We need another Metal (and beer)!

メタルCD、ヘッドホン、DTM、プラグインのブログ。オススメが多いです。
SoundCloud
プロフィール

やまちゃ

Author:やまちゃ
スラッシュメタル大好きっこ!
質問したい方はAsk.fmからどうぞ
[Ask.fm]

検索フォーム
カテゴリ別検索
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Twitter
ブログRSS

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

【アルバム】Aus schwärzester Nacht / Nachtgeschrei【レビュー】

Aus schwärzester Nacht


今回はドイツのフォークメタルバンド、Nachtgeschreiの4thアルバム「Aus schwärzester Nacht」(2013年)です。
14曲収録。


やっときたね!ナハトゲシュレイの新譜!
最初のうちはフォークメタル寄りな音を出して、後半フォークメタルな要素のあるロックって感じに変わっていくバンド。
毎度毎度、イントロトラックからそれに続く#2に定評があります。


ジャケットは森林の中の真っ赤な光に染まる泉。
確かにフォークメタルは森や湖、山などがジャケットになることが多いです。
が、このように赤を主体としたジャケットは珍しいような。


今回は今までのような民族調は若干薄まっています。
全体的にピュア、パワーメタル寄りになっていますね。

ギターは今までよりも濃い音。
中音域を大事にした感じで、今までよりも厚みがある。
さほど刻まない。

ベースは飽くまでギターに寄り添う感じ。
さほど主張せず、低音の支えと言った感じ。

ドラムは相変わらずにしっかりした音、かつ歯切れの良い音。
今回は金物に重きを置いているのか、若干高音が強い感じ。
さほど手数は打たず、重いノリを出すようにしている模様。

ボーカルは結構変わっています。
今までよりも上手く、そして力強い声になっていますね。
声質はあまり変わってないので同じ人だと思いますが、自信が無いくらいに歌い方が変わっています。
以前までの独特な感じは無いです。

追記
ボーカルの人代わってましたねw


また、数々の楽器群も聴き所。
今まではバグパイプとハーディカーディでしたが、今回アコーディオンやフルートまで持ち出しているようです。
力が入ってますね。


各トラックのレートは、


#1 Sirene ★5
#2 Die Geister, die uns riefen ★4
#3 Flamme ★4
#4 Spieler ★4
#5 In meinen Liedern ★4
#6 In die schwärze der Nacht ★4
#7 Der Ruf ★3
#8 Am Ende der Zeit ★4
#9 Unter deinem Licht ★4
#10 Na Sdorowje! ★4
#11 Am Rande der Welt ★5
#12 Für alle Zeit ★4
#13 Als in dir nur Leere war ★3
#14 Ungebrochen ★3


Top3は、


#1 Sirene
怪しい進行から始まる曲ですが、すぐに勇ましいギターリフにドラムにベースに、そしてバグパイプとハーディカーディのコンビネーション!
以前よりも重いギターが程よく効いていて気持ちよい。
そして何より、「シン!」みたいなやつ、がキレがあって聴いてて気持ちがよい。
パワーメタル的雰囲気。


#12 Für alle Zeit
サビがかっこよすぎて、力強すぎて!
全体的には軽快なのに、サビだけはすごく力強い。


#11 Am Rande der Welt
後半のリフすげえかっけえええええ!!!
前半はクリーンギターに民族楽器、それに合唱的な雰囲気で激しくは無い。
だんだんとボーカルのテンションが上がり、ギターの音が歪み始める。
そこまでは明るい雰囲気。
そこからフルートが入り、そして要である激しいギターのリフ!
この瞬間がかっこよすぎて、思わず曲タイトルを確認してしまう。


相変わらずひじょーーーに安定感のあるバンドですね。
1st、2ndに比べてこれと言った一撃は無いですし、今回は期待のイントロトラックもありませんでしたが、それでも安定感のある良い曲を作ってきます。


