We need another Metal (and beer)!

メタルCD、ヘッドホン、DTM、プラグインのブログ。オススメが多いです。
SoundCloud
プロフィール

やまちゃ

Author:やまちゃ
スラッシュメタル大好きっこ!
質問したい方はAsk.fmからどうぞ
[Ask.fm]

検索フォーム
カテゴリ別検索
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Twitter
ブログRSS

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

【いろいろ】Hurdy Gurdy音源まとめ+α【ハーディガーディ音源】

さてさて、4つの記事にまたがってハーディガーディ音源を解説してきました。

【Teleweaver Orchestra】Hurdy Gurdyレビューその1【ハーディガーディ音源】
【Rhythmic Robot】Hurdy Gurdyレビューその2【ハーディガーディ音源】
【Sonokinetic】Hurdy Gurdyレビューその3【ハーディガーディ音源】
【Best Service】Hurdy Gurdy(ERA2)レビューその4【ハーディガーディ音源】


ここではそれらのまとめなど+αの情報を書いていきたいと思います。


と、その前に。

○音
作ったデモ音源をまとめてドーン!
そんでSonokineticのHurdy GurdyとBest ServiceのERA2のHurdy Gurdyの機能をもっとしっかり使って打ち込みしましたのでそっちも一番下の置いときました!

あと、ハーディガーディ4つを同時に鳴らしたものですw



ハーディガーディ4つの音圧www


ってことで、まずはSonokinetic Hurdy Gurdyの唸り駒を使った打ち込み。
Sktc打ち込み2

こんな感じにアフタータッチを使うわけですが、最初はモジュレーションホイールを使ってリアルタイムレコーディングをやりました。
しかし自分のリズム感の無さに絶望したので手打ちしました(笑)
アフタータッチの数値が音の強さに関係しており、そして後ろで数値を下げるタイミングが重要、みたいです。
結構難しい。


続いてBest Service ERA2のHurdy Gurdy。
ERA2 Hurdy Gurdy打ち込み2

上の方に唸り駒のノートがごちゃごちゃーーっと。
メロディのベロシティよりこっちのベロシティのほうが大事です。
また複数のドローンを読み込んでいる場合、唸り駒だけはすべてが一致するわけではないので、その辺実際はどうなのかよくわからず共通のものだけ使ってます。

ホントはもっと音の強さ?とかもあるのでもっといろいろなんですが、めんどくさくなった(笑)


○比較
ちょっと比較してみましょう。
中には超個人的なものも。

音が使えるかどうか
Teleweaver>Best Service>Rhythmic Robot>Sonokinetic

Teleweaver Orchestraは圧倒的にヌケが良く使いやすい。
Best Serviceは唸り駒の音が非常に使いやすいし、ドローンとチャンターの音も無難に使いやすい・
Rhythmic Robotは音が土着感ありすぎて難しいが、アタックなどが良いので他と重ねて使うと良い。
Sonokineticはハーディーガーディのための音って感じで単体でしかなかなか難しそうな印象。


操作や打ち込みの本物再現度
Sonokinetic>Best Service>Teleweaaver=Rhythmic Robot

Sonokineticは実際に演奏することを考えて作られているのか、操作や打ち込みは本物っぽさ抜群。
Best Serviceはやはりモノフォニックという点が強い。
Teleweaver OrchestraとRhythmic Robotは打ち込み方法自体は同じ。


テキトー打ち込みでの本物再現度
Best Service>Teleweaver=Rhythmic Robot>Sonokinetic

Best Serviceはテキトーに打ち込んでテキトーに唸り駒鳴らしておけばかなりそれっぽくなる。
Teleweaver OrchestraとRhythmic Robotはノートの長さのクォンタイズをうまく使っていけばなんとかなる。
Sonokineticはテキトーには出来ないイメージ、チャンターだけ押さえても音がでないためテキトーなことがしにくい。


