We need another Metal (and beer)!

メタルCD、ヘッドホン、DTM、プラグインのブログ。オススメが多いです。
SoundCloud
プロフィール

やまちゃ

Author:やまちゃ
スラッシュメタル大好きっこ!
質問したい方はAsk.fmからどうぞ
[Ask.fm]

検索フォーム
カテゴリ別検索
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Twitter
ブログRSS

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

【アルバム】Ukon Wacka / Korpiklaani【レビュー】

Ukon Wacka


ご存知フィンランドのフォークメタルバンド、Korpiklaaniの7thアルバム(2011年)です。
11曲収録、内1曲ボーナストラック。

今回のアルバム邦題は「コルピの神様」です。


いわゆるフォークメタルの火付け役で、1stアルバム収録のWooden PintsのPVでは真剣なのに面白いヒッタン(ヒッタヴァイネン)と太鼓を叩き続ける人が特に話題になりました。

その他もろもろいろんな話を総合するとネタバンドにも思えるのですがとんでもない!
すごい実力を持ったバンドです!


ジャケットはコルピの神様というよりは、コルピ仙人といった感じ。
フォークメタル臭たっぷりな背景のジャケットですね。


内容はしっかりとしたバンドサウンドに、主にヴァイオリンやアコーディオンを乗せたサウンド。
フォークメタルの王道です。

ギターは中音をしっかりと出した力強い音。

ベースは柔らかめで基本的に歪みは少ないが、その活躍で全体をしっかりとしまった音にしています。

ドラムはキック&スネアをしっかり、金物をちょい弱めの音にしてあります。
その分金物は左右に大きく振ってあり、自然と耳に入ってきます。

ボーカルは元気で威勢のよいしゃがれ声。

そこへ終始アコーディオンとヴァイオリンが入る、といった感じです。


各トラックのレートは、


#1 Louhen Yhdeksäs Poika ★4
#2 Päät Pois Tai Hirteen ★5
#3 Tuoppi Oltta ★4
#4 Lonkkaluut ★4
#5 Tequila ★5
#6 Ukon Wacka ★4
#7 Korvesta Liha ★5
#8 Koivu Ja Tähti ★3
#9 Vaarinpolkka(インスト) ★5
#10 Surma ★5
#11 Iron Fist ★4


Top3は、


#5 Tequila
いわゆるコルピ酒3部作の3つ目!
これは強烈過ぎる!
6枚目のアルバムでありながらこれだけフックのある曲を作れるとは、本当に実力のある証!
民族的な音のするドラム連打に心が躍ります。
テキィールアアアアーーー!
にテンションが上がります。
さすがの酒愛、次は是非とも「Hyouketsu(氷結)」にしていただきたいものです。
(コルピの来日公演時、宿泊ホテル周辺のコンビニから氷結が消えたというエピソードがあるのですw)


#2 Päät Pois Tai Hirteen
リズミカルなアコギと、アコーディオンの組み合わせ!
そしてアコギに続き歪んだギターが入ってきます。
このリズミカルな感じがたまらん!!
自然と体が動いてしまう1曲!


#9 Vaarinpolkka(インスト)
タイトル通りポルカ、のような気がしなくも無い(ポルカよくわかりません)
しかしスピード感があり、アコーディオンとヴァイオリンのコンビネーションが良く、聴いてて楽しくなる感じはポルカ!
インストだって逃してはいけません!


Korpiklaaniのアルバムは一応全部持ってますが、どれもしっかりとした作りでキャッチーで聴きやすく良いものが多いです。
上記のように、7枚目に至っても未だに衰えないというのはまさに実力があることの証!
単なるネタバンドとして聴き逃すのはもったいない!

本作もそう思わせるような良い出来でした。

そして最後はご存知Motorheadのカバー!
アコーディオンとヴァイオリンを使ったものも悪くないものです。


評価 ★4


動画はTequila



スポンサーサイト

【アルバム】Sounds of Violence / Onslaught【レビュー】

Sounds of Violence


イギリスのベテランスラッシュメタルバンド、Onslaughtの5thアルバム(2011年)です。
11曲収録、内、1曲ボーナストラック。


イギリスの数少ないスラッシュメタルバンドの中でもベテランに位置し、イギリス産スラッシュでは一番有名なのでは。
そんなバンドの再結成後2枚目のアルバムです。


ジャケットは相当にシンプル。
その一言に尽きる!


