WNAM

メタルCD、ヘッドホン、DTM、プラグインのブログ。オススメが多いです。
SoundCloud
プロフィール

やまちゃ

Author:やまちゃ
スラッシュメタルとフォーク/ヴァイキングメタル大好きっこ!
質問したい方はPeingからもどうぞ
[Peing]

検索フォーム
カテゴリ別
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Twitter
ブログRSS

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

【アルバム】Unleash The Violence / Injury【レビュー】

Unleash The Violence

超新星現る!


またしてもイタリアのスラッシュメタルバンドの、Injuryの1stアルバム(2011年)です。
9曲収録。


この前のMad Mazeでも書きましたが、

最近のイタリアパネエな!

何を隠そう、前回の帰国時に注文した中でこのバンドが一番期待のバンドでした!
これが期待を裏切らない、かなりのハイクオリティ!


さてジャケットですが、
真ん中の人が教祖の宗教で、左の人が右の人に布教しようとしてる、みたいな?
それともなんか争いごと?左には槍らしきもの持ってる人が見える。
ううむ、よくわからんが色使いは悪くないと思われます。


さて、内容なのですが、ジャキンジャキンのザックザクでかなり気持ちの良いギター、バッキバキでところどころかなり主張するベース、湿っぽくてパワーのあるバスドラとスネアに乾き目な音のタムを使ったフィルインがよく合う。
ちょっと高めな声のパワーのある吐き捨てボーカル、コーラス。


好きな曲は、久しぶりに全部!

Top3は、


#4 Violence Unleashed
キャッチーでかっこよく、無条件に頭を振ってしまうリフのオンパレード!
秀逸なギターソロと勇猛な咆哮も聴け、なんも言うこと無し!文句なし!


#6 Food For Vultures
またしても超キャッチーでかっこよし!
なにこのクオリティ。
そして疾走感ぱない。
速いリフはそんなに使って無いのに、大体が8分のリフなのに。


#7 Death Routine
ボーカルとコーラスの掛け合いが特に多い曲で、そしてドッコドコにバスドラムを鳴らすのも多い曲です。
部分的にローファイなエフェクトを用いてメリハリを作っています。
そして、ソロが一番好きな曲でもあります。
そして、相変わらず勝手に頭が動く。


全体として、王道な曲作りにExodusな音、それ風なリフ。
Exodusの影響が強いと思います。
最近のイタリアンスラッシュメタルにしてはテンポ速めです。

にしても、何回も書いたようにかなりハイクオリティ!
今特に期待されている若手どころか、ベテランすら蹴散らす勢いです。
マジでこれが2008年に結成したバンドのデビューアルバムかよ・・・


評価 ★5
私的名盤決定


動画はViolence Unleashed



【アルバム】Violent MetalStorm / Gae Bolga【レビュー】

Violent MetalStorm


ドイツのバンドっぽいです、Gae Bolgaの1stアルバム(2011年)らしきものです。
10曲収録。

なんでこんなに曖昧なのかというと、購入したオンラインショップに未だにコメントが書かれていないため自分で英語サイトを辿って調べたためです。
マイスペによると西フランドルなのでドイツ、他のサイトだとリリースは3枚で、前2枚はデモとEPだったからです。

追記
(間違えてました、西フランドルはベルギーのようです。)


ジャケットは、なんか戦車みたいな変な車でディスコを襲撃?
車載のクラッシャー?なんか何でも潰せそうなやつに楽器を放り込んでます。
それが弾になるのでしょうか、意味がわかりません。
その辺がB級感タップリ!


内容は、前回に紹介したLegen Beltzaと同じくひたすら刻め系。
ただ、こっちのがオールドスクール感丸出し、むしろ狙っている。

ボーカルはきったない吐き捨てボーカルに時々ハイトーンを混ぜる。
ギターは高音成分多分なギザギザジャキジャキ。
ベース聴こえにくいけど、ところどころおかずを入れてきてそこだけよく聴こえるバキバキ系。
チープでドタバタなドラム、と来ています。
ザ・B級。
いやC級。


好きなトラックは、
#2、3、5、6、7、9、10

Top3は、


#2 Pray For Death
刻め刻め!とにかく刻め!

