We need another Metal (and beer)!

メタルCD、ヘッドホン、DTM、プラグインのブログ。オススメが多いです。
SoundCloud
プロフィール

やまちゃ

Author:やまちゃ
スラッシュメタル大好きっこ!
質問したい方はAsk.fmからどうぞ
[Ask.fm]

検索フォーム
カテゴリ別検索
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Twitter
ブログRSS

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

【逸曲】Assassins Of Youth / Wayne Static【入魂】

Pighammer


さて、今回は私が作りたいメタルを作るために勉強として聴いたものから1曲!

あ、そういえば【一曲入魂】ですが、【逸曲入魂】に改題します。
それにあわせて全記事のタイトルとタグを変更しました。
一曲だとMuzieのあのコーナーとかぶるしね!(・∀・)b


ということで、今回はアメリカのインダストリアルメタルバンド、Static-Xのギター兼ボーカルWayne Staticのソロ活動で、アルバム「Pighammer」(2011年)から「Assassins Of Youth」です。


インダストリアルメタルバンドの中でもStatic-XはEVIL DISCOを自称しており、それに見合うようなシンセ使いや曲展開の作品が多く出されています。
そんなStatic-Xのギター兼ボーカルのWayne Staticとしての作品ですが、EVIL DISCOをさらに突き詰めたようなものになっています。
今回の曲はそんな中でメタルファンも特にノリやすそうな曲です。


ジャケットはまぁWayne Staticですね、なんともマッドサイエンティスト、マッドドクター的な感じ。ブックレットの中身もまさにそんな感じです。
スタティックさんの髪型相変わらず!


曲詳細


音はやはりStatic、インダストリアルなイメージからは遠めな重いギターをズンズンに刻む。

ベースも基本的にギターのラインで多くは主張しないけどギターとともに重いサウンドを作り出しています。
Static-Xと同じくちょっと特徴的なイコライジングな気が。

ドラムはシンセ的な音にチューニングした生ドラムの音、完全にシンセな音の2種類を使い分けており、人間的な強弱の付いたパート、強弱無しなパートがあります。
このメリハリで独特なグルーヴ感が作られているようです。

ボーカルはもうWayne Staticそのままで、歯切れの良い、軽いグロウルとも取れそうなしゃがれたような声。

シンセはリードシンセ系な輪郭の鋭いような音とパッド系な柔らかい音の中間のような音が使われていすね。
パッド系に近い気がします。
シンセの知識はあまりありませんが;


●イントロ
始めにちょっとした語り?アナウンスのようなものが流れ、重めなギターから入り、順に左右のギター、重いベース、そしてドラムと入ります。
このときからドラムが4つ打ちになっており、EVIL DISCOを象徴するかのよう。

●ヴァース
リズミカルに8分音符の刻みで進行。
スタティックさんのリズム的なボーカルが特徴的。
勝手に体の動く感じがたまらん!

●コーラス
シンセもメインとして入ってき、そして2本目のシンセ。
リフはイントロのリフを使用。
ドラムはシンセみたいですね。
相変わらずのテンポでずっとノリを変えない。

●他
どうやら中間にはシンセメインな感じのパートが入っており、ギターソロはありません。
そこがおそらくEVIL DISCOに特化した結果なのでしょう。
確かに、純粋なメタルでも頭をよく振るのはギターソロではなくリフメインな気がします。

そして最後はフェードアウト。


なるほどこれがEVIL DISCO、と言ってしまう様な曲。
ただ、メタル的に普遍的でわかりやすいリフを使っており、メタルだなと感じる部分も多々あります。
本アルバムではこの曲が一番好きです、かなりリピートして聴いています。


でもそろそろStatic-Xとしてもアルバム出して欲しいなぁ。


スポンサーサイト


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。