Onslaughtは本作以外はあまり聴いたことないのですが、初期はこんなに整合性たっぷり、きっちりしたリズム、モダンな感じでは無かったそうですね。
そのころもかっこいいとのことでした。

本作は上記のとおり、きっちりとした作りをしており、モダンめな感じです。

ブリブリに押してくるモダンな音のギター。
ベースは歪みめで柔らかめなパワーのある音です。
ドラムは音の歯切れをよくされた、スネア、キック、タムに、それとは逆にかなり尾を引くような音作りにされたハイハット、シンバルなどの金物類です。
ボーカルはグロウル気味な破壊力のある凶悪ダミ声ボーカル。


各トラックのレートは、


#1 Into The Abyss (Intro) ★3
#2 Born For War ★5
#3 The Sound Of Violence ★5
#4 Code Black ★4
#5 Rest In Pieces ★4
#6 Godhead ★4
#7 Hatebox ★5
#8 Antitheist ★4
#9 Suicideology ★5
#10 End Of The Storm (Outro) ★2
#11 Bomber ★5


Top3は、


#7 Hatebox
緊張感のあるイントロ。
そこからミュートの刻み無しでリズミカルなパートへ。
Aメロに入るとリズミカルそのままにアルバムタイトル通りなボーカルが入り強烈!
サビでは(よい意味で)ゴリ押し間のあるリフやドラミングがイイ!
決して速くは無いですが非常にかっこよい曲です!


#9 Suicideology
いいテンション!主にドラムが!
刻みも多くて、モダンな音の中にあるオールドスクールな感じの曲です。
邪悪な感じがすごく漂っています。


#3 The Sound Of Violence
怪しいイントロから入り、力強いリフへ展開。
全体的に非常に邪悪で、圧のある音が気持ちよい。


たまーにあるダラダラ間はちょっとあれですが、全体的に凶悪でイーヴルな感じがかっこよく、なかなか高い完成度を誇るアルバムだと思いました。
古くからのスラッシュメタルバンドがモダンさを出してきているということで、受け付けにくいスラッシャーもいるかもしれませんが、これはこれで良いものだと思います。

ちなみに最後のボーナストラックはMotorheadのカバーで、Sodomのトムと本家Motorheadのギタリストのフィルが参加しているらしいです。
トムは書いてありましたが、フィルは本当なのかよくわかりませんw
どこかでそう言ってる人がいただけですw


評価 ★4+


動画はHatebox



Cannibal / Static-X

Cannibal


メンバーには日本人もいるアメリカのインダストリアルメタルバンド、STATIC-Xの5thアルバム(2007年)です。
14曲収録。


も・・・もしかして・・・
私が作りたい音楽に近い・・・!?

と思いました。
私が作りたいのは、
(電子的なダークさ+メタル的なダークさ)×スラッシュメタル(等の激しメタル)

なメタル。


ジャケットは髑髏が骨を咥えてる。
周りにはナイフとフォークがいっぱい。
この雰囲気・・・名盤!?


内容はというと、テクノ的な音が合わさったメタル、そんなインダストリアル。

インダストリアルメタルと言えばギターの音が軽めだと思ってましたが、これは全然そんなことは無い!
すごいかっこよいギター!

ベースはベコンベコン!他の音をしっかりと前に出すためになかなか特徴的な帯域を削ってあるように思います。

ドラムはキックとスネアが全部人の手によるもの、ハイハットやシンバルなどの金物が時々打ち込みになってるようです。
わざと強弱を付けてないところとかあるしね!

ボーカルは音程ちょっと高めで歯切れがよくて気持ちのよいグロウル声。
グロウルと言えば引きずりまわすような、あとに尾を引くような声が多いですが、ここまで歯切れがよいのは初めて。

それにいろんなタイプのシンセ、主に硬めな感じのリードシンセやいろんなエフェクトが絡んでいくというスタイルです。


各トラックのレートは、

#1 Cannibal ★5
#2 No Submission ★4
#3 Behemoth ★5
#4 Chemical Logic ★4
#5 Destroyer ★4
#6 Forty Ways ★4
#7 Chroma-Matic ★5
#8 Cuts You Up ★4
#9 Reptile ★4
#10 Electric Pulse ★4
#11 Goat ★4
#12 Team Hate ★4
#13 Light It Up ★4
#14 I'm the One [Wayne Static's Disco Destroyer Remix] ★4


Top3は、


#3 Behemoth
イントロの電子的な冷たさと、淡々と進むドラム、そのあとに入る重いギターが非常に気持ちいい!
ボーカルが入っても最初は淡々と。
高音なボーカルが入ると歯切れよく!それにかかるディレイもいい感じ!
そして途中のソロ的パートの雰囲気の変わり様!
非常に気持ちよい1曲!