総合的な使いやすさ
Best Service>Teleweaver>Rhythmic Robot>Sonokinetic

やはり楽さと、それでいて無難に良い音が出るBest Service製は良い、買ってよかったと思う。
Teleweaver Orchestra製はとにかく音が良いので他の楽器と混ぜた際に負けない音が鳴るのが良い。
Rhythmic Robot製は音は土臭いがこれが良いって場合もあるかな、またいろんな部分をいじれるので意外な使い方もできたりするのが良い。
Sonokinetic製は一番期待していたはずのものなんだけど、蓋を開けてみればちょっと残念。


購入オススメ度
まず前提にKontaktを持っていること、それがなけれこのオススメ度は始まりません。
もしKontaktを持っていない場合、Best Service製一択です。
なぜなら、Best Service ERA2はエンジンがフリーで手に入るからです。
わざわざKontaktを買うとめちゃくちゃ高い。

Kontakt非所持
Best Service>>>|超えられない壁|>>>Teleweaver=Rhythmic Robot=Sonokinetic

Kontakt所持
Teleweaver>Best Service>Rhythmic Robot>Sonokinetic

Kontaktを持っている場合、まずは私のTeleweaver Orchestra製Hurdy Gurdyの記事を読んでもらった上でそれを試してみることをオススメします、安いです、€25くらいです。
次にBest Service ERA2、使いやすさがすごいので高いですが是非!民族楽器系総合音源なので他にもものすごい数のレアな楽器があります!
Rhythmic Robot製はひとつ目としてはあまりオススメできないかなーと思います。
Sonokinetic製はやめとけ、絶対使わない。


○他のHurdy Gurdy音源
ERA2(Viola de Roda) / Best Service
The Conservatioire Collection / Sonic Couture
Garritan World Instruments / Garritan
HurdyGurdy / Soundbytes


Best ServiceのERA2にはハーディガーディ音源が2つ入っておりもう一つがこのViola de Rodaです。
使い方はSonokinetic+Rhythmic RobotをERA2のHurdy Gurdyで割ったような感じ。

Sonic Coutureのも良さそう。

Garritanのはデモ音源にもハーディガーディが登場しないので期待はできないと思います。

Soundbytesのは32bit専用っぽくて、試用版を入れてみましたが私のDAW上には表示されませんでした。


私が見つけたのは今のところこれだけですが、他に情報があればぜひ٩( 'ω' )و✧
いやあ、長い長い連載?でしたオオォォォ(゚ロ゚*)(゚ロ゚*)

これを読んで分かりましたでしょうか、

私がどれだけハーディガーディを好きか


うん、いつか実機が欲しいなあと思ってたりしますが、だいぶ高いしメンテも難しそう。
弾くところも無ければ置くところも無さそうな上、楽器を実際に演奏することは(リズム感的に)苦手という弱点があるのです。
まあ、今買っても使えるタイミングが死ぬほどないですし(。・x・)


そんなわけで、ハーディガーディ連続記事は終了٩( 'ω' )و✧
またこんな感じに連載したい楽器が出てきたら頑張ります!


スポンサーサイト

【Best Service】Hurdy Gurdy(ERA2)レビューその4【ハーディガーディ音源】

ERA2 Hurdy Gurdy Chanter

ERA2 Hurdy Gurdy Drone D

ERA2 Hurdy Gurdy Drone A


いきなり画像盛りだくさんですね!
第4弾はBest Serviceのエスニック系総合音源ERA2のHurdy Gurdyです。



画像は上から順にチャンター、ドローンD、ドローンAです。
全部でチャンター、ドローンA、C、D、Gがあります。
またドローンA、C、D、Gにも2/4拍子でリズムを刻むものと、6/8拍子でリズムを刻むものがあります。

では仕様を。


○コントロール関係
ベロシティ効きます!
ピッチベンド効きます!

