We need another Metal (and beer)!

メタルCD、ヘッドホン、DTM、プラグインのブログ。オススメが多いです。
SoundCloud
プロフィール

やまちゃ

Author:やまちゃ
スラッシュメタル大好きっこ!
質問したい方はAsk.fmからどうぞ
[Ask.fm]

検索フォーム
カテゴリ別検索
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Twitter
ブログRSS

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

【アルバム】怪談 そして死とエロス / 人間椅子【レビュー】

怪談 そして死とエロス


日本のハードロック?ドゥームメタル?スラッシュメタル?プログレッシブメタル?な、というか私の中では「人間椅子」というジャンル分けをしているメタルバンド、人間椅子の19th?アルバム、ベストアルバム合わせると23枚目のアルバム「怪談 そして死とエロス」(2016年)です。
12曲収録。


どうも、すっごい久しぶりなアルバムレビューな気がします。

ということで人間椅子の今年のアルバムなわけですが・・・やはりすごいペースですよね。
ベストアルバム合わせて23枚目、しかもベストアルバムにも新曲を混ぜたり、再録したりなど、過去のものを持ってきただけではないという。
恐ろしいペースです。


ではまずジャケット。
心霊写真でよくハウスダストだろって言われているオーブが大量発生した、森の中の廃屋前での集合写真的な。
3人とも衣装が似てて非なるもので面白いですよね。
和尚の格好に死化粧、純和装、そして浪人のようでサングラスのイカツさが効いているという、なんとも言い難い棲み分け。
あ・・・後ろに人の影(嘘です)


サウンドは全体的にジャリッと感が増しています。
音そのものは前作の延長線上にあると思いますが、ちょっと重心が上がった印象。
曲そのものは全体的にドゥーミーなおどろおどろしい展開が少なめ。
インタビューでも、今こそ新しい風が、もっとアピールの出来る聴きやすいものが必要だと思っていた、みたいなのを見た気がします。

ギターは粘りがあるのにある瞬間からすごく歯切れのよい音が印象的。
それにジャリッとした音が特徴的です。
ギターソロでは三味線のような流れの奏法を出したりと、すごくかっこよい。
前作よりも音が軽めになった印象があります。

ベースがすっごい重い。
この重さは相変わらずで、ギターが少し軽くなった印象にも関わらず曲全体としてはすごく重いのは明らかにこのベースのおかげ。
硬質なアタック感と柔らかく下を埋め尽くす重さがめちゃくちゃ癖になる。

ドラムは安定感がすごい。
キックもスネアもタムも金物もしつこさがなくキレが強い。
その分キックのアタックがなかなか強い。
しかしそのわりにはリバーブが深い、タムが特に。
歯切れは良いが味が濃い。

ボーカルはメンバー3人とも歌うため色々なんですが・・・
それぞれがすごく特徴的な歌い方。
ベースボーカルの鈴木さんは、捻りと力を加えたお経にメロディを付けたように。
ギターボーカルの和嶋さんは、落語を歌うかのごとく飄々しかし語りかけるように。
ドラムボーカルのナカジマさんは、ストレート。


各トラックのレートは、

#1 恐怖の大王 ★5
#2 芳一受難 ★4
#3 菊花の数え唄 ★5
#4 狼の黄昏 ★4
#5 眠り男 ★4
#6 黄泉がえりの街 ★5
#7 雪女 ★5
#8 三途の川 ★5
#9 泥の雨 ★4
#10 超能力があったなら ★4
#11 地獄の球宴 ★4
#12 マダム・エドワルダ ★4


Top3は

#1 恐怖の大王
やっぱり#1のイントロのインパクトというのは大事です。
いきなりキャッチーで爆発的なフレーズから、繰り返しのフレーズになると思いきや1回目でいきなり静に突入するという。
最初のこの部分だけでいきなりアルバムの流れを作ってしまったようなフレーズ。
そしてまたギターソロはマジっぱない、人間椅子得意のギターソロで体感速度が上がってかっこよくなるあれ。
歌詞も「恐怖の大王 永久に幸あれ、恐怖の大王 永久に栄えあれ」ですよ、どうしたらこんな歌詞が出てくるんですか。


#8 三途の川
三途の川についての曲は2つ目ですかね?前は賽の河原。
ギターソロ大好きな方必聴。
すんごいです、タメを効かせつつも弾き倒しまくりからの更にタメを効かせたフレーズのロングギターソロ。
全体的にゆっくりで落ち着いたリフが多いですが、最後に急展開めちゃくちゃかっこいい。


