We need another Metal (and beer)!

メタルCD、ヘッドホン、DTM、プラグインのブログ。オススメが多いです。
SoundCloud
プロフィール

やまちゃ

Author:やまちゃ
スラッシュメタル大好きっこ!
質問したい方はAsk.fmからどうぞ
[Ask.fm]

検索フォーム
カテゴリ別検索
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Twitter
ブログRSS

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

【アルバム】Braindead / Lost Society【レビュー】

Braindead


フィンランドのスラッシュメタルバカでスラッシュメタルバンド、Lost Societyの3rdアルバム「Braidead」(2016年)です。
10曲収録、うち過去のTerror Hungryの別バージョンが1曲、ライブ音源が1曲。


ジャケットは監禁された女の人?
扉のほうへ向かって坂になっているようにも思えるような書き方で、そこはそびえ立つ壁という雰囲気を出したのかな?
これまで以上にB級臭するジャケットになったような気がします。

中身はモダンで1級品なスラッシュメタル系、グルーヴメタル系です。
そうです、グルーヴメタル系な要素が多く入ってきました。

音は全体的に2nd寄りの音。
隙間の少ないエッジの立ったギターの音。
前作同様低域が少なめのようです。
ベースは主張が激しめ硬質な音、ちょいちょいグリッサンドをフレーズに盛り込んで主張する。

ドラムは2ndよりも重心低めで、スネアの広がりがいい。
以外にもキックは高域をさほど上げていないように感じる、その分低域のパンチーさがよく出てる。
金物類の広がりがかなり広い
ハイハットの細かい打ち分けが気持ちいい。

ボーカルは高域成分多めの叫ぶ吐き捨てタイプですが、若干イメージが変わったような。
うーん曲によるのかな、スロー~ミドルテンポな曲は特にボーカルのタイプが変わったようなイメージを受ける。
Panteraのフィルみたいな感じが強くなってる。


各トラックのレートは、


#1 I Am the Antidote ★4
#2 Riot ★4
#3 Mad Torture ★5
#4 Hollow Eyes ★4
#5 Rage Me Up ★5
#6 Hangover Activator ★4
#7 Only (My) Death Is Certain ★4
#8 P.S.T.88 ★4
#9 Terror Hungry (Californian Easy Listening Version) ★4
#10 Overdosed Brain (Live) ★4


Top3は、

#3 Mad Torture
アルバムを聴き始めて最初のスピード曲!
軽いノリにテンポよくボーカルを乗せて進んでいくいつものタイプです。
中盤の落とし方からギターソロの弾き倒し具合、そこからサビへの繋ぎ方がかなりLost Society!


#5 Rage Me Up
爆速超速曲!
こういう勢いでやりました的な曲もLost Societyには大事です。


#2 Riot
こういうゆっくりさは嫌いじゃない。
ゆっくりだけど勢いはある、ボーカルが煽る系でいいよね。
そして聴きどころは後半のボーカルとコーラスの掛け合いと、ギターソロの弾き倒し具合。


とりあえず一安心して良いです、大部分はいつものLost Societyです。
先行して公開された I Am the Antitodeが#1でかなりのグルーヴ重視、続いて#2もグルーヴ重視と来たら不安にもなりました。
しかしそれ以降は大体これまでと同じです。
そして#2ではいつも通りのギターソロでの弾き倒し具合だったので、その頃から「お?大丈夫っぽい?」とは感じました。

#8は知る人ぞ知る、私も知らない、というか聴いてないPanteraがああいうスタイルになる前の非常にダサい頃のアルバムからだそうです。
メタル通は見たことありますよね?虎漢?がナイフを持った絵がジャケットのPanteraのアルバム、あれからだそうです。
フィンランドでは1曲そういうマニアックな曲をカバーする風潮が出ているそうです、そういうの好きです。

しかし今回アルバムの内容を見ると、このアルバムで初出の曲は7曲、1曲カバー、1曲別バージョン、1曲ライブ音源、これで合計10曲とちょっと内容が少なくなってない?って感じました。
だって前作14曲、前々作15曲よ、どっちもカバー曲1曲ずつ。
ちょっとこれは期待され過ぎてレーベルがアルバムを急がせたのではー、なんて思います。


