We need another Metal (and beer)!

メタルCD、ヘッドホン、DTM、プラグインのブログ。オススメが多いです。
SoundCloud
プロフィール

やまちゃ

Author:やまちゃ
スラッシュメタル大好きっこ!
質問したい方はAsk.fmからどうぞ
[Ask.fm]

検索フォーム
カテゴリ別検索
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Twitter
ブログRSS

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

【アルバム】Jumalten Aika / Moonsorrow【レビュー】

Jumalten Aika


うーん久しぶりのアルバムレビュー!
ということで今回はフィンランドのヴァイキングメタルバンド、Moonsorrowの7thアルバム(2016年)です。
5曲収録。


相変わらずの曲数、そして長尺加減ですね。
5曲で67分、何故こんなに長い曲ばかり書けるのか、頭の中はどういうなっているのか。


まあまずはジャケットに行きましょう。
ジャケットはこれまでよりも断然ブラックメタル感の強いものになってますね。
いやあ、よくわからんけど白黒で書かれた木の断面図。
寒々しいアレ。


音は相変わらずすっっっごい荒々しい音で、でもそんなに圧力があるわけではない。
Moosorrowにしては全体的にテンポが速く、お?ちょっと雰囲気変えた?って思ってしまう部分もあった。

ギターのジャッキジャキ感すごい。
本当に吹き荒れる鋭利なギター音の嵐。
パワーコードのサスティンやトレモロリフが中心で本当にブラックメタル感高い。

ベースは音控えめ。
特別バッキバキでも、ジャリッと感があるわけでも、べらぼうに重いわけでもない。
時々メロディックなベースラインを聴かせる。

ドラムは淡々感がなかなか強い。
キックとスネアの組み合わせが特に。
しかし金物はタイミングの揺れがいしきしてなのか大きめな気がする。
更にタムはものすごくリバーブが深い。
そこにちょっとした独特な雰囲気。

ボーカルは暴力的なグロウルに、雄々しいコーラス。
この組み合わせが本当にかっこいい。
そして時々聴ける民族的な歌唱。

そして相変わらずのシンセ。
パッドのようでいて鋭い音のシンセが特に多用されるんだけど、この音がホントに癖になる。


各トラックのレートは、


#1 Jumalten Aika ★4
#2 Ruttolehto sis. Päivättömän Päivän Kansa ★5
#3 Suden Tunti ★4
#4 Mimisbrunn ★4
#5 Ihmisen Aika (Kumarrus Pimeyteen) ★4


Top3は、


#2 Ruttolehto sis. Päivättömän Päivän Kansa
このアルバムの中では一番テンポが速いんではないかな?
速ければ良いわけではない、というのがわかる曲ではあるんですが、最初の方のコーラスパートがすごいかっこいい。
んで全体的にそんなコーラスが散りばめられている。
中盤の笛とかのパートマジ、ッパない。
後半のメロディもなかなかのクサさ、激しさも最高潮。
曲の展開が良いです。
曲尺15:21。


#5 Ihmisen Aika (Kumarrus Pimeyteen)
緩急の落差が非常に大きい一曲。
怪しいメロディ、コーラスラインや、ブルータルなフレーズ、ブラックなフレーズが多く急が多い前半から、後半に入った瞬間の緩と急が織り交ざる展開。
しかしここまではまだまだフリで、だんだんと盛り上げていくような、まだまだ溜める展開のオンパレード。
最後の最後(12分くらい)でやっとMoonsorrow得意のゆったりで豪勢なシンセたっぷりクサクサメロディ、それをだんだんとパワーアップさせつつ更に上げていくパターンが最高。
曲尺16:01。


#4 Mimisbrunn
曲の展開が熱い。
というか、戻ってきたMoonsorrow節。
このゆっくりさ、このメロディセンス、緩と急の付け方。
そして緩のときのベースのラインのクサさ。
どれをとってもMoonsorrow。
曲尺15:56。


最初はテンポが速く、Moonsorrowがついに変わったか、、、と思ったらやっぱりいつものMoonsorrowでした。
クッサクサのメロディラインは若干抑えられつつある雰囲気はありましたが、それでも十分にクサいライン。
いつもより激しさを増した曲調は更に緩急を強調し、そしてグロウルとコーラスのコンビネーションを更に盛り上げる。
これはなかなかのものでした。


