We need another Metal (and beer)!

メタルCD、ヘッドホン、DTM、プラグインのブログ。オススメが多いです。
SoundCloud
プロフィール

やまちゃ

Author:やまちゃ
スラッシュメタル大好きっこ!
質問したい方はAsk.fmからどうぞ
[Ask.fm]

検索フォーム
カテゴリ別検索
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Twitter
ブログRSS

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

【アルバム】Decision Day / Sodom【レビュー】

Decision Day



せっかくドイツにいるのでね、ドイツのバンドをレビューしないと!

ってことで、ドイツのベテランスラッシュメタルバンドのSodomの14thアルバム「Decision Day」(2016年)です。
12曲収録、うち1曲はボーナストラックで日本版、iTunes版、Vinyl版に入っているものです。


ええぞ、来たぞSodomの新譜・・・



まずはジャケット。
よく出てくるSodom兵とは違うような・・・
なんかゾンビっぽくなってる印象もありますね。
後ろにはアメリカ国旗と、どこかのフランスかオランダ?と一瞬思ってしまう配色の国旗。
調べてみるとロシアですね、完全に忘れてました。
なんかだいぶ皮肉ってるような印象もあるジャケット。


サウンドはM-16とCode Redの間みたいな印象。
適度に重く、適度にジャリッジャリ、Sodom的に。
前作で音圧は上げすぎずとは言いましたが、本作もそれに近い程度。
しかし最近の感覚ではちょっと音圧高いですね、私の個人的な趣向の違いです。

どこかSodom独特の芯があるギター。
ジャリジャリでブリブリな音で、かなりSodom!!!ってイメージな音だと思います。

ベースはかなり歪ませてる印象を持つゴリッゴリ系な音で、Motorheadの亡きレミーの音をそのまま重くしたような音。
まあ、ベースボーカルのトムおじさん、レミーが好きっぽいですしね。
かなーり重く、そしてゴリッゴリで、主張の激しいベースです。

ドラムはキレが良いですね。
キックがよく抜けてくるんですが下手な主張のある音ではなく全体とのバランスが良いなって思います。
スネアの音はちょっと弱めにしてあるのかな。
なんか不思議とハイハットの音が綺麗な気がします。
そして、初期の頃にはドタバタなドラムで楽しませてくれるバンドでしたが、ドラムはこんなにも変わったか!と思ってしまうくらいビシッ!と決めてくる。

それに対してボーカルのトムおじさんはスタイルを崩さない。
グロウル直前とも思えるボーカルは相変わらず。
もうトムおじさんが元祖グロウルを広めた人で良いんじゃないかな、って思っちゃう。


各トラックのレートは、


#1 In Retribution ★5
#2 Rolling Thunder ★5
#3 Decision Day ★4
#4 Caligula ★4
#5 Who Is God ★5
#6 Strange Lost World ★4
#7 Vaginal Born Evil ★5
#8 Belligerence ★4
#9 Blood Lions ★4
#10 Sacred Warpath ★5
#11 Refused To Die ★5
#12 Predatory Instinct ★4


Top3は、


#11 Refused To Die
イカツイ、とにかくイカツイ。
こいつの刻みヤバイ。
マシンガンのような刻み、ガトリングガンのようなキック、ベースの重戦車による進軍、そんな音。
ギターソロもだいぶ狂っとる。


#7 Vaginal Born Evil
聴いてくださいよこの超絶な刻み。
若手真っ青な、初期のSodomを思わせるレベルの激しい刻みを。
さすがにTapping the Veinほどじゃないけど、それ以前のアルバムに匹敵するくらいの激しい刻みで他を、他のフレーズを寄せ付けない。
なのでなのか、サビはちょっとゆったり(笑)


#2 Rolling Thunder
これも重戦車ですわあ。
サビはちょっとコミカルというかポップっぽいが、一気に重戦車に戻る感じが楽しい。
静かな緩のパートを入れて来たりと、なかなか珍しかったりするんではないかな?
まあ、ちょっとした休憩の後に重戦車だけど(笑)


