We need another Metal (and beer)!

メタルCD、ヘッドホン、DTM、プラグインのブログ。オススメが多いです。
SoundCloud
プロフィール

やまちゃ

Author:やまちゃ
スラッシュメタル大好きっこ!
質問したい方はAsk.fmからどうぞ
[Ask.fm]

検索フォーム
カテゴリ別検索
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Twitter
ブログRSS

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

【アルバム】THE BITE OF SARCASM / Disaster!【レビュー】

THE BITE OF SARCASM



日本のスラッシュメタルバンド、Disaster!のミニアルバム「THE BITE OF SARCASM」(2014年)です。
4曲収録。


今作からいくつか変わっております。
専属ボーカルAkibaさんが加わり、これまではギター兼ボーカルKinoshitaさんが紆余曲折ありーので現在ギター専任。
そしてもう一人のギターSugoさんが脱退、ギターGunjiさんが加入。
そんでもってベースTakahashiさんが脱退、一時期Kinoshitaさんがベースをやり、今ではベースHaradaさんが加入。
ドラムTomizawaさんは全く変化なし、さすがドラム。

iTunesに取り込んだらバンド名がDisaster!って感じで「!」が付いてたけどいいのかなヾ(*´ー`)ノ


ジャケットはクールなゾンビー顔。
まさしくスラッシュといった感じのジャケですな。
因みにうちの嫁さんがこのジャケット見てかわいいと言ってました。


内容のほうは、このバンドの特色である「とにかく楽しい!」が全面に出ている!
これに一貫しているところがまた好感。
全体的に柔らかめの音だけど前回から比べても確実にパワーアップしていると言える。

ギターは前作の高音が強いシャリッとした音から、もう少し腰を落として重心が安定した感じ。
刻みの音がすごいかっこよくなってる。

ベースは若干高域抑え目のブリブリと粘りがあるタイプの音になってる。
しかしアタック感が強くそしてどっしりと太い音で、がっつり体に響いてくる。

ドラムは全体的に素の音を活かして出しているイメージかな。
スネア高めの音でバスドラムはボコッと殴ったような音。
金物が全体的にはっきりした音で出て周囲に広がっていて、そして柔らかめな音なので聴きやすくて良い。
#3ではこれまででも特に激しいドラミングが聞けて楽しい。

ボーカルはやはり交代しただけあってかなり変わったね。
前回までがパワータイプとしたら、今回からはきっちり歌うテクニカルタイプといったところかな。
高音が多く、全体的に伸びる声。
ああ因みに今まで通り全員で歌うタイプです。
でも専任ボーカルが居るのでその比率が高くなってる。


各トラックのレートは、


#1 FIST UP ★5
#2 THRASHIN' ★4
#3 INTO A CORNER ★5
#4 THRASH ON THE BEACH ★5


#3 INTO A CORNER
スラッシュ!!
ってイメージのスピード、高速回転刻みリフで始まるナンバー。
イントロのギターの刻みの音、ベースの入り、そしてドラムの加速感がすごく良い。
そしてボーカルがアグレッシブなのにきっちりと伸びる歌唱をしており、そこが短く切る楽器隊との対比になってて良いね。
中盤のスローパートがまた全体的なスピード感を強調する良い味付けになってるね!


#4 THRASH ON THE BEACH
ラジオっぽい音から始まるのがまたタイトルのビーチっぽい。
最初のほうの変態的とも言えるリズムチェンジ、極端なチェンジなのにノってしまう不思議。
中盤辺りからまた雰囲気が変わるが、本当の変化こんなものではなかった。
終盤のあのノリがすごーーーく良い!
まさしく楽しい曲を、とのこのバンドの特色を一番良く現していると思う。


#1 FIST UP
短い中でも良くできており、そんな中で出し切りつつも次を期待させるというね。
サクッと聴けて気持ちいい!


