We need another Metal (and beer)!

メタルCD、ヘッドホン、DTM、プラグインのブログ。オススメが多いです。
SoundCloud
プロフィール

やまちゃ

Author:やまちゃ
スラッシュメタル大好きっこ!
質問したい方はAsk.fmからどうぞ
[Ask.fm]

検索フォーム
カテゴリ別検索
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Twitter
ブログRSS

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

【Steinberg】純正DAW付属音源では珍しいアナログ系ソフトシンセRetrologue 2【シンセ】

Retrologue 2


2連続のソフトシンセ、今回はSteinbergのRetrologue 2です。
純正のDAW付属音源としては珍しい(と思ってる)アナログ系ソフトシンセです。


Moogっぽい見た目ですよね。
さすがDAWメーカー純正のDAW付属音源だけあって前回の汚シンセのようなキッタナイ見た目ではなく、すっごく綺麗ですね!
(あの汚い見た目も好きです)


スポンサーサイト

【AIR Music Technorogy】真空管だらけのシンセVacuum Pro【汚シンセ】

Vacuum Pro


どうですかこのキッタナイ見た目のシンセ!!!

Pro Tools標準搭載の音源を作っていることで有名なAIR Music Technorogyのシンセです。
Windowsや他のDAWで使用可能になったことと、最近は$1で売ってたり無料配布しているXpand!2を出していることでも有名ですね。

Vacuumということで、真空管をふんだんに使用し、そこかしこに真空管のサチュレーションが散りばめられている、
まさしく汚した音を出すシンセです。
タイトルの【汚シンセ】、「おしんせ」ではなく「よごしんせ」ですwww


こいつが意外と気に入ったんでレビューしてみたいと思います。



○一言で言うと

ポテトチップスうすしお味的ジャンクフードシンセ



【9/12追記・修正】【UVI】Falconでパラアウト出来るシンセドラムキットを作ろう!【ハイブリッドシンセ】

うん・・・なんか大きなことしそうなタイトルですが、


大したことはやりません!



ということでこの記事を書くこと自体悩みましたが、枯れ木も山の賑わいということで書くことにしました。
でもUVIが公式チュートリアルビデオで日本語字幕付きでシンセドラムの作り方を解説しているので、、、私はそこからでは見ることの出来ないパラアウトが出来るシンセドラムの作り方ってことでどうかひとつ。


はいこれFalcon!

Falcon201609

【2016/9/11キット更新】【UVI】Falconでドラムキットを作ってみた(プリセットファイルあり)【ハイブリッドシンセ】

Falcon


こんな記事を作っておきながらあれです、解説できません。
そもそもシンセの仕組みやいじり方をまだよくわかっていません。

うーん、着メロ作ってたときのATS-MA7で培ったFMシンセの知識はどこへ行ったのか。
そもそもあの時は何も考えず、勘でいじってたんだけど。


さて今回はドラムキットを作ってみました。
Falconのファクトリープリセットにドラムキット無くない?

最初は普通にリード系の音を作ってたんだけど、ふとドラムキットが見つからないことに気が付いてドラムキットにしました。
ってことで、こんな感じの音になりました。



なんかセレクトショップとかでずっと流れてそうな感じになった、タムが邪魔なことを除いて。


作った音は大体全部使ってるはず。
ってことで、プリセットポーーーイ(=゚ω゚)ノ⌒゜

2016/5/14追記
何故かダウンロード出来ないので少し修正しました。
右上のオプションからダウンロードを選択してください。
間違ってプレビューした時はこのページをリロードしてください。


2016/9/11追記
ドラムキットの作りを見直しました。
ワンショット再生になってます。




2016/9/11
このキットに対応したCubase用のドラムマップも置いておきます。



まあどっかUVIのユーザープリセットフォルダにでも置いてやってください。


ドラムマップはここに書きます、コピーしてテキストなりにでも貼り付けてください。


D#2 : Lクラッシュシンバル
C#2 : Rクラッシュシンバル
B1 : ハイタム1
A#1 : オープンハイハット2
A1 : ハイタム2
G#1 : オープンハイハット1
G1 : ミッドタム
F#1 : クローズドハイハット
F1 : ロータム1
E1 : ロータム2
D1 : スネア
C#1 : リム
C1 : キック
A#0 : Gyuunn!!!
F0~A0 : キック補助高消しました
C0~E0 : キック補助低消しました


こんだけです。
通常のサンプリングのドラムみたいなワンショット再生は出来ないので、音を再生したい長さの分だけノートを伸ばす必要があります。
Cubaseではドラムエディターではなくキーエディターで使う必要があるでしょうね。


なんというか、非常にデジタルな音だと思います。
使いどころがあるかはわかりませんが、とにかく練習ということで。
どんな感じに出来ているのか覗くのもいいかもしれませんね。

でわでわ(=゚ω゚)ノ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。