We need another Metal (and beer)!

メタルCD、ヘッドホン、DTM、プラグインのブログ。オススメが多いです。
SoundCloud
プロフィール

やまちゃ

Author:やまちゃ
スラッシュメタル大好きっこ!
質問したい方はAsk.fmからどうぞ
[Ask.fm]

検索フォーム
カテゴリ別検索
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Twitter
ブログRSS

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

【アルバム】The Wolves Are Getting Hungry / Hyades【レビュー】

The Wolves Are Getting Hungry


イタリアのスラッシュメタルバンド、Hyadesの4thアルバム「The Wolves Are Getting Hungry」(2015年)です。
10曲収録。


待ちに待ったHyadesの新譜です。
2nd、3rdでのHyadesはミドルテンポな曲が面白いリフで癖になるバンドでしたが、今回はどうでしょうか。


まずはジャケット。
いつものHyadesな雰囲気を残しつつです。
いかつい感じの人々がなにやら行進しているような感じですが、荒れた工場地帯のような背景。
行進する狼たち(Wolves)は全てを食い尽くすと言った感じ?


サウンドは、全体的にごっつく更にマッチョになった印象。
全くイタリア的なお洒落さは無い。

ギターがまずごっつくなった?とげとげしくなった。
前作では結構低域を出し粘りのある印象だったが、今回は高域が効いていて鋭いが粘りのある音な印象。
ピッキングハーモニクスをなかなかの頻度で使うのが好き。

ベースはかなりバキッとしてて、そしてパリッとした乾いたような音な印象。
しかし音の上下、特にオクターブの変化が結構多く、リズミカルでノリのあるリズムに、ノリのあるベースメロディになっていることが多くてよい。

ドラムはまずバスドラムの強さが印象的。
それはそれはドッスンドッスン鳴っており、実はこういう音を出したくてDTMでいろいろやってたりしてる。
スネアは歯切れが良いスタスタといった印象、スネアとバスドラムで重さと軽さの対比。
金物がかなり広いなと思う、それに対しタムはあまり左右に広がらない。
最近では珍しい(ような気がする)観客視点のドラム配置。

ボーカルはドライな印象を受ける超ガナリ声。
グロウルではない、ガナリ声。
さほど吐き捨てな印象は無く、メロディを付けて歌う際は逆にウェットな印象になってくる。
1stから比べてだいぶ上手くなったと思う。
コーラスも力強くてよい。


各トラックのレートは、


#1 The Economist ★4
#2 Ignorance Is No Excuse ★4
#3 The Decay of Humankind ★4
#4 The Apostles of War ★5
#5 The Great Lie ★5
#6 Heavier Than Shit (Hyz IV) ★4
#7 Sing This Rhyme ★4
#8 Eight Beers After ★4
#9 The Wolves Are Getting Hungry ★5
#10 Hyades (2015 Version) ★5


Top3は、


#10 Hyades (2015 Version)
この曲は1stに収録されていたセルフタイトル曲ですが、こっちは再録版です。
細かいところが変わっており更にかっこよくなっています。
1stアルバムのレビューでもTop1を取ってますね!
全体的にこのアルバムの他の曲より音が高く、そしてベースが軽く聴こえるけど曲そのものがそれを吹き飛ばす。


#5 The Great Lie
前半の重苦しさ!
そこから後半一部のはっちゃけっぷり!
重い3連符のノリは怪しい雰囲気さえかもし出す。
しかしそれは全て後半への繋ぎでした。
後半に入った瞬間の猛ダッシュかっこよすぎ!

前半でも全力なボーカル良きかな。


#8 Eight Beers After
ビール8杯後!
なんともキャッチーなタイトルでいいじゃないか。
記憶してなさそうなレベルの酔っ払いが暴れる感じ。
実際にいたら勘弁してくれって思うけど、この曲はかっこいい。
実際にそんな人いたら肩に担ぎ上げて黙らせるけどな!黙らせたことあるけどな!


oh...、#9のThe Wolves Are Getting Hungryも捨てがたい・・・

それにしても、ミドルテンポがなかなか良いのは変わらないですが、全体的に1stのスピード速めな路線になってますね。
どっちもいけるこのバンドは大好きです!
このアルバムでは前半よりも後半でドンドン良くなっていく印象で、頭からケツまで抜かりが無く◎。
最後には1stの再録版をパワーアップさせて入れるところもすごく好きです。
前作までのアルバムや曲も大好きなのですが、6年ぶりに出した今作で更にパワーアップしている印象です。


評価 ★5


動画はThe Wolves Are Getting Hungry
スポンサーサイト

【アルバム】The Roots Of Trash / Hyades【レビュー】

The Roots Of Trash


前回に続き、またしてもイタリアンスラッシャー、Hyadesです。
今回は3rdアルバム(2009年)。
11曲収録、内1曲カバー曲。


今回はさらにグルーヴ感が強くなってます!
そしてさらにソロが少なく!


