We need another Metal (and beer)!

メタルCD、ヘッドホン、DTM、プラグインのブログ。オススメが多いです。
SoundCloud
プロフィール

やまちゃ

Author:やまちゃ
スラッシュメタル大好きっこ!
質問したい方はAsk.fmからどうぞ
[Ask.fm]

検索フォーム
カテゴリ別検索
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Twitter
ブログRSS

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

【アルバム】Icarus / Dew-Scented【レビュー】

Icarus


ドイツのデスラッシュメタルバンド、Dew-Scentedの9thアルバム「Icarus」(2012年)です。
14曲収録、内3曲ボーナストラック。


驚異的なスピードでアルバムをリリースしますねー。
1stを出してから16年でアルバムを9枚。
なんて精力的なのでしょうか。


ガスマスクの革命者みたいな格好。
ギリシャ神話のイカロスとかけて翼を付けているのでしょうか?
それにしてもこのバンドはガスマスクが好きだね!


相変わらずのゴリゴリな音を出してますね。
さすがデスラッシュ!さすがデューセン!

全体的には前作と同じような音なので割愛。

違いが一番あるといえばスネアの音が低く響きにくい音にしてあることでしょうか。


各トラックのレートは、


#1 Hubris ★4
#2 Sworn To Obey ★5
#3 Thrown To The Lions ★4
#4 Storm Within ★4
#5 Gleaming Like Silver ★4
#6 By My Own Hand ★4
#7 The Fail Of Man ★4
#8 Reawakening ★3
#9 Destined To Collapse ★4
#10 A Final Procession ★4
#11 Perpetuated ★4
#12 In Dying Mode ★4
#13 Good Day For A Hanging ★5
#14 The Storm ★3


Top3は、


#13 Good Day For A Hanging
いきなりTop1がボーナストラックからってのもあれですが・・・
邪悪でノリの良いイントロリフ!
ボーカルもキレキレでかっこよい!
細かくリードギターを入れるところも良い!
中盤にはスローなパートを作り小休止。
そこからのー、超絶ノリノリパート&ギターソロ!!!
ここすんごいかっこいいの!
(よーく調べたらWasted Youthのカバーやん・・・完全に自分の曲にしとる)


#2 Sworn To Obey
これはやはり#1のイントロトラックから聴いて欲しいですね。
ゴリゴリなデスラッシュですが、イントロトラックから続けることで様式美を作り出しています。
哀愁漂いまくりなイントロトラック、それが#2の本編へ切り替わった瞬間とてつもない爆走!


3つ目は選曲無しかなー・・・
(実はどれも似たり寄ったり聴こえたり・・・)


全体的に前作よりもスラッシーさは減っています。
が、勢いはなかなかに高く、今回もまずまずの出来!
中盤ちょっとダレるのが残念かなー。

前作でもそうでしたが、どうやらボーナストラックに良い曲が入ってくるバンドですね!


評価 ★3+


動画はSworn To Obey



スポンサーサイト

【アルバム】Invocation / Dew-Scented【レビュー】

Invocation


ドイツのスラッシュ、デスラッシュメタルバンド、Dew-Scentedの8thアルバム(2010年)です。
16曲収録、内4曲ボーナストラック。


8枚目となかなかに中堅的な立ち位置にあるバンドです。
にしても結構なペースでアルバムを出しています。
大体2年に1回。
アルバムタイトルの頭に必ず「I」が付くようにすることで知られています。


ジャケットは、廃墟というか瓦礫の山の中でガスマスク協定?
背景が上記のような白いバージョンと、赤いバージョンがあります。
俺が持ってるのどっちか忘れた・・・
(ボーナストラックありなのでおそらく日本盤)


音はやはりデスラッシュなだけあって質の良い音を出してきます。
デスラッシュメタルバンドとは言われていますが、結構スラッシュな部類な曲が多いです。

思ったほどにブリブリしてない、むしろゴウーン的な音のギター。

ベースは重くアタックの瞬間にベコン的な音は聴こえますが、ギターの支え的な役割が多い様。

ドラムはなかなかにクリアな音ではありますが、あまり広範囲には位置を振っていない様子。
特記するほどにいい感じの音があるわけではないが、無難に良い音を出している。
手数はデスラッシュにしては少なめ。

ボーカルは、若干吐き捨てな印象を受けるグロウル。
若干高音多め。
コーラスまでグロウルな雰囲気。


各トラックのレートは、

#1 Downfall(インスト) ★3
#2 Arise From Decay ★4
#3 The Invocation ★4
#4 Have No Mercy On Us ★4
#5 Artificial Life ★5
#6 Condemnation ★3
#7 Totem(インスト) ★4
#8 Torn To Shreds ★4
#9 Revel In Contempt ★4
#10 A Critical Mass ★4
#11 Global Hysteria ★4
#12 Slaves Of Consent ★5
#13 Recall The Pain(インスト) ★3
#14 The Death Of Common Sense ★5
#15 Slaughterhouse ★5
#16 Superstar Destroyer ★4


Top3は、


#14 The Death Of Common Sense
#13のインストトラックから続き、なかなかに怪しい雰囲気。
その後のテンションの高さは最高!
ボーカルのすごい勢いが特に良い感じ!


#15 Slaughterhouse
不思議な展開をする曲。
イントロ最初はゆっくりめ、その後なんか妙に癖になる高音ミュートの連弾。
本編に入ると意外にも普遍的なリフ。
そんな中に混ぜてくるイントロの癖になるリフ。
後半ではそんなリフを1オクターブ下げて使ってるところも。
ソロではバスドラム踏みっぱなし。


#5 Artificial Life
なかなかにキャッチーでリズミカルなリフで攻めてくる。
最初のバスドラム連打がかっこよい。
そして相変わらずソロではバスドラム踏みっぱなし。
曲的にはスラッシュな部類。


途中まで聴いてる時点でTop1を暫定的に決めて内容まで書いてたんですわ。
そしたらボーナストラックに入ってすぐTop1、Top2をかっさらっていくっていうねw
そんで、聴き直したら別の曲のが気に入るというw(現Top3のこと)
輸入版のアルバムもいいのですが、これはボーナストラック目的で日本盤を買うべき!
なかなかに良いアルバムでした!


評価 ★4


動画はSlaves Of Consent





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。