We need another Metal (and beer)!

メタルCD、ヘッドホン、DTM、プラグインのブログ。オススメが多いです。
SoundCloud
プロフィール

やまちゃ

Author:やまちゃ
スラッシュメタル大好きっこ!
質問したい方はAsk.fmからどうぞ
[Ask.fm]

検索フォーム
カテゴリ別検索
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Twitter
ブログRSS

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

【逸曲】Doc Holliday / Volbeat【入魂】

Outlaw Gentlemen & Shady Ladies


デンマーク出身のヘヴィメタルバンド、Volbeatの4thアルバム「Outlaw Gentlemen & Shady Ladies」(2013年)より「Doc Holliday」です。

またVolbeatですまんね!


今回はアメリカのアイダホ州に出張に行っていたときラジオから流れてきて「こいつぁ~ヤバイ」と思ったものです。

ジャケは渋いジェントルメン。
鋭い眼光に立派なヒゲが印象的、こんな渋い人になりたいものです。


音は前回紹介のA Warrior's Callのと同じ方向性。
ただ、あのときほど鉄塊と言った印象にはならない程度、どちらかと言えば鉄のヤスリ。
ベースにもドラムにも若干柔らかさがありますねー。

ボーカルは上手いね!
上手いのに、最近のメタルコアとか若干エモいメタルのクリーンボーカルとは一線を画す漢らしい歌いっぷりです。


曲詳細



●イントロ
長い。
最初のバンジョーでの民族音楽的なフレーズが印象的。
そこに歪んだギターの音が意外と合う。
メインのリフは2種類、どっちもノリがよくてかっこよい、バンジョーフレーズとの関係性不明。
バンジョーからギターへの移り変わり時の加速感がいい感じ。
イントロ長い。


●ヴァース
イントロ後半、ギターリフ後半のフレーズのリズムを若干崩したようなリフがまた良い。
前2ループは単音、後ろ2ループはパワーコードにするあたり凝ってるね。


●プリコーラス
ドラムをハーフテンポに、イントロでも使ったロングトーンフレーズで緩急を。


●コーラス
プリコーラスの後に一度ヴァースを入れて、直接直接コーラスに入る。
2ループ目はプリコーラスは最初から無し、なかなか面白い構成だね。
ここでイントロ最初のバンジョーフレーズ登場。


●その他
ギターソロがなかなかにかっこよく、そしてドラム(のスネアとキック)がハーフテンポになったり元に戻ったりと緩急をやたらと強調してくる。

全体的に正統派シリアル路線スラッシュメタル的な曲調をしており、そこにバンジョーを組み合わせ、そして独特の歌唱とコーラスを混ぜることで新たな雰囲気を確立していますね。
他のバンドには出来そうにない、このバンド最大の武器!


いやあ、Volbeatやるじゃん。
そう思ってこの曲はアルバムごと買いました。
うーん、全体的にはこっちのほうがかなり少数派・・・orz

しかしこの曲はすごーく気に入りましたb



スポンサーサイト

【逸曲】A Warrior's Call / Volbeat【入魂】

Beyond Hell Above Heaven


超久しぶりな逸曲入魂ですね!

ということで今回はデンマーク出身のヘヴィメタルバンド、Volbeatの4thアルバム「Beyond Hell/Above Heaven」(2010年)より「A Warrior's Call」です。


今年初め辺りにテキサスに出張に行っていたときにラジオからしょっちゅう流れてたので気になってて、そんで勢い余って買ったらこの曲にハマってしまいました。


非常に重い。
鉄の塊かのようなギター、分厚い鉄板のようなベース、全力投球された鉄球を連打されているようなドラム。
それに対しボーカルはリズミカルで上手く歌い上げる。
一番の聴き所は周りのコーラスなんだけども。


曲詳細



●イントロ
迫るようなイントロ。
淡々と刻むギターとベース。
スネアとバスドラムだけで作られる雰囲気、その後のシンバルを使った雰囲気の違い。


●ヴァース
リズミカルなドラミングに乗せるボーカルが秀逸。
またギター、ベースの切りが非常にかっこよい。


●プリコーラス
ヴァースでのギター、ベースの切りがなくなりドラム、ボーカルと一体となり畳み掛ける。


●コーラス
一番の聴き所。
ついつい「ファイッ!!ファイッ!!ファイッ!!ファイッ!!」と叫びたくなるこの雰囲気、リズム。
この力強さこそがかの曲最大の魅力。


●その他
コーラス後にスローなパートに入る。
重い雰囲気を出したかったんだと思う。

因みにこの曲、ギターソロがありません。


Volbeatの名前はだいぶ前から知ってたけど、こんなかっこいい曲があるとは思わなかった。
アメリカのある場所では変人と呼ばれているよう、ロカビリーを取り入れた音楽性ゆえだと思われる。
ファイッ!!の声がここまで合う曲は他に知らない。




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。