評価 ★4


動画はRuttolehto sis. Päivättömän Päivän Kansa




スポンサーサイト

【アルバム】Viides Luku - Hävitetty / Moonsorrow【レビュー】

Havitetty


新譜じゃないアルバムレビュー久しぶり٩( 'ω' )و✧
今年は新譜のレビューがあんまり出来そうにない予感がしてきたので、ブログ初期のころみたいに以前のものも書いていきます。

ってことで今回はフィンランドのヴァイキングメタルバンド、Moonsorrowの5thアルバム「Viides Luku - Hävitetty」(2007年)です。
2曲収録。


アルバムなのに収録曲数2曲!?
そうです、2曲です。

しかし内容がすごい。
これは店頭でこのアルバムを手に取ったときのほうが衝撃が大きいかもしれません。

ケースの裏に記載されているのは、

「PLAYING TIME 56:30」




なん・・・だと・・・?

本当にそれだけしか書かれていません。


これを買ったときはまだ台湾で仕事をしているときで、近くのCDも扱ってる雑貨屋さんに入るたびにこれを見てて気になってました。
あるときセールをやってたので思い切って買ってみるとこの有様。

2曲で収録時間56:30、1曲目30:10、2曲目26:20。

目が飛び出ましたね、どんなバンドだこれって。
そのときはまだ今ほどヴァイキングメタルを知っていないときだったのですが、後から調べるとヴァイキングメタル界の中堅バンド。
異常な超長尺曲はこれだけだったようです。


内容としては重く暗く寒々しくそして荒々しい音を出すのですが、それがメタルだけに留まらない。
まあメタル成分はかなり多いんですけどね。

それにしてもこのほぼブリッジミュートを使わずトレモロピッキングやコードを荒くジャガジャガ弾き回していることがほとんど。
そんな中にアコギが挟まれたりもします。

ベースは重い、暗い、鬱々しい。
それだけが至上ってくらいの弾きっぷり。
当然かもしれないですが、後半になるにつれて元気になっていきます。

ドラムはまずかなりリバーブ効いてる。
全体的にそんなに激しくはないんだけど、金物をけっこう鳴らすので体感としては激しい。

ボーカルはほぼ喚くような搾り出すようなハイが強いグロウル。
とにかく荒い。
強烈に荒い。
時々きれいに勇壮な声。

これにシンセやいくつかの民族系楽器が乗ります。
シンセがまた雰囲気作りが上手すぎて。


各トラックのレート・・・2曲しかねえや!

#1 Jäästä Syntynyt Varjojen Virta ★4
#2 Tuleen Ajettu Maa ★4



Top3は・・・2曲しかねえや!

とりあえず感想を。


#1 Jäästä Syntynyt Varjojen Virta
もう何がなんだか・・・
最初静かだったなー、途中めちゃくちゃいいフレーズだったなー。
うーむ・・・長すぎて覚えてられない。


#2 Tuleen Ajettu Maa
1曲目とかわんねえや!

若干雰囲気違う・・・?でもやっぱ変わんないw
相変わらずいいフレーズ出してくるな・・・

中盤むちゃくちゃ激しいや、中盤って言っても14:00辺り。


ハッキリ言って聴き終えた後にこの部分が良かった、なんて感想は出てきません。
そんなものは超越しています。

とにかくギターとボーカルの荒々しさと、硬いシンセの寒々しさ、ベースの暗さ。
そんな中に異様なほどクサく、そしてそんな中だからこそ光まくるフレーズがかっこよすぎる。

若干薦めにくいアルバムではありますが、我慢強い人、クサいフレーズを聴きたい、ゆっくりしたメタルが聴きたい、強烈な重厚感を味わいたい、などなどな方は一聴の価値あり。
1曲目と2曲目を合わせててもいいんじゃないかと思えたりしますが何か違うのでやっぱり別のものでしょう。
というか、だからこその

「PLAYING TIME 56:30」

なのかもしれませんね。


評価 ★3+


動画はJäästä Syntynyt Varjojen Virta




【アルバム】Varjoina kuljemme kuolleiden maassa / Moonsorrow【レビュー】

Varjoina kuljemme kuolleiden maassa


今回は、フィンランドのヴァイキングメタルバンド、Moonsorrowの最新作6thアルバム(2011年)です。
7曲収録、内3曲は足音や叫び声などのみのSEトラック。


前から欲しがっていた最新作がやっと手に入りました!


