We need another Metal (and beer)!

メタルCD、ヘッドホン、DTM、プラグインのブログ。オススメが多いです。
SoundCloud
プロフィール

やまちゃ

Author:やまちゃ
スラッシュメタル大好きっこ!
質問したい方はAsk.fmからどうぞ
[Ask.fm]

検索フォーム
カテゴリ別検索
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Twitter
ブログRSS

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

【アルバム】The Aftermath / Bonded By Blood【レビュー】

またしても久々になってしまいましたが・・・


The Aftermath



今回は、アメリカのスラッシュメタルバンド、Bonded By Bloodの3rdアルバム「The Aftermath」(2012年)です。
私が持っているのは12曲収録、内2曲ボーナストラック。


The Aftermath・・・
当レビューブログで★1を叩き出したあのバンドの名前と同じ名のアルバムか・・・



ジャケットは、物凄く繁栄した巨大な都市へ何か天変地異のようなものが押し寄せている感じがします。
The Aftermath(意味:余波 など)のようですね。
このジャケットを見て一瞬Firewindが思いつきました。

音は、前作からもそうですが全体的に質が上がっています。
しかし前作よりもオールドな音ではなく、しっかりとした録音、処理がされていますね。
それでも傾向としてはスラッシュメタルです。
A級スラッシュメタル勢やジャーマンスラッシュ3羽鴉が最近出したような音に似ているというイメージです。

ギターは上記のようなイメージで、所々で非常にヘヴィな音を聴かせてくれます。
基本的にはジョキジョキしたような音。

ベースは交代したせいか若干音が変わっています。
前作よりもバキバキ感が減りましたが、パワー、圧力は格段に上がっています。

ドラムは、あまり変わっていません。
このアタック感が特徴的なドラムですね。
さほど叩きまくっていないのは、全体的に遅めな傾向にあるからか・・・

ボーカルですが、今回一番変化がありました。
というのも、前作までのボーカルは脱退し新たにボーカルを迎えたからです。
新ボーカリストはと言うと、一言で言えば[Death Angel]+[Zebraheadのラップ]と言った感じです。
そこへ時々力を込めた吐き捨てが入る感じ。
そしてたまーーーーに、Artilleryの旧ボーカルのような「ア~~~~~~イ↑」みたいな声も出します。
吐き捨てというよりもラップ的に歌い、そしてあまり低音は効かないが特徴的な高音でもない、と言った感じです。


各トラックのレートは、

#1 I Can't Hear You ★4
#2 Shepherds of Rot ★4
#3 The Aftermath ★3
#4 Crawling in the Shadows ★4
#5 In a Wake ★4
#6 Repulsive ★4
#7 Among the Vultures ★4
#8 Show No Fear ★4
#9 Restless Mind ★4
#10 Left Behind ★3
#11 Killing in the Name (Rage Against The Machine Cover) ★3
#12 Critical Mass (Nuclear Assault Cover) ★4

Top3は、


#1 I Can't Hear You
1曲目としてはなかなかに期待感を煽る入りだと思います。
だんだんとフェードインしてくるリフ、そして跳ねるようなスネアロール、これには期待をしてしまいます。
そして、今回重くパワーアップしたベースが入るとさらなる期待感が。
ボーカルが入れば、新ボーカリストの特徴がすぐに掴める、悪くないボーカル。
1曲目としては良いです。


#9 Restless Mind
若干インテレクチュアル的な入りのイントロ。
ヴァースがすごくベースの効いた曲です。
ヴァース1回目と2回目で差があるのも良い。


#6 Repulsive
イントロからなかなかに爆走、すぐにボーカルイン。
そのあとすぐに速度を落とすのはちょっぴり残念。
しかしこの曲の真骨頂は、そのゆっくりなパートを抜けた後のノリの良いパート、そのギャップ。
ギターソロ間の刻みも良い感じ。


まず思ったのは、
もう別バンド!

なんたって、前作からボーカル、ベース、ギターの一人が脱退。
ボーカルとベースは新メンバーが加入したが、ギターは1人のまま。
そしてギターの音は、Bonded By Bloodを印象付けた1stからはかなり離れてしまった・・・
どう考えても別バンドです、Bonded By Bloodのドラマーが加入した別バンド。
なのでドラムにBonded By Bloodの名残はありますが、別バンドとして聴いたほうが良いでしょう。

あと残念なのが、Bonded By Bloodの象徴的な超速リフパートがありません。
もっと回転の速いリフが欲しかったなぁ~。

私的にはこのバンド、もうオルタナメタルやニューメタル路線のほうが良いバンドになるんではないか?と思ってしまいました。
が、このバンドの名前になる曲を作ったバンド、Exodusだって途中でボーカル、ベース、ギターが交代しています。
そして最新作ではとんでもない良盤を発表してくれました。
Bonded By Bloodはまだ3rdを出したばかりでまだまだ先のほうが長くなりそう、これからの成長に期待したいと思います。


評価 ★3


動画はI Can't Hear You



スポンサーサイト

【アルバム】Feed the Beast / Bonded By Blood【レビュー】

久々にアルバムレビュー!
けど、新譜ではありませんー><

Feed the Beast



ということで、今回はアメリカの若手スラッシュメタルバンド、Bonded By Bloodの1stアルバム(2008年)です。
14曲収録。


パワフルな若手のデビューアルバムですが、1stから既に物凄いものを出しましたね。
なかなか話題になったみたいなので、ここに来る人はこのアルバムを持ってる人も結構いるのでは。
初期のExodusに影響を受けていると思います、バンド名的にも。


ジャケットですが、未だにどんな状況なのかよくわからないんですよね・・・
最終決戦的な?ジャケット真ん中ちょい右側に座ってる人と。
でも手前の人はなんか引っ張ってきてて、これはこれで悪そうです。


音ですが、

それはもーーー!強烈なギターを聴かせてくれます!
例えるなら、クギバットガツンガツン!な感じ!

