We need another Metal (and beer)!

メタルCD、ヘッドホン、DTM、プラグインのブログ。オススメが多いです。
SoundCloud
プロフィール

やまちゃ

Author:やまちゃ
スラッシュメタル大好きっこ!
質問したい方はAsk.fmからどうぞ
[Ask.fm]

検索フォーム
カテゴリ別検索
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Twitter
ブログRSS

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

【アルバム】Sunset On The Golden Age / Alestorm【レビュー】

Sunset On The Golden Age


久しぶりのCDレビューはスコットランドのヴァイキングメタル、もといパイレーツメタルバンドAlestormの「Sunset On The Golden Age」(2014年)です。
通常盤10曲、日本盤12曲、デラックス盤16曲収録。
私はデラックス盤を購入しましたが、レビューするのは通常盤収録のもので勘弁してください><
デラックス版は通常盤に加えてアコースティックバージョンが入っているだけです。


Alestormの新譜がやっと出ましたね!すごく期待してました!
知らないうちに大好きになってましたAlestorm。


音は非常に現代的。
バンドサウンドに数多くのシンセサウンド、そしてブラス、ヴァイオリンなどが楽曲を楽しく彩ります。

ギターは鋭さ光る中にすっきりとした歯切れの良さ。
高速の刻みもパワーコードによる厚いアンサンブルもお手の物。
リードとなると若干線が細いように感じますが、リードはシンセが主役のようです。

ベースは硬い、硬い。
ビンビンにストレートですごく太いです><

ドラムはバスドラムいいねえ~、スネアが若干軽く淡白。
それほど手数は多くしないものの、#8では少しだけかなりディープなブラックメタルかの如く叩く。
ドラムの金物は若干抑えめすっきり感のあるバランス。


ボーカルは相変わらずだね!
リズムに合わせて叫ぼう!叫びの達人!曲を選ぶドン!みたいな状態。


各トラックのレートは、

#1 Walk the Plank ★5
#2 Drink ★5
#3 Magnetic North ★5
#4 1741 (The Battle of Cartagena) ★5
#5 Mead from Hell ★4
#6 Surf Squid Warfare ★3
#7 Quest for Ships ★3
#8 Wooden Leg ★4
#9 Hangover (Taio Cruz Cover) ★4
#10 Sunset on the Golden Age ★4

因みにデラックス盤の場合、

#11 Over the Seas (Acoustic Version)
#12 Nancy the Tavern Wench (Acoustic Version)
#13 Keelhauled (Acoustic Version)
#14 The Sunk'n Norwegian (Acoustic Version)
#15 Shipwrecked (Acoustic Version)
#16 Questing Upon the Poop Deck (Bonus Track)

が入っています。


TOP3は、

#2 Drink
相変わらずだな!
懲りずに酒メタルを持ってきましたね!
今回は普通にビールの曲。
ノリの良いイントロも相変わらず!ヴァースにアコースティックな音を持ってくるとか意外でやるじゃないか。
一緒に叫ぼう、DRINK!DRINK!

それにしてもPV面白いw
最初は船が襲われてるだけかと思いきや、楽しく楽器を弾いてひたすらワインを飲む、とにかく棚を漁り箱を開けワインをガンガン飲む。
そして後半は襲われた船の人たちも一緒になってバカ騒ぎ、この頃にはいつの間にか瓶ビール飲んでるしw
PV中の楽器にも要注目。


#3 Magnetic North
シリアス路線!#2からいきなりの落差!
あまりにも差が激し過ぎてびびったよ。
それにしても良いメロディを作るなあ・・・
危険な海域の航海みたいな、勇猛果敢に突き進むみたいな、そんな感じ。


#1 Walk the Plank
ヒャッハー!開幕だぜーーー!!!(゜∀゜)
そんなイメージ。
因みにWalk the Plankとは、海賊の映画とか?でありそうな、船の舷側から海の方向へ張り出した板の上を目隠して歩かせる、という処刑方法のことだそうです。
いきなりすごい曲から開始だなあ。


うむ、このバンドは全体的にノリが良い!そして酒が好き!
メロディも良い!そして酒が好き!

実はこのアルバム、酒メタルは二つあります、マジなんて酒好き!
それは#5 Mead from Hell、Meadとはメープル酒のことだそうで。
地獄のメープル酒って怖いのか優しそうなのかよく分からんぜ!

でもアルバムとしてはよかったよ!


評価 ★4


動画はDrink



スポンサーサイト

【アルバム】Black Sails At Midnight / Alestorm【レビュー】

Black Sails At Midnight


スコットランドのヴァイキングメタルバンド、Alestormの2rdアルバム(2009年)です。
10曲収録。

なるほど、私があんまりちゃんと聴いていなかっただけですか。
以前、3rdをレビューしたときは「こんないいバンドだったっけ?」と書いてましたね。

いやぁこの人たち、ガッチガチ勘違いヴァイキングメタルやってますな!

