We need another Metal (and beer)!

メタルCD、ヘッドホン、DTM、プラグインのブログ。オススメが多いです。
SoundCloud
プロフィール

やまちゃ

Author:やまちゃ
スラッシュメタル大好きっこ!
質問したい方はAsk.fmからどうぞ
[Ask.fm]

検索フォーム
カテゴリ別検索
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Twitter
ブログRSS

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

【アルバム】R.I.B. / Tankard【レビュー】

RIB


ドイツのベテラン酔いどれスラッシュメタルバンド、Tankardの16thアルバム「R.I.B」(2014年)です。
10曲収録。


いやあなんとバカっぽいジャケ!!
最高ですね!
C2H6O・・・エタノールですな、ホントに酒好き、アルコール好き。


サウンドは今風な音に少々の古めかしさを混ぜた曲を同じようなスタイル、テンポで突き進むタイプ。
突き進むと言っても初期の頃のような爆速曲は無く、良いノリを保つ程度のスラッシーさです。
過去にレビューしたThe Beauty and the Beerは大好きです。

ギターはガリッと柔らか!暖かい硬さのある矛盾ギターサウンド!
とでも言いたくなるガリガリジャリジャリと削られるような硬さを感じるのに、何故か温かみのあるような不思議だけど癖になるような音ですね。

ベースは高域がかなりベキッと、ベリッとしていてそのうちその音に気が付かなくなるくらいにギターと混ざる。
残りはしっかりと低域を支えているようですが、今までのTankard通り比較的軽い音作り。

ドラムは観客視点での配置のようですね、最近あまり聴かなくなった(気がする)配置です。
バスドラム、スネアは控えめな音ですが、全体的にしっかりとしていて悪くない。
そんなにドコドコ鳴らすのではなく、スタスタとスラッシュなビートを刻むことが圧倒的多数。

ボーカルは相変わらずの歌いっぷり。
しゃがれめで高めの声を活かした叫ぶように歌うスタイル。
歌としては(多分)上手くはないがこのスタイルのスラッシュのボーカリストとしては上手い。


各トラックのレートは、


#1 War Cry ★4
#2 Fooled by Your Guts ★4
#3 R.I.B. (Rest in Beer) ★4
#4 Riders of the Doom ★4
#5 Hope Can't Die ★5
#6 No One Hit Wonder ★4
#7 Breakfast for Champions ★4
#8 Enemy of Order ★3
#9 Clockwise to Deadline ★4
#10 The Party Ain't Over 'Til We Say So ★3


Top3は、


#5 Hope Can't Die
全体的に正統派臭の漂う曲。
おどろおどろしい曲調や、勇ましい曲調など盛りだくさん。
ときどき左右の非常に極端な位置にこっそり配置されているフェイザーの効いたギターが良い味。
ギターソロのコード進行に、ソロのメロディが非常にかっこよい。
うーん、やっぱり正統派臭がなかなかに多い。


#4 Riders of the Doom
3連符の系譜再び。
3連符のノリの良さと、3連符中心のギターリフのかっこよさは異常。
ここでもやはり正統派のような臭いが・・・
こんなに正統派の臭いが混ざるバンドだったっけ?


#7 Breakfast for Champions
むむむ、なんだこのGrave Digger臭は!
いやでもスラッシー。

ああ、R.I.Bも捨てがたい。。。


うむ、安定しております。
意外にも多く正統派臭が含まれている気がしています。
やはり初期の頃のTankardとは変わりましたな。
しかしこっちはこっちでまた良いし、本当に安定して「超絶優良」まで行く曲はないが「不可」が皆無という状態でまずまず。


評価 ★4


動画はR.I.B



スポンサーサイト

【アルバム】The Beauty and the Beer / Tankard【レビュー】

The Beauty and the Beer


ドイツのベテラン酔いどれスラッシュメタルバンド、Tankardの11th(2006年)です。
10曲収録。


ジャケット・・・
これ、エロジャケシリーズに入れていいですか?
いやぁ~、B地区丸出し!
有無も言わさずエロジャケ入り確定しちゃいます!

