We need another Metal (and beer)!

メタルCD、ヘッドホン、DTM、プラグインのブログ。オススメが多いです。
SoundCloud
プロフィール

やまちゃ

Author:やまちゃ
スラッシュメタル大好きっこ!
質問したい方はAsk.fmからどうぞ
[Ask.fm]

検索フォーム
カテゴリ別検索
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Twitter
ブログRSS

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

【アルバム】The Evil Divide / Death Angel【レビュー】

The Evil Divide


アメリカのベテランスラッシュメタルバンド、Death Angelの8thアルバム「The Evil Divide」(2016年)です。
10曲収録。


さてさて、前作はド直球スラッシュメタルを聴かせてくれ、その年の私的ベストアルバムを取ったDeath Angelですが今回はどんな感じでしょうか。


まずはジャケット。
ここに来てなかなかシンプル。
ど真ん中にドクロ柄のでっっっかい蛾。
こりゃあ蛾が嫌いな人は特に絶対ジャケ買いしないわw
誰だったか、発表されたジャケットを見て「あ、蛾は大嫌いだから買わないわ」って言ってた人がいたくらいですw


サウンドは、全体的な印象としてはスッキリとした印象。
しかし一つ一つの音を聴いていくと濃いんですよね。
かなりしっかりしたプロダクション。

ギターはハイが強くて粘りがあるタイプのジャリッジャリ具合。
ギター単体で聴くと特にめちゃくちゃかっこいい音です。

ベースは重みとゴリゴリ感を持った重量級。
低域のパンチが強く、そして高域のバキバキ感が高い。
ベースメロディ的に結構動く。

ドラムは一番すっきりしている印象。
恐らくアルバム全体がすっきりしたサウンドな印象はこのせい。
ベチベチ感が強いキックは思ったほど低域が無くベースに低域を任せているように聴こえる。
スネアはバシンバシンの余韻が少ない系、キレが良い。
金物は左右にかなり広く振ってあって広がりが大きい。

ボーカルは相変わらずのDeath Angelだね。
独特のネバネバ納豆感歌唱。
吐き捨てでないが荒い、それでもある程度しっかり歌っている感じがして粘りがある。


各トラックのレートは、


#1 The Moth ★4
#2 Cause for Alarm ★4
#3 Lost ★4
#4 Father of Lies ★5
#5 Hell to Pay ★4
#6 It Can't Be This ★4
#7 Hatred United / United Hate ★5
#8 Breakaway ★4
#9 The Electric Cell ★4
#10 Let the Pieces Fall ★5


Top3は、

#4 Father of Lies
イントロからゴリッゴリなリフ!!!
パワー押しで、そしてギターのみになった際のギターの音クッソかっこいい!
ノーマルでスタンダードなスラッシュメタルって印象の刻みが多い。
8分で刻むリフから16分で刻みまくるリフへの以降が若いころのスラッシュメタルやったるぜー!感があって良い。
途中のバラード風のパートのベースが右へ移動するやつ、なんだろう?ベースを聴かせたい?


#10 Let the Pieces Fall
かなり普遍的スラッシュメタルなフレーズのイントロから。
サビのリフも同じ感じで非常にかっこ良いです。
1つめのギターソロの後の回転速度の高いリフや、その後2回めの刻めるだけ詰め込んだみたいなソロがまた良いですね。


#7 Hatred United / United Hate
いいねいいね!これよこの刻み!
って思うには思うんですが、ちょっと色気を出して複雑そうなコードとか使ってよくわからんことになることがある。
でもこの刻みかっこいい。


全体的に聴いても「これだ!」みたいな一発が無いのは残念。
しかし前作の延長線上から来ている印象で、なかなか楽しめます。
全体的には刻みの回転速度が高く、それにともなってテンションも高くて良い雰囲気。
そして全体的にベースの音が聴きやすく、ベースの動きが面白かったです。


評価 ★3+


動画はHatred United / United Hate



スポンサーサイト

【アルバム】The Dream Calls for Blood / Death Angel【レビュー】

The Dream Calls for Blood


アメリカはベイエリアのベテランスラッシュメタルバンド、Death Angelの7thアルバム「The Dream Calls for Blood」(2013年)です。
11曲収録。
最後の1曲はボーナストラックで、Black Sabbath(Dio)の名曲「Heaven and Hell」です。


前作がなかなか好評だったDeath Angelの新作ですね。
ジャケットの雰囲気が良く期待してしまいます。


ジャケットは極寒の地の獰猛な狼3匹。
集団で行動しているのか頭に似たような頭蓋骨の飾りを被ってますね。
いかにも強そう。


音は前作に引き続きかなり良い。

ギターはヤスリのようにジャリッジャリでミュート時の音が跳ねるように出て、この耳への刺さり具合気持ちよい。
非常に凶暴で破壊的な音。
これぞスラッシュメタルのギター。

ベースは、まずは分厚い。
かなり重く、さほど硬質ではないがその分重さへ比重が向いているよう。
唸り響くようなベース。

ドラムは全体的にミュート気味なキレ重視。
スネアはさほど重くなく、高い音で歯切れが良い。
バスドラムもそれに合わせるかのごとくキレがある。
金物もさほどうるさくならず、適度に周りで騒ぐ。

ボーカルは相変わらずに独特なDeath Angel!って感じのボーカル。
無理やり声を張り上げ、独特の跳ねるようなリズムで歌う。
吐き捨てってほどでもないけど、カッチリと歌ってる雰囲気でもないギリギリのライン。


各トラックのレートは、

#1 Left for Dead ★5
#2 Son of the Morning ★5
#3 Fallen ★4
#4 The Dream Calls for Blood ★4
#5 Succubus ★4
#6 Execution - Don't Save Me ★4
#7 Caster of Shame ★5
#8 Detonate ★4
#9 Empty ★5
#10 Territorial Instinct - Bloodlust ★4
#11 Heaven and Hell ★5


Top3は、


#1 Left for Dead
すっげえ勢い!
最近の若手も真っ青の超絶刻み!
静かではあるが妖しい雰囲気のイントロ前半、そこから爆発する高速の刻み!
リフのラインもカッコいいし、音もカッコいい!
サビに入っても刻みの勢いは衰えず!
必殺の一撃!


#11 Heaven and Hell
聴いた瞬間マジでビビッたよ・・・
Dioの、Black Sabbathの原曲に迫る勢い。
声質は意外と似てるし、パワーはあるし、音そのものは原曲よりパワーアップしてるし、そこへDeath Angel風のテイストが加わっていて上手い具合にオリジナリティが出ている。
後半の一番盛り上がる部分では原曲に比べてリードギターのタメは少ないが、ちょうど良いテンポアップとリズムギターのかっこよさ!
マジッパネエ!!!


#7 Caster of Shame
今回のアルバムの中でも一番ギターのジャリッジャリ具合を官能できるのではないでしょうか。
イントロのキャッチーなリフは言わずもがな。
欲を言えばこのリフをもっと出して欲しかった。
後半に入った辺りからベースもなかなか面白い動きをするので要注目。


Death Angelすげえな!!
ベイエリアスラッシュ勢の有名どころでは影の薄い存在だと思っていましたが、ここまでのものを出すとは・・・
正直ノーマークでしたわ、前作はレビューすらしてなかったしね。
こいつはすごい。


評価 ★5


動画はLeft for Dead


と、Heaven and Hell(若干頭が切れてるが・・・)






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。