#2 THRASHIN'
今の編成になって最初の曲なのかな?デモ版を聴かせていただいたことがあります。
スタスタとリズミカルに進むドラムが小気味良い。
中盤からの展開、そしてボーカルの掛け合いもいいね!


4曲と少ないながらもどれも良い出来ですね!
アグレッシブなものから変化を上手く使ったものまでなかなかに多彩で聴いていて飽きない。
それでいてコンセプトを見失わない。
確実な成長を感じるものでした。


評価 ★4


動画はTHRASHIN'


と現編成バージョンのYou Asked for It(ライブ版)

こっちで聴くとボーカルが更にアグレッシブでパワーがあってすごく良い感じ。
スポンサーサイト

【アルバム】Inspired My Brain / Disaster【レビュー】

Inspired My Brain


日本のハードコア/スラッシュメタルバンド、Disasterの2ndデモ(2012年)です。
3曲収録。
マイミクさんのバンドの2ndデモをいただき、じっくり聴きましたのでレビューを。


ジャケットは、いろんなアルバムのジャケットを集めた感じ。
これまでに影響を受けたいろんな音楽、と言ったところでしょうか。
紫を基調とした色が目を引きます。


さて内容ですが、前作よりも勢いのある曲、前作同様に即効性のあるノリの良い曲、じっくり聴かせる曲、と見事に3つに分かれています。
音は前作よりも向上しており、どの楽器もパワーアップしています。

ギターは、前作よりも密度が濃くジャキジャキさとズンズンさ(つまり高音と低音)が上手く強調されており、しっかりしたパワーを出しています。

ベースは、やはり基本は前作からの延長線上にありますがアタック感が増し、さらに勢いが出たように思います。
前作よりも高音が増え、バキバキ感が出たのが要因かと。

ドラムは、前作はどの音も全体に広がっていて位置が良くわからないような状態になっていましたが、今回は特に金物をしっかりと定位分けされております。
そのおかげか音がクリアになり聴きやすく、曲に広がりを持たせています。

そしてボーカル、今回は前作よりもメインボーカルがわかりやすくなってますが、前作同様にあっちこっちからうたっているようですね。
また、歌い方を分けているようでいろんなボーカルが聴けて楽しいです。
前作の最後のほうで書いた「ボーカルが引っ込み気味」というのもかなり改善されています。


各トラックのレートは、

#1 Shame On You ★4
#2 It's Up To You ★3
#3 Just Kidding ★5


3曲なので順に紹介すると、


#1 Shame On You
上記の中での、勢いのある曲担当。
最初の「い゛や゛あ゛あ゛あ゛あ゛ーーーーーー!!」なんてまさにその象徴!
特にドラムがさらなる勢いを作っています。
タイトルの「Shame On You!」を繰り返すパートは勝手に頭を振ってしまうようなリフで◎
四捨五入すれば★5に・・・

#2 It's Up To You
じっくり聴かせる曲担当。
この曲はまず聴かせるギターソロ。
そしてソロもあるベースの動きが面白く、何度も聴きなおしたくなる。
すると今度はドラムの動きが気になり、また聴きなおしたくなる。
(以下ギターに戻る)
そんな感じにじっくり聴かせる仕様になっているようです。
★3にはなってますが、じっくり何度も聴いていると★4にしたくなってくる・・・


#3 Just Kidding
即効性担当!
もうね!いきなりあのベース、そんで順にドラム、ギターとこれはもう初聴きで勝手に体が動く!
サビ部分の掛け合いも良い感じ!コーラス部分をみんなで叫ぶ様が目に浮かぶようです!
ギターソロからイントロのベース&ドラムへいきなり移るのがカッコよいなあぁ。
実は結構な勢いもあるのです。


