We need another Metal (and beer)!

メタルCD、ヘッドホン、DTM、プラグインのブログ。オススメが多いです。
SoundCloud
プロフィール

やまちゃ

Author:やまちゃ
スラッシュメタル大好きっこ!
質問したい方はAsk.fmからどうぞ
[Ask.fm]

検索フォーム
カテゴリ別検索
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Twitter
ブログRSS

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

【アルバム】White Devil Armory / Overkill【レビュー】

White Devil Armory


好きなバンドは、特に大好きなバンドは、一番最初にレビューしたい病。

そんなわけで今回は、アメリカのベテランスラッシュメタルバンドOverkillの17thアルバム「White Devil Armory」(2014年)です。
13曲収録、内2曲ボーナストラック。


老いて尚盛ん。
いやまだ老いたって歳じゃないけど、もう30年以上活動しているバンドで相当に長い。


ジャケットは石の壁のモニュメントとしてたたずむ髑髏蝙蝠。
やはり緑を使ってきますね。
アルバム名からして鎧を纏った白い悪魔、のようですが、翼と髑髏顔しかないので鎧を纏っているのかよく分かりません。

この髑髏蝙蝠、Chalyという可愛い名前だそうです。


サウンドは、前作とあまり変わらず。
綺麗な音のザックザク。
ベキンベキンにドッカドカボッコボコ。

ギターは前作、全然作に引き続きキレが良く高音が効いたザックザクジャリジャリ。
近作のかなり引き倒すギターソロも健在。

Overkillの小さな巨人ことD.D・ヴァーニのベースは、相変わらずのD.D・ヴァーニの音。
鋭くキレよく強烈に、それがD.Dのジャスティス。
D.D渋いよD.D。

ドラムはまたしてもキレ。
相変わらずこのバンドはどの楽器隊もキレがすごい。
金物打つ数がなかなかに多くて激しい。

ボーカルは昔よりも勢いが増したボビー・ブリッツ・エルズワース。
逆に粘りのある歌唱をするが、やはりと言うか不思議なキレがある。
声質は全体的に高音寄りで、ときどき絶叫に近いハイトーン。
前作でも書いたけど、昔より元気でマジすごい。


各トラックのレートは、

#1 Xdm ★3
#2 Armorist ★5
#3 Down to the Bone ★4
#4 Pig ★4
#5 Bitter Pill ★4
#6 Where There's Smoke ★5
#7 Freedom Rings ★5
#8 Another Day to Die ★5
#9 King of the Rat Bastards ★5
#10 It's All Yours ★4
#11 In the Name ★4
#12 The Fight Song ★4
#13 Miss Misery ★4


Top3は、

#6 Where There's Smoke
ひたすら激しい!
本作中最高に激しい!ひたすらドッコドコにブラストビートで踏みまくるイントロはテンション上がるね!
これぞスラッシュメタル!スラッシュメタルの中のスラッシュメタル!


#2 Armorist
こちらも負けずにブラストビート開幕!
こっちはスネアが落ち着き気味。
どちらかと言えばノリの良さを押してるイメージ。
これぞOverkillと言えるような陽性、この独特の歌い回し。
途中から雰囲気をガラッと変えるところもGood!


#7 Freedom Rings
フェイザーが効いたベースフレーズから始まり緊迫感を加速させるハイハット、淡々としたギターの刻みで始まるイントロ。
適度に激しく、そして適度なノリを持ちつつ進行。
途中、ちょっとだけメタリカチックになりつつも、そこはボビーが持ち前の歌唱でOverkill節に。
ギターソロもかなり引き倒している。
陽性を消し、シリアス感、緊迫感溢れる一曲。


まあーまあ、今作もなかなかの良作ですよ。
ですが前作前々作とあまりにも傑作だったためOverkillはこれで普通!って思えてきてしまいます。
これが傑作を立て続けに出した者の宿命、いわゆる金太郎飴状態。
しかしこれでいいんです。


評価 ★4+


動画はArmorist



スポンサーサイト

【逸曲】I Rise / Overkill【入魂】

スーパーウルトラ超絶お久しぶり!
いやあ日本を満喫してまたアメリカに戻っちゃいました!


