We need another Metal (and beer)!

メタルCD、ヘッドホン、DTM、プラグインのブログ。オススメが多いです。
SoundCloud
プロフィール

やまちゃ

Author:やまちゃ
スラッシュメタル大好きっこ!
質問したい方はAsk.fmからどうぞ
[Ask.fm]

検索フォーム
カテゴリ別検索
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Twitter
ブログRSS

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

【ヘッドホン】Custom One Pro / beyerdynamic【レビュー】

日本に帰ってきてペースが更新落ちちゃいそうです、、、

COP


今回はbeyerdynamicのヘッドホン「Custom One Pro」です。
価格.com最低価格(4/6時点):¥14,800


○基本スペック
タイプ:低音可変式オーバーイヤーヘッドホン
構造:密閉開閉可変式、ダイナミック型
インピーダンス:16Ω
再生周波数帯域:5Hz-35,000Hz
音圧感度:96
プラグ:3.5mmストレートタイプ
コード長:1.5m
質量:290g
付属品:工具(六角レンチ)


○外観
ベイヤーダイナミック特有のヘッドバンド、アーム部はそのままに、ハウジングが他の同メーカー製品と比べて今風になっています。
全体的に黒で仕上げてあり若干の重厚感と高級感ありです。
発表されたころは見た目までもカスタムすることが出来るとアナウンスされてましたしそれ用に六角レンチが付いているのですが、そんな計画はどこへやら・・・


○音域別音量分布図
超高:■■
高音:■■■
中高:■■■□
中音:■■■□
低中:■■■(■)
低音:■■(■■□)
超低:■■(■)

括弧については後ほど。


○聴き比べた主な曲
#1 Beneath The Clay (R.I.P.) / Artillery(オールドスクールスラッシュメタル)
#2 Necrosphic Blessing / Legion Of The Damned(モダン系デスラッシュメタル)
#3 I Am the Anger / Firewind(パワーメタル)
#4 Scorn / Dope(インダストリアルメタル)
#5 Northland / Northland(メロデス系ヴァイキングメタル)

気持ちの良かった順番

#1=#3>#2>#4=5
(#2>#4>#1=#3=#5)

バリアブルバスレフポートで低音~中低音を調節できるので大抵のものに合わせられます。

が、何故か#5のような弦楽器を使った曲ではちょっと低め。
とは言っても低音量3段階目にするとだいぶ良い感じにはなる。


○欠点
ん~、これといったものはないのでは。


○その他
まずこの機種の売りである、バリアブルバスレフポート。
これは簡単に言うと、ハウジングに開けてある穴をスライドで開閉して低音の量を調節するものです。
穴を塞ぐと低音が減り、開くと低音が増える。
不思議ですね、密閉型のほうが低音が有利と言われてるのですが、穴を塞いで密閉型に近づけると低音が減る。
上記の括弧無しはバリアブルバスレフポートが低音最低状態、括弧付きはバリアブルバスレフポートが低音最大の状態です。
相当に変わります。

音場感は広くも無く、狭くも無く。
まぁ普通くらい。

音の分離感は、現在の価格帯から考えると良さ気。

装着感は悪くなく、ちょうど良い強さの側圧です。
また、イヤーカップが深いため耳がドライバー付近のメッシュに当たることも無く、快適な付け心地です。
メガネをしていても痛くなりません。


○メタル度
ち、中~高?
バリアブルバスレフポートで低音が調節できるため好みや曲に合わせて調節出来ます。
そのため、どんな曲でも上手く合わせることが出来ます。
メタル度はちょっと判断がし辛いです。

ただし、それ以外の特別な特徴というものが見当たりません。
まあバリアブルバスレフポートが特徴的過ぎるのですが。


スポンサーサイト

【ヘッドホン】T90 / beyerdynamic【レビュー】

T90


今回はbeyerdynamicのヘッドホン「T90」です。
価格.com最低価格(2/23時点):¥39,800


○基本スペック
タイプ:オーバーイヤーヘッドホン
構造:オープンエア、ダイナミック型
インピーダンス:250Ω
再生周波数帯域:5Hz-40,000Hz
音圧感度:102dB
プラグ:3.5mmストレート
コード長:3m
質量:430g(ケーブル含む) / 350g(ケーブル含まず)
付属品:キャリングケース、6.3mm ステレオ標準プラグアダプター


○外観
ベイヤーダイナミック特有のヘッドバンドとアームはそのままに、網を使用したオープンエアはかっこよい。
シックな色合いでまとめていて流行に左右されない。
DT990 PROの上位機種とは思えないほど上品な概観に仕上がっています。


○音域別音量分布図
超高:■■■
高音:■■■■
中高:■■■□
中音:■■■■
低中:■■■
低音:■■■□
超低:■■□


○聴き比べた主な曲
#1 Going Going Gone / Exodus(モダン系スラッシュメタル)
#2 Lich King Ⅲ (World Gone Dead) / Lich King(オールドスクール系スラッシュメタル)
#3 To Holmgard And Beyond / Turisas(シンフォニック系ヴァイキングメタル)
#4 Nonconforming Minds / Hibria(パワーメタル)
#5 Hate Crew Deathroll / Children Of Bodom(メロディックデスメタル)

気持ちの良かった順番

#3=#5>#1=#2=#4

シンセやヴァイオリンなどで音場の広さがわかりやすい#3と#5は明らかにこのヘッドホンに合っていて非常に気持ちが良い。
それに高音を出す楽器の音がすごく綺麗です。
さらにそれに負けない中音、低音楽器。

