We need another Metal (and beer)!

メタルCD、ヘッドホン、DTM、プラグインのブログ。オススメが多いです。
SoundCloud
プロフィール

やまちゃ

Author:やまちゃ
スラッシュメタル大好きっこ!
質問したい方はAsk.fmからどうぞ
[Ask.fm]

検索フォーム
カテゴリ別検索
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Twitter
ブログRSS

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

【アルバム】Jumalten Aika / Moonsorrow【レビュー】

Jumalten Aika


うーん久しぶりのアルバムレビュー!
ということで今回はフィンランドのヴァイキングメタルバンド、Moonsorrowの7thアルバム(2016年)です。
5曲収録。


相変わらずの曲数、そして長尺加減ですね。
5曲で67分、何故こんなに長い曲ばかり書けるのか、頭の中はどういうなっているのか。


まあまずはジャケットに行きましょう。
ジャケットはこれまでよりも断然ブラックメタル感の強いものになってますね。
いやあ、よくわからんけど白黒で書かれた木の断面図。
寒々しいアレ。


音は相変わらずすっっっごい荒々しい音で、でもそんなに圧力があるわけではない。
Moosorrowにしては全体的にテンポが速く、お?ちょっと雰囲気変えた?って思ってしまう部分もあった。

ギターのジャッキジャキ感すごい。
本当に吹き荒れる鋭利なギター音の嵐。
パワーコードのサスティンやトレモロリフが中心で本当にブラックメタル感高い。

ベースは音控えめ。
特別バッキバキでも、ジャリッと感があるわけでも、べらぼうに重いわけでもない。
時々メロディックなベースラインを聴かせる。

ドラムは淡々感がなかなか強い。
キックとスネアの組み合わせが特に。
しかし金物はタイミングの揺れがいしきしてなのか大きめな気がする。
更にタムはものすごくリバーブが深い。
そこにちょっとした独特な雰囲気。

ボーカルは暴力的なグロウルに、雄々しいコーラス。
この組み合わせが本当にかっこいい。
そして時々聴ける民族的な歌唱。

そして相変わらずのシンセ。
パッドのようでいて鋭い音のシンセが特に多用されるんだけど、この音がホントに癖になる。


各トラックのレートは、


#1 Jumalten Aika ★4
#2 Ruttolehto sis. Päivättömän Päivän Kansa ★5
#3 Suden Tunti ★4
#4 Mimisbrunn ★4
#5 Ihmisen Aika (Kumarrus Pimeyteen) ★4


Top3は、


#2 Ruttolehto sis. Päivättömän Päivän Kansa
このアルバムの中では一番テンポが速いんではないかな?
速ければ良いわけではない、というのがわかる曲ではあるんですが、最初の方のコーラスパートがすごいかっこいい。
んで全体的にそんなコーラスが散りばめられている。
中盤の笛とかのパートマジ、ッパない。
後半のメロディもなかなかのクサさ、激しさも最高潮。
曲の展開が良いです。
曲尺15:21。


#5 Ihmisen Aika (Kumarrus Pimeyteen)
緩急の落差が非常に大きい一曲。
怪しいメロディ、コーラスラインや、ブルータルなフレーズ、ブラックなフレーズが多く急が多い前半から、後半に入った瞬間の緩と急が織り交ざる展開。
しかしここまではまだまだフリで、だんだんと盛り上げていくような、まだまだ溜める展開のオンパレード。
最後の最後(12分くらい)でやっとMoonsorrow得意のゆったりで豪勢なシンセたっぷりクサクサメロディ、それをだんだんとパワーアップさせつつ更に上げていくパターンが最高。
曲尺16:01。


#4 Mimisbrunn
曲の展開が熱い。
というか、戻ってきたMoonsorrow節。
このゆっくりさ、このメロディセンス、緩と急の付け方。
そして緩のときのベースのラインのクサさ。
どれをとってもMoonsorrow。
曲尺15:56。


最初はテンポが速く、Moonsorrowがついに変わったか、、、と思ったらやっぱりいつものMoonsorrowでした。
クッサクサのメロディラインは若干抑えられつつある雰囲気はありましたが、それでも十分にクサいライン。
いつもより激しさを増した曲調は更に緩急を強調し、そしてグロウルとコーラスのコンビネーションを更に盛り上げる。
これはなかなかのものでした。