評価 ★4


動画はSirene




【アルバム】Manala / Korpiklaani【レビュー】

Manala


森の妖精こと、フィンランドのフォークメタルバンド、Korpiklaaniの8thアルバム「Manala」(2012年)です。
12曲収録。


前回のDew-Scentedでは驚異的なスピードでのアルバムリリースと書きましたが、こちらも負けず劣らずの驚異的早さです。
9年で7枚・・・


今回のジャケットは、以前よりもヴァイキング的な見た目が増えましたが・・・
如何せん状況が分かりませんw
溶岩の河を泳ぐ白鳥に、ヴァイキング的な被り物をし盾と何かを携えた男が近づく。
全くもって理解不能。
というか森の妖精ではなくなったのか・・・


ギターは相変わらずに中音強めなしっかりした音作りです。
ベースは弾く音、雰囲気が伝わってくるかのごとく。
ドラムはスネアとバスドラムの音のコンビネーションが良いですね。
ボーカルはまあいつも通りしゃがれオジサン声。
若干アコーディオンとヴァイオリンが聴こえづらいときがあります。


各トラックのレートは、


#1 Kunnia ★4
#2 Tuonelan Tuvilla ★4
#3 Rauta ★3
#4 Ruumiinmultaa ★3
#5 Petoeläimen Kuola ★4
#6 Synkkä ★3
#7 Ievan Polkka ★4
#8 Husky-Sledge ★2
#9 Dolorous ★3
#10 Uni ★3
#11 Metsälle ★3
#12 Sumussa Hämärän Aamun ★3


Top3は、


#1 Kunnia
うぇーえへーえーへーへーーー♪と民族音楽的なコーラスが印象的な曲。
その割りにギターはしっかりした音で刻みノリの良い曲です。
コーラス終わりにはベースの動きがかっこよい。
途中の一旦停止がなかなか効いていますね。
初っ端に持ってくるのもうなずける。


#7 Ievan Polkka
「ロイツマ」の曲のカバーです。
ボーカロイド2初期の頃、初音ミクを使ってカバーされたことで多少有名になった曲でしょう。
この民族音楽的な曲をコルピは重めな楽器隊を駆使し、テンポ速めにアレンジしています。
途中では笛も入るなど、フォークメタルな雰囲気を強調しています。
切れのあるボーカルが良いです。


#5 Petoeläimen Kuola
スラッシュやメロデスのような刻みが最初に出てきます。
が、楽器がフォークメタルな感じ。
しかしヴァースの刻みはモダンなスラッシュやメロデス的でかっこよい。
全体的に重めであまりフォークメタルには聴こえない。


各トラックのレートを見ても分かると思いますが、全体を通すとさほど良い!とは思えない。
後半のダレが結構あり、以前のようなフックの効いたフレーズ、キレのある歌い回しがない。
一発で耳を惹きつけるような曲がないのが痛いところです。

フォークメタル的には無難な方向になっているようですね。
個人的には酒メタルシリーズに期待していましたが、残念ながらありませんでした。

そろそろネタ切れ感があるので、コルピは一度長い製作期間に入っても良いのではと思ったりします。

本アルバムには2CDバージョンがありますが、2枚目は1枚目の英語バージョンです。
非常に違和感があります。


評価 ★3


動画はKunnia




【アルバム】Slania / Eluveitie【レビュー】

Slania


スイスのフォーク/メロデスメタルバンド、Eluveitieの2ndアルバム(2008年)です。
12曲収録。
ちなみに私が持っているのはツアーエディションという、ライブ音源のものが13曲入ってるものです、本編より多いですね!
ミュージックビデオも付いてたのでおそらく知らない間にiTunesで買ったんでしょう。


ジャケットにはフォークメタル的な雰囲気の大自然の中に、幼女が一人。
この幼女がアルバムタイトルのスラニアという名前の子だそうです。
左中上側のあの建物?怪物?のようなあれ、なんでしょうね。


このバンド、8人という大世帯バンドです。
そのためマンドラ、フィドル、ハーディガーディ、バグパイプ、ホイッスルなど民族的な、フォークメタル的な楽器を数多く使っています。
過去メンバーにはフルート、アコーディオン、バス・ショームとかいう楽器を使うメンバーもいたとか。