そんなわけで、久々のレビューです。

今回は私が大好きな、アメリカのベテランスラッシュメタルバンド、Overkillの13thアルバム「Killbox 13」(2003年)より「I Rise」です。

Killbox 13



アルバム紹介ではよく、「傑作だ!」「近年の最高傑作!」との文句を見ますが、実際にレビューしている人でそのようなことを書いてる人を見かけたことがありません。
やはり過去の名作に比べれば・・・
といった感じではありますが、音の圧力感は高く、パワフルで爽快な音を聴かせてくれるアルバムです、私はそこそこ好きです。


そんな中でも今回のI Rise。
何気に私の中でもOverkillでトップレベルに好きな曲です。


曲詳細



●イントロ
最初は重さを強調したフレーズから、いきなりこれぞスラッシュ!と言わんばかりのリフへ。
リフはザクザク、ドラムはドコドコでかっこよい!
ベースの変化もクール!

●ヴァース
イントロ後半の勢いそのままにノリをよく!
コーラスも手伝ってか、かなりの力強さを感じます。

●プリコーラス
速度を落としまたしても重さを強調。
この重さから一気にスラッシュリフへの爆発がたまりません!

●コーラス
え、プリコーラスに書いた部分がコーラス?

●他
軽快なリフにボビー・ブリッツ・エルズワースのボーカルが乗ったり、ギターソロが乗ったり。
万能なリフでしかもかっこよいときてる。


ある意味ではこれがOverkillの一つの真骨頂とまで言いたくなるような、そんな出来。
スラッシー度が非常に高いパート、重いブレイクダウン、ノるパート、そしてそれらの切り替えが非常に気持ちいい1曲!


【アルバム】The Electric Age / Overkill【レビュー】

The Electric Age


久々のアルバムレビュー。

ということで、今回はアメリカのベテランスラッシュメタルバンド、Overkillの16thアルバム(2012年)です。
10曲収録。


コメントとかはとりあえず後にして・・・

ジャケットは、お馴染み鬼髑髏モチーフ。
Overkillに多い、緑主体のジャケットです。
今回、翼は稲妻で表現されてますね。
ブックレットのほうにもそんな表現がいっぱいです。


さて、内容は・・・

はっきり言ってすごい!

音楽はやり尽くされた感の出てきた昨今、2作連続でこんな傑作を発表するとは!
前作は若干ダークめなアルバムでしたが、今作はOverkillらしい陽性の強いスラッシーなアルバムとなっています。
全体的な音は前作の延長線上、しかし若干の変化はあります。

ギターはジャッキンジャキンに鋭さを増し、それでいて壁のように全体から押し寄せてきます。
Overkillといえばやはりベースとボーカルですが、今回ギターソロもかなり良い仕事をしています。

ベースは、そんなギターのど真ん中を更なる鋭さでベッキンベキンに鳴らしておりかなりかっこよい!
やっぱD.Dだな!

ドラムも前作より歯切れと鋭さを強調したかのような音で、特にスネアの音は癖になりそうな良い音と思います。
定位がかなり広く分けられており、曲そのものに大きな広がりを持たせてくれます。

ボーカルは、逆に昔から変わらないボビー・ブリッツ・エルズワースの絶叫にも似た声。
むしろしょっちゅう絶叫しています。
昔からの勢いを全く失っておらず、それどころか勢いが増したとも思えるほど!
さすがの威力!