CCはそれはそれはたくさん使います。
上記のようにチャンターとドローンで分かれているのでそれぞれ。

ドローン
CC#1・・・ドローン音量調整
CC#2・・・唸り駒音量調整
CC#3・・・ドローン低音のオンオフ
CC#4・・・ドローン高音のオンオフ

チャンター
CC#1 ・・・MIDIノートオン時のノイズ音量調整
CC#2 ・・・MIDIノートオフ時のノイズ音量調整
CC#3 ・・・MIDIノートオン時のアタック音の音量調整
CC#4 ・・・サスティンに含まれるハーモニクス音の音量調整
CC#5 ・・・サスティンに含まれるビブラートの強さ調整
CC#6 ・・・サスティンに含まれるビブラートの速さ調整
CC#11・・・ホイール回転速度、値が大きいほど音が力強い
CC#12・・・チャンター弦Cのオンオフ
CC#13・・・チャンター弦G高音のオンオフ
CC#14・・・チャンター弦G低音のオンオフ

あとCCをアサインされてないけどピッチヒューマナイザーって言うスイッチがあります、ピッチをランダムにずらしてヒューマナイズしてくれます。

ERA2 Hurdy Gurdy Chanter CTRL


ヤバイ、こんなにいっぱいは扱えない・・・
しかし1つずつ覚えてちょっとずつ使っていけばいいんです✧d( 'ω'd )✧

あとは共通してボリューム、ピッチ、パン、リバーブ、そしてエンベロープが調節できますね。


○キーボード
ドローン弦(ほぼ共通)
C0   ・・・ドローン弦
C1~E2・・・ドローン弦、唸り駒を使って自動でリズムを刻む
C7~F7・・・唸り駒の音が何種類か

C1~E2はドローンのキーが違っても刻むリズムは同じなので複数のキーのドローンを重ねても全く問題ありません。

チャンター弦
C3~A5・・・チャンター弦


○チャンター弦発音仕様
モノフォニックです、非常に使いやすい、正義。
広めに作ってありますが、2オクターブまでに制限しておくと良いでしょう。


○ドローン弦発音仕様
上記の通りA、C、D、Gの4つです(Bが欲しかったな、あ、今回の記事のためにFも欲しかった)。
チャンター含め複数読み込んで鳴らす仕様なのですが、MIDIチャンネルを揃えておくと同じ鍵盤で同じように鳴るので非常に便利です。
また、チャンターと一緒のMIDIチャンネルにしていても鍵盤は被らないので同時に使えます。


打ち込み画像
でかいのでサムネイルを貼り付けてます、クリックして拡大してください。
ERA2 Hurdy Gurdy打ち込み

チャンターは別で鳴る仕様なので最低音(今回はD3)と決めたものを鳴らし続ける必要があります。
ですがモノフォニックなのでこんな感じでドローン弦と同じように鳴らしっぱなしで良いのです、楽でいいね!

今回はやっていませんが、実はハーディガーディって実機でもピッチによるビブラートが出来るんです。
なのでチャンターだけ別チャンネルで呼び出して、ピットベンドでチャンターをビブラートさせるってことも出来ます。


音。

2016/05/15更新
元のデモ音源は他のHurdy Gurdy音源と同じメロディで作っていましたが、キー的に無理があったのでキーが合っているものに差し替えました。


雰囲気はだいぶ良いですが、ちょっと違うような・・・?と思う程度の物です。
で、ピッチヒューマナイズを使うともっとそれっぽくなります。


ということでこれで第4弾終了でーす٩( 'ω' )و✧
いやあいっぱい書いた!


あとはまとめの記事かな!