評価 ★4


動画はRuttolehto sis. Päivättömän Päivän Kansa




スポンサーサイト

【アルバム】Jomsviking / Amon Amarth【レビュー】

Jonsviking


スウェーデンの漢メタル、もといヴァイキング/メロディックデスメタルバンド、Amon Amarthの10thアルバム「Jomsviking」(2016年)です。
11曲収録。


来たぜAmon Amarth3年振りの新普!!!(* ゚ω゚ *)


まずはジャケット。
めっちゃヴァイキングやあ、これまでのジャケット以上にヴァイキング感強い。
なんたって神話の巨人や神ではなく、明らかにヴァイキングな人のジャケットなのだから。
First Killの人とは違うようだけどこの人実は神話で後の誰々、なんてことないよね?よね?


音はすっっっごいドッシリとしたベース、キック、そしてにタムを基調にした重低音サウンド。
そんな重低音圧殺感バリバリのアルバムですが意外と圧が強いようには感じない。
やっぱりメタルはこれくらいの音圧が主流になってくるのかな、と思う今日このごろ。


ギターはザラザラ感たっぷり激刻み。
基本的にポジション高めで刻んでいるしトレモロピッキングが多いのでそんなに重い感じはしないんだけど、実は#5の最初の方みたいに低いところで刻むとめちゃくちゃ重くて痛快な音がする。

ベースはゴリッと爽やか!ディストーション気味ベース!
非常に重く、そしてゴリゴリとした音が癖になる反面、粘りのような音が少なく爽やかにすら聴こえる。

ドラムはまず特筆すべきはタムの重みとパンチ力。
くっそかっこいい。
それに対してバスドラムは追随、スネアは控えめ。
金物めちゃくちゃ広いね、特にクラッシュがめっちゃ外側にあるように聴こえるし、こんな遠くに聴こえるように作っていいんだって思った。
キックの安定の踏みっぱなし最高。

ボーカルも安定のグロウルのみ、めっちゃ漢らしい。
で、時々咆哮のようにグオオオオオと唸りながら音程を上げていったりしてて、前よりバリエーションを増やしていっている印象。


各トラックのレートは、


#1 First Kill ★5
#2 Wanderer ★4
#3 On a Sea of Blood ★4
#4 One Against All ★5
#5 Raise Your Horns ★4
#6 The Way of Vikings ★5
#7 At Dawn's First Light ★4
#8 One Thousand Burning Arrows ★4
#9 Vengeance Is My Name ★5
#10 A Dream That Cannot Be (feat. Doro Pesch) ★4
#11 Back on Northern Shores ★4

うん、元祖ヘヴィメタル姐さんのドロ・ペッシュもいるよ!!!


Top3は、


#6 The Way of Vikings
ヴァイキングやあ・・・ヴァイキングの道が見える・・・
行進曲のようなギターの刻みがかっこ良すぎる!
そしてトレモロリフのリードを合わせるあたりがめっちゃAmon Amarth!
その刻みのキーは少ししか変えずに周りが変わっていく、それがヴァイキングの道か。
もうヴァイキング道って作ったらいいんじゃないかな、ヨハンさんチーム、ヨアキムさんチームみたいな(=゚ω゚)


#1 First Kill
イントロまじイントロ!オープニング感!
そこから静かなヴァースからの超ロングフィルイン最高です٩( 'ω' )و✧
そこから先は押し押し押しまくり。
サビ後のトレモロリフパート、そのパートのままボーカルインとか最高にAmon Amarthが凝縮されてる。


#9 Vengeance Is My Name
珍しいタイプ、非常にヘヴィメタル感たっぷりな曲。
Amon Amarth流ピュアヘヴィメタル的な。
でもAmon Amarth流なメロデス的メロディックさも忘れない。
途中に剣を抜く?音ががいい感じのアクセント。


最初に#1 First KillのPVが公開されたのを見てめちゃくちゃ期待した反面、実は最初の方はあまり燃えなかったのですが、中盤のトレモロリフパートがかっこよすぎて一気にテンション上がりました。
それからもう一度聴いてみると超ロングフィルイン最高やんけ!となりました。
アルバム全体としても結構似ていて、最初にパッと聴いた時はそうでもなかったのですが、何度も聴いてるとめちゃくちゃかっこよくなってくるスルメタイプでした。
いやあ、やっぱりAmon Amarthは良い!