各トラックのレートは、

#1 Come and Get It ★4
#2 Electric Rattlesnake ★5
#3 Wish You Were Dead ★5
#4 Black Daze ★4
#5 Save Yourself ★5
#6 Drop The Hammer Down ★5
#7 21st Century Man ★5
#8 Old Wounds, New Scars ★5
#9 All Over But the Shouting ★4
#10 Good Night ★5


Top3は、


#2 Electric Rattlesnake
文句なしのスラッシュ曲!
ギターのメリハリ!ベースの強烈なアタック!ボーカルのパンチ!ドラムの激しい連打!
どれをとってもスラッシュでない部分がありません。
中盤のゆっくりなパートは、ヘヴィ路線に行った過去作「I Hear Black」を上手く取り込んでいるようです。
ある意味では、Overkillの集大成とも言える一曲!


#10 Good Night
#2とどっちを上にするか迷った・・・
結局曲順ということで#2が上ですが、2トップということで曲名はどちらも同じ大きさの文字にしてあります。

イントロはやさしくクリーンギター。
本編は曲名に合わずものすごい一撃で目が覚めてしまうほどに強烈!!
それなのに締めはクールな声で「グッナイッ!」
ギターソロがオヤスミのキスだそうです。
あとドラム、すごいいい仕事してます。

熱さとクールさを兼ね備えた1曲。


#5 Save Yourself
スピード感!高揚感!開放感!
まさにOverkill!

このギターの刻み!
このギターソロの生々しさ!
このボーカルとコーラスの絡み!
このドラムのドッコドコ感!
中盤の音程の上がってきたベースもたまりません!
「セイヴユアセルフ!」


これ以外のトラックも、どれもこれもすごい・・・

複雑に音を絡めつつ気持ちよいリズムを刻む#3 Wish You Were Dead
疾走とノリの良いリズムのパートを兼ね備え、叙情的なソロまで出てくる#6 Drop the Hammer
キャッチーでリズミカルで、勝手に頭を振ってしまうようなリフが主軸の#8 Old Wounds, New Scars


やはりすごすぎる。
ここまでやってくれたら、私はもうTop1バンドをOverkillに変えるしかない。
もちろんSodomも大好きですが、これはOverkillがすごすぎた。
はっきり言って、BIG4の座を一つOverkillに譲るべきです。

2作連続でここまで完璧なものを出してくれるとは・・・


評価 ★5+


動画はElectric Rattlesnake


と、Good Night



【アルバム】The Year of Decay / Overkill【レビュー】

The Years of Decay


アメリカのベテランスラッシュメタルバンド、Overkillの4thアルバム(1989年)です。
9曲収録。


超名曲収録の一枚です!


ジャケットは、前作から出てきたOverkill定番のキャラとも言える、翼付き髑髏。
その形をした門のようですね。
どっしり構えてる感。


ギターは篭った音でゾリゾリと刻みます。

ベースはかなり強調されており、バッキンバッキンのベッキンベッキンに叩きつけてきます。

ドラムは他の楽器に比べ比較的明瞭な音です。
結構響いた音をしており、空気感が強いです。

ボーカルは昨今のブリッツのような特徴的な金切り声のようなものはまだ抑え気味です。
が、それでもかなりしっかりしたボーカル。


各トラックのレートは、


#1 Time to Kill ★4
#2 Elimination ★5
#3 I Hate ★4
#4 Nothing to Die for ★4
#5 Playing with Spiders / Skullkrusher ★4
#6 Birth of Tension ★4
#7 Who Tends the Fire ★4
#8 The Years of Decay ★3
#9 E.vil N.ever D.ies ★4


Top3は、


#2 Elimination
問答無用のトップ!
Overkill屈指の名曲!
テンポチェンジが多く非常に展開に富んだ曲です。


#1 Time to Kill
アルバムのオープニングらしい曲の始まり。
ブリッツの叫び声が力強い。
淡々と刻むギターが非常にかっこよい!


#7 Who Tends the Fire
一瞬バラードとも勘違いするような始まり方です。
が、一気に怪しげな雰囲気に。
クリーンギターに後からジャキジャキのギターを被せていく、Overkillが多用する手法ですね。
しばらくは比較的ゆっくりした曲調ですが、そこは耐えてください。
そこを抜け、中盤、そして終盤には物凄くかっこよい疾走パートが待っています!


