We need another Metal (and beer)!

メタルCD、ヘッドホン、DTM、プラグインのブログ。オススメが多いです。
SoundCloud
プロフィール

やまちゃ

Author:やまちゃ
スラッシュメタル大好きっこ!
質問したい方はAsk.fmからどうぞ
[Ask.fm]

検索フォーム
カテゴリ別検索
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Twitter
ブログRSS

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

【ヘッドホン】Pyco / Ultrasone【レビュー】

Pyco



さてさてー、ではエイプリルフール風の宣言後一発目を行きましょう!

今回はドイツのヘッドホンイヤホンメーカーUltrasoneのイヤホン「Pyco」です。
価格.com最低価格(4/1時点):¥17,820

値段下がりましたねー(゜∀゜)
ついこの前まで¥21,000くらいだった気がします。
私は年末年始セールで¥16,000で手に入れましたがね!


○基本スペック
タイプ:カナル型
構造:密閉型
ドライバー:ダイナミック型
ドライバー口径:6.5mm
インピーダンス:16Ω
再生周波数帯域:20Hz-20,000Hz
音圧感度:96dB
プラグ:3.5mm L型
コード長:1.2m
質量:6g(コード含まず)
付属品:イヤチップ(コンプライ2ペア、シリコン5ペア(S/M/L/M long/L long) 、専用収納ケース、デュアルプラグアダプター 、OMTPアダプター(航空機用のあれ)


○外観
私はオレンジを買いましたが、オレンジ!(゜∀゜)って感じの色です。
いかにもな色ですが、珍しい色なのでこれに決めてました。
そう、ずーーーっと前から欲しかったのです。

そんでもって側面には
綺麗な青にUltrasoneマーク!
このコントラストにやられたのだ!
(4/6追記 青いのは保護用ビニールシートとのことです、あまりに綺麗に貼られてたので気が付かなかった・・・)

プラグもリモコンも妥協は(あまり)ない感じ!


○音域別音量分布図
超高:■■
高音:■■■■
中高:■■■□
中音:■■■■
低中:■■■
低音:■■■■
超低:■■


○音
ウルトラゾーンなのに意外とバランスが良い!
若干低音寄りめだがバランスは良く、フツーな音を出す。
これまでのウルトラゾーンのような
「低音バリバリダゼー!高音ジャリジャリダゼー!イカス!イカス!」
って音ではない。
飽くまでフツー。
ウルトラゾーンなのに高音が結構自然なんだよね、そして低音は過多ではなく締まりはほどほど。
過多すぎず硬すぎないドヤァ

音の分離はまあ悪くは無いんじゃないかな。
値段に対しては良いほうだと思われます。
さすがUltarasone、そこが取り柄!

傾向としてはEdition12方面?
Edition8や、Pro2900とは方向性が違う。

音場はなかなか広めなんでない?
S-Logicを開発するくらい音場には一捻りも二捻りも加えてくるメーカーだけに、なのかな?

遮音性は高い、特に付属のコンプライ使うとすごい。
まあコンプライだし、モロ耳栓だし。

音漏れはちょっとするかなー?でも電車で使っててもそんなに聴こえないかもねって程度。
あまり音漏れしないかも(どっちか分からない)
普段の流れでいくならば、音量に気をつければ大丈夫!


○聴き比べた主な曲
#1 Good Day for a Hanging / Wasted Youth(オールドスクールスラッシュメタル)
#2 The Persecuted Won't Forget / Testament(スラッシュメタル)
#3 GRIEVE OF HEART / ANTHEM(正統派ヘヴィメタル)
#4 End of All Hope / Nightwish(シンフォニックメタル)
#5 Satanist / The Crown(激重系デスラッシュメタル)

気持ちの良かった順番
#3=#5>#1=#2=#4

#3はー、もしかしたら曲補正かもしれんが・・・
ギターがかっこええよね!
中~高音が多めなおかげでこのギターの鋭さやジャリジャリ加減が際立ちさらにかっこよい!
#5はそれプラス、低音の適度な出具合が良い!