評価 ★4+


動画はThe Way of Vikings




【アルバム】All For Rum & Rum For All / Lagerstein【レビュー】

All For Rum & Rum For All


まず最初に言っておきましょう。

Alestormフォロワー!


ということで、オーストラリアのフォーク/パイレーツメタルバンド、Lagersteinの2ndアルバム「All For Rum & Rum For All」(2016年)です。
10曲収録。


ジャケットは楽し気な海賊って感じですよね。
タイトルを見てもジャケットを見てもラム酒だらけで、本当に海賊推しまくり、もしかしてラム酒が好きなだけ?
若干の安っぽさが残ってたりしてコミカルな感じ。


サウンドはAlestormフォロワーなだけあってシンフォニック系な音を中心に使い、アコーディオンもフィーチャーしてる曲が多かったり、ヴァイオリンも結構多かったり・・・だいぶAlestormです。

ギターは向こうほどの重さは無いけど鋭い感じの音がする(=゚ω゚)
これどっちかと言うとスラッシュメタル的な鋭さのある音だ。
結構トレモロリフも使うという。

ベースは(比較的)柔らかい雰囲気でバキッとはしてないけどひっそり下から支えるようなタイプ。
メタルには少なそうなタイプのベースと思いますが、しっかりと重さを出しているのでこれもいいですよね。

ドラムはそんなにブッ叩きまくるって感じではない。
イメージ的に軽快、ノリノリ、踊りだしそうなドラミングが多いです。
音が全体的に他の楽器に押されているような、そんな聴こえ方をします。
個人的にはもっとドラムが前に出てるほうが好み。

ボーカルはきっちり、しかし勇壮な雰囲気を出しつつ歌うタイプ。
テクニックがあるタイプではないですし、飛び抜けて上手いわけでもなさそう。
コーラスが力強くていいし、途中で入るセリフみたいなのも強い、強い。

その他楽器はいっぱい。
ガチャガチャしてるタイプ。


各トラックのレートは、


#1 Raise Your Steins ★4
#2 Tales Of The Fallen Ales ★5
#3 Drink The Rum ★5
#4 Sail Ho! ★5
#5 Jungle Juice ★5
#6 German Fun Times ★4
#7 Down The Hatch ★4
#8 Shiver Me Timbers ★4
#9 Land Of Bundy ★5
#10 Fountain Of Rum ★4


Top3は、


#9 Land Of Bundy
熱い、くっそ熱い
パイレーツメタルとしての熱さを見せつける1曲、スピードナンバー。
イントロのかっこよいブラスも、ガリッガリに刻みまくるリフも、ドラムとベースの絡みによる煽りも、ボーカルとコーラスの力強さ(ボーカルのほうがちょっと弱い)も、ツインギターでトレモロリフによるメロディも、どれもが熱くてクサくて最高です。
まさかこんな曲を#9に持ってくるとは、そういうの好きです。


#3 Drink The Rum
クッソ軽快。
これこそ完全に踊りだすアレ、ジャケットの上のほうの女海賊がスカートブンブンしながら踊りだす系のアレ。
(AlestormのDrinkみたいに)
こっちは車のエンジンのスタート音が入ってたり、ヨッホホイヤッハハ!をやたら推しまくるコミカルさ。
最後にゴング鳴るし、そこから次の曲へ繋ぐという。


#4 Sail Ho!
#3から繋がれました。
あんだけノリノリフリフリヨッホホイヤッハハだったのが、いきなりの戦闘モード。
帆を上げろー!声を上げろー!ってな具合に。(Sailと帆(Ho!)をかけてるわけじゃないよね?Say Ho!とかけてるんだよね?)
これも非常に熱いし若干のコミカル感はあるし、良き。


若干の粗削り感がありますが、だいぶパイレーツメタル、酒メタルしてます。
全体的にノリの良い曲が多く、ちょっとゆったり目?と思っても後半で化けたりとなかなか面白い構成も多い。
結構2トラック続けてってのが多かったりします。
このアルバムでこのバンドを初めて知りましたが、1stも気になってきました。
そんなAlestorm風な感じではありますが、意外と自分たちのバンドの要素が出ているのでは。
Alestormの新譜が待ち遠しい!Gloryhammerもいいけどやっぱりパイレーツ!って方に特にオススメします。