全体的に長尺な曲が多いです。
聴いててちょっと疲れるところもあるかもしれません。
しかし上記の曲は物凄くかっこよく、けして外せるアルバムではありません。


評価 ★4


動画はElimination(のライブ版)



【アルバム】Ironbound / Overkill【レビュー】

Ironbound


アメリカのベテランスラッシュメタルバンド、Overkillの15thアルバム(2010年)です。
10曲収録。


私的2010年Top1アルバム!

2010年の初月、1月29日に発売でいきなり凄いものを出してくれたな!と思ったものです。


ジャケットは、Overkillではお馴染みの角突き髑髏に翼の生えたあれが、鉄っぽい質感になって鎖につながれ鎮座しているようです。
なんとも重厚感があります。
これのTシャツがあったら即買います。


内容は全体的に大作思考な長大曲多め。
しかし、曲の出来はどれも凄く良く、聴いてて飽きません。

ギターは高音強調めでジャキジャキといった音で刻みまくる。
Overkillの中核の一つであるベースは、いつにも増して目立つバキンバキンな音。
D.D. ヴァーニがベースを弾く姿が容易に想像できます。
DD
ギャグ化する前の渋い頃の桃白白。

ドラムは軽快軽やか、ちょっとリバーブ強めで響きが強いかな。
しかし凄く安定したドラム!
タムの音がかっこよい!

楽器隊が見事なミックス。
どれもこれも凄く見事に音を分けてあり、楽器の音一粒一粒がよく聴こえます。

そしてOverkillの最大の武器であるボビー・ブリッツ・エルズワースのボーカルは、低音も効き物凄くパワーを持ち、そしてヒステリックに叫ぶ様はまさに鬼神、ジャケットの鬼髑髏そのもの。
メタル界トップレベルのフロントマンだと思ってます。


各トラックのレートは、


#1 The Green And Black ★5
#2 Ironbound ★5
#3 Bring Me The Night ★5
#4 The Goal Is Your Soul ★5
#5 Give A Little ★4
#6 Endless War ★5
#7 The Head And Heart ★5
#8 In Vain ★5
#9 Killing For A Living ★5
#10 The SRC ★4


もうね、桁外れの★5の多さです。


好きな曲Top3は、


#4 The Goal Is Your Soul
大抵の人は#2のIronboundや#3のBring Me The Nightが一番に来るでしょうと思います。
しかし私はこれが一番!
前々から私が言ってきた、所謂メタル曲構成最強説(後付)。
これが特に顕著に現れる曲では無いでしょうか。
特に言われる「起承転結」、これがはっきりしており明快で分かりやすく、そして疾走も忘れない強烈強大大作曲
クリーンなギターの怪しいフレーズに始まり、段々と音が大きくなりながら追いかけてくるスラッシーなリフ。
そのリフに完全に切り替わった瞬間、完全に心を奪われます。
スラッシュメタルどころか、メタルそのものがここに集約されていると思います。


#2 Ironbound
最初に高速刻み、バスドラムドコンドコン、スネアタッカンタッカン、ベースバッキンバキンに弾き倒すイントロでで始まるアルバムタイトル曲。
全体的に凄く疾走爆走と、上記の引き倒しパートを絡めて進行し、間にスローなクリーンパートを挟み、また疾走して速度を強調。
問答無用の名曲です。


3曲目ですが・・・

選出が出来ません。

ホントにどれもこれも良過ぎて選べないのです!
なんとも贅沢な悩み!

いきなり大作ですが、気持ちのよい疾走と脅威の完成度で短い8分の#1 The Green And Black。

超絶疾走激走爆走な#3 Bring Me The Night。

集中砲火のようなドラムと刻みに始まり、終始疾走な#6 Endless War。

低いグロウルのようなボーカルを珍しく使う曲、ダークな進行が良い#7 The Head And Heart

NWOBHMとスラッシュの融合、メロディを刻むのに速い疾走の#8 In Vain。

期待感を煽りまくるかっこよいイントロから、アナウンスのようなパワータップリの語り風のボーカルで今度はスピード感を煽る#9 Killing For A Living、ブリッツのボーカルが冴える!