【Teleweaver Orchestra】Hurdy Gurdyレビューその1【ハーディガーディ音源】
【Rhythmic Robot】Hurdy Gurdyレビューその2【ハーディガーディ音源】
【Sonokinetic】Hurdy Gurdyレビューその3【ハーディガーディ音源】

【Sonokinetic】Hurdy Gurdyレビューその3【ハーディガーディ音源】

Sktc Hurdy Gurdy


ほいでは第3弾٩( 'ω' )و✧

第3弾はSonokineticHurdy Gurdyです。


○コントロール関係
ベロシティは効きません。
ピッチベンドは効きますが、仕様の関係でドローン弦ごと音が変わるので使えません。
無理やり使うことは出来るかもですが・・・

アフタータッチを使います。
アフタータッチを使うことで唸り駒が鳴る仕様です。

アフタータッチが対応しているキーボード持ってないよ・・・って方にはこちらの記事!
Cubaseでアフタータッチを他のCC#に割り当てる方法です。
モジュレーション・ホイール(CC#1)に割り当てるとやりやすいです。
他のDAWでも大体同じようなものかと思います。

【Cubase】アフタータッチなどをノブやホイールに割り当てる【MIDIキーボード】


真ん中にいろいろ付いてますよね。
まずFLIP、これは右利きと左利きを入れ替える機能です。
こうなる。
Sktc FLIP







なぜそんな機能を付けた。





はい、では次にAlways Trans.。
この音源はモノフォニックなのですが、チャンターが割り当てられている鍵盤を重なるように押すと最初に押していた音階から次に押した音階へレガートした音がなります。
しかしこのAlways Trans.をオンにすることで、重ねるように鍵盤を弾いても常に最低音からレガートされた音がなります。
一瞬最低音が入るわけではありません。








なぜそんな機能を付けた。





IRは、お察しの通りリバーブです。
IRリバーブを搭載しており、ぞの中から選択して使用することができます。
Sktc IR


キャッスルホール、ルーム、宿屋
非常にファンタジーでハーディガーディですね!


そしてVolumeは各弦、ラウンドロビンダイナミクス?、効果音などの音量が設定できます。
Sktc Volume



○キーボード
FLIPしてない状態を書きます。

A#0~A1・・・ドローン弦、最初から複数のドローン弦+チャンター弦の開放状態が鳴る
B2 ~A4・・・チャンター弦、カチャカチャ鳴るだけ


○チャンター弦発音仕様
上記の通りモノフォニックです、ハーディガーディとして正しい、正義です。
しかしただチャンター弦の範囲を押しただけではカチャカチャとアタック音やリリース音が鳴るだけです。
チャンター弦を鳴らすドローン弦が鳴っている必要があります。
なんでそんなk・・・いや、実はこれは非常に理に適っています。
というのも、ドローン弦は各音階+その音階のチャンター弦開放状態が鳴ります。
すると、あとはチャンター弦の音階を押してレガートさせてやることで、チャンター弦はモノフォニックで鳴り、アタック音とリリース音が正確に入るという。
よく考えられてますね!
ドローン弦を鳴らしたくない場合はVolumeでドローンの音を切りましょう!


○ドローン弦発音仕様
上記の通り最初から複数のドローン弦が鳴り、それプラスチャンター弦の開放が鳴ります。
選べません、フィッシュオンリーと言われた気分です。
しかしチャンター弦の仕様を作るには仕方がなかったのでしょう。


打ち込み画像
でかいのでサムネイルを貼り付けてます、クリックして拡大してください。
Sktc打ち込み

このように開放弦の音は打ち込む必要はありません。
これはリアルタイムレコーディングでも非常に楽だと思います。


音。



これが一番ハーディガーディのイメージに近い音です。
なのですが、あまりにもイメージに近い、なんか響いてるような音がちょっと使いみちを制限してしまう気がしています。

あと、使っていて決定的に弱い部分が出てきます。
何故か音が途切れる。



では第4弾へ✧d( 'ω'd )✧

【Teleweaver Orchestra】Hurdy Gurdyレビューその1【ハーディガーディ音源】
【Rhythmic Robot】Hurdy Gurdyレビューその2【ハーディガーディ音源】
【Best Service】Hurdy Gurdy(ERA2)レビューその4【ハーディガーディ音源】

