、これだけのテンション差を作り、上げ下げをはっきりする、これが本当に上手く作られています。
聴き入ってしまう一曲であると共に、非常に参考になります。



【逸曲】King Of The Kill / Annihilator【入魂】

King of the Kill


レビュー書きたいアルバムがないのでとりあえず。

今回はカナダのスラッシュメタルバンド、Annihilator(アナイアレイター)の4thアルバム「King Of The Kill」より、タイトル曲である「King Of The Kill」(1994年)です。


隠れた?意外にも影の薄い名ギタリスト、ジェフ・ウォーターズ率いるバンドで、良作は多いです。
一時期Megadethに誘われたこともあったとか・・・
このアルバムではギター、ベース、ボーカルをジェフがやっているようです。


ジャケットはキングが俺つえーーー!!状態。
どう見てもチェスでキング無双してますね、ドヤ顔がパないです。


録音状態は良く、音圧もやたら高くなってることはなく聴きやすいです。

ギターはザクザクキモチー(*´д`*)状態
歯切れが良く、上記の擬音の如くザクザクに刻む音に終始するも落ち着いた音。

ベースはバキバキ感のある音ですが歪んだ感じは少なく、あまり主張はせず綺麗な音で鳴っています。
Annihilatorのベースの音はかなり特徴あると思うんです。

ドラムもまた全体的に歯切れが良く、強すぎず軽すぎずも軽快なバスドラム、音がかなり広がるスネアが特徴的。
バスドラムもギターに合わせて終始踏みっぱなしという、リズム、軽快さを崩さないスタイル。

ボーカルはしゃがれ声、力強さを重視した感じ。
楽器隊とは対照的に若干粘っこい歌い方をしますね。


曲詳細



●イントロ
王様繋がりなのかライオンの鳴き声から始まり、若干ポップなラインで軽快なギターの刻み、軽快なバスドラムから始まります。
ギターにダブリングが掛かり左右から聴こえるようになり、ベースがイン。
その後一瞬ドラム以外を止める展開がニクイ。
その後全楽器が本格的に始動。


●ヴァース
イントロ後半のリフのまま突っ込みます。
その後ボーカルが入りますが、これがまた曲の軽快さと非常に合っている。
最後までそのまま突っ込みます。


●プリコーラス
刻み成分少なめです。
ボーカルとギター、ベースがユニゾンしているかのようなフレーズ。
ドラムの切り替えも巧みです。


●コーラス
キル!!!

それだけ言えれば満足です。
(正直コーラスなのかプリコーラスなのかわかりません。)


●他
ギターソロではワウを終始使用したフレーズがかっこよい。
速弾きはしませんが、雰囲気を崩さない。
さすがのジェフ・ウォーターズです。
ジェフが多用するキュルルルル・・・な奏法ももちろんあります。


Annihilatorでは一番好きな曲で、しょっちゅう聴いています。
とりあえずキル!!!と言いたくなる、そんな曲。
曲長は3:13と短く、もう終わっちゃうの~?的な名残惜しさが出てきてしまいます。
ですがこれ以上長くしてもダレるだけでしょうし、絶妙な尺の名曲です。


【逸曲】Blut Im Auge / Equilibrium【入魂】

Sagas


ひっさびさのレビューなのでまずは感覚を取り戻す意味でもこの曲。


今回はドイツのヴァイキングメタルバンド、Equilibriumの2ndアルバム「Sagas」より「Blut Im Auge」(2008年)です。


びっくりするほどクサく、そしてブラックメタル張りに激しいと、まさにヴァイキングメタルをそのまま体現したようなバンドです。
某ヴァイキングメタル系レビューサイト(ポルナレフのスタンド的な名前のとこ)で管理人さんがバンドメンバーと直接連絡をとってEPを取り寄せ、そのEPのころから取り上げてたりと、そこの人が広めたといっても過言ではないバンドです。


ジャケットには古びた絵のような写真のようなものが壁に貼り付けられてる?机に置かれてる?
写真にはヴァイキングらしき人が写ってますね。
山や海、川などが多いヴァイキングメタルのジャケットにしては珍しいと思います。


音はもういろんなものがありすぎて大変ですが、実は普通のバンド形態+キーボードです。
キーボードでフルート、アコーディオン、ヴァイオリン、ホーンなどのような音を出しているんでしょうかねー。

ギター、ベース、ドラムは非常に重みがあり、所謂プリミティヴなブラックメタルみたいな低音質な雰囲気はありません。
ボーカルは完全なブラックメタルのそれ、迫力十分!

やっぱりなんと言ってもこのバンドはキーボードによるアンサンブル。
ギター、ベース、ドラム、ボーカルだけを聴けば普通のブラック系なメタルで、所々クサいってだけです。
が、そこにこのキーボードのアンサンブルが加わることで、全編があまりにもクサく、悶絶してしまうような雰囲気を纏います。
もうこのアンサンブルのために曲を作ったんじゃないかと、そんなレベル。


曲詳細



●イントロ
最初はゆっくり、ヴァイキングやフォークメタルでおなじみのビヨーンビヨーンももちろん忘れずに!
すでにこの時点でとてつもないクサさ。
イントロ後半ではこれがスピードアップしギターとボーカルの叫びもプラス!
激しくクサいです、大東京での異臭騒ぎかってレベルです。


●ヴァース
1回目と2回目ではキーボードが若干違います。
2回目はアコーディオン風な音になり、こっちのが好き。
このパートでは全体的にスピード感を重視した高速パート。
ただし2回目後半は若干スピード感を落としたような演出でプリコーラスへ繋ぐ。


●プリコーラス
こっちも1回目と2回目で変わります。
1回目は若干コミカルな、聴きようによってはスカのようなリフに、やはりあまりにもクサいキーボードが映える。
2回目ヴァースでスピード感を落とした分、今度はプリコーラスにスピード感を付け加えるというニクイ演出。


●コーラス
よく言っちゃいますが・・・あります?
まぁ間奏がコーラス、サビのようなものですね!


●他
途中若干ゆったりとした曲調に変化し、その後に非常にブラック譲りな激しいパートへ。
その後イントロ後半のメロディに繋がりアウトロへ。
最後の最後まで徹底したクサさ。


やはりあまりのクサさに悶絶、某悶絶系大型レビューサイトみたいになってしまいました。
実はこのバンドの1stから3rdまで持ってたりしますが、今までレビューをしなかったのはあまりにもクサ過ぎてヴァイキングメタルでは定番化、私が今更書く必要は無いかなーと思ってたからです。

もし他のアルバムからも書いた場合、またクサいクサいと言ってしまいますw
※注:クサいとは、臭いではなく演出がクサい、的な意味





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。