We need another Metal (and beer)!

メタルCD、ヘッドホン、DTM、プラグインのブログ。オススメが多いです。
SoundCloud
プロフィール

やまちゃ

Author:やまちゃ
スラッシュメタル大好きっこ!
質問したい方はAsk.fmからどうぞ
[Ask.fm]

検索フォーム
カテゴリ別検索
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Twitter
ブログRSS

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

【ヘッドホン】FI-AHE5BSB heaven V Aging / Final Audio Design【レビュー】

Aging


今回は日本のイヤホン、ヘッドホンメーカー、Final Audio Designのカナル型イヤホン「FI-AHE5BSB heaven V Aging」です。
価格.com最低価格(1/14時点):¥24,255
因みに私はあるときのNEC Directの超特価で¥17,900ほどで買いました。


○基本スペック
タイプ:カナル型イヤホン
構造:密閉型
ドライバー:バランスドアーマチュア
ドライバー数:BA型1器
インピーダンス:16Ω
音圧感度:112dB
プラグ:3.5mm Lタイプ
コード長:1.2m
質量:17g
付属品:イヤーピース2種各サイズ、キャリングポーチ


○外観
真鍮で特殊な加工がしてあり、渋い色を放つ。
長めの個体でFAD的。
イヤーピースは丸っこいのと傘みたいなのがあり、装着感が良いほうを選べる。

そして最大の特徴は、ジーンズのように長い期間使っていると色が変わってくること。
画期的だね!


○音域別音量分布図
超高:■
高音:■■■
中高:■■□
中音:■■■■
低中:■■■□
低音:■■■
超低:■


○音
中音が強め。
BA型のためやはり低音はさほど出ないが、BAにしてはかなり出る。
高音は綺麗なのだが、思ったより出ない。
思ったより出ないと言うか、一部かなり引っ込んでいる帯域がある?ように感じる。
特にライドシンバルが聴こえなくなるくらい。
暖かいイメージの音。

BAにしては低音が強いためか、その代償として高価格帯BA器のような圧倒的な分離感は薄れている。

音場は、前に広がる感じだが、言うほど広くない。

遮音性は、イヤーピースをしっかり選べばかなり高い。
音漏れも少ない。


○聴き比べた主な曲
#1 Prison Planet / Bonded By Blood(スラッシュメタル)
#2 Strike Of The Beast / Exodus(オールドスクールスラッシュメタル)
#3 For Victory Or Death / Amon Amarth(激重ヴァイキングメタル)
#4 Let It Roar / Battle Beast(パワーメタル)
#5 Horn Of Ending / Serenity In Murder(メロディックデスメタル)

気持ちの良かった順番
#3=#4>#1=#5>#2

なんか、高音シャリンシャリンが足りんな・・・
鳴っている高音は聴こえるんだが、すげえ落ち着いてる。
そんな意味でもスラッシュ系、特にオールドスクール系は若干気持ちよさが落ちるのでは。

逆に##3、#4のような新しめの曲は音源そのものが落ち着いており、聴きやすく良かった。


○欠点
個体が長いため、ちょっとケーブルに何かが引っかかったりすると耳からずれる。

きしめんケーブルのため、ケーブルとの摩擦音がかなり大きい。


○その他所感
シングルBA器にしては若干高くないか?と感じる。
まあ表面にまで特殊な加工がしてあるので仕方ないか。


○メタル度

悪くは無いんだが、特別良いというわけでもない。
スラッシュメタル的には、中高音ももっと出て耳に刺さるような音が欲しいが、かといって他のメタルに合わないわけではない。
このイヤホンそのもののポテンシャルは高く、メタル以外にもいろいろと聴く人は一聴の価値あり。
歩いて使うと非常に使いにくいが、交通機関などでの移動中などを選べば良いものだと思われます。

やはりFADのイヤホンはメタル用ではないと思う、イヤホンのポテンシャルが高いから今回はメタル度中になったようなもの。

しかし、この徐々に色に変化が出てきてその人だけのイヤホンになる、という発想はかなり良い。


スポンサーサイト

【ヘッドホン】FI-AD3DRW(Adagio III) / Final Audio Design【レビュー】

さてさて、新年一発目ということで、おめでたい感じのもので行きましょうか。

では、
AdagioⅢ




今回はFinal Audio Designのイヤホン「Adagio Ⅲ」です。
価格.com最低価格(1/8時点):¥4,788


○基本スペック
タイプ:カナル型イヤホン
構造:ダイナミック型
ドライバー口径:8mm
インピーダンス:16Ω
音圧感度:100db
プラグ:3.5mm L型
コード長:1.2m
質量:10g
付属品:イヤーピース


○外観
まず目に付くのは左右で違う色!
紅白です!どこからどう見てもおめでたい!
こんなときに最適です!
それ以外はまぁフツーのイヤホンって感じ。


○音域別音量分布図
超高:■■
高音:■■
中高:■■□
中音:■■■
低中:■■■■
低音:■■■■□
超低:■■■


○聴き比べた主な曲
#1 Hammer and Life / Exodus(モダン系スラッシュメタル)
#2 Black Label / Hell's Thrash Horsemen(オールド系スラッシュメタル)
#3 FullMoon / Sonata Arctica(メロディックスピードメタル)
#4 I'm With Stupid / Static-X(インダストリアルメタル)
#5 Battle Metal / Turisas(シンフォニック系ヴァイキングメタル)

気持ちの良かった順番

#2>#1=#3=#4=#5

オールドなスラッシュメタルはなかなか良かったわー、オールド系はもともと金物系は聴こえにくいですしねー。
他は、んーなんかシンバルなどの金物による迫力というか激しさが結構消されている感じがしてイマイチです。
シンフォニック系ヴァイキングメタルも、せっかくのヴァイオリンやアコーディオンなどのアコースティックな楽器が低音偏重によりギターやベースの音に殺されている感じがしました。


○欠点
形状的理由からシュア掛けがしづらいです。
カナル型なので当然の如く、通常通り装着した場合はケーブルクリッパーがないとガサゴソうるさいです。

それ以外は特に無いですかねー。


○その他
とりあえず音がかなり低音寄り。
小さなダイナミックドライバーなのによくこんな迫力の重低音に出来たな、と思ってしまうくらいです。
その小ささのおかげで装着感は上々。

音場はイヤホンのわりに広い。

付属品はイヤーピース以外一切無しという潔さはいいが、ポーチぐらい欲しかったな・・・

なんというか、値段相応って感じです。


○メタル度
低!
はっきり言ってFinal Audio Designはメタルの為に買うものでは無いと思います。
Final Audio Designはジャズやクラシックを聴くことを主としてイヤホンヘッドホンを作っているイメージがありますしねー。
何だろうね、同じ重低音でもなんか結構違うんだよね。
同じドンシャリでも強調したり削る帯域がちょっと違うと変わるのかねー。


ちなみにこれ、去年のクリスマスにファイナルオーディオサンタさんからプレゼントされたものです。




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。