We need another Metal (and beer)!

メタルCD、ヘッドホン、DTM、プラグインのブログ。オススメが多いです。
SoundCloud
プロフィール

やまちゃ

Author:やまちゃ
スラッシュメタル大好きっこ!
質問したい方はAsk.fmからどうぞ
[Ask.fm]

検索フォーム
カテゴリ別検索
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Twitter
ブログRSS

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

【アルバム】Begin the Revolution / Disaffection【レビュー】

Begin the Revolution


ブラジルの若手スラッシュメタルバンド、Disaffectionの1stアルバム(2010年)です。
10曲収録。


最近レビュー少な目なのでとりあえず目に付いたものをレビュー!


ジャケットはフライングVのボディの形をしたストックが付けてあるライフル?マシンガンのクロス。
アルバムタイトルが「革命の始まり」なので、槍だか剣だかがクロスしてるイメージで作ったのでしょう。


やってることはオールドスクールなスラッシュの影響を受けたものだと思いますが、どことなくモダンなイメージを持ってしまう音です。
ギター、ドラムの音はオールドな音の影響が強いようなのですが、かなりきっちりと左右にパンを振ってあり、さらにしっかりしたベース、そして比較的始めのほうに1回だけ入るに入るラップ的なボーカルからそんなイメージを持ってしまうのでしょう。
あと最初のSEの影響かな。
リフなどの組み立てはオールド寄りだと思います。


各トラックのレートは、

#1 Metal Kombat ★4
#2 Which One's the Truth ★4
#3 Blind Man ★4
#4 Stupid Ideas ★4
#5 Mystery of God ★4
#6 The Mortuary Man ★4
#7 Disaffection ★4
#8 Cerebral Nightmare ★5
#9 I Wanna See the Chaos ★4
#10 The End of Beginning(インスト?) ★3


#8 Cerebral Nightmare
#8にしてやっとキタ!となれる曲。
ただしこれは必ず#7から聴いて欲しい。
(動画にはここだけ貼りますけどねw)
このトラックは#7からの続きなのです。
バンドのメンバーたちもわかってたんでしょうね、この瞬間からがかっこよい、と。


#1 Metal Kombat
始めにやたらステレオチックなSE群が入ります。
MetallicaのOneのステレオ感を増した感じの。
要所でなかなか刻みます。
最初のトラックとしては合格点かな~、という感じ。


#7 Disaffection
良い!というほどではないのですが、#8へ続く重要な曲ということで。
これも何気に前半と後半の変化を楽しめる感じになっています。


なんというか、全体的に惜しいです。
悪いとは言いづらい、所々にかっこよいリフを持ってくるのですが、でも1曲全体で見るとイマイチピンとこない、みたいな曲が多々あります。
★4にぎりぎり届く曲やとりあえず★4にしとくって曲はいっぱいですが、★5に届きません。
所々にいい感じのフレーズを持ってこれるので、今後の作曲能力の成長に期待します。


評価 ★3


動画はCerebral Nightmare
動画ではドロップD#で作られたものしか見つかりませんでした。
CDに収録されているのはドロップD



スポンサーサイト

【アルバム】Bloodshed and Violence (EP) / Ancesttral【レビュー】

Bloodshed and Violence


ブラジルのスラッシュメタルバンド、AncesttralのEP盤(2012年)です。
3曲収録。


この盤は以前にレビューもした、ツイッターで私をフォローしてくれたブラジルのスラッシュメタルバンド、Slasherが友達のバンドのEPといって公開していたものをもらってきたものです。
多分販売もされると思います。
ちなみの、このAncesttralは既に1stアルバムリリース済みということで、この曲は2ndアルバムに入るのだと思います。


さて内容ですが、スラッシュメタルといっても今は滅びかけている「歌うスラッシュメタル」なのです。
そこに若干モダンな雰囲気が入った感じ。
言ってみればFlotsam and Jetsamにモダンな感じが加わったと言ったところでしょう。
本作はフロッツ(の1stや最新版)ほどスラッシーではないですが・・・

音は良く、ブラジルのバンドなのにブラジルのスラッシュメタルバンドような汚い音な邪悪さがありません。
はっきり言ってそういうB級スラッシュを求めて聴くものではないです。

ギターはジャコジャコした感じ。
特別凝ったことをしてるわけではないですが、リードギターになかなかのパワーがあっていい感じ。

ベースはあまり強調はしてきませんが、上手いことギターと絡んで良い音に。

ドラムは、パンとバシンといった音が若干パン強調目に作られたスネア、少し癖になる音。
バスドラムは思ったより高音を出しておらず若干目立ちにくい。
金物はハイハットがかなり近くにあり、それ以外は範囲がかなり広く大きく全体的に振り分けてある。