評価 ★4+


動画はLand Of Bundy






アマゾンへのリンク貼っといてアレだけど、PayPalアカウントを持ってるならBand Campで買ったほうが良いです。

【アルバム】Månegarm / Månegarm【レビュー】

Månegarm


スウェーデンのヴァイキングメタルバンド、Månegarmの8thアルバム「Månegarm」(2015年)です。
12曲収録、うち2曲ボーナストラック。


ジャケは中世の火山地帯での合戦のような感じ。
ホントは川だけど赤を基調にしたいから川を赤くしてたりして。

月にでっかいオオカミの顔があるのはなんでだろうね。

バンドロゴではなく下のアルバムタイトルのほうのMånegarmの字がメガデスっぽいです。


音はどれもが分厚い。
武骨、愚直なほどにストレートで力強い。

ギターは刻まない、パワーコードでメタリックにジャガジャガとかき鳴らすスタイル。
しかし、そんなメタルギターの中にアコースティックギターを混ぜて来たりと意外な手法も。
また、アコギの弾き語り的曲も。

ベースはそれほど重くはないんだけど、低域と高域のアタックの音の主張が強いタイプで聴こえやすい。
こちらも武骨でかっこよい。

ドラムは無理はしない。
キックを8分や8分3連府でひたすら踏みつけているイメージです、フィルインも特別激しくすることもなく落ち着いたドラミング。
激しさよりも継続するかっこよさを表した感じ。

ボーカルはグロウルにも近いドスの効いた声、完全にグロウル、そしてノンビブラートのドストレートなクリーン風(風というのが大事)を織り交ぜるタイプ。
めちゃくちゃ力強い、屈強な男、いや漢って感じ。
曲によっては女性のボーカルも入ってます、メインで。

他の楽器に口琴や笛、ヴァイオリンも使われています。
これらのおかげでフォーク/ペイガン/ヴァイキングメタル感を増幅させていますね。
なかったら激しいメタルとしか思わないかもしれない。


各トラックのレートは、


#1 Blodörn ★5
#2 Tagen av daga ★5
#3 Odin owns ye all ★5
#4 Blot ★5
#5 Vigverk - del II ★5
#6 Call of the runes ★5
#7 Kraft ★5
#8 Bärsärkarna från Svitjod ★4
#9 Nattramn ★4
#10 Allfader ★4
#11 Månljus ★4
#12 Mother Earth Father Thunder ★4


Top3はちょっと決め辛いですね。。。


#1 Blodörn
アコースティックギター、ヴァイオリンによる物悲しい雰囲気のイントロです、がこのフレーズが歪んだギターに変わるとそれはそれはかっこよいものに早変わり!
めちゃくちゃ武骨でゴリゴリの音がまたさらにかっこいい。
それからサビ部分はクリーン?ボーカルになるが、これがまたドストレートで良い味になってるんですよ。
そんでベースがね、すっっっごいかっこいいラインしてるんですよ。
なんでベースをこんなに聴こえやすい音にしたのかが最初のトラックからわかります。
疾走しない、ミドルテンポ、もしかしたらスローテンポに入るかもしれない、そんな曲のかっこよさです。


#2 Tagen av daga
一方こっちは#1からの対比で疾走してるかのように聴こえる。
メロディックなイントロから始まって力強いアンサンブルに力強いボーカル。
オーーオーーオーーーコーラスが出てまた最高です。
中盤の笛とアコースティックギターのパートも抜かりない。
ヴァイオリンソロまである。


#3 Odin owns ye all
さらに疾走来たわあ。
3連符中心の曲では珍しくギターをブリッジミュートで刻みまくる。
どれだけ力強いパートでもそのメロディックかつクサく、究極とも言えるほどの展開があまりのかっこよさに震えてしまう。
ギターソロでのツインリードもマジっパない。
オーーオーーパートまであって、これはもうこういう曲のかっこいいところを全て注ぎ込んだような曲。