あれ、前回見たような・・・
けどこっちは途中に挟む間奏なリフが大好きです(1:17あたりのやつ)
ジャンジャカジャンジャカジャンジャカ・・・をループ。
ドラムはドン!タッ!ドン!タッ!
結構ツボ、そのリフだけ。


#5 BolgaBangersBall
全曲中でも一番短い曲、2:57。
これもとにかく刻め!そしてタイトルを叫べ!
歌詞がタイトルの言葉しか出てきていないようです。
いや、結構面白いもんよ。


#6 Mambo Nr. 666
またしても刻みまくり、そして最初からテンションの高いギターソロ。
この曲にもTop1の#2に書いたようなリフが出てきます。
つくづく、こういうリフに弱いんだなぁと感じます。
これもTop2の#5に次いで短い3:14。


全曲で47分か・・・
ちょっと長いよ;
スラッシュってそんなに長くするものでは無いと思うの。
曲展開とか差別化がしっかり出来てればいいんだけどね、Exodusの最新アルバムみたいに。

結構似たような・・・って言いたくなるところですが、所々に出てくるキャッチーなリフが結構ツボります。
まぁまぁかな。
そこそこ好みではあります。


評価 ★3


動画はBolgaBangersBall



【アルバム】Need To Shuffer / Legen Beltza【レビュー】

Need To Shuffer


スペインのスラッシュメタルバンド、Legen Beltzaの4thアルバム(2011年)です。
10曲収録。


またしてもエロジャケ枠です。
2連続で出してしまいました。

鎖につながれた裸の女ですが・・・
下4本の鎖はどこにつながってるんでしょうか・・・?

エロジャケ枠のはずが、それどころではなくなってきました;


このバンドは少しモダンな曲調の中にちょっとだけオールドスクール気味な音を取り入れた感じですかね。
ジャコジャコみたいな、ジャキジャキやザクザクとはちょっと違う質感を持つギター、ベースは特筆無し、ドラムは乾きめな音でまぁまぁな手数で攻めてきます。
ボーカルは篭りがちな高音成分を多分に含み、ところどころ咆哮を交えた声、といったところでしょうか。

なかなかに刻んでおり悪くないですな。


好きなトラックは、
#1、2、5、6、7、8、10

Top3は、


#1 Vaporized
刻む刻む!とにかく刻む!
ちょっと休憩~
そして刻む!
そんな曲です。
さすがアルバムの顔、1曲目ですな!


#6 Church Burning
ブラックメタルかよ!
と突っ込みたくなるような曲名ですが、トレモロリフ、ディストーションボイスなどのブラックメタル要素はなく、普通にスラッシュです。
まぁ終始バスドラをドッコドコに鳴らしてるのはブラックメタル的ですかな。
刻みの速度を上げたり下げたりを細かく繰り返したギャップ狙いですかね。


3番目の選曲無し。


ん~、しばらく聴いてるとどれもこれも同じに聴こえてきたりしちゃいます。
これだ!というような1発がないのも残念ですかね。

刻みの速度はなかなかあり、別に音は悪くなく、駄曲ってほどでもないので悪くは無いって感じです。
スラッシュ好きであればいけるでしょうってところですね。


評価 ★3


動画はVaporized



台湾へ帰還

さてさて、昨日台湾に戻りました(帰りました?)

いやぁ、長く住んでると第2の故郷に思えてきたりするんですよね。
地元の次に長く住んでいます。


さて、今回、15枚のアルバムを入手してきました。
全部スラッシュです。
その時々で気に入ったものから順にゆるゆると書いていきます~(・∀・)ノ

でも、HMVに注文した3枚がまだ届いてないんだよね・・・
もう台湾に来ちゃったしどうしよ~;

追記
Megadethのメガボックスを買ったので正確には19枚でした(`・ω・´)
[ 2011/08/23 13:05 ] 雑記 | TB(0) | CM(0)

【アルバム】Merciless Jaws From Hell / Omission【レビュー】

Merciless Jaws From Hell


2002年結成のスペインのスラッシュメタルバンド、Omissionの2nd(2010年)です。
12曲収録。


8/13に一時帰国したのですが、その帰国合わせて注文したCDです。
前回のMad Mazeもです。

今回の一時帰国の注文から、「エロジャケ」枠というのを設けまして、1~2枚買うようにしました。
こんな男クサくて狂ったようなジャケットが多いレビューに花を添えられればと・・・余計男クサくなるだけですねwww


まぁそんなわけで、エロジャケ第一弾なのですが、見事におっぱい丸出しですね、ええ見事です。
歌詞カードも見ましたが、横からとかもありましたよ!
なかなかそそる形のおっぱいです。


で内容なのですが、サタニックでマッドでヒステリックなスラッシュですね。
特にボーカルが他のスラッシュにはなかなか見られない高音でキャーキャーな感じの声で歌うのです。
なかなか悪くないのです。
ピッグスクイールも使います。
そしてコーラスも一切地声無しです。

ジャキンジャキンなギターに安っぽいドラム、ちょっと聴こえにくいけどバキバキ系なベース、そして上記のボーカル。
ギターは特にギター一本だけの音になったときに非常にかっこよい音です。
エロジャケ枠で買ったわりに結構良いですよ。


好きなトラックは、
#2~11

#1はイントロトラックですが、エロジャケらしく喘ぎ声が入っております。
が、後のほうからピッチシフトして原音と重ね不気味さを出した声になってきます。
なんとも苦笑いです。

#12はアウトロトラックです。

Top3は、


#6 Fuckin´ Alone
CDインポート時にはKickin´ Aloneと書いてありましたが、歌詞やYoutubeを見るとFuckin´ Aloneっぽいです。
すごくノリの良いリフで始まりそのリフに色を付けた程度のギターソロ、そして再生時間の半分くらいまで行ったところで爆走チューンなリフにかわり、やっとボーカルインです。
そしてノリの良いリフに戻り締める。
ボーカル短い!
なんとも潔い!