#10 Sacred Warpath
全体的にミドルテンポな曲。
なんだけど、この重苦しさが良い。
あれ、この緩フレーズ聴いたような・・・
って思ったらRolling Thunderに若干似てますw
しかしその後のギターソロかっこ良い、その間の刻みもすごいかっこいい。


気付いたらTop3じゃなくて4つ書いてました・・・
あーでもWho is Godもめっっっちゃくちゃ良いしな・・・

これはなかなか良いですよ。
まず音がかっこよくて、それがもうめっちゃスラッシャー向け。
そして曲がCode RedとM-16の間の子に最近のメロディックさを隠し味的に混ぜて邪悪さを引き立てたような感じで、ある意味集大成な状態で全盛期みたいな曲をやったってイメージ。
ただちょっぴり残念なところは、Code RedやM-16並の圧倒的な一撃がある曲が入ってないことかなー。
曲は全体的にハズレがが無くて良いしなあ。
それがあったら★5+間違いない。
Sodomめっちゃ好きなのでちょっと評価甘めかもしれない・・・


評価 ★5


動画はCaligula
これも★5にしようか迷った。




スポンサーサイト

【追加】【アルバム】Epitome of Torture / Sodom【レビュー】

異例の2連続同一アルバム!

ほい!
Epitome of Torture


ということで前回に引き続き、ドイツのSodomの13thアルバム「Epitome Of Torture」(2013年)です。
10曲と、
2曲ボーナストラック ← NEW!!
を収録。

今回はボーナストラックのみのレビューで!

ジャケット、よく見たらいつものSodomさんのマスクを被った人(いつもより細い)がバズソーと斧を持って戦っていて、後ろに重戦車が控えている感じでした。
戦車がメタルマックス的!


音などは同じ様に仕上げてありますので省きます。


ということで、

#11 Waterboarding ★5
#12 Splitting The Atom ★5


かるーく、Top3上位2つをかっさらっていきました~

#11 Waterboarding
まず、ゆっくりなパート、スローかつ邪悪なパート、高速パートに分かれています。
最初はトムおじさんの叫びから入り、スロー&邪悪パート、すごい邪悪さです。
それからゆっくりなパートへ。
若干してから変化の激しい高速パートへ。
基本的にはこれの繰り返しです。

が高速パートは2つめがあり、それがソロ前など。
ソロ前が物凄くかっこよい!
まさに重戦車が踏み潰すかのごとく!


#12 Splitting The Atom
非常に邪悪、かつ凶暴!
イントロ初めの若干ゆったりめな刻みにタム回し。
ここだけで既に邪悪なのですが、この後の刻みとドラム回しが至高!
そこに入る若干前のベースのグリッサンドもすごくかっこよい!
基本的にはこの二つで進行しますが、それだけで満足の出来!


まさかのボーナストラックに良曲収録!
ついついCDを買い直してしまいました。
もっとしっかり調べて買えばよかった。


評価 ★4へ昇格!


動画はボーナストラック2曲
Waterboarding


Splitting The Atom

【アルバム】Epitome of Torture / Sodom【レビュー】

Epitome of Torture



今回はドイツのスラッシュメタル三羽鴉の1つ、Sodomの13thアルバム「Epitome of Torture」(2013年)です。
10曲収録。


久々のSodomですね!
Sodomの新譜でオラわくわくすっぞ!


ジャケットはとりあえずゴッチャゴチャ。
よくわかりません。
真ん中後方に重戦車らしきものがあることは分かります。
それが髑髏を踏み潰しながら前進しているのでしょうか?