その他#1、#2、#4も上記2曲にそれほど押されてはいない。
どれもこれも無難に、かつかっこよく聴かせてくれる。


○欠点
うーむ、イマイチ思いつかないんだが。
うーん、しいて言えばリモコンの位置が悪いからシュア掛けが出来ないので摩擦音いっぱい。
VictorかSonyとかのケーブルクリップ使うといいよ!


○その他所感
このイヤホンはなかなか気が利いてる。
ケーブルストラップをデフォルトで付けてくれてるし、ケースは丈夫でコンパクトだけど収納に便利、そしてなによりよくぞこの形で開発してくれた!マジで!

私の耳って柔道やってた影響で若干潰れてるんですよね、なんでシュアなどのよく装着感良い!って言われてるイヤホンは左右で付け心地が違うから、左右で音が変わっちゃうんですよね。
このPycoの形はそんなこと気にする必要は無い!
だって、イヤーピースしか耳に触れないんだから!


○メタル度
中高~高!

やっぱりUltrasoneはメタルに合うと思うの!
このイヤホンでは、このイヤホンでもかな?メタルの金属感というか、硬い、鋭い、重いを上手く表現してくれる。
メタルギターの厚くも鋭い音、ベースの硬く重い音、バスドラムの重くさと跳ねるような軽さが合わさった音、スネアの金属のような強いアタック感のある音、ボーカルの太かったり鋭かったり迫力の轟音だったりする声が上手いこと出てると思う。

メーカー毎に音を定義していくっていうのは必ずしも良い考えとは言えないだろうと思います。
特にオーテクやソニーのような、かなりの数を出しているメーカーには特にいろんな音を作って出しているでしょうけどね。
しかし、必ず傾向はあるはず。
そしてUltrasoneで聴くメタルの音と、私が好きな音とが一致したのでしょうかね。



さてここから余談になります。
かなり愚痴系なので、見たくない人はそっとじで。




上記のようなわけでUltrasone製品大好きなのですが、このUltrasoneを扱う代理店がTimelordというところ。

実はEdition12の左のイヤークッションがありえない状態になっていったのですよ。

こんな感じ↓
E12_2
E12_2

見た目的に内側にクッション詰めすぎで生地が耐え切れず伸びてきた雰囲気。
右はなんともありません。
普通にポン置き、もしくは布製の袋に入れて持ち運んだくらいです、こんな高いものを壊れるような扱い方はしません。


私のE12はシリアルNo二桁真ん中くらいの初期型なので、まあUltrasoneは許そう。
で、もちろん代理店で7年保障にも登録してあってそれの範囲内かどうかも気になるし、範囲外であっても自分で修理したいのでTimelordに対応を問い合わせるわけです。
上記の状況を説明して交換できますでしょうか?と。



その結果、

回答なし!


うむ、メールの返信がありません。
返信用の私のメールアドレスが間違っているのかと思って、自動返信メールに載っていた私が書いたアドレスに自分でメールを送る→ちゃんと届きます。
この問い合わせ、去年の12/24にしたんだぜ・・・

つまり返信自体がない。


これって7年保障とか意味無くね?


そんなわけで、私は今後一切Timelord経由の製品は買わないことにします。
Ultrasone製品やその他FocalやChordが欲しくなったら海外出張のときに外で買おっかな!
それ以外にも個人輸入だって出来るしね!