「美女と野獣」をもじって「美女とビール」にしてありますが、ジャケット的には「美女と野獣と乾杯」です。


さてさて内容ですが、非常に真面目なスラッシュメタルですよね。
一時期Tankardも1990年代の流れにのまれて音楽性が変わったりしたみたいですが、本作は安心のTankardスラッシュです。

ザックザクの気持ちよいギター、陰ながらバッキバキの音で曲の雰囲気を支えるベース、ヌケの良い音で気持ちよく叩くドラム。
1stの頃より迫力が増したと言うか、パワーがついたように思えるしゃがれたボーカル。
チープな音にならず、しっかり作りこんだ良音質で気持ちよく聴けます。

好きなトラックは全曲。
いやぁ捨て曲が無いってこういうことですね。

Top3は、


#6 Blue Rage - Black Redemption
な・・・なんと見事な刻み・・・
完膚なきまでに刻んでおり、これをスラッシュと言わずして何と言う!
バスドラのドコドコも冴えており、気持ちの良い1曲!


#10 Shaken Not Stirred
ドリンク!
イッツオールユーキャンドリンク!
イッツオールユーキャンドリンク!
ヘイ!ミスター!バーテンダー!
これマジスラッシュ!
サビのノリとスラッシーさと、この歌詞が大好き!


#5 The Beauty and the Beast
こっちでは普通に美女と野獣できましたな。
全編に渡り見事なスラッシュリフでザックザクと刻んでいく、これまたすごく気持ちよく聴ける1曲。
特にサビの最低音での刻みなんて悶えるほどです。
ビュッティー アン ビース
(曲中での発音風)


Top3はマジで迷いました。
B地区丸出しなジャケットに似合わず、すんごい良曲揃いです。
後半になるにつれて良くなって行く、こんなのなかなか無い!

これも買って損しない名盤の1つ。

Sodom、Kreator、Destructionに並ぶドイツの良バンドの一つだと思います。

1st、2ndのときとはちょっと雰囲気違いますが、こっちだってすごくかっこよい!


評価 ★5+


動画はShaken Not Stirred



【アルバム】Chemical Invasion(includes Zombie Attack) / Tankard【レビュー】

タンカード


ドイツのスラッシュメタルバンド、Tankard(タンカード)のChemical Invasion(includes Zombie Attack)です。
Chemical Invasionが2ndで、その2ndに1stのZombie Attackが付いたバージョンです。
このブログタイトルのWe need another MetalはZombie Attackに入っている名曲(empty)Tankardの最後の台詞、「We need another beer!」からとっています。

ブログタイトルに使ったともあって、これを最初にもってこずにはいられませんでした。


さてこのバンド、酒!酒!酒!な曲が非常に多いのですが、ジャケットをよく見てください。
怪しい薬品をビールに入れようとしているではないですか!
もう酒好きの匂いが漂っています。
メタラーとしてはビールを呑むのに、このバンドの曲は最高のBGMとして世界に広く知られています。
残念ながら私はこれを聴きながら呑んだことは無いですが;


アルバムとしては、1st、2ndとも同じ突進するようなスラッシュ路線ですが、全体的に明るい感じでスラッシュメタルには珍しいタイプです。
しゃがれ声?にザックザクなリフで突進しながら酒酒酒!ホントに酒がすすみそうです。


私が好きなのは、#1、3、5、6、7、9、14、17、20。
Top3は好きな順に、

#6 (empty)Tankard
ブログタイトルに使った台詞が入ってるので当然ですね。
Tankardとは大ジョッキ、つまり曲名は空の大ジョッキ。
違う酒が欲しいと叫ぶのも頷けます。

#5 Alcohol
クリーンギターから入り急加速。
もうね、です、

#20 Alcohol
なんと、2ndに1stと同名曲があります。内容は別物です。
もしかしてカバーとか?


スラッシュとしては聴きやすく楽しくなるもので非常に好感がもてます。
アルバム全体として間にゆったりとしたパートが入ったり、クリーンギターを入れて少しずつ変化を持たせてますが、基本的に突進。
1st、2ndと通して聴くと少々飽きが来ることもあるかもしれませんが、名曲良曲が多く良いアルバムだと思います。
実はDTMでタンカードのパロディを作ろうと画策してたりしてます、しょーちゅーしょーちゅー!


評価 ★4


動画は(empty)Tankard





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。