あの声に、この曲の中盤のようなブラストビートも多用するからブラックにも思えてくるんだよな~


#2 A Field Sowed Of Coffins
いっきなりハイテンション!物凄いテンション!
爆走!イン!ハイテンション!みたいな。
しかもノリの良いリフ具合や、バッキングを一瞬消すなどのツボのおさえ方まで心得ている。
なかなかの野郎たちだぜ・・・


#9 Day Of Your Death Arrives
またしてもかなりのハイテンション。
高い高い、突き抜けに高いハイテンション。
いきなりの爆走の中初っ端からギターソロ。
でもそれだけには終わらない、ツボを抑えたキャッチーなリフも織り交ぜてくるあたりにセンスの良さを感じます。


何回も書きましたがとにかくテンションが高く、しかもそれを最後まで落としません。
このCDを聴いていると一瞬で時間が過ぎてしまいます。
とにかく爆走爆走爆走な感じですが、間に挟んでくるキャッチーでノリの良いリフも見事。
ボーカルはキャーキャーな高音(ディストーションボイス?)やピッグスクイール、グロウルも時々混ぜてるっぽいですね、そして普通にもそこそこ歌えます(クリーンボイスではないです)、なかなか器用です。

このバンドは良いです、1stはまだ持ってませんがそっちも欲しくなってきました。


評価 ★4+


動画はA Field Sowed Of Coffins



【アルバム】No Time Left... / Mad Maze【レビュー】

No Time Left...


イタリアのスラッシュメタルバンド、Mad Mazeの1stEP(2010年)です。
4曲収録。

最近のイタリアってパネエな!
またしても、期待できる若手が出てきてます。


ジャケットは、どこかの惑星を宇宙側から撮ったようなところにドクロを模した砂時計。
Mad Maze(狂った迷路)に合うかどうかは・・・
Invectionの2ndEPのジャケットと交換したほうがいいのでは・・・

demented-perception-invection.jpg
Invectionの2ndEP


さて内容ですが、全体的にさほど早くは無いですが巧みな曲作りで先の展開を期待させるような、そんな曲構成が多いです。
ギターは最近のスラッシュリバイバルには多そうなザクザク感の音、ボンボンに鳴ってるけどほとんどはギターのラインをなぞるようなベース、強力な音は無いけどオールドスクールなスラッシュにはちょうど良いようなドラム。
そして最近のバンドにはあまりない器用な歌い方、吐き捨て系に所々ハイトーン、所々グロウル。
まじグロウルとハイトーンが同時に使われるのを探してたのよ!
Testamentの1stの歌い方と最近の歌い方が合わさった感じを期待してよいと思います。


好きなトラックは、
#1、2、4
因みに#3はクリーンギターを使った1:43の間奏的曲。

Top3は順に、


#4 Retribution
刻みの速度は4曲中でも最高。
非常に気持ちの良い刻みです。
すごくTestamentの、特にThe Gatheringの影響を受けているのは明白。
最後の終わり方はもうちょっと練って欲しかったかな。


#1 Lord Of All That Remains
最初から怪しげなメロディラインのギターソロを入れてきます。
そこから、まぁ比較的スタンダードなスラッシュリフに入ります。
が、その後にスローダウン。
このスローダウンが利いてて、後に同じスラッシュリフが出てくるのですが、そこに良い疾走感が生まれています。
それにしても長いギターソロ。


#2 Mad Maze
セルフタイトル曲にしてはちょっとインパクトが少ないですが、それでも私はこの曲だけ聴いてこのCD購入を決めました。
他の曲の出来が良いのです。
これはこれでかっこよいリフ、かっこよい曲構成になっており、かなり好きです。


イタリアのバンドってあまりスピードを重視しないんでしょうか?
さほど速いとは感じません、が良いリフ、良い曲構成で攻めてくるバンドが多いですね。

このバンドは、それプラスギターソロに今後期待できます。
良いメロディライン、長尺のソロを作れる作曲力。
アルバムを出したら即買のバンドが一つ増えてしまいました。


評価 ★4


動画はLord Of All That Remains





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。