ベースは、ギターが強烈で印象が薄くなりますが、それはもうベキンベキンな音を鳴らしています。
基本的にギターラインと一緒。
そのおかげかギターに厚さが、熱さが増しています。

ドラムは異様にバスドラムが目立つように思います。ボスンボスン!
それに対しスネアが軽く、スコスコなってる感じです。
そのスコスコなのを金物で補ってる感じ。

ボーカルは以前の2ndのレビュー通りヒステリックでブチキレタ感じで、吐き捨てまくり!
若干声高めで跳ねるようなリズムで早口めに歌います、が現時点ではさほど上手くはない。
2ndでなかなか上手くなったんですが、その後脱退したんですよねー・・・


各トラックのレートは、

#1 Immortal Life ★5
#2 Feed the Beast ★4
#3 Psychotic Pulse ★4
#4 Necropsy ★5
#5 Mind Pollution ★5
#6 Another Disease ★4
#7 The Evil Within ★5
#8 Tormenting Voices ★4
#9 Civil Servant ★4
#10 Self Immolation ★4
#11 Vengeance ★5
#12 Teenage Mutant Ninja Turtles Theme ★5
#13 Severe Violation ★4
#14 Unusual Punishment ★5


Top3は、


#11 Vengeance
なんともテンションのクソ高い一曲!
かなりの高速で刻まれるギターリフ、殴りつけるようなベース、一気に攻め立て捲し立てるヴォーカル、気持ちの良いタイミングで入るコーラス。
高速なギターリフから一変、ノリの良いリフへも変幻自在!
ギターソロも高速且つメロディアス!
ドラムボッコボコに叩きまくり!
どこをとってもスラッシュで、既に一級品!


#7 The Evil Within
なにやら軽快なような、怪しいような、ペテン師的メロディのイントロです。
そんなリフがだんだん加速していき、そして正体を現す!
ストレートなリフのヴァースに、縦ノリを重視したようなコーラス。
しかし、ホントに本気を出すのは終盤から。
ギターソロのテンションの上げ方が半端ではない!


#12 Teenage Mutant Ninja Turtles Theme
ミュータント忍者タートルズのテーマのカバー!
スラッシーで、しかもかっこいい!
こんなかっこいいカバーを聴ける私は、特別な存在なんだなと思います。
今では私がおじ(以下省略)
短いですが、最高のカバーです。

ああ#14 Unusual Punishmentも捨てがたい・・・


というわけで、ひじょーーーーーーに!良質なスラッシュメタルアルバムであります。
Bonded By Bloodがこのアルバムで一気に若手のトップ界隈に躍り出たのも頷けます。


評価 ★5


動画はVengeance



【アルバム】Exiled to Earth / Bonded By Blood【レビュー】

Exiled to Earth


アメリカの期待の若手スラッシュメタルバンド、Bonded By Bloodの2nd(2010年)です。
11曲収録。

前作は全スラッシャーを震撼させるほどの恐るべき完成度を誇ったアルバムでした。
今作は「Exiled to Earth」と、意訳をすると「地球への旅」でしょうか。
SF的雰囲気を匂わせます。


ジャケットもなんか宇宙戦争のような、近未来的なものになってますね。
どこのロストプラ○ットだよ。
でも前作のジャケより分かりやすくて良いと思います。


さて内容ですが、前作と比べギターの音がパワーダウンしちゃってる感があります。
いや、前作のパワーが凄まじすぎただけなのですが・・・

それにしても相変わらず良い楽器隊です。
そして相変わらずのヒステリック気味なボーカルです。

好きなトラックは、
#1~6、10

Top3は、


#4 Prison Planet
惑星監獄。
私的にはこれが一番ですかね。
イントロが終わった瞬間からテンポチェンジ、高速化し、かつキャッチーなリフへ。
なかなか攻撃的な感じで。
そこからさらに変化、キャッチーさを保ちつつ今度はリフの速度を落としてノリの良い感じで。
なかなかだな。
だが、曲の終わり方があっけ無さ過ぎる。


#2 Episodes of Aggression
最初のうちは淡々と刻みますが、だんだんと複雑になっていきます。
瞬発的なリフの速さはこの曲が一番速いんじゃないでしょうか。
またしても終わり方があっけない。


3番目なんか決めれません。
同じように3番目が決めれないバンドとは一線を画す出来ではあるのですが、これといったものが浮かびません。


ボーカルが相変わらずですが、前作より上手くなってる感じはします。

なんというか、全体的に複雑な構成を作り、曲の序盤から中盤までしっかりと曲を練りました、と言った感じがします。
が、ほとんどの曲で終わり方があっけなさすぎる。
イントロが大事!途中の展開が大事!というのもわかりますが、曲の最後をどれもこれもいきなり「ジャーン」で終わるのはいかがなものかと思います。

起承転結の結がしっかりしていないと、曲全体が締まりません。
その辺の曲の練りが足りないと感じました。
そこが残念です。


評価 ★3


そういえばボーカル、脱退したんですねー・・・
動画はPrison Planet





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。