#1 Cannibal
いきなりスタートダッシュな激しさ!と思いきや、すんごい緩急の付け方。
その後に始まる重いギターを使ったリフは単純ながらもものすごくかっこよい!
音の選択や組み合わせがよく考えられたことが伺える良曲!


#7 Chroma-Matic
テクノは全く詳しくないけど使われてそうなシンセから入り、重いドラム、重いギター。
重々しい中に高音シンセを入れてメリハリをつけてある。
エフェクトを効かせたリードもいい感じ!


電子な音と、荒く重いメタルが上手く組み合わさった非常によく出来た1枚だと思います。
私的にはもっとスピード感のある曲ももっと欲しかったですけどね!
名盤!とまでは行きませんが評価は高いです。

こんなのを作りたいなぁ~と参考にいっぱい聴く事にします。


評価 ★4+


動画はBehemoth



【アルバム】Super Retro Thrash / Lich King【レビュー】

Super Retro Thrash


アメリカのオールドスクールスラッシュメタルバンド、Lich Kingの4th?コレクターアイテム系なアルバム(2011年)です。
9曲収録。


いきなりこの盤をレビューに出すのはどうかとは思いましたが、何かの衝動にかられて書いちゃいますw
何を隠そうこの盤、過去発表した曲を8bitに、ファミコン風のようなゲームボーイ風のような音にしたものです!
つまりファミコン系の音が好きでないとなかなか聴けない、かもしれない。


ジャケットは、相当にゲームボーイ風。
ちょっとかわいい感じ。
こっそりベイエリアと書いてあるのがいい感じ。


内容としては、さらに説明するまでもなく8bit系の音。
延々と8bit。
結構重低音。
ベースとギターが区別が付かないほどに重低音。
そしてバシュンバシュンスネア。
ボーカルパートを削ってギター×2とベース×1の3和音+ノイズなところになかなかのこだわりを感じます。


各トラックのレートは、

#1 Lich King III (World Gone Dead) ★4
#2 Combat Mosh ★3
#3 ED-209 ★4
#4 Toxic Zombie Onslaught ★4
#5 Black Metal Sucks ★3
#6 Behaver ★4
#7 Wage Slave ★4
#8 Act Of War ★3
#9 Attack of the Wrath of the War of the Death of the Strike of the Sword of the Blood of the Beast ★4


ん~と、今回はTop3を決めるのはやめときましょうか。
ちょっとピックアップするだけ。

だって既存曲を8bitにしただけなんだから!


ということで、

#1 Lich King III (World Gone Dead)
基本的なスラッシュのリフって感じ(8bit)がいきなり聴けてニヤニヤ。
でもやっぱり8bitだなって感じで、かっこいいというよりは面白いといった感じ。


#7 Wage Slave
後半がすごくゲームっぽくていいね!
何かのソフトに使われてても違和感ないかも!


#9 Attack of the Wrath of the War of the Death of the Strike of the Sword of the Blood of the Beast
タイトル長いよ!と突っ込みたいところですが我慢して・・・(もう突っ込んでる)
全曲中でも一番サマになってる感じ。
これも結構違和感ない感じ。
でも原曲はもっとかっこよい!


間違ってもイイ!なんて言えないアルバムではありますが、すごく面白い試みでもあります。
違和感の無い曲がちょこちょこあり、聞いてて面白いです。
が、やはり8bit系の音が好きな人でないとまず無理でしょうねw

ちなみに、CDでも出されているようですが、私はLich Kingの公式サイトから安く買ってダウンロードしました。


評価 ★3


バンドキャンプ貼っときます。

【アルバム】Blades And Rods / Shock Troopers【レビュー】

Blades And Rods


イタリアのスラッシュメタルバンド、Shock Troopersの2ndアルバム(2010年)です。
11曲収録。


いかにもポンコツスラッシュ!

そんなジャケットです。
タイトルがBlades And Rodsで絵がまんまというねw


さてさて内容ですが、ストレートなジャケ絵のごとく基本的にどストレートなスラッシュメタル。
そして、なんとも潔い曲の短さ!

いかにもなジャキジャキ感のありかなり極端に左右に振ってあるギター。

ベースはやはりバキンバキンな音で、ギターがかなり左右にあるおかげですごく聴こえやすい。

ドラムはボスボスキックにスコンスコンスネア。
ちょっぴりチープな感じがいい感じ!