本作は確かに民族楽器をいろいろ使っています。
しかし軸はメロデスっぽいですね。
しかし、軸がしっかりしており良質なメタルを聴かせてくれます。
メロデスなパートを中心に、要所要所にフォーク的な楽器、フレーズを盛り込むことで普通のメロデスバンドとは一線を画しています。
メロデスのシンセを民族楽器に変えた感じです。
また、トレモロリフを意外と多用しちょっぴり邪悪感アップ、ブラック的な要素も。

音質はかなり聴きやすくきれいな音に仕上げてきています。
音的には、民族楽器の音を前に出しギターに負けない音にしてあります。
それでも終始民族楽器を使っているわけではないのでくどくならず、良い感じ。
稀に女性ボーカルも入ります。


各トラックのレートは、

#1 Samon(インスト) ★3
#2 Primordial Breath ★5
#3 Inis Mona ★4
#4 Grey Sublime Archon ★5
#5 Anagantios(インスト) ★3
#6 Bloodstained Ground ★4
#7 The Somber Lay ★4
#8 Slanias Song ★4
#9 Giamonios(インスト) ★4
#10 Tarvos ★5
#11 Calling the Rain ★4
#12 Elembivos ★3


Top3は、


#10 Tarvos
疾走感ッパネエ!
曲の半分くらいで民族楽器使ってるのかな?
語りっぽいパートでちょっと落とすのもGood!
やっぱいいよね!民族楽器!
やっぱりメロデス臭は結構するけど、それでもこれはそんなの気にせず聴ける1曲!


#2 Primordial Breath
最初はトレモロ多用、ドッコドコ、パーカッション的な音、とブラックの香りをほのめかすものではありますが、やはり基礎はメロデスですなぁ~。
なかなか耳に残る秀逸なリフを使ってきて最初の曲(イントロトラック除く)として優秀!
上記に加え、シンバルバッシンバッシン叩いてたり、民族音楽的なコーラスだったりと特徴を出そうとしているのがよくわかります。


#4 Grey Sublime Archon
民族楽器に若干のワウを使ってたり。
最初から民族楽器入ってますが、テンポが速く疾走感を重視しているっぽくて、あまりフォークメタルって感じではないです。
が、曲としては秀逸!


うーんやっぱり、この時点ではフォークメタルバンドよりもメロデスバンドの要素のほうが強いかも。
フォークメタルってテンポはちょっと速めでも軽快さを前面に出してくることが多いイメージで、重さと疾走感、ボーカルの咆哮のようなグロウル、そして民族楽器によるメロディということで、メロデス感が非常に強いです。
逆に言えばメロデス好きにフォークメタルをアピールできるものでは、とも。ないか。
フォークメタルとしてはちょっと違うかもだけど、アルバムの出来はなかなかに高く良いアルバムです。
フォーク好きよりもメロデス好きにオススメな1枚です。


評価 ★4


動画はTarvos



【アルバム】Ukon Wacka / Korpiklaani【レビュー】

Ukon Wacka


ご存知フィンランドのフォークメタルバンド、Korpiklaaniの7thアルバム(2011年)です。
11曲収録、内1曲ボーナストラック。

今回のアルバム邦題は「コルピの神様」です。


いわゆるフォークメタルの火付け役で、1stアルバム収録のWooden PintsのPVでは真剣なのに面白いヒッタン(ヒッタヴァイネン)と太鼓を叩き続ける人が特に話題になりました。

その他もろもろいろんな話を総合するとネタバンドにも思えるのですがとんでもない!
すごい実力を持ったバンドです!


ジャケットはコルピの神様というよりは、コルピ仙人といった感じ。
フォークメタル臭たっぷりな背景のジャケットですね。


内容はしっかりとしたバンドサウンドに、主にヴァイオリンやアコーディオンを乗せたサウンド。
フォークメタルの王道です。

ギターは中音をしっかりと出した力強い音。

ベースは柔らかめで基本的に歪みは少ないが、その活躍で全体をしっかりとしまった音にしています。

ドラムはキック&スネアをしっかり、金物をちょい弱めの音にしてあります。
その分金物は左右に大きく振ってあり、自然と耳に入ってきます。

ボーカルは元気で威勢のよいしゃがれ声。

そこへ終始アコーディオンとヴァイオリンが入る、といった感じです。


各トラックのレートは、


#1 Louhen Yhdeksäs Poika ★4
#2 Päät Pois Tai Hirteen ★5
#3 Tuoppi Oltta ★4
#4 Lonkkaluut ★4
#5 Tequila ★5
#6 Ukon Wacka ★4
#7 Korvesta Liha ★5
#8 Koivu Ja Tähti ★3
#9 Vaarinpolkka(インスト) ★5
#10 Surma ★5
#11 Iron Fist ★4