音は、最近のSodom路線と変わらず。
プロダクション良しで、音圧上げすぎず。
後に後期Sodomと言われるようになると思います。

ギターは若干やさしめ。
低音を若干抑えつつ高音もさほど刺さらないギターの本来美味しい部分を押し出した感じの音。
今作では前作と違いかなり刻んでいます。

ベースは相変わらずにベッキベキンのバゴンバゴンな音です。
が、音量?音圧?自体は抑えめで、音のヌケがよくて聴こえやすいイメージ。

ドラム若干軽め。
手数そのものは多いです、バスドラム踏みっぱなしなんてのも結構ありますし金物も良く叩いています。
どの音も粘りを抑えたようなすぐに消える音に仕上げてあり、うるさすぎることはないですがちょっと寂しい。

ボーカルは(も)相変わらず。
グロウル寸前、グロウルの前身とも言えるんじゃなかろうかと言えるような声での吐き捨て。
今回は若干のメロディもあるようで、今更!?と突っ込みたくなるような進化。
さすがわれらがトムおじさん!


各トラックのレートは、


#1 My Final Bullet ★4
#2 S.O.D.O.M. ★4
#3 Epitome of Torture ★4
#4 Stigmatized ★4
#5 Cannibal ★4
#6 Shoot Today - Kill Tomorrow ★4
#7 Invocating the Demons ★4
#8 Katjuscha ★5
#9 Into the Skies of War ★4
#10 Tracing the Victim ★3


Top3は、


#8 Katjuscha
まず最初に言っておきますが、本アルバムでは一気に耳を惹きつけるような曲がありません。
そんな中でこの曲は一番簡単に耳を惹きつけるフレーズを最初に持ってきています。
その雰囲気はロシア、というよりは旧ソ連。
そのフレーズが始める前から続く、同じくジャーマンスラッシュ三羽鴉の1つKreatorのような印象を持つリフもかっこよい。
そこへあのフレーズだからこれは耳を惹かれる。
それ以降は若干のドラマ性がありつつスタンダードに進むスラッシュメタルです。


#4 Stigmatized
いかにもSodomといった刻みの1曲。
突貫刻みにトムおじさんのとにかく叫べ思考なボーカル。
曲が始まってすぐに「ソドマーイズ!」と叫びたくなる。
それは違う曲なのでご注意を。


#2 S.O.D.O.M.
これはセルフタイトル曲といったらいいんですかね?
この曲も最近にしては速い刻みだと思われます。
やはり全体的に突貫。


うーむ、やはり一撃のある1曲が無い。
刻み加減では最近では特に多いと思います。
が、曲の出来そのものは前作のほうが上。
さすがに突貫一筋では厳しくなり、試行錯誤をするもちょっと遅かったかも・・・と言ったところ。
それでも刻み重視に戻ったのは良いなと思います。

ちなみに、限定版に入っているボーナストラックに2曲付いているようで、そちらの曲は非常にかっこよい。
買い直そうかな・・・


評価 ★3+


動画はStigmatized



【アルバム】Tapping the Vein / Sodom【レビュー】

俺は基本を忘れていた・・・
レビューのネタに困ったとき、そんなときは、そう!



Sodomをレビューするのだ!



ということで今回はこれ!

Tapping the Vein


ドイツのスラッシュメタルバンド、Sodomの5thアルバム「Tapping the Vein」(1991年)です。
11曲収録。


とりあえずこのアルバムのイメージといえば、
クソ速い!


もうまさに驚愕の刻み!
アメリカでMetallicaとSlayerが最速を争っていたのがアホみたいに思えるほど速いです。


さてジャケットはというと、改造人間的な青くて物凄いマッチョさんがスコープ付きライフル持ってますね。
戦争をテーマにするSodomらしいジャケといえます。
下のほうの赤いものは血を抜いてるの?
おそらくは青メインのジャケに、不安感を増すため赤を入れたかったのだと思います。


音はこのアルバム前後からのSodomと同じく、音質悪め。
ただ、その中にしては良さ気な気がします。

ギターはジャリジャリ、バリバリとした音でやや軟質気味。
でも歯切れが良い感じの音のおかげで、これだけ速く刻んでも大丈夫!