#4 Blot
これまでの流れから一転、ドストレートバラード。
メタルバンドにバラードって珍しいですね。
一番有名なのはやっぱりメタリカですかね、メタルにバラード系の曲を持ち込んだ最初のバンドとも言われてますし。
アコギとヴァイオリンのコンビネーションが最高です。


#7 Kraft
ちょっと連続しすぎたので少し飛ばして・・・
溜める溜める、溜めまくる。
最初から力強いことには変わりありませんが、ゆったりとしていて、何と言ったらいいのかなかなかスカッとする音へ移行しない。
でもリードのアコースティックギターはクサクサメロディ。
一瞬音を抜くなど煽りますが、まだまだ溜める。
しかし、最後の最後でぶちかましてきます、およそ5分待ちます。
リードのテンポは変わらず、ギター、ベース、ドラムがダブルテンポになるだけなんですが、これがかっこよすぎる、悶絶級。


はあああああ勢いで5曲出しちゃったよ。
とにかくめちゃくちゃかっこいい。
武骨さ、力強さ、男らしさ、漢クサさどれも最高レベルの逸品です。
思ったよりも静かな曲も多いですが、それも全く問題ないくらいに良い出来ですし、その静かさが良いアクセントを作ってアルバムとしての流れを作っています。
★4のものでも、★4+としたいくらいのレベルのものばかりです。
ボーナストラックはいらないのではないか、というのはスレイヤーのReign in Blood以来です。


評価 ★5+


動画はOdin owns ye all



【アルバム】Beer Metal / Hor Zapor【レビュー】

Beer Metal


ロシアのスラッシュ、フォークメタルバンド、Hor Zaporの2ndアルバム「Beer Metal」(2015年)です。
13曲収録、内2曲ボーナストラック、1曲シークレットトラック。


ジャケットは美人のねーちゃんがビール運んできてくれるあれ。
地元密着型の常連がたくさん居そうな雰囲気です、たぶん。

Beer Metalというタイトルから如何にも酒好きという雰囲気がプンプンです。


全体的にまとまりの良い音。
ボーカル、ギター、ベース、ドラム、にアコーディオンという、ロシアンフォークメタルでは特に多くみられる構成。
すっごい良い音ってわけでもないけど、ポイントを押さえてると思う。

ギターはちょっとスラッシュメタル気味なジャリッとした音で私的には大当たり。
迫力があって気持ちいい。

ベースはアタック強めで結構ゴリゴリに押してくる。
でもそれほど重くはない。

ドラムは結構ドライ。
すっきりした音でくどくなくてよい。

ボーカルはドスを効かせたようなロシア語と、ちょっとハイトーン気味の荒めな歌い方の2種類。
一応ボーカルは1人ギターボーカルのようですが、2人で歌ってる?

そしてキーポイントのアコーディオン。
初め、私は打ち込みと思ってました。
それくらいに音が揃ってて正確、そしてしまいにはギターソロでやるようなフレーズまで軽々とやっている雰囲気。
しかしちゃんとしたアコーディオン担当がいました。
それにしてもホントにアコーディオンめちゃくちゃ推されてる。


各トラックのレートは、


#1 Kabachok v Lesu ★5
#2 Ideal'noe Pivo ★5
#3 Ohotnichya Pesnya ★5
#4 Ya Prosnulsya s Utra ★4
#5 Volshebnaya Kruzhka ★5
#6 Pan Taras ★5
#7 Zimnyaya Pyanka ★4
#8 25 Bochonkov Piva ★3
#9 Ledovoe Poboishche ★4
#10 Odin Den' Bez ★4
#11 Dnyuha u Kolyana (ボーナストラック) ★5
#12 Vasin Yubiley (ボーナストラック) ★4
#13 Pivnoy Perdezh (シークレットトラック) ★4


Top3は、


#2 Ideal'noe Pivo
くっさいフレーズからの始まりやーーー!!!
こういうの大好きです。
そしてギターソロ風アコーディオンフレーズ。
テンポよく、というかアゲていく感じのスピード感とノリの良いギターリフとアコーディオンリフがいい。