Top3は、


#5 Tequila
いわゆるコルピ酒3部作の3つ目!
これは強烈過ぎる!
6枚目のアルバムでありながらこれだけフックのある曲を作れるとは、本当に実力のある証!
民族的な音のするドラム連打に心が躍ります。
テキィールアアアアーーー!
にテンションが上がります。
さすがの酒愛、次は是非とも「Hyouketsu(氷結)」にしていただきたいものです。
(コルピの来日公演時、宿泊ホテル周辺のコンビニから氷結が消えたというエピソードがあるのですw)


#2 Päät Pois Tai Hirteen
リズミカルなアコギと、アコーディオンの組み合わせ!
そしてアコギに続き歪んだギターが入ってきます。
このリズミカルな感じがたまらん!!
自然と体が動いてしまう1曲!


#9 Vaarinpolkka(インスト)
タイトル通りポルカ、のような気がしなくも無い(ポルカよくわかりません)
しかしスピード感があり、アコーディオンとヴァイオリンのコンビネーションが良く、聴いてて楽しくなる感じはポルカ!
インストだって逃してはいけません!


Korpiklaaniのアルバムは一応全部持ってますが、どれもしっかりとした作りでキャッチーで聴きやすく良いものが多いです。
上記のように、7枚目に至っても未だに衰えないというのはまさに実力があることの証!
単なるネタバンドとして聴き逃すのはもったいない!

本作もそう思わせるような良い出来でした。

そして最後はご存知Motorheadのカバー!
アコーディオンとヴァイオリンを使ったものも悪くないものです。


評価 ★4


動画はTequila



【アルバム】Kalevala / Kalevala【レビュー】

Kalevala_2


ロシアのフォークメタルバンド、Kalevaraの2ndアルバム(2009年)です。
11曲収録、内1曲ボーナストラック。


1stが相当なキラーチューンと以前に取り上げましたが、こちらも良いですよ。


ジャケットはマジシャンのような塩撒きをしてるような・・・
荒いタッチの絵ですね。


内容ですが、1stと変わらずポップな感じもするけどしっかりとしたメタルサウンドを聴かせるフォークメタルです。
気持ちよく歪むギターにヌケのよいドラム、しっかりした低音のベースとそれに対比するアコーディオンによる高音、そしてロシア語による独特の歌いまわしで英語曲には無い新鮮さ。
なによりキラーチューンが相変わらず多い!


各トラックのレートは、


#1 Kalevala ★5
#2 Kukushkiny Deti ★5
#3 Gosti Talogo Snega ★5
#4 Plakali Verby ★4
#5 Kupal'skaya Noch' ★4
#6 U Razbitogo Koryta Odinokogo Kryl'Tsa ★4
#7 Medunitsy Pryanoy Bely Koster ★4
#8 Veter V Spinu ★4
#9 Pervy Posledny Zakat ★4
#10 Pro zherebtsa (Yaytsa) ★4
#11 Kolokol'chik ★4


好きな曲Top3は、


#1 Kalevala
一定のリズムを刻むドラム、ベースの軽快な音、そしてフォークメタルに必須のキルギスのビヨ~ンビヨ~ンの音、そのあとに入る気持ちの良いギターの音!
まさしくフォークメタル!
しかし、この曲の一番の主役はアコーディオン!
終始鳴り響くアコーディオンが非常に気持ちよく、
これぞフォークメタルの醍醐味と言ったところです。


#2 Kukushkiny Deti
Verse1とPreChorus、Chorusのリズムの対比が特徴的で、そのリズムの差が非常に気持ちのよい曲になっています。
ところどころに出てくる正統派メタル的なリフも秀逸!