ボーカルは勢いまかせな吐き捨てですが、コーラスとの掛け合いがなかなかの勢いを生んでいます。


各トラックのレートは、


#1 Intro(Metal Slug)(インスト) ★4
#2 Competition ★4
#3 Take Your Eyes Off Me ★4
#4 Blades And Rods ★4
#5 Vice ★4
#6 Road Thrash ★4
#7 Toilet Show ★5
#8 Protection Money ★5
#9 Jail World ★4
#10 Waterboating ★4
#11 The Rape ★4


Top3は、


#7 Toilet Show
いいよね!トイレ!
そんな雰囲気の曲です。
相当あわてた感じを表現したかのような、勢い任せの前半。
トイレどこwwww
後半というかアウトロはミドルテンポでノリよく気持ちよく終わります。
なんというか潔い終わり方過ぎて逆に笑えるほどですw


#8 Protection Money
最初こそちょいゆっくりですが、またしてもとにかく勢い任せな感じのスピードチューン。
こちらは間にノリの良いミドルテンポを挟み、最後にさらに疾走。
一緒に「プロテクションマニ~」と歌いたくなる感じ。

2:40の曲ですが全曲中でも2番目に長いのですよw


#1 Intro(Metal Slug)
タイトルの横に書いてあるとおり、ゲーム「メタルスラッグ」の曲をカバーしたものです。
なかなか面白い企画であるとともに、遠く離れたイタリアにまで日本のゲームは影響を及ぼしているんだなと思ってしまいます。
曲の内容は、まんまストレートなカバー、音源差し替え、見たいな感じ。
なんというか、ジャケ絵で見事に表現されていると思いました。


終えてみれば意外や意外、捨て曲なんてありませんでした。
これがクロスオーヴァースラッシュ的ノリの威力!
#10とかすっごいMUNICIPAL WASTEだwww
思ったよりもポンコツではなかったですが、いい感じのB級感でした。

それにしてもホントに潔い!

なんたって11曲で24分しかないのだから!


評価 ★4


動画はToilet Show



【アルバム】Agent Orange / Sodom【レビュー】

Agent Orange


さてさてSodomの時間です。
今回は3rdアルバム(1989年)です。
9曲収録。


本作はSodom躍進に一役買ったアルバムであり、かなりの枚数が売れたようですね。


ジャケットはおそらくヘリ?ガンシップ?の中から銃撃。
このガンシップはベトナム戦争にて使用され、Magic Dragonのスラングが付いたそうです。
収録曲の曲名にもありますね。
戦争をテーマにするSodomらしいジャケット。


音は今聴くとやはり古めな音ではありますが、ザクザクと気持ちの良い音で、ベースがベキンベキンとよく聴こえ、ドラムの音もも聴きやすくなっています。
1stとは段違いですね!
よく言われてますが一般受けを意識した作りになった結果、こういう音になったのでは。

それでもSodomそのものの本質は変わらず荒々しい演奏です。
ボーカルはちょっと落ち着いた感じがしますが。
あと全体的に緩急を付けるようになってきたと思います。


各トラックのレートは、

#1 Agent Orange ★5
#2 Tired and Red ★5
#3 Incest ★4
#4 Remember the Fallen ★4
#5 Magic Dragon ★4
#6 Exhibition Bout ★4
#7 Ausgebombt ★5
#8 Baptism of Fire ★5
#9 Don't Walk Away ★4


Top3は


#1 Agent Orange
まぁこれは当然でしょう。
なってったってSodom屈指の名曲!
Sodom屈指のリフで激しく攻めてきます。
リフやボーカルに注目するのも良いですが、ドラムにも注目してあげてください。
特に最初のパートや、ほか全体的に聴いているとハイハットの使い方がキモのようです。


#7 Ausgebombt
ライブでも定番!
Motörhead風なロックンロール的ノリのある曲ですね!
ただし曲名は、(爆撃で)焼き出せ!です。
Sodom流の皮肉でしょうか。
ライブの定番!


#2 Tired and Red
相変わらずの高速リフで始まりドラムもドッカドカ!
ガンガンに叫ぶボーカルにバキンバキンのベース。
OK、ここまでは普通のSodomです。
が、この曲は緩がほかの曲よりも秀逸!
アコギを使用した哀愁あるパートへ。
そしてリズミカルかつキャッチーなパートへ!
そのままギターソロ!
勝手に体が動く!


ん~、なんかありきたりな選曲・・・
まぁ仕方ないですな、誰もが認める曲入りですし。

上にも書いたように全体的に緩急を付けるようになったアルバムで、今までは急だけだったのがどの曲にも緩が入っています。
となると当然私好みなリフも増えてくるわけで、勝手に気に入っちゃうわけです。
ものすごくかっこいい急があり!キャッチーな緩があり!
これがスラッシャーの名盤にならないはずが無い!

やっぱりSodomは最高やで!


評価 ★5


動画はTired and Red





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。