ジャケはなんかあくどい商売をしてそうなのと、そのアシスタントらしき人。
瓦礫の山ですが、何の商売でしょうか・・・
「The Roots Of Trash」、諸悪の根源と言ったところでしょうか。


内容ですが、全体的には前作と路線変わらず。
しかし全体的に音質が増しています。

ザックザクなギター、音がクリアになったけど圧力はちょっと落ちたかも・・・

ベースはバキバキ感はちょっと減ってますが、しっかり曲を支える全体に響くような強い音。

今回、前作からの一番の進化はドラム、まずは音が非常にクリア!
そのおかげか鋭くなり、アタック感の強い音になっています。
そして手数が増えているようで嬉しい限り!

ボーカルは前作とさほど変わらず、唸る吐き捨て!
1stから2ndのときの成長は著しかったので、今回はキープでも十分!


各トラックのレートは、


#1 Long Way Back Home(インスト) ★3
#2 I Belong To No One ★5
#3 A.F.M.S. ★5
#4 United In The Struggle ★4
#5 The Problem Is You ★4
#6 The Great Deceit ★4
#7 Still In The Trash ★5
#8 Alive But Dead ★4
#9 Worse Than The Silence ★4
#10 The Moshing Reel ★3
#11 Come Out And Play(カバー曲) ★4


Top3は、


#2 I Belong To No One
序盤のスピードチューン、そして後半に少しだけ入るグルーヴィーなパート、この対比がすばらしい!
そしてメインボーカルとコーラスのこの掛け合い!
この対比、この展開、この掛け合いがまさにHyades!


#3 A.F.M.S.
#2と似てます。
あれ、#2がこっちに似てるって言った方がいいのかな?
途中に凄くそっくりなリフが出てきます。
が、#2とどちらを最初にもってくるか迷ったくらいです。
どっちかというと、こっちのがゆっくりめでミドル担当。
この二つの流れが大好き!

因みに、2ndにも上記リフにそっくりなリフが出てきますw


#7 Still In The Trash
珍しくGソロの付く、スピード感のある曲!
所々にバスドラムをドッコドコに鳴らしたりと、なかなかツボにはまる曲です。
良いソロを作るのになんで少なめなのかなぁ~


今作もなかなかのものを聴かせてくれました。
しかし、そろそろ前作、前々作と似てきたところがあります。
良いものは作るけどレパートリーが少ない?
多分次作が勝負所になると思います。

ホントは速く次作が聴きたいだけです。


評価 ★4


動画はI Belong To No One



【アルバム】And the Worst Is Yet to Come / Hyades【レビュー】

And the Worst Is Yet to Come


どうもお久しぶりです。
最近何かと忙しくてあまりレビューしてませんでしたので、今日は久々のレビューですね。


イタリアのスラッシュメタルバンド、Hyadesの2ndアルバム(2007年)です。
11曲収録。


私のお気に入りバンドの一つ。
前作のレビューで書いたように、速いスラッシュではありません。
しかし、ミドルテンポの聴かせ方が非常に上手いバンドです。


ジャケットは大津波?で沈みかけの町の中をサーフィンする人。
核物質入り的なドラム缶まで流れてます。
不謹慎なんて言わせません、そんなものにメタルは負けません。
タイトルは「最悪は災厄はこれから」(意訳)
サーフィンボードにこっそりねずみが乗っているのも面白い。


内容は上記のように速くは無いスラッシュ。
しかし展開とオカズの入れ方で聴かせる、上手いスラッシュ。

ギターはジャコジャコ刻み、左右のコンビネーションがきもちいいツインギター。

ベースはバキバキ感のある硬いベースでこっそり味付けの力持ち。

ドラムは重いバスドラムと、それに反するようなパン!と軽めなスネア。
どちらも歯切れがよく気持ちよいです。

ボーカルは唸るような声が中心の吐き捨て。
前作みたいな高音は少ないです。
コーラスとのコンビネーション良し!