#3 菊花の数え唄
数え唄が見事にメタルに。
中盤から3連符中心のフレーズに移行するところがまためちゃくちゃかっこいい。
メタルに三味線の音を入れるにはこうなのか、なんて最後に思っちゃったりします。


今回も安定のクオリティ。
今作ではもっと色んな人にアピールしたいみたいなことを言われても、どうにも出てきまくる人間椅子節。
今回は全体的にローテンポが少なく緩急の落差が少なめと言うのがそういうことかなと思いましたが、やはりいつもの調子は薄れていない。
一撃のすごさは前作に譲りますが、前作と負けない良盤だと思います。


評価 ★4+


動画は恐怖の大王




スポンサーサイト

【アルバム】The Last Stand / Sabaton【レビュー】

The Last Stand


さあばあああとおおおおおおおおおおおおおおおんんンンンッッ!!!!!


ってことで、
スウェーデンのメロディックパワー・メタルバンド、Sabatonの8thアルバム「The Last Stand」(2016年)です。
13曲収録、うち2曲ボーナストラック。


いやあ、最初にテンションが上ってしまいました。
なんたってね・・・前作のときはなぜか知らないけどSabatonとMastdonが頭の中lで混ざってて・・・Mastdonって何故か苦手なんですよね・・・
で、先にMastdonを試聴しちゃってね・・・


なぜSabatonを買わなかった


ってなったわけです。
買ったら案の定ドハマリ٩( 'ω' )و✧


ってことでジャケットへ。
これまでのSabatonといえば軍艦、戦車、戦艦、空中戦艦・・・
要は鉄砲を持った軍隊ってイメージがありました。
しかし今回のジャケットは銃を持った兵士が一番前ですが、武士にスパルタの闘士、ヴァルキリーみたいなのがいます。
まあね、Sabatonって時々ペイガンメタルって紹介されることもあるからねー。


サウンドは本当に熱い熱い漢臭さの強い漢メタル。
バンドサウンドにシンセを用いて、曲によってはオルガンがあったりと、基本的にキーボードを混ぜた編成。

ギターはもうね、普遍的なカッチリパワーメタルサウンド。
6弦のレギュラーチューニングというこれまた漢らしい、しかしそれなのに重く感じる。
全体的にポジション高めな音なのに。

ベースは全体的に隠れ気味ではあるんですが、しっかりと下を支えるド低音。
意外にも固めな音で、それなのにかなりドッシリとしている。

ドラムは全体的に軽めな印象。
しかしウェットで濃い。
スネアは軽そうだけどしかし中身が詰まった音、キックはアタック感の強いがしかし重すぎないキレのある音。
なかなか聴けないけどタムはかなり重くて破壊力抜群。
金物はかなり広く左右に振るんだね、今のトレンド?

ボーカルはもうね、漢らしすぎて惚れるw
ハイトーンもグロウルも使わない、どストレートで力強く時々巻き舌を駆使する独特なテクニシャン系ボーカル。
中低域のコシの強い印象のボーカル最高。

そしてサビで絡むコーラスも漢らしすぎてヤバイ。

シンセはまあいろいろっす、うんいろいろ。
けどかなりの頻度で使われており、今は使われてないはず・・・ってときでもうっすら入ってたりします。
シンセじゃなくてバグパイプが入ってたりオルガンになったりもします。


各トラックのレートは、


#1 Sparta ★4
#2 Last Dying Breath ★5
#3 Blood of Bannockburn ★5
#4 Diary of an Unknown Soldier ★3
#5 The Lost Battalion ★4
#6 Rorke's Drift ★4
#7 The Last Stand ★4
#8 Hill 3234 ★4
#9 Shiroyama ★5
#10 Winged Hussars ★5
#11 The Last Battle ★5
#12 Camouflage ★5
#13 All Guns Blazing ★5


Top3は、


#2 Last Dying Breath
イントロとかクッッッッソかっけえ!!!
これは熱すぎますね、いきなりオーバーヒート気味になるアレ。
Sabatonの曲をいくつかをイントロから最初のサビ終わりまで耳コピしましたが、曲構成がホントに勉強になる。
これも聴いててホントに良く出来てるなあああああって思います。
一撃のあるリフに、シンセのバッキングが抜かり無いし、合いの手的に入れるシンセやリードギターがツボを抑えまくってる。
最後のコーラスによる対旋律?もすごく良い。
ホントにすごい。


#9 Shiroyama
サムウルァイッ!!!
これはサビのメロディとコーラスとシンセのコンビネーションがかっこよすぎる。
テンポもめちゃくちゃ上がる絶妙な加減。