スポンサーサイト

【ヘッドホン】Edition 12 / Ultrasone【レビュー】

Edition 12


さてさて、所有するヘッドホンの最高額記録を更新してしまいました。
今回はドイツのヘッドホンメーカーUltrasoneのヘッドホン「Edition 12」です。
価格.com最低価格(9/13時点):¥175,770


○基本スペック
タイプ:オーバーイヤーヘッドホン
構造:オープンエアー
ドライバー:ダイナミック型
ドライバー口径:40mm
インピーダンス:40Ω
再生周波数帯域:6Hz-42,000Hz
音圧感度:99dB
プラグ:6.3mm ストレートタイプ
コード長:3m
質量:282g(本体のみ)
付属品:クリーニングクロス


○外観
かっけえ!マジかっけえ!と言いたくなる。
外観だけなら全ヘッドホン中最強レベルと言われた前作Edition 10と同じ形状で、それをシルバーに統一した外観!
蝶をイメージして作られたとのハウジングはとてつもなく上品。
Edition 8で好評だったヘッドバンドで宇宙人ヘッドにはならない。
分岐部分までこだわってあり、そしてプラグは頑丈そのもの。


○音域別音量分布図
超高:■■■
高音:■■■■
中高:■■■□
中音:■■■
低中:■■■□
低音:■■■■
超低:■■■□

○音
弱ドンシャリ。

高音がUltrasoneの割りに落ち着いているが、全体的にバランスが良く聴きやすい。
同社の他製品のように刺さるような高音ではないため聴きやすい。

低音は少し強めに出ているのもあるが分離感がかなりすごく「見える、私にも低音が見えるぞ」とでも言いたくなるほど。

そんな弱ドンシャリな割りにボーカル、特に男声が浮き上がるようにはっきり聴こえる。
力強い。
そして、男声が力強く聴こえると言うことは、帯域が近いギターの音が力強くなるということ。
女声だって綺麗だよ!

音の分離感は高め、上記のように特に低音すごい。

音場は広い、かなり広い。
左右に広がる音、タムやパンが振られたリードギターなどが動き回る。

Ultrasoneの特許S-Losic plusのおかげか、前方から迫るように聴こえる。

遮音性皆無の音ダダ漏れです、オープンエアーですし。


○聴き比べた主な曲
#1 Delusions of Grandeur / Artillery(スラッシュメタル)
#2 Drug Justice / Invection(オールドスクールスラッシュメタル)
#3 Emerald Sword / Rhapsody(シンフォニックメタル)
#4 Cannibal / Static-X(インダストリアルメタル)
#5 ONSLAUGHT / ANTHEM(パワーメタル)
#6 The Islander / Nightwish(シンフォニックメタル)(オマケ追加)

気持ちの良かった順番
#2=#3=#6>#1=#4=#5


#2のような古めな音を再現した音でもなんのその!
ガリガリジャッキンジャキンのギターがかなりのパワーアップをとげ、物凄い。
ベースもドラムも、ボーカルでさえそれに負けない。
特にドラムの金物は突き抜けるように出てきて激しさをプラス!

意外だったのが、電子音楽に強いと思われていたUltrasone製品なのにオーケストラ系の楽器にかなり強かったこと。
#3では本物のオーケストラを用いたシンフォニックメタルだが、弦楽器、管楽器、打楽器などどれもバランスよく綺麗で、しかもどのパートもはっきり認識できるほどに良く聴こえる。
そんな中でギターの音にも強いと来た。

ついオマケで入れた#6だが、ひっそりとした雰囲気でメタルとは言い難いかもしれない。
どちらかと言えば映画のサウンドトラック的なイメージなのだが、音の広がりや繊細さ、静寂さが余すところ無く表現されている。
あとから入ってくる女声ボーカルやコーラスも綺麗。

#1はもともとかなりジャッキジャキなギターにバッキバキの硬質轟音ベースであるが、二つの楽器が今まで以上に主張しつつ調和。
それはもうパワーの塊。

#4の電子音を多用した曲ではどちらかと言うとバンド系楽器が勝ち気味ではある。
意図的に出したノイズも、ウニョウニョのシンセも、ピンピンに音を立てるシンセもイケイケ状態。