各トラックのレートは、


#1 And the Worst Is Yet to Come(インスト) ★4
#2 Buried In Blood ★4
#3 Unconform #756 ★4
#4 Megamosh ★5
#5 Disposable Planet ★4
#6 Pharmageddon ★4
#7 New World War ★4
#8 EZLN ★4
#9 Skate Addiction ★5
#10 Valley of Tears ★4
#11 Wops Still Thrash ★5


Top3は、


#9 Skate Addiction
決して速くは無いがこのスピード感!これぞHyades!
本作には珍しいギターソロがあります。
むしろここまで聴いて初めてギターソロが少ないことに気がつきます。

そしてスローなパートに入る瞬間のモーシュ!
クセになっちゃいますYO!


#4 Megamosh
モッシュにメガが付いてます。
ピッキングハーモニクスが効いたイントロがかっこよい!
間に入るギターリフが秀逸!
ボーカルとコーラスの掛け合いが良い!
メガモーシュ!


#11 Wops Still Thrash
その場のノリで一発取りしたような最終トラックっぽい仕上がりになっています。
Verseの重い音で奏でる軽快なリフが大好きです。
すごくノリがよく、お気に入りの一曲。



やはりHyadesは良い!
この一言に尽きる!
早く新作出してくれないかなと思う日々です。


評価 ★4


動画はSkate Addiction



【アルバム】Abuse Your Illusions / Hyades【レビュー】

Abuse Your Illusions


イタリアのスラッシュメタルバンド、Hyadesの1st(2005年)です。
10曲収録。


バンド結成は90年代のようで実は結構経歴が長いようなのですが、1stが出るまでが長かったようですね。

バンド名、なんて読むんでしょう。
ヒャデス?ハイアデス?ヤーデス?ヒアデス?
私は最初ハイアデスと読んでましたが、今ではヤーデスと読むようになりました。


このジャケット、非常に面白いです。
まず目に付くのは自由の女神、初めて見たときは自由の女神だなぁとしか思いませんでしたが、しかし良く見ると口をガムテープで塞がれてる。
自由を奪われてますね。

そして(不)自由の女神の左肩の少し左を見てください。
そうビンラディンです。
そしてその写真の二つ左にはあの9.11の事件のニュースが・・・
恐らくこの後ろの写真は全て、あのときのニュースのクリップでしょう。
収録曲には「September, 11」という曲があります。
なかなかアメリカ人が嫌いそうなところを突いてくる。


さて中身ですが、これが非常に良質なスラッシュ。
ジャキジャキな音のギターにスコンスコンと気持ちの良いスネア、ベキベキと鳴る力強いベース、荒く低い力のあるトーンとハイトーン気味なシャウトを使うボーカル。
私、このバンドは2nd→3rd→1stの順に聴きましたが、どれもすごく楽しめる!
その中でも1stは非常にアグレッシブで躍動的なイメージを受けます。

好きなトラックは、
#1、2、3、4、7、8、9、10

Top3は順に、


#3 Hyades
やはりバンド名を冠した曲、さすがの出来!
私的にバンド名を冠した曲にハズレはありません
スネアのフラム4連打から始まり、続けてすごくノれてしまう非常に気持ちの良いリフで始まり、まくしたてるようなボーカルから力強いコーラスと続く曲。
スラッシュってのはやっぱりスピードだけではないな、と思わされる曲です。
再生時間は3:33と、収録されたオリジナル曲では一番短いです。


#4 Liars
全曲中でも2番目に長い曲ですがそれを感じさせないほどに楽しめます。
やはりこれもノる系の曲。
パートによってボーカルを左右に振るなどしてあります、そこは楽器隊のコーラスでも良かったような・・・w


#1 No Man's Land
いきなり期待できるリフです。
これでいきなり心を掴まれました。
短いドラムソロを入れたり、一瞬の間を作ったりとなかなか巧みな曲です。
そしてサビでは一緒に「ノーマンズラーンド!」と叫びたくなること必至!


全体的に速いスラッシュではありません。
しかし、速くないので面白くない、なんてことは言わせません。
そんなアルバムです。
そう、ノリを大事にするタイプのバンドで、非常に私好みなのです。
のちの2nd、3rdとさらにその傾向が強くなりギターソロがない曲も出てきますが、このCDでは全編ソロありで特に楽しめるでしょう。
2nd、3rdはソロがなくてもしばらく気が付かないくらいに良いですが。

これからの動向が気になるバンドの一つです。

このアルバムはちょっとボーカルが浮いてる感があるのがちょっとネックですが・・・


評価 ★4+


動画はHyades
ちょっと音が悪いですが・・・





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。