#3 Blood of Bannockburn
バグパイプ&オルガン曲。
この曲はイングランド対スコットランドのバノックバーンの戦いが題材の曲だそうです。
スコットランド=ハイランドバグパイプは分かるんですが、オルガン・・・?
この歪ませたオルガンの音はDeep Purpleを思い起こさせるよなあ、イギリス出身・・・
まさかあ。
全体的にすごく軽快。


全体的に完成度がすごい、マジですごい。
前作もかなりかっこよくて完成度高くて好きですが、それを上回る完成度を出してきてると思います。
今回のアルバムは特に世界各国の歴史上の戦争を題材としたコンセプトアルバムだそうなんです。
こいつはヤバイです、絶対買っといたほうが良い。
最後にJudas PriestのAll Guns Blazingのカバーを持ってくるのも良いですね。
これハルフォードも参加してるの?


評価 ★5


動画はShiroyama

【アルバム】SHADOW OF THE ELDER TITANS / Dragonlance【レビュー】

SHADOW OF THE ELDER TITANS


今年最後の記事になります。

今回は日本のシンフォニックメタルバンド、Dragonlanceの2ndアルバム「SHADOW OF THE ELDER TITANS」(2016年)です。
13曲収録、うち5曲がオーケストラのインスト曲。


ここ数作をレビューさせていただいているDragonlanceの及川さんからまたしても新譜の連絡をもらいました。
今回も٩( 'ω' )و✧でレビューを引き受けました٩( 'ω' )و✧


まずはジャケット。
前回アルバムと同様、もしくはそれ以上に、むちゃくちゃカッコいいやあん・・・
アーチャーがメインの3人の戦士と巨大なモンスターの戦い。
これはメタラーならジャケ買い必死ですわぁ。


サウンドは、前作よりもハイが強めで明瞭。
耳を惹くのがギターの弾き倒しっぷり、そして高域が多く時にはハイトーンかとまで思えるボーカル。
ベース、ドラムは全体的に控えめな印象。
今回もシンフォニック系なオーケストラ楽器がガツンと出ています。


各トラックのレートは、


#1 PROLOGUE -Twilight Of The Gods- ★3
#2 EYES OF THE CHRIST ★4
#3 THIRST FOR REVENGE ★5
#4 -Abyss Gate- ★3
#5 HOLY BLOOD ★5
#6 FIRE STONE ★3
#7 The Tower Of High Sorcery ★4
#8 MASTER OF LANCE ★4
#9 RISE OF EDEN ★5
#10 Liberator Of Oath ★4
#11 RETURNING OF THE KING ★4
#12 KNIGHT THE WANDERER ★4
#13 The Elder Scrolls ★4


Top3は、


#3 THIRST FOR REVENGE
初っ端からスピード感溢れる爆走曲。
イントロの高速な刻みと、リードギターの弾き倒し具合がすごい。
またボーカル、リズムギター、リードギターの絡みが複雑だが上手く絡んでいて綺麗。
ソロではオーケストラ楽器とも上手く絡んでいる。
後半のソロ後のリードギターとハイトーンなボーカルの絡みでの繋ぎが最高が良い!


#5 HOLY BLOOD
チャーチオルガン!(* ゚ω゚ *)
ってなるよね、このイントロ。
王道で、刻みまくりで、起承転結がはっきりしていてわかりやすい曲で、それだけあって聴きやすい。
メロディがだいぶクサい(褒め言葉)


#9 RISE OF EDEN
迫力あるイントロが印象的。
この曲はで珍しく全体的にボーカルの重心が低め。
しかしこういう重心の曲も上手く歌いこなすところはさすが。
曲構成の面でも、サビのど真ん中にテンポチェンジをブっこんでくるという大胆さだがこれが良いアクセントになっている。
これもだいぶクサい。


やはりこのバンドの強みは曲構成の巧みさ、複数のリードの絡め方の上手さにあるなと思います。
それはアルバム構成からもわかる通り、メインの部分はかなり脂の乗った曲が多いがそれに対しオーケストラインストを入れることでバランスを調節されているところからも感じ取れます。

それにしてもこのアルバム、音圧すごくないですかね。
これは完全に私の中の作る側の視点なのですが、ここ最近聴いた中でも別格レベルに音圧が高い(測ってはいないですが)。
このアルバム以外に聴いてて特に音圧が高いと思ったのは(同じく測ってないですが)OverkillのWhite Devil Armoryですが、このアルバムはそれを超えてくるレベル。
それもOverkillがスタンダードなバンド形態なスラッシュメタルに対し、こちらはオーケストラ楽器含むシンフォニックメタル。
ちょっとした衝撃でした。