#1、#2、#4でも悪いところは全く無く、#3と#5に対して下なのではなく、#3と#5が若干上を行く、といったところ。
スラッシュ系ではギターの高音部分で出る鋭さや凶暴さが増し、パワーメタルではギターの押し出し感やスネア、タムの威力が十二分に発揮されています。


○欠点
DT990 PROのときもそうでしたが、インピーダンスが250Ωもあり若干音量を取りにくいです。
ただ、音圧感度はDT990 PROより高いのでこちらのほうが少し音量が取りやすい。

ケーブル3mはちょっと長いですが、室内使用を想定されてますからね。

ケーブルが脱着式だったら嬉しかったかな。


○その他
まずはこの機種は音場の広さや音の広がりの表現がすごい!
最初に聴いてびっくりしました。
スネアやキックなどのバスドラムが奥へ響いていくのが分かります。
コーラスなんてすごく豪華に聴こえます。

次に、全体的にフラットめの高音寄り。
高音は非常に綺麗でヌケが良い、中音は若干高め方向に量が多く気持ちの良いギターやヴァイオリン、ボーカル。
低音は若干少なめですが、エージングをするうちに抜けてくるようになり必要十分に出ます。

音が硬めで、特にバッキバキな音を出すベースはヌケてくる低音+綺麗な高音でさらにバッキバキに。

側圧はあまり強くないですが、かといって頭を若干激しく振ったときに少しずれる程度。
絶妙な側圧です。
メガネ着用でもさほど痛くなりません。


○メタル度
高!

DT990 PROと同様にほとんどの曲を上手く鳴らしてくれ、大抵のものは気持ちよく聴けます。
ただDT990 PROに比べて高音を重視されており、メタルを聴く人にとってはDT990 PROのほうが好みという人が多いのでは。
それでもこの機種はDT990 PROとの値段の差分の価値があると思います。
正直言って、私的にはこれがあればDT990 PROは手放しても良いかなと思ってます。


【ヘッドホン】DT990 PRO / beyerdynamic【レビュー】

DT990PRO
今回はbeyerdynamicのヘッドホン「DT990 PRO」です。
価格.com最低価格(11/27時点):¥14,399


○基本スペック
タイプ:オーバーイヤーヘッドホン
構造:オープンエアダイナミック型
インピーダンス:250Ω
再生周波数帯域:5Hz-35,000Hz
音圧感度:96dB
プラグ:3.5mmストレート
コード長:コイルタイプ3m(引き伸ばし時)
質量:250g
付属品:6.3mm変換アダプタ


○外観
まず目に付くのはハウジングの開放感。
網のような目が武骨で堅実。
そしてベイヤーダイナミック独特なヘッドバンドからアーム部分。
どこからどう見てもベイヤー製品。
イヤーパッドはシルバーのような薄い灰色のベロア地。
ぶっちゃけ音が良いようには見えません。


○音域別音量分布図
超高:■■
高音:■■■■
中高:■■■■
中音:■■■
低中:■■■■
低音:■■■■
超低:■■■


○聴き比べた主な曲
#1 I Don't Wanna Stop / Ozzy Osbourne(正統派メタル)
#2 Razor's Edge / Hell's Thrash Horsemen(オールドスクール系スラッシュメタル)
#3 Satanist / The Crown(デスラッシュメタル)
#4 Living Dead Beat / Children of Bodom(メロディックデスメタル)
#5 Fiur ~ Muspilli / Nachtgeschrei(フォークメタル)

気持ちの良かった順番
#1=#2=#3=#4=#5

はっきり言って優劣付けがたい!
どれもそつなくこなし、過不足なく綺麗に音を鳴らしてくれますね。
そのおかげか、順位が付けられないほどにどのジャンルも非常に気持ちよいです。

#1では重いザックのギターとレベルの高い各楽器隊に絡むオジーのボーカル、どれもメタルらしさが前面に出る鳴り。
#2は、オールドなスラッシュ特有の過剰なザクザク感、異様に響くバスドラムもしっかりと迫力の音で表現されます。
#3の圧力の高いデスラッシュでもなんのその!
#4はギターの轟音のような唸りとシンセの切り裂く音、ベースとドラムの低音圧力の壁、ボーカルのグロウルの荒々しい攻撃性を見事に再現。
#5は一変してクリーンギターも、バグパイプも、ハーディカーディも、それらの歪みのないクリーンな音をしっかり出しつつ、強烈なバスドラムやタム、そして力強い音のギターまできっちりと分離感のある音で再生してくれます。


○欠点
なんでしょうね、イマイチ見当たりません。

あ、インピーダンスが高く効率があまりよくありませんのでアンプ必須です。
開放型なので、電車などでは使わないでくださいw


○その他
まずは音が優しくも強く、音楽を非常に気持ちよく聴けるバランスで鳴らしてくれますね。
分離感は非常に高いわけではないのですが、きっちりと音一つ一つが聴こえます。

インピーダンスが高い分ノイズに強い(らしい)です。

そして側圧は強くなく、ベロア地イヤーパッドのおかげで快適な付け心地。
メガネをしていても気にせず長時間使えます。

名前の通りもともとプロ用ということで、頑丈な作りをしています。

そして何より、これだけレベルの高い製品を、こんな価格で買えるあたりさすが質実剛健な(イメージの)ベイヤーダイナミック。
販売から6年過ぎた今でも人気の機種です。


○メタル度
激高!
ドンシャリ傾向にありますが、その具合が絶妙で特にメタルには合うのでは。
ジャンル関係なく気持ちの良い音で聴けます。
メタルに限らずこの価格帯では真っ先に勧めたくなるような非常に良い機種ですね。

これの更に上位機種や、さらなるハイエンド機種があるというのだから気になってしまいますが、この機種でも満足してしまいます。




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。