We need another Metal (and beer)!

メタルCD、ヘッドホン、DTM、プラグインのブログ。オススメが多いです。
SoundCloud
プロフィール

やまちゃ

Author:やまちゃ
スラッシュメタル大好きっこ!
質問したい方はAsk.fmからどうぞ
[Ask.fm]

検索フォーム
カテゴリ別検索
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Twitter
ブログRSS

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

【アルバム】Aus schwärzester Nacht / Nachtgeschrei【レビュー】

Aus schwärzester Nacht


今回はドイツのフォークメタルバンド、Nachtgeschreiの4thアルバム「Aus schwärzester Nacht」(2013年)です。
14曲収録。


やっときたね!ナハトゲシュレイの新譜!
最初のうちはフォークメタル寄りな音を出して、後半フォークメタルな要素のあるロックって感じに変わっていくバンド。
毎度毎度、イントロトラックからそれに続く#2に定評があります。


ジャケットは森林の中の真っ赤な光に染まる泉。
確かにフォークメタルは森や湖、山などがジャケットになることが多いです。
が、このように赤を主体としたジャケットは珍しいような。


今回は今までのような民族調は若干薄まっています。
全体的にピュア、パワーメタル寄りになっていますね。

ギターは今までよりも濃い音。
中音域を大事にした感じで、今までよりも厚みがある。
さほど刻まない。

ベースは飽くまでギターに寄り添う感じ。
さほど主張せず、低音の支えと言った感じ。

ドラムは相変わらずにしっかりした音、かつ歯切れの良い音。
今回は金物に重きを置いているのか、若干高音が強い感じ。
さほど手数は打たず、重いノリを出すようにしている模様。

ボーカルは結構変わっています。
今までよりも上手く、そして力強い声になっていますね。
声質はあまり変わってないので同じ人だと思いますが、自信が無いくらいに歌い方が変わっています。
以前までの独特な感じは無いです。

追記
ボーカルの人代わってましたねw


また、数々の楽器群も聴き所。
今まではバグパイプとハーディカーディでしたが、今回アコーディオンやフルートまで持ち出しているようです。
力が入ってますね。


各トラックのレートは、


#1 Sirene ★5
#2 Die Geister, die uns riefen ★4
#3 Flamme ★4
#4 Spieler ★4
#5 In meinen Liedern ★4
#6 In die schwärze der Nacht ★4
#7 Der Ruf ★3
#8 Am Ende der Zeit ★4
#9 Unter deinem Licht ★4
#10 Na Sdorowje! ★4
#11 Am Rande der Welt ★5
#12 Für alle Zeit ★4
#13 Als in dir nur Leere war ★3
#14 Ungebrochen ★3


Top3は、


#1 Sirene
怪しい進行から始まる曲ですが、すぐに勇ましいギターリフにドラムにベースに、そしてバグパイプとハーディカーディのコンビネーション!
以前よりも重いギターが程よく効いていて気持ちよい。
そして何より、「シン!」みたいなやつ、がキレがあって聴いてて気持ちがよい。
パワーメタル的雰囲気。


#12 Für alle Zeit
サビがかっこよすぎて、力強すぎて!
全体的には軽快なのに、サビだけはすごく力強い。


#11 Am Rande der Welt
後半のリフすげえかっけえええええ!!!
前半はクリーンギターに民族楽器、それに合唱的な雰囲気で激しくは無い。
だんだんとボーカルのテンションが上がり、ギターの音が歪み始める。
そこまでは明るい雰囲気。
そこからフルートが入り、そして要である激しいギターのリフ!
この瞬間がかっこよすぎて、思わず曲タイトルを確認してしまう。


相変わらずひじょーーーに安定感のあるバンドですね。
1st、2ndに比べてこれと言った一撃は無いですし、今回は期待のイントロトラックもありませんでしたが、それでも安定感のある良い曲を作ってきます。


評価 ★4


動画はSirene




スポンサーサイト

【アルバム】Am Rande Der Welt / Nachtgeschrei【レビュー】

Am Rande Der Welt


ドイツのフォークメタルバンド、Nachtgeschreiの2nd(2009年)です。
11曲収録。
読み方は、ナハトゲシュレイです。


最近、このバンドの妙な魅力に惹かれています。
何でしょうね、このゆっくりとし民族調強めなフォークメタルが良いのでしょうか。


ジャケットは、
草原な山の~・・・火事!?
民族音楽を取り入れた感じの音楽性なので森や山をジャケに使うのはわかりますが、なんで山火事なんでしょうね。
曲とリンクしてたりするのかな?
曲は相変わらずドイツ語のようで歌詞が全然わかりませんが・・・