今作も過去作から曲を収録されているが、多くのボーカル、ギター、リードギターの再レコーディング、そしてすべてのギターのリアンプとかなり気合の入り様。
過去作を既に持っている方でも楽しめる内容かと思います。

ちなみに、冒頭でも書いたように(2016年)発売です、正確には2016年2月24日とのこと。
未発売のものをレビューするのって確か初めてなんじゃ、しかも翌年のウヘヘ
と書きたかったのでなんとか2015年中に書き上げました٩( 'ω' )و✧


評価 ★4+


動画は本アルバムのトレーラー

【アルバム】Symphony for a Hopeless God / Whyzdom【レビュー】

Symphony for a Hopeless God


フランスの超本格的なシンフォニックメタルバンド、Whyzdomの3rdアルバム「Symphony for a Hopeless God」(2015年)です。
11曲収録。


マジ本格的にシンフォニック!
特にブラス系を上手く使ってる感。


ジャケット、なんかインギー感ありません?インギーがギター持って伸脚みたいな体勢してて炎がブワアってなってるやつとか、ギター持ってドラゴンに挑んでるやつとか。
なんか雰囲気わかりません?


音は全体的にすっごく重心が低い。
ギターも重い、ドラム特にキックも重い、ベースはあほみたいに重い。

ボーカル上手すなあ。
けどそれよりもコーラスの迫力がすごい。

あとオーケストラ系の楽器がなかなか無いレベルの本格さ。
こんなのどうやって作るんだろうか。


各トラックのレートは、


#1 While the Witches Burn ★4
#2 Tears of a Hopeless God ★4
#3 Let's Play with Fire ★4
#4 Eve's Last Daughter ★5
#5 Don't Try to Blind Me ★3
#6 The Mask ★4
#7 Asylum of Eden ★3
#8 Waking up the Titans ★3
#9 Theory of Life ★3
#10 Where Are the Angels ★3
#11 Pandora's Tears ★4

Top3は、


#4 Eve's Last Daughter
ボーカルが全部出し切ってる感じ。
ブラスの使い方とかが好きで、すごく参考にしようと思います。
いやあそれにしても壮大。
何人でコーラス作ってるんだろ、これすごい。


#6 The Mask
ちょっとばっかりノリノリなイントロが好き。
こっちはストリングス系が参考になる。
クラリネット?、それの動きもかっこよいわあ。
ベースソロもいいなあ、こういうのかっこいい。


#3 Let's Play with Fire
この鬼気迫る感じすごい。
マジでどうやってこんな構成作ってるのか、コーラスは一体どれだけの人を使ってるのか。
それにしてもこれのギターの刻みはなかなか気持ち良い。


正直、曲の構成とか、あと奏者のレベルとか、その辺がたっかい高い。
めっちゃ参考にしたいところです、最近DTM用のオーケストラ系総合音源買ったし。

しかし、参考にしたい、上手い、というのと曲自体が楽しいか、というのは別だと思いました。
すげえー、すげえー、ばっかりで楽しくなる部分は少なかったです。


評価 ★3


動画はTears of a Hopeless God



【アルバム】Unholy Savior / Battle Beast【レビュー】

Unholy Savior


久しぶりのアルバムレビュー!
そして今年一発目!

一発目は前作が好評だったフィンランドの正統派ヘヴィメタルバンド、Battle Beastの2ndアルバム「Unholy Savior」(2015年)です。
13曲収録、内2曲日本版ボーナストラック。


ジャケットはライオンハートです、うんライオンハート。
#1のタイトルにもなっているライオンハート、もう某ス○ップではなくBattle Beastになっちゃいますね!
美女と野獣的なジャケットでもあるよね!


サウンドはモダンで正統派なへヴィメタルって感じの音なのですが、前作よりもシンセが減っている印象。
しかし全く違和感無くこっそりと入っているだけです。
相変わらずダンサブルナ曲は多いですね。
正統派にダンサブル、それが今やBattle Beast節とも言えるのかもしれません。

厳つい音でキレ良くブリッブリに鳴るギター。
ベースもブリブリビンビコ鳴ってますな!
ドラムは全体的に跳ね具合の強い音で、タムが特に特徴的。
90年代Jpopに使われていたシンセタムを混ぜたような音、まあシンセもなんだけどね。

ボーカルはそう、あのパワーねえちゃんです。
ハイトーンもグロウルも、そして普通に歌っても上手い何でもござれねえちゃん!


