We need another Metal (and beer)!

メタルCD、ヘッドホン、DTM、プラグインのブログ。オススメが多いです。
SoundCloud
プロフィール

やまちゃ

Author:やまちゃ
スラッシュメタル大好きっこ!
質問したい方はAsk.fmからどうぞ
[Ask.fm]

検索フォーム
カテゴリ別検索
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Twitter
ブログRSS

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

【逸曲】Rock and Roll (In a Black Hole) / Rob Zombie【入魂】

Venomous Rat Regeneration Vendor


今回は、アメリカのインダストリアルメタルバンド、White ZombieのボーカルRob Zombieによるソロ活動の5thアルバム「Venomous Rat Regeneration Vendor」(2013年)より、「Rock and Roll (In a Black Hole)」です。


曲詳細


今回はバンドサウンド率低め。
しかしバンドサウンドに入った瞬間の爆発力は物凄い一曲!

相変わらず重く荒い音のギター。
この荒さが気持ちよい。

ベースはかなーり重い。それしか言えない。

ドラムは威力とヌケを重視してあるような音。
重みがあると言うほどでもない。
シンセドラム?フィルターを通したドラム?の音はまさしく機械的で常にバスドラム4つ打ち。

ボーカルは全体的に静かめだけど、コーラス部分はいつも通りがなり声。
ただ、前回みたいに割れ気味な音には作ってない。
強めにディレイをかけて効果音的な使い方も。


●イントロ
ノリの良いシンセベースに、4つ打ちドラムでノリを加速させる。
終始このノリ。


●ヴァース
ナレーションのような声であったり、静かめに歌うロブが中心。
間にときどきギターが小さめな音で入る。


●プリコーラス
あるのかな?


●コーラス
バンドサウンドに切り替わり一気に爆発!
フレーズなどは変わらないが、この瞬間ノリは最高潮に!


●他
チョコチョコと細かい音を変えたり加えたりとなかなか芸が細かい。
また後半に入ると突然のコーラスがあったりと、いきなりクライマックス状態。


これぞまさに4つ打ちの力を引き出した一曲であると思います。
また、電子音とバンドサウンドの切り替えによるテンションの差を作ることで一気に爆発させることに特化しています。
終始基本は変わらず、これだけのテンション差を作り、上げ下げをはっきりする、これが本当に上手く作られています。
聴き入ってしまう一曲であると共に、非常に参考になります。



スポンサーサイト

【逸曲】What? / Rob Zombie【入魂】

最近忙しかった・・・
ということで久しぶりになっちゃいましたが、今回は逸曲入魂!


Hellbilly Deluxe 2


今回は、アメリカのインダストリアルメタルバンド、White ZombieのボーカルRob Zombie
そのRob Zombieによるソロ活動の4thアルバム「Hellbilly Deluxe 2」(2010年)より、「What?」です。
打ち込み率高めの、私としては参考になる曲を作る人のうちの一人です。


曲詳細


ギターはオルタナ、ニューメタル系統らしく重めな音。
ただし、周りのシンセやボーカルなどの音をよく聴かせるために若干音量小さめです。

ベース、かなりブリブリに言わせてます。
この曲の気持ちよさの特に重要な要素になっていますね。

ドラム、全体的にサンプリングっぽい。
タンバリンの音とか意外とメタルと合うのね、って気がついたのはこの曲から。

ボーカルは若干割れ気味に加工されており、粗暴さ、荒さを強調したような音にしてあります。


●イントロ
変な会話から。
何かの放送に対し子供が「テメーに教える必要なんてなんもねーよ!」的なことを言ってるみたいです。
そしていきなりゴキゲンノリノリなリフ。
間に遠めなところからタンバリン。
一瞬にして曲に惹き込まれます。

●ヴァース
若干ダルそうに歌ったり、シャキッと歌ってみたり、挑発するように歌ったり、毎回違います。
が、ほとんど毎回間に「What!?」のコーラスが心地よく、楽しくなってきます。
どう聴いても「ぅーわっ!」です。

●プリコーラス
なし、だと思います。

●コーラス
いきなりコーラスに入るタイプの曲。
ポイントは「アハッ♪アハハッ♪アハハッ♪アハハッ♪」

●他
コーラス後を毎回ばっさりと変えており、全体的に同じリフの曲に変化を作っていますね。
こっそり最後のヴァースのリフも違います。
もとのリフより早めに裏拍から入っているところに工夫が見られます。


とにかくこのノリこそが最大の特徴、的な曲です。
はっきりいってメタラーでなくても物凄く聴ける曲なのでは。
むしろメタルな雰囲気が少ないかもしれません。
そんな意味では万人向けなわけで、メタル的ではないって人も居るかもしれませんが、このベース、ギターは見事なメタルの音です。
この万人受け度は前回の人間椅子とは全く逆ですね。
逆でも突き抜けると良いものです。




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。