【Rhythmic Robot】Hurdy Gurdyレビューその2【ハーディガーディ音源】

RR Hurdy Gurdy


はいではハーディガーディ音源の2つ目。

第2弾はRhythmic RobotHurdy Gurdyです。


まず仕様。

○コントロール関係
モジュレーション(CC#1)を使います、と言ってもボリュームだけ。
ドローン弦もチャンター弦も一緒にボリュームが変わります、非常にうるさくできます。
またGUIを見てわかる通り、本当にいろんな設定が出来る。
ドローン弦のオフや1~2本。チャンター弦(メイン弦)を1~3本とオクターブで鳴らすかユニゾンで鳴らすか。
あ、ベロシティは効きません。
ピッチベンドも効きません。

そして更に!

RR Hurdy Gurdy Effects

下のEFFECTSタブを押すといろーんな機能が!
コーラス、リバーブ、ディレイ、ロータリー、更にはキャビネットシミュまで!


○キーボード
C1~B1・・・ドローン弦、各音階に対応した音がなるので12種類のドローン音!
C2~C6・・・チャンター弦、死ぬほど音域広い!


○チャンター弦発音仕様
これも同じくポリフォニック、自分で1音しかなっていないように打ち込みましょう。
そしてハーディガーディを想定して打ち込むのなら、2オクターブほどにとどめたほうが良いのかなーと思います。
しかしここまで機能が多い上に音域も広いのであれば、シンセサイザー的な使い方をしても良いでしょう。
本数設定、ピッチ設定でも音が変わるのですが、私としてはDUALかTRIPLEのUNISONが良いと思います。


○ドローン弦発音仕様
12音階好きなように出せます。
ただし1音1音はしょぼい音なので2つ以上重ねることをオススメ。
どうしても1音が良いという時は本数設定をDUALにしましょう。


打ち込み画像
でかいのでサムネイルを貼り付けてます、クリックして拡大してください。
RR打ち込み


Teleweaver OrchestraのHurdy Gurdyとほぼ同じですが、ドローン弦の打ち込みが違います。
こっちではTeleweaver OrchestraのHurdy Gurdyと同じになるようにDとFを鳴らしています。
ドローンを鳴らしっぱなし、チャンターはD3が最低音として音を一瞬切る際には空白をD3で埋める。


音はこんな感じ。



うーん素朴。
素朴で田舎的で土臭い雰囲気たっぷりです。
音自体は使いやすいかどうかは難しいところ。
しかし発音時のアタック音とリリース音が良い感じですね。
これはこれで特殊な使い方があります。


では第3弾へ(=゚ω゚)ノ

【Teleweaver Orchestra】Hurdy Gurdyレビューその1【ハーディガーディ音源】
【Sonokinetic】Hurdy Gurdyレビューその3【ハーディガーディ音源】
【Best Service】Hurdy Gurdy(ERA2)レビューその4【ハーディガーディ音源】

【Teleweaver Orchestra】Hurdy Gurdyレビューその1【ハーディガーディ音源】

TWO Hurdy Gurdy


ハーディ・ガーディ音源を日本語でレビューしてる人っていないですよね?(=゚ω゚)

ってことで、今回から4連続でハーディ・ガーディ音源をレビューします。

第1弾はTeleweaver OrchestraHurdy Gurdyです。


まずは仕様。

○コントロール関係
ここのハーディ・ガーディ音源は使い方が非常に簡単で、CCは一切必要ありません。
モジュレーションホイールもピッチベンドも効きません!
ベロシティも効かず、一定の音しかありません。
弄れるパラメータはドローン弦のボリュームとチャンター弦のボリュームの2つだけ。


○キーボード
G1~A#1・・・ドローン弦F、4種類の音があり混ぜて使うと良い
C2~ E2・・・ドローン弦D、5種類ありこれも混ぜると良い
またこの2つのドローンを混ぜるのも良いです。