各トラックのレートは、

#1 Lionheart ★4
#2 Unholy Savior ★4
#3 I Want the World... And Everything in It ★5
#4 Madness ★4
#5 Sea Of Dreams ★4
#6 Speed And Danger ★5
#7 Touch In The Night ★4
#8 The Black Swordsman ★4
#9 Hero's Quest ★5
#10 Far Far Away ★5
#11 Angel Cry ★4
#12 Push It To The Limit(Paul Engemannカバー) ★4
#13 Wild Child(W.A.S.Pカバー ★4


Top3は、

#3 I Want the World... And Everything in It
今作ダンサブル曲その1。
このノリの良い調子のサビにあのグロウルもってくるのは反則的。
ドラムもフィルインがところどころすごいことになってる。
男の声のコーラスもかっこいいね!
この曲には引き倒しまくりギターソロ、シンセソロ、ツインギターありの盛りだくさん。


#10 Far Far Away
これはVerseがダンサブルな仕上がり。
このイントロの加速感。
シンセは多めに使っているが、このピュアで正統なへヴィメタルと言った雰囲気の曲作りが好感。


#9 Hero's Quest
これはインスト、ボーカルは一切ありません。
全体的に明るめでシンセにメロディを譲ったような印象。
とてつもなくクサい、Equilibriumもびっくりのクサさ。
ボーカルだけではないということ。


今作もなかなかの出来。
前作のLet It Roerほどの一撃は無いが、上記3つの曲はなかなかの威力があります。
やはりこのバンドはアツい!
そしてこのバンドには、とりあえずLet It Roerが聴きたくなるという魔力がありますね!


評価 ★4


動画はI Want the World... And Everything in It


【アルバム】Return Of The Reaper / Grave Digger【レビュー】

Return Of The Reaper


今回はドイツのベテランヘヴィメタルバンド、Grave Diggerの17thアルバム「Return Of The Reaper」(2014年)です。
12曲収録。


実は初Grave Diggerなのですよ!
実はDimmu Borgirと混同してたのですよ!(笑)


タイトルが返ってきた死神だそうで、ジャケットがまんまです。
シニガミさん、馬に乗って超特急で帰ってきましたーヽ(・∀・)人(・∀・)ノワーイみたいな
Artilleryと被るよね!


音は、ヘヴィだぜ~、ワイルドだろ~?あ~ん?みたいな(テキトー過ぎ)
結構高域を抑えられて、ギターは中域大事にしてる感じ?
聴きやすい音になってると思う。

ギターは上記の通り中域が(意外と)強い。
メロディやロングトーンを刻むとすごく気持ちの良いタイプ。
しかしそんな中に突如出てくるブリッジミュートの刻みとハーモニクスがすごくかっこいい。

ベースは控えめだねえ。
かなり淡々としたイメージ。
しかし#12のようにときどきすごい動くんだから聴き逃せない。

ドラムも控えめだねえ。
さほど強くは無いバスドラム、音量控えめに弾ける音のスネア、金物類は抑え目。
タム溶け込みまくってる。

ボーカルが特徴的。
おじさんのガナリ声で力強く歌う。
え、メタルでは珍しくない?この声はそんなことないよ。
あと、コーラスをかなり大事にしてるよね。


では各トラックのレート。

#1 Return of the Reaper ★1
#2 Hell Funeral ★5
#3 War God ★3
#4 Tattooed Rider ★4
#5 Resurrection Day ★3
#6 Season of the Witch ★3
#7 Road Rage Killer ★4
#8 Grave Desecrator ★4
#9 Satan`s Host ★4
#10 Dia De Los Muertos ★3
#11 Death Smiles At All Of Us ★3
#12 Nothing To Believe ★4


Top3は、


#2 Hell Funeral
イントロのこの高揚感からのヴァース、プリコーラスでの淡々さ、コーラスでの全員で歌い叫ぶんだぜ的なこの一体感。
Overkillの最新作が出たときにArmoristと比べられてましたが、ちょっとこっち傾きかけたよ。
まあそれがあったからこそこのアルバム買ったんだけど。


#7 Road Rage Killer
このドライヴ感!!
この効果的なブリッジミュート!ハーモニクス!
まさにメリとハリの塊!


#4 Tattooed Rider
ライドーン!(゜∀゜)
め○ゃギントンですかね?
こっちもドライヴ感重視っぽい曲。


上記のように良い曲はそれなりにあるんだけど、全体通したらそうでもないんだよね・・・
というか最初の曲のイメージとアルバム後半のイメージの違いで、あれっ?思ってしまうのか、思ったほどこれは!って感じにはならなかった。
やはり最初の死神などのダークなイメージがある曲から後半の疾走感が強いスピードメタルのような雰囲気に変わるので、出来れば統一して欲しかったかな。


評価 ★3


動画はHell Funeral

PVには#1から続けて入ってます。





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。