何が勘違いなのかは後ほど、ここのレビューを前から見てる人はもう分かる人もいるかもしれませんね。


ジャケットはどう見ても海賊!
骸骨のようなゾンビのような海賊船団といったところです。
ジャケットから威勢のよさがヒシヒシと伝わります。


内容は、海賊に特化したヴァイキングメタルサウンド。
バンドサウンドにアコーディオンやシンセ、フルート、ヴァイオリン、ブラス類を使用した豪華な出来栄え。
以前レビューした3rd同様、パワー&勢い重視なメインボーカルに勇壮なコーラス。
海賊を体現したような見事なサウンドになっています。


さて、ここで、なぜ勘違いなのか説明します。
Tyrのレビューのときのも書きましたが、

ヴァイキング≠海賊
ヴァイキング=民族
海賊=パイレーツ

なのです。
なのでこのバンドはどっちかと言うとパイレーツメタルバンド。
まぁKorpiklaaniの森メタルと同じようなものと思えば良いですね。
実際にこのバンドはパイレーツメタルバンドという謳い文句で売り出されているのですけどね;


好きなトラックは、
#1、2、3、4、6、7、8、9、10

Top3は、


#6 Black Sails At Midnight
なんとかっこよいイントロ!
実際、この曲だけのためにこのCDを買いました、結果的にはCD全体として良い物でしたが。
ここまで高揚するイントロがこの世にいくつあるでしょうか。
イントロを延々と聴いていたい・・・

Aメロがちょっと、イントロのリフをそのまま使ってるのですが刻むのみに徹したほうがかっこよかったかもしれない・・・


#1 The Quest
ブラスアンサンブルと、シンセ、そしてギターでトレモロピッキングを使用した勢いのあるイントロ。
アコーディオンも絡み良い雰囲気。
またサビ部分もブラスの勇壮なアンサンブルに、勇壮なコーラス。
スタンダードな曲構成に、必殺のブラス、これがパイレーツ!


#4 Keelhauled
やはりこういうコミカルな曲も必要ですよね!
のっけからコミカルなアコーディオン責め!
キャッチーなサビも良いです。
一緒にヨーホーホー!といいたくなります。
ヨーホーホー!


あー、んーと、#8がパイレーツソングという曲名です。
やはりヴァイキングと海賊を区別しているみたいですね、安心です。
1曲のみを目当てに買ったらすごく良く、気に入ったトラックは多いです。
3rdもこの2ndも、どっちもいい感じ!

ただ、ところどころメロディの練りが足りないと感じるところもあるのも事実。


評価 ★4


動画はBlack Sails At Midnight



【アルバム】Back Through Time / Alestorm【レビュー】

Back Through Time


スコットランドのヴァイキングメタルバンド、Alestormの3rdアルバム(2011年)です。
11曲収録。


いやぁ~、こんないいバンドだったっけ?
と思うような出来です。
これより前のCDは試聴しただけで買ってないのですが、これは良かったんですよね。


ジャケットは、船長らしき人が何か討ち取ったような感じですね~。
それにしても後ろ、船が飛んどるw


内容ですが、すごくヴァイキング的!
ヴァイキングにお約束の勇壮なコーラス、男らしいリフ、アコーディオンとホーンや笛などを使った奮い立つようなフレーズ。
勇壮に、時々コミカルに、よろしいかと。


好きなトラックは、
#1、2、3、4、5、6、7、11

好きな曲Top3は、


#1 Rum
うーん、明らかにKorpiklaani!
いわゆる酒メタル、しかもKorpiklaaniがやっていないラム酒を選択、やるな。
これがKorpiklaaniの真似だけでなくしっかりと自分のものになってます。
陽気な雰囲気、プラスちょっと勇壮な感じ。
船上で呑むラム酒って感じです。
ラム!ラム!ラム!ヤー!ラム!ラム!ラホーイ!


#2 Shipwrecked
最初の少しダークなイントロの後、明るい雰囲気へ転調。
ボーカルが入ってからのホーンの響きもかっこよい。
調べてみると、曲名が難破のようなんですが、さほど難破って感じの雰囲気じゃないような・・・
明るく航海中に危険にさらされて少しだけ暗くなる感じ、なのかな?


#5 Buckfast Powersmash
曲名の訳がわからない・・・
イメージ的には奇襲戦、みたいな。
よくわからんけど。
ダークな始まりに高速で攻め入るような勇壮なフレーズ。
そして間に何のミスがあったのでしょうか、物凄くコミカルなフレーズが入ります。
聴いてて結構おもしろい曲です。


立派なヴァイキングです。
まぁ購入のきっかけはラム酒の歌なのですが。
酒メタル好きとしては、これのために買っても良いでしょう。
ま、他の曲も良いので損はしません。


評価 ★3+


動画はRum





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。