評価 ★4


動画はHangover Activator




スポンサーサイト

【アルバム】Terror Hungry / Lost Society【レビュー】

Terror Hungry


フィンランドのスラッシュメタルバカ、もとい若手スラッシュメタルバンド、Lost Societyの2ndアルバム「Terror Hungry」(2014年)です。
14曲収録、内1曲カバー曲。

全世界のスラッシャーが期待する若手Lost Societyの新譜が来ましたね!
かなり前に購入はしていましたがなかなか記事を書く機会が・・・


ジャケットはジェットコースターに乗る生気の無いような顔なのに様々な表情の人たちと、その前にたたずむ危ない雰囲気の男。
バンドロゴ、メタリック度が増したのとSocietyの部分が横並びになりましたね。
前みたいなポンコツさがなくなりましたね。


音は相変わらずの詰め込みすぎない、最近の音圧戦争も終わったのかと感じさせる系モダンなスラッシュ系(意味分からん)

相変わらずの高速リフと、ソロのシュレッディングが映えるカラッと乾いててザックリと切り刻むギター。
硬質でストレートなスラッシュギター。

ベースも前作と同じ傾向でかなり硬質。
ただ前作よりも音量バランスとして、ベースを下げてきているような印象。
ギターの低音が減ってるだけ?

ドラムも相変わらずの抜け重視。
抜けの良いスネアが耳をひくドラムで、バスドラムはどちらかと言うとそこまで強くない。
金物の、なかでもハイハットの広がりがすごいことになってる気がするけど、全体通すと違和感ないよね。
こういうミックスも有りなんだな。

ボーカルはやはりというか現Exodus、ロブ・デュークス系な雰囲気。
前作よりもより一層似てきた気がする。
高音ガリガリな吼えるボーカル。
コーラスワークはパワーがあって大変よろしい。


各トラックのレートは、

#1 Spurgatory ★4
#2 Game Over ★5
#3 Attaxic ★4
#4 Lethal Pleasure ★5
#5 Terror Hungry ★5
#6 Snowroad Blowout ★5
#7 Tyrant Takeover ★4
#8 Overdosed Brain ★5
#9 Thrashed Reality ★4
#10 F.F.E. ★4
#11 Brewtal Awakening ★5
#12 Mosh It Up ★4
#13 Wasted After Midnight ★3
#14 You Can't Stop Rock 'n' Roll(Twisted Sisterカバー) ★5


Top3は、


#2 Game Over
始まったと思ったら終わっていた。
な、何を言っているのかわからねーと思うが、俺も何をされたのか分からなかった。
超スピードだとか超絶テクとかそんなちゃちなものじゃあ断じてねえ。
もっと恐ろしいものの片鱗を味わったぜ・・・

このキャッチーで即効性抜群のベースイントロイイヨー。
これまた破壊力抜群のギターリフイイヨー。
ハイトーンでイイイヤアーーーオ!イイヨー。
コーラスのゲームオーバー!イイヨー。


#4 Lethal Pleasure
ちょっぴりNWOBHMな雰囲気がある曲。
イントロの同じリフ中にベースは下降していく曲構成、リフのオカズはたっぷり入れる、ハイハットすげえ細かい、ボーカル全力レエェェッツゴオォォォー!
このイントロに全力投球しました感が好き。
その後もどこまでも全力投球感が好き。


#11 Brewtal Awakening
鋭いタム回しで始まるこの曲。
アルバム全体の中でも特にシリアスな路線が前面に出ており、コミカルさを潜めクールなリフが並ぶ。


あと個人的に、
You Can't Stop Rock 'n' Roll
こういう原曲を大事にしたカバー好きなんですよね。
原曲よりもテンポがかなり速いです。
必ずしも速くすることが良いわけではないですが、この曲では大正解。
ますますCan't Stop Rock 'n' Rollです。
最後の締め方のアレンジも◎


全体的に曲尺が伸びてますね。
前作で15曲43分だったのに、今作では14曲53分と大幅に。
それに伴ってなのか、かなりシリアス系なスラッシュ曲が増えてきている印象です。
前作のようなバカっぽさを出しつつもクロスオーヴァー系のスラッシュで突貫するスタイルも好きですが、今作のようなシリアス系に歩み寄ったスタイルも好きです。
次回作も期待してしまいます。