#5のパワー押しがすごい。
ボーカルが迫る。


○欠点
とりあえずあまりにも高いところかなw
あとは、付属品がクリーニングクロスだけなのでケースかキャリングバッグが欲しかったなあ。

6.3mmプラグ対応のアンプ等、もしくは6.3mm⇒3.5mm変換プラグが必須。

今更オープンエアーに外ではとか書かない。


○その他所感
ハイエンド系、しかもホームユースにしてはかなり軽い。
側圧もちょうど良く、ベロア製イヤーパッドで快適な装着感です。
メガネしてても痛くならない。

高級感がすごいので、所有欲をばっちり満たす一品。


○メタル度
激しく高い!
これぞメタルホン!と言いたくなる。
見た目もメタル!(シルバーだけど)
値段も激しく高い上に、買ってすぐは若干「うーん・・・」と思ったが長いこと鳴らしていると化ける。

音良し、見た目良し、使い心地良し、何よりメタル向きな音。
メタルに対し良いヘッドホンだと思います。

そんでもって、こっそりドラムンベースやミニマルに、ジャズやクラシック、ピアノ曲、カントリー調などのハイレゾ曲を聴いたけどどれも苦手を感じさせない。
結構何でもかんでもこなせる万能機なのでは・・・

ドラムンベース聴いてて思ったけどやっぱ電子音に強いわ


【ヘッドホン】Edition12の開封写真【開封】

UltrasoneのEdition12をフジヤエービックで買ったのでとりあえず開封。
開封時の写真を少し撮ったのでとりあえずペタペタ。


サムネをクリックすると大きな画像で開けます。

箱(+フジヤの初回限定特典)
E12_6
フジヤでは初回だけキャリングバッグ(HFIシリーズ用)とスペアのイヤーパッドを付けてくれるようです。
(Edition12には、Edition10のような箱などは付いてないのでそこを考慮したのかと)


中箱
E12_1


開けた
E12_2


取り出した
E12_4


キラッキラやで!
E12_5


とりあえずこんだけ!

【ヘッドホン】Edition 8 / Ultrasone【レビュー】

さて、私が持っているヘッドホンの中でも(2013/1/11時点で)最高額のものを出します。


はいドーーーーン!!
Edition8


ということで今回は、既に記事タイトルでバレてましたがドイツのヘッドホンメーカー、Ultrasoneのヘッドホン、Edition 8(Ruthenium)です。
価格.com最低価格(2013/1/11時点):¥106,800

今までのヘッドホンとは一桁違いますね!


○基本スペック
タイプ:オーバーイヤーポータブルヘッドホン
構造:ダイナミック型
ドライバー口径:40mm
インピーダンス:30Ω
再生周波数帯域:6Hz-42,000Hz
音圧感度:96dB
プラグ:3.5mmストレート
コード長:1.2m
質量:260g
付属品:4.0m 延長コード、6.3mmステレオプラグ変換アダプター、クリーニングクロス、仏製マドラスゴートスキン・キャリングバッグ


○外観
キラッキラやで!

私が買ったのはEdition 8シリーズで一番安いルテニウムバージョンですが、とにかく綺麗に写る鏡面仕上げで高級感ッパないです!
そこへ高級なシープスキンを使ったパッド類と、高級感のダメ押し!
もう付属のキャリングケースすら高級感を放ってる始末。
形はPro2900やEdition 9や他のシリーズのように宇宙人にはなりません。
買ったときの満足感物凄いです。


○音域別音量分布図
超高:■■■
高音:■■■■□
中高:■■■■
中音:■■■
低中:■■■□
低音:■■■■
超低:■■■■


○聴き比べた主な曲
#1 Lord Of All That Remains / Mad Maze(オールドスクール系スラッシュメタル)
#2 Electric Rattlesnake / Overkill((音が)モダン系スラッシュメタル)
#3 Emerald Sword / Rhapsody(シンフォニックメタル)
#4 Assassins Of Youth / Wayne Static(インダストリアルメタル)
#5 Eyeless / Slipknot(激重系オルタナティヴメタル)