ベースはブリブリ、時々ゴウンゴウンになっており、かなりはっきり聴こえる。
ギターが歯切れが良くてもそんなのは無視して鳴り続けているような強引さを持ってる。

ドラムはパコンパコンなスネアにベチッベチのバスドラム、なかなかに叩きまくります。
金物は全体的に左にあると思いきや、ハイハットが極端に右。
と思いきや左にもハイハットみたいな音が出てきたりとちょい混乱。
若干突込み気味なリズム。

ボーカルは相変わらずなトムさんなので、ね、まぁ、
トムさんいつも元気だね!
そんなとこ。


各トラックのレートは、

#1 Body Parts ★4
#2 Skinned Alive ★4
#3 One Step Over the Line ★4
#4 Deadline ★4
#5 Bullet In the Head ★4
#6 The Crippler ★4
#7 Wachturm ★4
#8 Tapping the Vein ★4
#9 Back to War ★4
#10 Hunting Season ★3
#11 Reincarnation ★3


Top3は、

#1 Body Parts
やたら速い!
速さこそ正義!
速さがすべて!
そんな心意気を見せてくれる曲。
アルバム1曲目にしてぶっ飛ぶ速さです。


#6 The Crippler
不安感を煽るような音階の進行をしつつ、やはりぶっ飛びの速さ。
初期とは若干違うけど、初期にも似た凶暴なSodomがそこに!


#7 Wachturm
Sodomの特徴の一つ!って感じの曲ですね!
スラッシュな音でロックンロールな音を演る!
勝手に頭が前後左右に動いちゃいます。


何度も言うようにひたすら速く、とにかく速さを追い求めたかのようなアルバムです。
速さこそ正義と思う人には一番のオススメ!
ただ、私的にはもっと曲が良ければなぁ、なんて思います。


評価 ★3+


動画はBody Parts



【アルバム】Agent Orange / Sodom【レビュー】

Agent Orange


さてさてSodomの時間です。
今回は3rdアルバム(1989年)です。
9曲収録。


本作はSodom躍進に一役買ったアルバムであり、かなりの枚数が売れたようですね。


ジャケットはおそらくヘリ?ガンシップ?の中から銃撃。
このガンシップはベトナム戦争にて使用され、Magic Dragonのスラングが付いたそうです。
収録曲の曲名にもありますね。
戦争をテーマにするSodomらしいジャケット。


音は今聴くとやはり古めな音ではありますが、ザクザクと気持ちの良い音で、ベースがベキンベキンとよく聴こえ、ドラムの音もも聴きやすくなっています。
1stとは段違いですね!
よく言われてますが一般受けを意識した作りになった結果、こういう音になったのでは。

それでもSodomそのものの本質は変わらず荒々しい演奏です。
ボーカルはちょっと落ち着いた感じがしますが。
あと全体的に緩急を付けるようになってきたと思います。


各トラックのレートは、

#1 Agent Orange ★5
#2 Tired and Red ★5
#3 Incest ★4
#4 Remember the Fallen ★4
#5 Magic Dragon ★4
#6 Exhibition Bout ★4
#7 Ausgebombt ★5
#8 Baptism of Fire ★5
#9 Don't Walk Away ★4


Top3は


#1 Agent Orange
まぁこれは当然でしょう。
なってったってSodom屈指の名曲!
Sodom屈指のリフで激しく攻めてきます。
リフやボーカルに注目するのも良いですが、ドラムにも注目してあげてください。
特に最初のパートや、ほか全体的に聴いているとハイハットの使い方がキモのようです。


#7 Ausgebombt
ライブでも定番!
Motörhead風なロックンロール的ノリのある曲ですね!
ただし曲名は、(爆撃で)焼き出せ!です。
Sodom流の皮肉でしょうか。
ライブの定番!