G2~D5・・・チャンター弦、結構音域が広い、ですが・・・


○チャンター弦発音仕様
ポリフォニック、ハーディガーディのチャンターは基本的に1音しか出せないので自分でそのように打ち込みましょう。
また、上記にやたら音域が広いと書いていますが、実際のハーディガーディの音域はこんなに広くありません。
構造を見るとわかると思うのですが、大抵は2オクターブでしょう。


○ドローン弦発音仕様
上記を見ての通りDとFしかありません。
いくつか種類があると書いていますが、どう聴いても組み合わせて鳴らすこと前提です。
まあ、ハーディガーディはドローン弦を4本とか同時に鳴らせるしね。
ジジジーと鳴る唸り駒もここに収録されており、鳴らしっぱなしになるようです。


実際簡単な作りをしております。
ハーディガーディ音源としては究極に簡単です。


打ち込み画像
でかいのでサムネイルを貼り付けてます、クリックして拡大してください。
TWO打ち込み

上記の仕様から考えるとこの画像のようになるかと思います。
ドローン弦を3本を鳴らしっぱなし。
チャンター弦はD3が最低音と想定して作っています、つまり鍵盤を押さえていない時は一番低いという想定のD3が鳴っている。
そのため画像のように一瞬音を切る際はD3を入れています。
するとちょっといい感じになる。


今回は音を最後に持ってきました。



音の特徴としてはとにかく抜けが良い。
これだけが取り柄ってレベルに音抜けが良い。


では第2弾へ(=゚ω゚)ノ

【Rhythmic Robot】Hurdy Gurdyレビューその2【ハーディガーディ音源】
【Sonokinetic】Hurdy Gurdyレビューその3【ハーディガーディ音源】
【Best Service】Hurdy Gurdy(ERA2)レビューその4【ハーディガーディ音源】

【ホイッスル、フルート音源】Irish TinwhistleとCrystal Flute購入【Ilya Efimov、Enbertone】

Ilya EfimovのIrish Tin Whistleと、EnbertoneのCrystal Flute買いました(=゚ω゚)ノ
どっちも結構前に。

Irish Tinwhistle

Crystal Flute



ということでまずは聴き比べてみましょう。
曲については何も言わないで。



・Irish Tin Whistle1
 Crystal Fluteとの聴き比べ用
・Crystal Flute
 Irish Tin Whistleとの聴き比べ用
・Irish Tin Whistle2
 適当に使える機能を使ってみました


当然ですがどちらの音源にも持ち味や長所、短所があります。


〇Irish Tinwhistle
長所
・ハッキリとした音で使いやすい
・奏法がいろいろある
・キースイッチの配置を変更できるので、小さなキーボードでも多くの操作が出来るようになる
・レガートをどのように操作するかの変更が多彩に出来る
・ビブラートまで操作出来る

短所
・奏法によって音がちょっと変わるものがあるので、使い辛い奏法がある
・強弱は完全にCCでコントロールのため、ベロシティはサスティンとレガートにしか意味が無い
・レガートすごいゆっくり
・ちょい難解


〇Crystal Flute
長所
・簡単操作
・UIが少なく、欲しい情報がすぐにわかる(ほとんど情報はない)
・Irish Tinwhistleに比べ安価
・Irish Tinwhistleに比べ音域広め

短所
・音が濁り気味
・奏法少ない
・低音域でたまに変な動作
・キーボードからの操作がしにくい


使ってて感じたのはこんなところです。
私的には、どちらかというとIrish Tin Whistleのほうが使いやすいです。

あとアイリッシュティンホイッスルの「アイリッシュ」の部分でテンション上がる!


当初はどちらを買うか迷い、とりあえずIrish Tin Whistleを買いました。
けどその後、もっと音域が広いものが欲しくなり、結局両方買っちゃいましたw

まあ、がんばって使い分けよう!


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。