内容は以前にレビューした1stの延長線上と言った感じですが、こっちのほうが民族調強め!
その分メタル分は減ってる感じがしますが・・・

あまり刻まず控えめながらしっかりとした音のギター、ベースはボーンボボーンみたいな聴こえやすいながら非常に上手く曲をまとめています。
ドラムは前回と比べてちょっと湿った感じの音になったような、少し重さが増してるように思います。
ボーカルは相変わらずな歌いしまわし、これが癖になる元?
そしてやっぱりバグパイプいいですね、いい味を出してます、ハーディガーディとの絡みも良いです。
時々フルートみたいなのも出てきます。


好きなトラックは、
#1、2、3、5、6、7、8、10、11

Top3は、


#2 Muspilli
高揚感のあるバグパイプとハーディガーディに始まり、暗めなドラムと軽い刻みのギター&ベースがイン。
そして本編へ流れるのですが、早速次が待ち遠しくなるイントロです。
サビでイントロと同じようなバグパイプのメロディを使ってますが、すごく良い旋律!
そして間奏への流れも非常に良いです。

1st同様、#2が一番良い曲ですね。
今回のは1stの#2を超えていると思います、成長してて素敵!
#1のイントロトラックからの流れも良いです。


#3 Herz Aus Stein
こっちはクリーンギターが目立つ、きれいな旋律の曲。
#2と同じくキレイなバグパイプの旋律で気持ちよく聴けます。
ちょっとメタル分は少ないかな・・・


#5 Niob
こっちはうって変わってメタル分が全曲中でも一番多い曲でしょう。
イントロは控えめでバグパイプ、ハーディガーディ、クリーンギターの絡みが綺麗ですが、すぐに荒々しいギターの刻みが聴けます。
バグパイプ&ハーディガーディ+クリーン系で気持ちよく、ギターの刻みで気持ちが良い、フォークメタルの特権を集めたかのような曲です。


前作の延長上ですが全体的にレベルが上がっており、3番目に置きたい曲は他にも数曲候補がありました。
やはりと言うか、全体的にバグパイプがすごく良い味を出しています。
さすが専属バグパイプ奏者がいるだけある。

メタルらしさ、荒々しさなどは少ないですが、それでもゆったりとした民族調のメタルという中で考えると、良盤なのでは。
フォークメタルが聴きたいと言う人には薦めてもよい1枚だと思います。


評価 ★4


動画はMuspilli



おまけにLive版
真ん中右の何かクルクル回してる楽器がハーディガーディです。

それにしてもバグパイプ担ぐ様がかっこよい!


【アルバム】Hoffnungsschimmer / Nachtgeschrei【レビュー】

Hoffnungsschimmer


ドイツのフォークメタルバンド、Nachtgeschreiの1st(2008年)です。
12曲収録。
7人バンドです。
ナハトゲシュレイと読むそうです。


ジャケットは、夕日に包まれた荒野で見上げる空でしょうか。
なんとも哀愁漂っています。


曲もそのジャケットをあらわすかのように哀愁があります。
(哀愁ある曲が先で、それにあわせてジャケットを作ったのかもしれませんけどねw)
笛(名前がわからない、バグパイプ?)やアコーディオンと絡め、よくある一般的なフォークメタルって感じです。
また、wikipediaによるとショームやハーディガーディという楽器も使っているようです。
そこに乾いた感じの音なドラムが特徴的です。

恐らく全編ドイツ語です。


好きな曲は、
#1、2、3、5、6、8、12

Top3は、


#2 Hoffnungsschimmer
哀愁あるフレーズのバグパイプ?に、下降進行のベースで始まる曲です。
ギターはそのあとにちゃんと出てきますが、またすぐに消えます。
そして最初の哀愁あるフレーズを使ったサビ、そしてショートギターソロ。
ドイツ語のせいなのか、独特な歌い回しがまた哀愁を加速させます。
なぜか妙にツボる曲で、これのためにアルバムを作ったんじゃないかと思うくらいです。
聴くほどに気に入ってきました。


#3 Räuber der Nacht
なんとなく#2と似たような構成ですが、なんとなくこっちのほうが明るい気がします(サビ以外)。


#8 Wütis
三連符を用いることで、どこか軽快で、どこか哀愁を帯びたフレーズで始まります。
が、どことなく軍歌のようなコード進行で、さらに軍歌にありそうなドラム回しまで付いてきます。
なんかちょっと、「おっ!」となります。
インスト曲です。
やはり三連符ってすごいな。


疾走曲は皆無です。
疾走を期待するならば、まず買えば損したと思うでしょう。
が、ゆっくりした曲でも好き!民族楽器が好き!と言う人はまぁ合うんじゃないでしょうか。
ただ、後半の失速感はちょっとつらいですね;
意外と珍しい楽器も使ってたりドイツ語で歌うアルバムなので、ちょっと興味があるって人には良いんじゃないでしょうか。
私はまぁ好きだけど~、って感じです。


評価 ★3


動画はHoffnungsschimmer





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。