We need another Metal (and beer)!

メタルCD、ヘッドホン、DTM、プラグインのブログ。オススメが多いです。
SoundCloud
プロフィール

やまちゃ

Author:やまちゃ
スラッシュメタル大好きっこ!
質問したい方はAsk.fmからどうぞ
[Ask.fm]

検索フォーム
カテゴリ別検索
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Twitter
ブログRSS

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

【逸曲】King Of The Kill / Annihilator【入魂】

King of the Kill


レビュー書きたいアルバムがないのでとりあえず。

今回はカナダのスラッシュメタルバンド、Annihilator(アナイアレイター)の4thアルバム「King Of The Kill」より、タイトル曲である「King Of The Kill」(1994年)です。


隠れた?意外にも影の薄い名ギタリスト、ジェフ・ウォーターズ率いるバンドで、良作は多いです。
一時期Megadethに誘われたこともあったとか・・・
このアルバムではギター、ベース、ボーカルをジェフがやっているようです。


ジャケットはキングが俺つえーーー!!状態。
どう見てもチェスでキング無双してますね、ドヤ顔がパないです。


録音状態は良く、音圧もやたら高くなってることはなく聴きやすいです。

ギターはザクザクキモチー(*´д`*)状態
歯切れが良く、上記の擬音の如くザクザクに刻む音に終始するも落ち着いた音。

ベースはバキバキ感のある音ですが歪んだ感じは少なく、あまり主張はせず綺麗な音で鳴っています。
Annihilatorのベースの音はかなり特徴あると思うんです。

ドラムもまた全体的に歯切れが良く、強すぎず軽すぎずも軽快なバスドラム、音がかなり広がるスネアが特徴的。
バスドラムもギターに合わせて終始踏みっぱなしという、リズム、軽快さを崩さないスタイル。

ボーカルはしゃがれ声、力強さを重視した感じ。
楽器隊とは対照的に若干粘っこい歌い方をしますね。


曲詳細



●イントロ
王様繋がりなのかライオンの鳴き声から始まり、若干ポップなラインで軽快なギターの刻み、軽快なバスドラムから始まります。
ギターにダブリングが掛かり左右から聴こえるようになり、ベースがイン。
その後一瞬ドラム以外を止める展開がニクイ。
その後全楽器が本格的に始動。


●ヴァース
イントロ後半のリフのまま突っ込みます。
その後ボーカルが入りますが、これがまた曲の軽快さと非常に合っている。
最後までそのまま突っ込みます。


●プリコーラス
刻み成分少なめです。
ボーカルとギター、ベースがユニゾンしているかのようなフレーズ。
ドラムの切り替えも巧みです。


●コーラス
キル!!!

それだけ言えれば満足です。
(正直コーラスなのかプリコーラスなのかわかりません。)


●他
ギターソロではワウを終始使用したフレーズがかっこよい。
速弾きはしませんが、雰囲気を崩さない。
さすがのジェフ・ウォーターズです。
ジェフが多用するキュルルルル・・・な奏法ももちろんあります。


Annihilatorでは一番好きな曲で、しょっちゅう聴いています。
とりあえずキル!!!と言いたくなる、そんな曲。
曲長は3:13と短く、もう終わっちゃうの~?的な名残惜しさが出てきてしまいます。
ですがこれ以上長くしてもダレるだけでしょうし、絶妙な尺の名曲です。


スポンサーサイト


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。