WNAM

メタルCD、ヘッドホン、DTM、プラグインのブログ。オススメが多いです。
SoundCloud
プロフィール

やまちゃ

Author:やまちゃ
スラッシュメタルとフォーク/ヴァイキングメタル大好きっこ!
質問したい方はPeingからもどうぞ
[Peing]

検索フォーム
カテゴリ別
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Twitter
ブログRSS

【ToneBoosters】Tone Boostersの新製品Equalizer 4を使う【イコライザー】

どーーーーーもーーーーーー!!!
前回記事からそろそろ1ヶ月経つので記事書きます!笑

ToneBoosters大好きやまちゃです!!!


さーーーーて、ToneBoosterの新製品出ましたね!!!


こちらがToneBoostersの新製品、Equalizer 4です!!!
TB EQ4-1


どうですか、この見た目。
意外と地味!
に見えますが、Melda Productionのプラグインのように見た目を変えることが出来ます!w
と言ってもあっちのようにノブなどが変わるわけではなく、色が変わるだけです。

これがその見た目リスト
TB EQ4-6


ではまず要点を。


○目玉機能

1、16バンドのEQ
TB EQ4-2



2、各バンドが独立してダイナミックEQとしても機能
TB EQ4-9



3、各バンドが独立してL/R、M/S処理可能
TB EQ4-10



4、23種類ものフィルタータイプ
TB EQ4-5



5、サイドチェイン動作対応
ダイナミックEQモード時のバンドのパラメータ調整枠の右上のマークをオン。
DAW標準のサイドチェイン機能もオンしてください(Cubaseの場合)
TB EQ4-9



6、ウィンドウサイズ調整可能
TB EQ4-4



7、AIアシスタント機能搭載
EQの細いラインの後ろに見えるライトグレーの太めのラインがAIアシスタントによって出されたEQのカーブです。
TB EQ4-11



8、AMU(Auto Make Up)機能搭載
イコライジング前後の音圧を自動的に揃えてくれます。




MEqualizerには及びませんが、なかなかの多機能ですね!
しかしMEqualizerには無い機能を搭載してますね。


あとですね、前のバージョンの時からですが、個人的にこのEQは操作がすごく良いです。
今回、各所にカーソルを置いておくとヘルプが表示されます。
バンドのマークに置くと操作方法が表示されます。
代表的なもので言えば、

・左クリック=バンド有効可
・右クリック=バンド無効化
・ダブルクリック=バンド追加

があります。
それ以外の操作機能として、

・バンドのマークに対しAlt+ドラッグ=バンドの水平のみ移動
・バンドのマークに対しCtrl+ドラッグ=バンドの上下のみ移動
・キーボードのaを押しっぱなし=そのバンドの影響がある範囲の音のみを聴く

など、操作時に便利な機能が盛り沢山です。
操作がめちゃめちゃ捗ります。



○ちょっと期待はずれな部分

1、AI アシスタントはアドバイスをくれるだけでEQカーブを作ってはくれない
  まあ余計なことをされるより良いんじゃないでしょうか

2、アシスタントの種類が5種類だけ
少ないw
TB EQ4-12


3、サイドチェインはプラグイン1つに対し、1つのみ
  バンド1はスネアから、バンド2はキックから、みたいなかけ方は出来ません。
  それがしたかったら2つのプラグインに分ける必要があります。


これくらいですね。




○音
とりあえずAIアシスタントの「Stem : Drums」でやってみました。


TB EQ4-8-2.png





まあこんな感じですw

常に解析してるので、パートが変わるとアシスタントラインの形状が変わります。
若干のポンコツ感があるのが親近感を覚えますw


あと、テキトーに操作しているところを動画にしました。







○まとめ
総合的に見て、非常に使い勝手の良いプラグインかと思います。
AI機能はどうでも良いとして、非常に操作がしやすく、柔軟なEQです。

しかも安い。
30ユーロでセールはありませんが、TrackEssentials V3、FlX V3、BusTools V3ユーザーはアップグレードで15ユーロです。

もっと2倍、3倍かそれ以上の値段をとっても良いのでは。


めちゃめちゃ使いやすいので、私はまたTone Boosters製Equalizer常用に戻りたいと思います(=゚ω゚)ノ
スポンサーサイト
[ 2018/02/01 13:53 ] プラグインレビュー EQ | TB(0) | CM(0)

【Melda Production】フリーのMEqualizerを使う【変態イコライザー】

MEqualizer1


はい、変態さんなMelda Productionの変態EQ、MEqualizerの番がきました。

前回の変態コンプ、MCompressorはこちら。
【Melda】フリーのMCompressorを使う【変態コンプレッサー】




あ、その前に。
上の画像を見てもらうと、赤い広告が出ておらずそして右上のオーバーサンプリングの項目が選択可能になってます。




課金しちゃいました٩( 'ω' )و✧




広告がない分変なところに目が行かず、ウィンドウサイズを調節できて、プリセットを保存できるので快適です(=゚ω゚)b
オーバーサンプリングも出来るようになったしね!


では解説へ。

【EQ聴き比べ】Equalizer聴き比べ実験【いろいろ】

先日、中川統雄さんを中心に、マサシさん、くうPさんと合同企画としてマスタリングEQの聴き比べ、所謂EQ研究会を行いました。
Equilibrium、Pro Q2、bx_digital V2、Master EQ 432、Liquid Mixなど数々の高級プラグインEQ、実機Avalon DesignのAD2077(なんと価格150万超!)や実機版Focusrite RED2と、それはそれはすごいものになりました。
総数40種類近いEQが集まりました。

中川さんのブログ
中川統雄のみみにっき

マサシさんのブログ
マサシのブログ(笑)

くうPさんはブログをされていないようです。


その際に、中川さんが言われていた「EQによるトランジェントの変化」に特に注目(傾聴?)したところ、私個人としては驚愕の結果となりました。
まさかこんなに違うとは・・・

私個人と言いつつ、皆さん大体同じような感想だったようです。

その中で特に「Focusrite RED2(プラグイン版)」が驚きの能力を発揮し、意外なダークホースとして人気でした。
ダークホース過ぎて最初は誰も期待してなかったし、私とくうPさんしかこれを持ってなかったし・・・w

この記事は本当はこのプラグイン版RED2のレビューにしたかったのですが、その内容がわかりにくいと言うことで同じような聴き比べになりましたw