ジャケットは丘にたたずむ五人衆、哀愁を感じさせます。
空の色が寒々しさを感じますね。


内容もその通り、というか今までのMoosorrow節全開です。
荒々しい音を出しつつゆっくりと進行。
シンセ使いも良い感じ。
しかし漢らしいリフが出たときはガッツポーズが必要になるくらい。
いつでも寒々しさを感じさつつも熱い仕上がりとなっています。


各トラックのレートは、

#1 Tähdetön ★4
#2 Hävitetty(SEトラック) ★3
#3 Muinaiset ★4
#4 Nälkä, väsymys ja epätoivo(SEトラック) ★3
#5 Huuto ★5
#6 Kuolleille(SEトラック) ★3
#7 Kuolleiden maa ★4


Top3は、


#5 Huuto
クリーンギターにうっすらとシンセが使われてる幻想的なパートから始まります。
それを崩すかのように荒いギターが入り、そして珍しくタムを連打。
それからは幻想的さを取り戻しつつもゆっくりと、そしてさらに荒々しいボーカルが入りながら進行します。
聴き所は4:30頃、ん~でもそれ以降ずっと聴き所かも・・・
収録時間15:58


#1 Tähdetön
最初は重く荒く寒々しく!
でも6:00あたりでいきなり雰囲気を変えるのです!
なんか楽しげな雰囲気!
収録時間12:44


3曲目選曲なし。
ん、まぁね・・・
良いには良いのだけど、もう少し走るパートも欲しかったよね!
でもかっこよかったよね!
今作もMoonsorrowは平常運転でした!


評価 ★3+


動画はHuuto



【アルバム】Kivenkantaja / Moonsorrow【レビュー】

Kivenkantaja


フィンランドのヴァイキングメタルバンド、Moonsorrowの3rdアルバム(2003年)です。
6曲収録。


6曲と侮ることなかれ。
10分越え2曲、8分台2曲、7分台1曲、4分台1曲と、非常に長尺な曲を作るヴァイキングメタルバンドと有名なのです。
その点で本当にすごいのは5thだけど・・・


ジャケットは、雪原の石碑のような感じ。
Månegarmのときも石碑でしたが、硬派なヴァイキングメタルバンドは石碑がお好き?


内容は、全体的にスローなヴァイキング。
硬派。
風の音を盛り込んだりいろんな音を出すシンセ、ギターの奏法で寒々しさを演出しています。
力強いギターに、どっしりしたベース。
リバーヴちょい強めな響くドラム。
そして幻想的なシンセ。
民族的コーラスから力強い咆哮グロウルまで。


各トラックのレートは、

#1 Raunioilla ★4
#2 Unohduksen Lapsi ★4
#3 Jumalten Kaupunki Including Tuhatvuotinen Perintö ★5
#4 Kivenkantaja ★4
#5 Tuulen Tytär Including Soturin Tie ★5
#6 Matkan Lopussa ★3


Top3は、


#3 Jumalten Kaupunki Including Tuhatvuotinen Perintö
全曲中でも2番目に長尺。
いや、Moonsorrowの平常運転、といったところか。
ひっじょーーーーにクサいパート満載!
長い!なんて文句は言わせません!
ただ、これは#1から順に聴いたほうが良いでしょう。
それでこそ、疾走もあるこの曲が映える!
この寒々しさと熱さ、力強さがウリ!


#5 Tuulen Tytär Including Soturin Tie
寒々しく壮言な雰囲気。
そんな中に響く、荒々しく鋭いギター。
ほとんどボーカルは無く、というかあるのは語り。
だがそれが良い!
実際には控えめにボーカルあります。
緩急で言うなら明らかに緩の曲ですが、すごく練りこまれた感じで次は次は、と先を期待してしまいます。


#1 Raunioilla
クサくも悲しげなような、どこか懐かしいメロディのイントロ。
ドラムの響きが非常に気持ちよく、もうちょっとドッスンドッスンやって!と思っちゃいます。
全曲中最長尺13:37。
ああ、でもこのポジションに#4 Kivenkantajaも捨てがたい・・・むしろ2番目でも・・・


内容は長尺なれど、ヴァイキングのかっこよさを余すところなく盛り込んだ結果、聴いていて無駄な部分はありません。
疾走パートはほとんどありませんが、北欧的ヴァイキング的寒々しさ、このドッシリ加減、力強さ。
北の大地に生きる者たちの力強さをあらわすようです。

激走爆走暴走が多いスラッシュメタルが好きな私がなぜこれを好きなのかと思ってしまうほどゆっくりですが、何度も聴きたくなるような疾走とはまた別の中毒性を持っています。

このバンド最新作6thアルバムが聴きたいのにまだ手に入れてない・・・


評価 ★4


動画はJumalten Kaupunki Including Tuhatvuotinen Perintö





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。