#3 Gosti Talogo Snega
ちょっとだけ、ヴァイキングメタルを意識したかのような曲で、
最初の「オイオイオイ!」の掛け声がなんとも言えない勢いとシュールさを出していますね。
しかしそこはヴァイキングメタル意識、Chorusでのドラムによって作られる勢いと混ざり、「オイオイオイ!」が非常に攻撃的に変化します。
曲調も激しめでそこもヴァイキング的。


全体を聴いて、前作よりもアルバムそのものの完成度はこちらのほうが上なのではないかなと思います。
最大瞬間風速では前作が勝っていますが、平均風速はこちらが上。
どちらも凄くオススメの盤です!


評価 ★4+


動画はKalevala



【アルバム】1945 / Almora【レビュー】

1945


トルコのフォークメタルバンド、Almoraの4th(2004年)です。
10曲収録。

フォークメタルのような、シンフォニックのような、ゴシックのような・・・


なんか・・・不思議なジャケット・・・
恐らく日本をイメージしてるんだろうなぁ、と思います。
トルコと言えば結構な親日ですしね。
手前の鳥居とか、後ろの屋根が瓦で出来てそうな城みたいなのとか。
そして何よりアルバムタイトルが「1945」で、第二次世界大戦が終戦、日本が降伏した年。
そのわりに手前の変な妖精みたいなのがいますが、日本のゲームからきてるのでしょうか?


なんか、なんかいいんですよ。
壮大にしようとしてちょっと失敗したような感じとか、トルコの言葉?のような歌詞とか歌いまわしとか。
タイトルが英語の曲もあり、歌詞に英語を使っている曲も一応ありますが、英語は日本人が聞き取りやすいタイプの英語w

ギターは軽めで刻みは速くなく多くなく曲を軽く支える程度な感じ、ベースも同じく重くなくギターに寄り添うようなライン。

ドラムはかなり聴こえやすい、そして同じくどれも重くない音。
耳に刺さるような感覚はなく聴きやすい。

これら楽器にあまり重きをいていないのはやはり、バイオリンやフルート、そしてキンキンに高いオペラチックなトーンの女性ボーカルとオペラのような男性ボーカルを強調したいからでしょう。まぁ男が普通に歌ってる曲もありますが。
バイオリン、フルート、ボーカル、どれをとってもしっかり練りこんだ旋律で攻めてきます。


各トラックのレートは、

#1 Angels Prelude ★3
#2 Sea Angels ★5
#3 1945 ★4
#4 Işık Ver Bana ★3
#5 Iron Nation ★4
#6 Golden Era ★3
#7 Hands of Destiny ★4
#8 The Hangman ★4
#9 Kaf Dağınnn Ardında ★3
#10 1945-1 ★4


Top3は、


#2 Sea Angels
最初はオペラのようなツインボーカルで始まります。
そしてメロスピのような旋律のギター、それに合わせたバイオリン。
しかしなんと言っても聴き所はフルート!
かなりクサくカッコよい、癖になるメロディで何度もリピートしたくなります。
そして中盤のバイオリンも負けておりません!
フルートがメインになることが少ないのがちょっと惜しい。


#5 Iron Nation
Top1の#2のような路線ですが、こっちはもっとゆったりとしたテンポの曲。
やはり、バイオリン、フルートで奏でるメロディがクサい。
メタルらしい力を込めて歌おうという姿勢も評価できます。


#8 The Hangman
全曲中でも一番メタルっぽい曲じゃないでしょうか。
上に書いた全体のイメージとはかけ離れたような曲ですが、これはこれで良いものです。
バイオリンで低めな音を出してるのが珍しい。


書いてみると意外や意外、オペラ的なボーカルの曲はTop3のうちTop1のみでした。
でもやはり、聴き所はフルート、そしてバイオリン。
Top3の順序は特にフルートの良さに左右されたように思います。

こういうバンドは、バンドの基本楽器以外がモノをいいますね!


評価 ★3+


動画はSea Angels





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。