気持ちの良かった順番
#2>#1=#3=#4=#5

とりあえずどれも甲乙付けがたかったのですが、特にOverkillのようなモダン系スラッシュな音は非常にかっこよかった!
しっかりとした録音で、低音をはっきりと出しそしてギターは切れ味鋭い音を出すバンドの音には特に合います。

オールドスクール系でも録音の荒を出しまくるような感じではなく、違和感無く上手いこと聴かせてくれますね。

シンフォニックメタルではさすがのバランスで、どの音も潰れることはありませんでした。
しかも超低音までよく出るので、バスドラムを踏んだときに超低音域で表現される空気感までわかります。

Pro2900のレビューでも書いたように、このメーカーのヘッドホンは電子音に強いのでインダストリアルもなんのその!

そして激重メタルだって、この低音再生能力があれば大丈夫!

マジで万能ですな。


○欠点
キラッキラのテッカテカやで!
なのでポータブルしてると非常に目立ちますw

ポータブルする最高級機をコンセプトに作られたのに、ハウジング部の回転ができないのは残念かな。

高額すぎるというのは無しでお願いします。
まぁ、コスパは悪いということで。


○その他
すんごいのよ!
まず音で言うと、高音寄りの弱ドンシャリ。
重低音が好きな私が高音寄りのドンシャリ、もしくは高音寄りのフラット気味が好きになっていったのは明らかにこいつのせい。
それほどまでに綺麗な高音を出し、しっかり沈み込み迫力のある低音や超低音を出します。

そして解像度がめちゃすごい!さすがだね!
曇り、篭ったような音とは無縁!
何も考えることなくスッと聴けます。

装着感は上々、側圧は強すぎずポータブル用としてはちょうど良い。
この側圧のおかげでかなり外音をシャットアウトしてくれます。
シープスキンのパッドがやわらかく、メガネをしていても痛くなりません。

値段としては最高級機クラスの値段ですが、同価格帯の他のヘッドホンと比べて圧倒的に軽いです。

何度も書いたようにポータブルする最高級機をコンセプトとしたヘッドホンです。
音は最高級機レベル、ポータブルしても重くない、付けてて痛くならない。
最高ではないですか。


○メタル度
高!(~激高)
正直言って何でも上手く鳴らしてしまいそうな感じです。
どんなメタルにでも使えちゃいますね。
結構万能選手タイプです。

こっそりメタルではないロックやパンク、アコースティックな音も聴きましたが、どれも綺麗に鳴らしていて良い感じ。

お財布事情が許すのなら初めてのハイエンド機器として買って損はないのでは。
が、もしポータブルしてまで聴かない!家でしか使わん!
ということであれば、他の機種を買うことをオススメします。


ちなみに、私は以前にここの記事にも書いたHeadroomのセットで買いました。
なのでセット割引で約3万ほど安く買えました^^
そのセットについてたヘッドホンアンプがこれ、ポータブルと名の付くヘッドホンアンプでは最大サイズ最高額のものですw
PDA


【ヘッドホン】Pro2900 / Ultrasone【レビュー】

お久しぶりーです!
最近ちょっとヘッドホン&イヤホンスパイラルがひどいので、できるだけ我慢するようにしてます。


Pro2900


ということで今回はドイツのヘッドホンメーカー、UltrasoneのPro2900です。
価格.com最低価格(7/31時点):¥38,000


最近かなり値段落ちてますね。
私が買ったときは6月の終わりか7月の初め頃で、そのころ国内では4万を超えてました。
私はアメリカで買ったので円高のおかげで今の最低価格より安かったです。