なんとも凄いアルバムを出したものです。
スラッシュメタル初期から活動し、コンスタントにアルバムを出し続けて15枚、これこそが本物の「継続は力なり」であるなと思います。

曲良し!テンション良し!プロダクション良し!
メタル界の歴史に名を残すアルバムMetallicaの「Master Of Puppets」にも匹敵するのではないかと思っています。
それくらいに凄いアルバムで、数々の名盤を出しているOverkillでもトップに君臨するアルバムだと確信しています。


評価 ★5+


動画はThe Goal Is Your Soul



【アルバム】Feel the Fire / Overkill【レビュー】

Feel the Fire


アメリカ、ニュージャージー州出身のベテランスラッシュメタルバンド、Overkillの1st(1985年)です。

Overkillで2番目に早く聴いたアルバムです。
最初は最新作のIronboundでした。

なんと言ってもべらぼうにカッコよい!

人によって評価は大きく2分されると思います。
ブリッツのボーカルが苦手、あのボーカルは聴いてられない!という人と、あのボーカルは最高!最強レベルのフロントマンだ!の両極端に。
私は大好き派!
DVDの「Get Thrashed」(邦題「スラッシュメタル ~攻撃とスピードの暴虐史」)を見ましたが、ブリッツって気さくでいっぱいインタビューに応えてくれたらしくて良い人~(人´∀`)

ベースのD.Dヴァーニかっこよすぎ!
(この人のイメージは、ドラゴンボールでギャグ化する前の渋いタオパイパイです)

このバンドはスラッシュメタル低迷期にもSodom同様ずっとスラッシュを貫いており、そこが好きなのでしょう。


さて、ジャケットですが荒野?に大きな炎をバックにバンドメンバーが待ち構えています。
スラッシュメタルで実写を使ったジャケットって珍しくないですか?珍しくないですか、そうですか・・・
ジャケットとしては良いと思います。
これから大きくなるバンドのデビューを上手く表していると思います。
でもTシャツにするならIronboundのが絶対カッコよい^p^


全トラックとも好きです!
でもこの中からのTop3は、


#2 Rotten to the Core
ロッテン!トゥ!ザ!コアー!!!
この曲はホントテンションあがります。
私が聴いた曲の中でも最上位クラスのお気に入り度です。
リフがカッコよい、ボーカルがカッコよい、ドラムがカッコよい、ベースがカッコよい、展開がカッコよい、全て揃ってます!
最初の金切り声みたいな笑い声をライブでもちゃんとやってくれます。
ロッテン!トゥ!ザ!コアー!!!
名曲です。


#1 Raise the Dead
怪しい雰囲気から入り~・・・、爆発!
これにも最初に笑い声が入ってます。
笑う角に福来たんですね。
初めてこのCDのこの曲を聴いたときは衝撃を受けました。
まさかこの次のTop1にある#2でさらに大きな衝撃を受けるとは・・・


#6 Feel the Fire
ギターのハウリング~バキバキのベースとそれにあわせたドラムから入る曲、これもすごいかっこよい!
最初の落ち着いたボーカルからだんだんテンションをあげていきます。
それに合わせるかのようにこっちもテンションがあがってきます。


このCD、どこをどう切ってもB級スラッシュ(良い意味で)なのですが、とにかく中身がカッコよい!
録音時期がかなり前で今ほど録音技術やミックス技術が発展していなかったため音はさほど良くないですが、それを感じさせぬ曲のカッコよさ!メンバーのポテンシャル!

Ironboundでかなり好きになりましたが、これを聴いてさらに好きになりました。
もっと早くOverkillを聴いていればと後悔したものです。


評価 ★5


動画はRotten to the Core





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。