We need another Metal (and beer)!

メタルCD、ヘッドホン、DTM、プラグインのブログ。オススメが多いです。
SoundCloud
プロフィール

やまちゃ

Author:やまちゃ
スラッシュメタル大好きっこ!
質問したい方はAsk.fmからどうぞ
[Ask.fm]

検索フォーム
カテゴリ別検索
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Twitter
ブログRSS

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

【ヘッドホン】ZH-BX500 / ZERO AUDIO【レビュー】

ZH-BX500

今回は日本のメーカーZERO AUDIOのカナル型イヤホン「ZH-BX500」です。
価格.com最低価格(3/23時点):¥5,480
ちなみに上記価格はブラックで、私が持っているダーククロームは価格コムで6500円、eイヤホンで6290円になってました。


○基本スペック
タイプ:カナル型イヤホン
構造:バランスドアーマチュア(BA型)
インピーダンス:22Ω
再生周波数帯域:20Hz-16,000Hz
音圧感度:113db
プラグ:3.5mm L型
コード長:1.2m
質量:約3.6g(コード除く)
付属品:シリコンイヤーピース3種、キャリングバッグ


○外観
非常にシンプル。
ソニーのXBA-1SL(もしくはXBA-10)よりもシンプルでスマート。
ブラックはまさにブラック!ダーククロームはダークな銀で渋い!
ちなみに、付属のシリコンイヤーピースは白色透明ですが、写真はノイズアイソレーションイヤーピースを無理やり付けて使用してます。
レビュー時は付属のものに交換してます。


○音域別音量分布図
超高:■
高音:■■■
中高:■■■□
中音:■■■
低中:■■■□
低音:■■■
超低:■


○聴き比べた主な曲
#1 Hyades / Hyades(スラッシュメタル)
#2 Electro-Violence / Overkill(オールドスクールスラッシュメタル)
#3 Matador / Halford(ヘヴィメタル)
#4 Hate Me! / Children Of Bodom(メロディックデスメタル)
#5 Päät Pois Tai Hirteen / Korpiklaani(フォークメタル)

気持ちの良かった順番

#1=#3=#4>#2

フラットな傾向にあり、全体的にどれも上手く鳴らしてくれます。
基本的にどれもボーカルとギター、それに近い楽器が良い感じに鳴ります。

ただし、#2のような録音が古い、荒があるようなものははっきりと表現してしまうため若干聴きにくくなるところがあるようです。
が、それは高級機によくある現象。
この価格帯でそれが分かるほどにレベルが高いということです。


○欠点
んー、若干音量が取れすぎる感じがします。
簡単に音量が上がってしまうので、ちょうと調節がしにくいですね。

シュア掛けをするにはあまり向かない形なので、摩擦音対策に他のイヤホンからケーブルクリッパーを持ってくることをオススメします。


○その他
まず、BA型なのに音場が意外に広め。
真ん中が空き気味なとこはあります。

そしてBA型なのに意外にも低音が出る。
若干ダイナミック型に近い雰囲気。

でもBA型の良い所である高音の綺麗さを保ち、そして分離感が高い。
ダイナミック型大好きな私でも気に入る音でした。

装着感は上々。


○メタル度
中。

音的にはBA型としては低音が出るといってもやはり中音高音が強く、重さはさほど伝わりません。
メタル用としては特別良いと言う訳ではないようです。

が、ギターは鋭くそして力強く伝わります。
その点では、良い感じにメタルが聴けると思います。
全体的にフラットで万能といった感じ。

なんでも聴く人は結構これ一本でいけるのでは。
私としては、オススメ度は高いです。

そして、私的にはソニーのノイズアイソレーションイヤーピースを使うほうが遮音性が高く、低音高音が上手く伝わるようになり良いと思います。


スポンサーサイト


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。