○基本スペック
タイプ:オーバーイヤーヘッドホン
構造:オープンエアダイナミック型
ドライバー口径:40mm
インピーダンス:40Ω
再生周波数帯域:6Hz-42,000 Hz
音圧感度:96 dB
プラグ:6.3mm/3.5mm ストレート
コード長:カール3m(6.3mmプラグ)、1.5m(3.5mmプラグ)
質量:295g(本体のみ)
付属品:キャリングバック、ハードケース、スペアイヤパッド、脱着式ケーブル、デモCD


○外観
色は黒一色。
側面のメタルプレートと渦を巻いているオープンエアな部分がかっこよい。
が、ヘッドバンド内側のベロア地クッションがちょっとかっこ悪い。
着けてみると若干宇宙人な見た目になっちゃう。


○音域別音量分布図
超高:■■■
高音:■■■■
中高:■■■■
中音:■■■
低中:■■■
低音:■■■
超低:■■■■


○聴き比べた主な曲
#1 For Victory Or Death / Amon Amarth(メロデス/ヴァイキングメタル)
#2 Food For Vultures / Injury(スラッシュメタル)
#3 Emeral Sword / Rhapsody(シンフォニックメタル)
#4 Otsego Undead / Static-X(インダストリアルメタル)
#5 Windstill / Nachtgeschrei(フォークメタル)

気持ちの良かった順番
#4>>#3=#5>#1=#2

前評判では電子音楽が合う、と言うことを聞いていました。
なるほどインダストリアルメタルのような電子音を多く使った曲によく合う。
#4ではバッキバキなベースの倍音もよく出ており気持ちよかったです。
そしてシンフォニックメタルでは、高音付近が良く出ているだけに弦楽器などのオーケストラ系楽器の音が綺麗でした。
フォークメタルでも同じく高音の強い楽器が多いため良い感じに聴こえます。
今回聴いた#1ではメロデスと言いつつも電子音は無いタイプで、無骨で重い音を出しているため若干スピード感無く聴こえてしまいました。
スラッシュメタルはもともと電子音はほぼ皆無ですがギターの倍音がちょっと強調されていて、ギターのザクザク感は増していましたね。
それでも他の曲と比べると・・・って感じです。
また上記の#1と同じくスピード感がちょっと、ね。


○欠点
まずは頭頂部に当たるヘッドバンド内側のクッションが痛いです。
なぜこんな形のクッションを作ったのか・・・そのうち改造しようと思います。
他は全体的に良いのに、この点だけで・・・


○その他
ケーブルが脱着式というのは良い!
そして脱着式で6.3mmプラグと3.5mmプラグを付け替えると言う点も!
あと、スペアのイヤーパッドが最初から付いている点は高評価!
着け心地は頭頂部以外は上々、それだけに頭頂部をどうにかしたいところ。

音に関して言うと、S-Logic PlusというUltrasone社の特許技術のおかげかそのせいか、ヘッドホンを後ろにさげめ(ヘッドホンの前側に耳がくるよう)につけると高音が増します。
また、私的にはS-Logic Plusの作る空間表現はなかなか合います。
所々でリバーヴ具合が変えられている曲でも、その度合いの違いをはっきり表現していて気持ちが良いです。
低音は出てるー!と言うほどは出てませんが、超低音域が他のヘッドホンに比べて異様に出ます。
そのため、バスドラムなどのドラムの伸びや空間表現がなかなかに良いです。
低音は若干スピード感のないタイプな音なのでベースはのっぺりめに聴こえるのですが、高音域のスピード感はすごいので、この点でもドラムのスピード感が増して良いです。


○メタル度
中くらいかな。
モロに硬派なヘヴィメタル、電子音もオケ楽器も要らない、バンド形態だけで勝負!って音を鳴らすバンドの曲はさほど合わないようです。
しかし、インダストリアルのような音を出す曲では激変!
それらのような「ヘヴィメタル+他の要素」な音を出す曲にはかなり強いヘッドホンとなるでしょう。




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。