#2 Tired and Red
相変わらずの高速リフで始まりドラムもドッカドカ!
ガンガンに叫ぶボーカルにバキンバキンのベース。
OK、ここまでは普通のSodomです。
が、この曲は緩がほかの曲よりも秀逸!
アコギを使用した哀愁あるパートへ。
そしてリズミカルかつキャッチーなパートへ!
そのままギターソロ!
勝手に体が動く!


ん~、なんかありきたりな選曲・・・
まぁ仕方ないですな、誰もが認める曲入りですし。

上にも書いたように全体的に緩急を付けるようになったアルバムで、今までは急だけだったのがどの曲にも緩が入っています。
となると当然私好みなリフも増えてくるわけで、勝手に気に入っちゃうわけです。
ものすごくかっこいい急があり!キャッチーな緩があり!
これがスラッシャーの名盤にならないはずが無い!

やっぱりSodomは最高やで!


評価 ★5


動画はTired and Red



【アルバム】M-16 / Sodom【レビュー】

M-16


ドイツのスラッシュメタルバンド、Sodomの10thアルバム(2001年)です。
11曲収録。


やってまいりました、Sodomの時間です。
今回のアルバムはベトナム戦争をコンセプトに据えたアルバムです。


ジャケットは恐らくベトナムをイメージ。
しっかし真ん中の人物凄い筋肉だよね!
もしかして9thアルバムの人?


さて内容は、
やはりさすがのSodom!
凶暴凶悪極まりない!


かなりジャッキンジャッキンに尖りまくってかっこよいギター、強めな音にしてあって聴こえやすくいつもの如くやはり凶悪ベース。
ちょっと高音を強めに残しアタック感のあるバスドラム、それに負けないようやはりアタック感を強めなスネア。
極端に左右に分け聴こえやすくしたシンバル。
そしてトムおじさんのデス声寸前の凶暴吐き捨てボーカルも相変わらず!


で、今回の各トラックのレートは、


#1 Among The Weirdcong ★4
#2 I Am The War ★4
#3 Napalm In The Morning ★4
#4 Minejumper ★4
#5 Genocide ★4
#6 Little Boy ★5
#7 M-16 ★5
#8 Lead Injection ★5
#9 Cannon Fodder ★5
#10 Marines ★4
#11 Surfin' Bird ★4


好きなトラックTop3は、


#7 M-16
全曲で見るとミドルテンポ。
しかしこのキャッチーな、すごくかっこよいリフの応襲!
ライブではこれよりテンポが速いことが多数で、これよりももっとかっこよい!
バンコクライブのアルバムで一番最初に好きになった曲であり、Sodomを聴くようになったきっかけの曲!

曲名はアメリカ軍の主力アサルトライフルの名称。


#9 Cannon Fodder
本アルバム屈指のスピード曲!
もうものすごいかっこよい!
砲撃し攻めてる様子が浮かぶようです。


#6 Little Boy
全曲中でも特に速くなる曲でしょう、#9と良い勝負です。
曲名は原爆、それだけにすごい破壊力の曲です。
最後は爆発音で締めます。


今回は全体的にミドルテンポが多いですが、そのせいか邪悪さが増してますし、その分ファストパートがすごくかっこよい!
上記3曲以外でもどれもかっこよく、捨て曲無しの1枚!

因みに最後の曲はTrashmenのカバー曲で、原曲は物凄くノリノリでポップな雰囲気を出した珍曲です。
が!
それをSodomがやるとポップさの欠片もなくなってしまいます。
ベトナム戦争がコンセプトのアルバムの最後がこういうのだと、これもコンセプトの内のような気がして不思議なものです。

それにしても・・・
やっぱりSodomっていいですね!


評価 ★5


動画はM-16



おまけでSurfin' Bird


と原曲



過去に作った着メロ
M-16




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。