We need another Metal (and beer)!

メタルCD、ヘッドホン、DTM、プラグインのブログ。オススメが多いです。
SoundCloud
プロフィール

やまちゃ

Author:やまちゃ
スラッシュメタル大好きっこ!
質問したい方はAsk.fmからどうぞ
[Ask.fm]

検索フォーム
カテゴリ別検索
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Twitter
ブログRSS

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

【ヘッドホン】P7 / Bowers & Wilkins【レビュー】

P7


今回はイギリスのオーディオ機器メーカー、Bowers & Wilkinsのオーバーイヤーヘッドホン「P7」です。
価格.com最低価格(1/11時点):¥44,480
私はヘッドホン祭りにて¥42,000で購入。


○基本スペック
タイプ:オーバーイヤーヘッドホン
構造:密閉型
ドライバー:ダイナミック型
ドライバー口径:40mm
インピーダンス:22Ω
再生周波数帯域:10Hz-20,000Hz
音圧感度:111dB
プラグ:3.5mmストレート
コード長:1.2m
質量:290g
付属品:キャリングポーチ、交換ケーブル、6.3mm変換プラグ


○外観
今までのB&W製ヘッドホンと比べるとごつい。
が、全体的にはお洒落というかかっこよい。
気品漂う感じ、紳士って感じ。
女の子が付けるにはちょっと苦しい見た目。


○音域別音量分布図
超高:■■■
高音:■■■□
中高:■■■
中音:■■■□
低中:■■■□
低音:■■■■□
超低:■■■■


○音
相当に低音寄りなはずなのだけど、思ったよりもすっきりしている。
低音のかなり深いところまでしっかりと出しており、すごく重くて質が良い低音を出す。

高音はすごく自然な音。
特別刺さったりなどはない。
Edition8と比べたときはハイハットの音のあまりの違いに驚いた。

音場は広い、だいぶ広い。

音の分離感は値段なりか、特別高いわけではない。

遮音性はオーバーイヤーの中ではまあまあ高いのでは。
音漏れは少ない。静かな試聴室で普通に聴いてて、私が音楽を流していることに隣の人が気づかないレベル。


○聴き比べた主な曲
#1 Satanist / The Crown(デスラッシュメタル)
#2 Razor's Edge / Hell's Thrash Horsemen(オールドスクールスラッシュメタル)
#3 Ghost Opera / Kamelot(シンフォニックメタル)
#4 Oh My Fucking God (Remastered) / Strapping Young Lad(インダストリアルメタル)
#5 Sign of Fear / Primal Fear(ピュアヘヴィメタル)

気持ちの良かった順番
#1=#2=#5>#3>#4

基本的にはどれもこれも良い!
綺麗に鳴らす高音と深く重い低音のおかげだね!
特にベースに特徴がある曲はすごく良い。
ギターの鳴りだって非の打ち所が無い。

これだけの音が出せるので、シンフォニック系も余裕。

#4だけは何か、何かちょっと合わなかった気がする。
それだけ。


○欠点
若干頭頂部が痛くなりやすい。
少し硬いです。

一応ポータブルと謳ってありますが、若干でかい。


○その他所感
着け心地は悪くないとは思う。
耳周辺はばっちりと覆われて痛くならないが、頭頂部が若干痛くなりやすい。
側圧強めなのでヘッドバンドのアームを若干長めにすると良いと思う。


○メタル度
激高い!
すげえいいよ・・・
すげえいいよ・・・
低音が非常に気持ちよいのと、高音が綺麗で聴きやすい。
特別篭ることもなく、これらを両立しているのがすごい。

ギターは特別前に出てくるわけではないが曇りなく鳴らしており、さらに特徴あるベース、ドラムの押し出し感が強いためメタルには合うのかと。

Edition8がその座を奪われました。
最近では出張にはこっちを持っていきます。


スポンサーサイト


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。