We need another Metal (and beer)!

メタルCD、ヘッドホン、DTM、プラグインのブログ。オススメが多いです。
SoundCloud
プロフィール

やまちゃ

Author:やまちゃ
スラッシュメタル大好きっこ!
質問したい方はAsk.fmからどうぞ
[Ask.fm]

検索フォーム
カテゴリ別検索
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Twitter
ブログRSS

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

【アルバム】Eternal Defiance / Suidakra【レビュー】

Eternal Defiance


ドイツのメロデス系ヴァイキングメタルバンド、Suidakraの11thアルバム「Eternal Defiance」(2013年)です。
10曲収録。


前作が私的に大絶賛だったため、今作も良いのではと期待して買いましたよ!


とりあえずジャケットから。
ジャケットにはどこかの紋章のような赤を主体にした竜のモチーフに、前に女の人と謎の顔。
そしてその左右にヴァイキング族らしき二人の男。
紋章も良いが、下のSuidakraのロゴのほうがかっこよい。


今作ではヴァイオリンやホーンなどの音(恐らくシンセ)が多く、どちらかと言うと王国的な雰囲気。
ヴァイキングの民族的なものではなく、シンフォニックな王国的要素が多いと多いと思います。
そんな中でもギターの刻みやそのメロディは非常にヴァイキング的でかっこよい。
もちろん要所で民族楽器的な音も入っています。

ギターの音は厚く、ジャリッジャリでかっこよい。
轟音系の音で熱い!

ベースはギターの轟音に隠れがちだが何気にど真ん中にずっしりと腰を据えてかなり重い音を出している。
ところどころベースラインが幻想的でかっこよい。

ドラムは全体的に乾いた感じの音。
余韻がさほど無く、他のパートをあまり邪魔しない。

ボーカルは相変わらずにグロウルが強いが、クリーンが非常に上手く、また今作もゲストボーカル?なのか正式に入っちゃったのか分からないけど、女性のボーカルとの絡みがかなり良い。

また、最初こそヴァイオリンにホーンとシンフォニックな雰囲気だったが、本編に入ってしまえばバグパイプのような音が多く、それとボーカル、コーラスの絡みが特に綺麗。


では各曲のレートは、


#1 Storming the Walls ★3
#2 Inner Sanctum ★5
#3 Beneath the Red Eagle ★4
#4 March of Conquest ★5
#5 Pair Dadeni ★5
#6 The Mindsong ★4
#7 Rage for Revenge ★4
#8 Dragon's Head ★4
#9 Defiant Dreams ★5
#10 Damnatio Memoriae ★4


Top3は、


#4 March of Conquest
曲そのものは全体的にミドルテンポ、力強さを押し出した曲。
サビに入れば一転!
疾走間溢れるドラミングに、ボーカル、コーラス、バグパイプの絡みが非常に綺麗。
今作一番のサビかと。
2回目のサビへの入り方も変えてあるところにも、この曲にはかなり力が入っていることが伺える。


#2 Inner Sanctum
こちらも同じくしょっぱなは力強さや強大さをアピールするような構成。
かなりの迫力。
そこを抜けた瞬間の疾走が熱い!!!
途中のヴァイオリンパートの壮大さもかなりのもの。


#9 Defiant Dreams
普通のシンセ多めで若干普通のメロデス状態ではあるけれど、これもやはり迫力&疾走。
こちらには間にアコギパートが入り若干静かになる、静&動も盛り込まれている模様。
しかもこれの疾走はなかなかに激しい。


期待して買った結果、今作も非常に良いです!
すごいねこのバンド!
最近の2作しかちゃんと聴いたこと無いけど、過去作も欲しくなるよ!


評価 ★5


動画はMarch of Conquest




スポンサーサイト

【アルバム】Book of Dowth / Suidakra【レビュー】

Book of Dowth


ドイツのメロデス系ヴァイキングメタルバンド、Suidakraの10thアルバム(2011年)です。
10曲収録。


もーーのすごいカコイイ!


ジャケットは水のおじいさん的な賢者って感じ。
その周りには髑髏や武器を持った兵士?などなど・・・


内容はヴァイキングメタル的な、民族楽器的なものが使われてると思いきや、本編に入るとあまり使われてなかったりします。
しかしそこはヴァイキングメタルバンド、勇猛な声と楽器隊で押してきます。
ボーカルはグロウルとノーマルを使い分けたりするなかなか器用な感じ。

そしてたまに女性のゲストボーカルの曲を挟むなどし、アルバム中の雰囲気を上手く作っています。
このゲストボーカルもなかなか上手く、そちらのバンドもあれば聴いてみたいくらいです。


各曲のレートは、

#1 Over Nine Waves(インスト) ★4
#2 Dowth 2059 ★5
#3 Battle-Cairns ★4
#4 Bir—óg's Oath ★5
#5 Mag Mell ★5
#6 The Dark Mound ★4
#7 Balor ★5
#8 Stone of the Seven Suns ★5
#9 Fury Fomoraigh ★4
#10 Otherworlds Collide(インスト) ★4


Top3は、


#2 Dowth 2059
始まった瞬間ガッツポーズ!ヘドバン!ダイブ!
これがヴァイキング・・・と思わされるような圧倒的なかっこよさ!
#1から続けての曲なのであわせてどうぞ。


#8 Stone of the Seven Suns
久々の3連符万能説浮上!
3連符のヴァイキングメタルカコイイ!
哀愁が漂いつつも力強い!そしてサビのコーラスとのコンビネーションが最高!


#7 Balor
アコギから入る哀愁ある曲。
そしていきなりの爆発!
激しく荒々しい、強烈な曲。
そしてまたボーカルとコーラスのコンビネーションが良い!


全体的にまとまっててすごいかっこいいの!
そんで時々入るバグパイプやアコギ、そしてクリーンボイスがいい感じに哀愁を醸し出しています。
そして激しい曲は非常に力強く、激して良い!
激しいときはメロデスを通り越してデスメタル並です。
これはおススメ!


評価 ★5


動画はDowth 2059





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。