前作はノリの良い曲ばかりで楽しく聴けましたが、今作はそれとは少し違い変化に富んだ3曲で楽しく聴けました。
また、前回のレビューで書いていた改善点がかなり改善されており、今のところ特に言うことがなく安心して聴けました。
前作レビュー
言いたいことといえば・・・もっと曲を・・・もっとちょうだいいいぃぃぃ!ってところでしょうか。
そんな感じでいっぱい聴きたくなるわけですが、それはバンドの皆さんのペースがあるので気長に。
あとで曲ごとの評価が上がってくる可能性は大です。


評価 ★3+
(★4でも良いんじゃないかとめちゃ迷う~・・・)


動画は、このレビューのために全曲YouTubeにアップしていただいたので全曲!
#1 Shame On You


#2 It's Up To You


#3 Just Kidding

【アルバム】Again (demo) / Disaster【レビュー】

Disaster


日本のスラッシュメタルバンド、Disasterのデモ盤(2011年)、3曲入りです。
私のマイミクさんのバンドで、デモ盤を出された頃にちょうど私もこのレビューブログを始めたのでレビューをお願いされました。
約20年前にやっていたバンドを最近復活させたそうです。

タイトルは1曲目に入ってる曲を入れときました。


ここでジャケットについて書くところですが、デモ盤のジャケットはDisasterのロゴに、下に曲名を書いた白い紙だったので上のほうにはロゴを貼っときました。


スタイルはガッチガチの爆走スラッシュではなく、ハードコア要素混じり、ノリの良いテンポで刻みを入れ、ドスを効かせたメインボーカルとコーラスを展開するタイプです。
ザクザクと気持ちの良い音を気持ちの良いテンポで刻んでます。

コーラスを大事にしているということですが、動画を見ればドラムの人がメインで歌ってるときもあり動画によっては「なるほど誰がボーカルかわからん」ってくらいにみんな歌ってます。


3曲だけですが、Top3は、

#1 Again
キラーチューン要素満載な曲ですごくノれる曲です。
Verse前半では間にソロ的フレーズ、Verse後半ではベースをボンボン響かせるという工夫で変化を持たせてありすごく好きです。
疾走感もあり一番気持ちよく聴ける曲です。


#3 You Asked For It
このイントロの3種類のリフ、どれも大好きです、特に最初と最後のほう!
刻みが8分から16分に変わったところも良いです!
途中でベースにワウをかけてるのでしょうか、そういう工夫もみられます。


#2 Go Ahead
まさにGo! Ahead!って感じです。
ぴったりな曲名だと思います。


さて、私がDTMをやってることもありDTMerな視点でも聴いてしまいます。
その視点で聴いた場合、こんな風にしたい、あんな風にしたいというのがちょこちょこ出てきます。

ボーカルが、特に#1で最初にフィルターをかけてる?と思うような音で、そのままの音でずっと進んでいます。
Verseはそのままの音、サビ辺りでもっとクリアな音になってるともっと
「おっ!」となってたに違いありません。
ボーカル、コーラスが楽器に比べて引っ込み気味なのも気になります。

あと、左右をギターの音で固めてあってよいのですが、真ん中の音がちょっと弱めに感じますね。
これは上のボーカルが引っ込み気味の影響もあると思います。


まぁデモ音源ですからね。
なのでこれからどのようになるのかすごく楽しみでもあります。


ほかのレビューでも書いたように、小気味の良いテンポで刻まれるリフは私の大好物の1つであります。
このバンドはノリの良さを重視しているだけあって、私の大好物にぴったり合うリフがよく聴けて嬉しく思ってたりします。
こういう気持ちよさを重視したバンドってのは意外と少なく、ほかにも曲が出来たら聴きたいなと思ってます。

デモ盤であり曲数の少なさもあって評価を決めにくいですが、


評価 ★3+


これが倍以上の曲数になっていたら、評価は確実に★4上以上になっていたでしょう。
これからの活動に期待してます!


このデモ盤は大阪の「Rock Stakk Records」にて無料で配布されています。
通販でも扱っていて、私は通販で送ってもらいました。
気になる方はチェックしてみてください^^

音源はマイスペで!
Disaster


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。