評価 ★5


動画はLethal Pleasure



【アルバム】Fast Loud Death / Lost Society【レビュー】

Fast Loud Death


フィンランドの若手スラッシュメタルバンド、Lost Societyの1stアルバム「Fast Loud Death」(2013年)です。
15曲収録、内1曲カバー曲。


若い、とにかく若い。
平均19歳とかね。


ジャケットにもその若さが溢れ出たようなそんな勢いのアルバム。
なかなか綺麗な目をした死神が運転するバスに乗ってドンチャン騒ぎ?のバンドメンバーらしき人たち。
街は別の意味でドンチャン騒ぎですね。


そんなコミカルでポンコツ的な印象を受けるジャケットですが一旦聴いてしまえば、


こいつら本物や・・・


そんな印象を受ける良音質+オールドな曲。
それもそのはず、メタル系レコード会社大手のNuclear Blast Recordsからのデビューですし。
こんな大手が平均19歳のバンドを1stから支援する、どんなバンドか気になっちゃいますよね。

音はモダン寄りな音で、
ギターはザクザクで鋭くも厚い音。
全体的に刻みが速く、そしてなかなかの動きを聴かせるので面白い。

ベースバッキバキやな!
それでもこのバキバキな部分しか主張せず、思ったよりも冷静に、と言ったイメージ。
ヌケが良い音でよく聴こえる。

ドラムもまたモダンでどの音も明瞭、イメージで言えばExodusのような感じ。
全体的にはスラッシュビートなリズムが多く、時々バスドラムを一杯踏む。
安定している。

ボーカルは高音成分多めの叫び吐き捨てるタイプ。
やはり現Exodusのロブ・デュークスのようなイメージになる。
それよりはちょっと落ち着いた感じかな。
コーラスも勢いがあって良い。

所々にExodusが出ましたが、曲構成や雰囲気としてはTankardやMunicipal Wasteが近いです。
楽しくなる系の雰囲気。


各トラックのレートは、


#1 N.W.L ★4
#2 Trash All over You ★5
#3 E.A.G. ★4
#4 Kill (Those Who Oppose Me) ★5
#5 Bitch, Out' My Way ★5
#6 Fast Loud Death ★5
#7 Lead Through the Head ★4
#8 Diary of a Thrashman ★5
#9 Toxic Avenger ★4
#10 This Is Me ★4
#11 Braindead Metalhead ★5
#12 Piss out My Ass ★5
#13 Fatal Anoxia ★5
#14 Escape from Delirium ★5
#15 I Stole Your Love (Kiss Cover) ★4


Top3はヒジョーに選びにくいのでとりあえず羅列で、


#2 Trash All over You
明るいイントロだけどスラッシー、本当にオールドを受け継いだリフでモダンな音のスラッシュ。
それを印象付ける。


#4 Kill (Those Who Oppose Me)
勢い!ひたすら勢い!
Municipal Waste系で、ひたすら速く刻む爆速リフ!
コーラスの「キル!」が良いアクセント。
PVがアホらしくて笑えるw

#6 Fast Loud Death
NWOBHMな雰囲気!
速くてスラッシーでメロディアスで、そんな楽曲を聴ける私は特別なそんz(以下略)


#11 Braindead Metalhead
Overkillみたいな雰囲気のNWOBHM混じりにスラッシュビートが映える。
何より「頭ん中メタルだらけ!」って感じのタイトルがいいよね!


#12 Piss out My Ass
ひたすらに勢いな曲かと思いきや意外にも良い展開をする。


#14 Escape from Delirium
ここに来てガチ曲!
イントロで既にやれることつぎ込んでやりましたって雰囲気が◎
ブラストビートの勢いが、ッパない!


もうね、びっくりするほどしっかりした楽曲群!
曲が多彩で、いろんなバンドを上手く消化し、既に自分たちの雰囲気を作り上げている。
マジで新人?ってレベルです。
これはとんでもないのが出てきたなー。
このバンドは要注目。


評価 ★5


動画はTrash All over YouとKill (Those Who Oppose Me)
Trash All over You


Kill (Those Who Oppose Me)






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。