#11 Dnyuha u Kolyana
デスメタルみたいな激しい入りからまさかのノリノリフレーズ。
そこからむさ苦しいまでに男男なライライコーラス、ライライラーイ。
なんかいろんなタイプのメタルを取り込んでそうなくらい、リフが色々と出てくる。
クリーンパートやらクラシカルフレーズまで出てくる始末、やれること詰め込んだ雰囲気があります。


#6 Pan Taras
ノリノリソング。
Pan Tarasってなんでしょ?翻訳サイトに入れてもパンタラスとしか出てこない。
もしかしてバーの名前とか?
なんかそんな雰囲気のある曲ですね。


うーん、酒フォークメタルすなあ。
ヨイヨイライライヘイヘイホー!感ある。
テンポ速めでノリが良くてアコーディオンピロピロで、意外な良盤と思います。


評価 ★4+


動画はPan Taras



現在のところ、バンドキャンプでしか手に入らないっぽいのかな?
どこで検索してもバンドキャンプ以外出てきませんでした。
Hor Zaporのバンドキャンプページ

Blood Sacrifice Shaman / Tengger Cavalry(铁骑)

Blood Sacrifice Shaman


内モンゴル自治区(中国)のフォークメタル/インストメタルバンド、Tengger Cavalryの7st?アルバム「Blood Sacrifice Shaman」(2015年)です。
11曲収録、内2曲ボーナストラック。


珍しいバンドを見つけました。
上記のように内モンゴル自治区のバンドで、インストのメタルが中心のバンドです。
どうやらこのアルバムは2010年に一度発売されていますが、今年再録したようです。


中国語表記で「铁骑(鉄騎)」だそうなんですが、ジャケットはまさしく鉄騎の頭。
なにやらシャーマニズムがあーだこーだとのことですが、そういうのに用いられそうな記号もいっぱい。
真っ黒だぜえ。


ジャリッジャリでスラッシュな気のある音のギターの刻みがまた秀逸。
ときにはブラックメタルとも取れるような鋭い音。
ブラックメタルなフレーズも多い。

ベースはかなりのへヴィ級、重量感。
アタック感は少ないけど、それがまた暗さを加速させる。

ドラムは金物がかなり広がって、しかもハッキリとした定位分けをしてある。
かなり広く聴こえる。
スネア、バスドラムはそれほど強くはない、かな。

ボーカルはないと言っても過言ではありません。
その代わりメインメロディが二胡だったりホーミーのコーラスだったり古箏?だったりします。


各トラックのレートは、

#1 Соёмбо (Hymn of The Mongolian Totem) ★3
#2 Tengger Cavalry ★5
#3 Horseman ★5
#4 Rootless ★3
#5 The Wolf Ritual ★4
#6 The Native ★4
#7 Blood Sacrifice Shaman ★3
#8 Hero ★5
#9 Spirits ★4
#10 [Bonus] Tengger Cavalry (2009) ★4
#11 [Bonus] Blood Sacrifice Shaman (2009) ★3


Top3は、


#2 Tengger Cavalry
こいつはかっこいい。
全体的にほぼ一定で単調なリフなのですが、スピード感に適度な重量感があって聴きやすい。
そしてメインメロディの二胡や古箏がすごいカッコいい。
ホーミーのコーラスにときどきうっすらと咆哮が聞こえたりもします。
あまり目立ちませんが、ドラムがかなりドッコドコです。


#8 Hero
太鼓かっこいい。
ホーミー+太鼓+メタルギター=正義、と言うことでしょうか。
最初のうちはギターのオルタネイトピッキングのテンポ感が良く、そこから急に加速感があるリフ、ドラミングに変わるところもかっこええ。


#3 Horseman
イントロの音が謎。
荒い印象の曲で、ギターはガリッガリにかき鳴らしドラムは打ちまくる。
そこから静かなフレーズに入ったり、ノリがよくなったりと展開が豊富。


いいやん。
こういうインスト中心のも好きですが、このバンドは特に他ではあまり使われない楽器が多く聴いていて楽しいです。
二胡を使うバンドと言えば台湾のChthonicがありますが、このバンドで二胡使いバンドは2つめ。
フォークメタル、正確にはモンゴリアンフォークメタルとジャンル分けされていますが、あまりフォークといったイメージではなくこのバンド独自のもの、もしくはペイガンメタルに近いものなのかなと思います。


評価 ★4


動画はTengger Cavalry




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。