ボーカルは中音に強い、スラッシュ系にしては珍しいしっかり歌うタイプ。
上記したフロッツのようにハイトーンは使いませんが、パワーがあり良い。


各トラックのレートは、

#1 Bloodshed and Violence ★5
#2 Trust ★5
#3 I ★3


Top3というか順番にというか、


#1 Bloodshed and Violence
最初になんか戦時のような物語のようなものが入ってます。
さほどスラッシーでもないけど、これはキャッチーでかっこよいリフ!
最初からいきなり期待してしまう!
そしてドラムの展開がすばらしい!
ときどき叫ぶのがまたかっこよい。


#2 Trust

これまたいきなりキャッチーなリフ。
モダンというかもう、メタルコアバンドと言っても納得される感じの曲。
ところどころに入るキメが気持ちよい。


#3 I
ゆっくりとした曲。
正統派なメタルに近い感じ。


前2曲は特によかった!
自分たちではスラッシュメタルバンドと言ってましたが、正統派メタル、メタルコア、スラッシュメタルをあわせたような感じです。
歌う系のボーカル、正統派な感じで激しすぎない、良音質、と言うことで初心者がすごく聴きやすいのではないでしょうか?


評価 ★3+


動画はBloodshed and Violence
ライブ音源しか見つかりませんでした。



【アルバム】City / Strapping Young Lad【レビュー】

City


カナダのインダストリアル/エクストリームメタルバンド、Strapping Young Ladの2ndアルバム(1994年)です。
10曲(内ボーナストラック1曲)+デモ4曲収録。


激しいメタルを求めるならこれを!
とてつもなく激しいバンドです。


ジャケットは何かの図面のような。
タイトルがCityということで街の見取り図かな?
英語で書かれてる注釈をよく読んだらすごいこと書かれてるんだろうな、と想像。


内容は、ただひたすら激しい!
ごりっごりの凶悪なギター。
ボコンボコンに重いベース。
スネアの凶悪な高音、またしても高音強調めな凶悪バスドラム、そこに金物を多用しさらに重みをプラス。
ボーカルは常に叫びのような声。

激しくないはずがない!


各トラックのレートは、

#1 Velvet Kevorkian ★3
#2 All Hail the New Flesh ★5
#3 Oh My Fucking God ★5
#4 Detox ★5
#5 Home Nucleonics ★4
#6 AAA ★4
#7 Underneath the Waves ★5
#8 Room 429 ★4
#9 Spirituality ★3
#10 Centipede ★4

(デモは省きます)


Top3は、


#3 Oh My Fucking God
全曲中でも特に激しい!
特に2:20辺りなんて、これ以上激しいの探すほうが難しい!ってくらいにすごい!
スネアをバッコバコに叩いてて気持ちいい!
バスドラムもドッコンドコンに鳴ってるし!
これこそが、本物の音の洪水!


#2 All Hail the New Flesh
最初のこの暴れっぷりがたまらん!
ちょこちょこ入る機械の動作音のような効果音いいね!
でも意外とサビがメロディックなんだよね!
このギャップが良い!

#7 Underneath the Waves
こいつもやるな・・・
これは一層叫びが激しいタイプ。
しかしやはりサビはちょっとメロディックになる、叫んだまんま。
ところどころに入る電子音とか最高、真似したい!


もうとにかく激しい!
とにかく激しい!
激しい!

これに尽きます!
音の圧力がすごいです。
激しい物好きにオススメ!(そういう人は既に知ってる人のほうが多いかもしれませんが)


評価 ★4+


動画はOh My Fucking God



【アルバム】Invictus / Necronomicon【レビュー】

Invictus


ドイツのベテランスラッシュメタルバンド、Necronomiconの7thアルバム(2012年)です。
10曲収録。


知る人ぞ知るバンド、なのかな?
私は本アルバムまで知りませんでしたw
というか、名前そのものは私がちょこちょこ行くレビューサイトで見ていたようです、あまり記憶にはありませんでした。


ジャケットは・・・
チョイ悪趣味w
そういう触手責めはやめてくれwww
よく見たら虫もいるし、ヘタすりゃトラウマもんwww


さてさて内容ですが、さすが80年代から活動していただけあって見事にオールドスクールスラッシュ!
かなーり刻みます。
それこそ若手かと思うくらいの勢いで刻みます。

というかですね、かなーりDestruction臭がします。
#1の「ヒヤーーーーー!!!」と叫んでるところなんてそっくり!
といってもやっぱりちょいちょい違うみたいです、そりゃそうだ。

音はジャキンジャキンのギターにベンベンゴウンゴウンに鳴るベースはまさにスラッシュ!
ドラムはスネアの抜け具合が気持ちよい、結構ドカドカ叩いてるし!
そしてボーカル・・・Destructionだよw


各トラックのレートは、

#1 Invictus ★5
#2 Unleashed ★4
#3 Bloody Bastards ★5
#4 Thoughts Running Free ★4
#5 Unconquered ★5
#6 Upon Black Wings ★5
#7 Face to the Wall ★4
#8 Pandora's Box ★4
#9 Before the Curtain Falls ★4
#10 Possessed By Evil (2011) ★5


Top3は、


#1 Invictus
最初のこのコード進行かっこよい!
そのあと超刻んどる。
高音ミュートの刻みと、低音ミュートの刻みのコンビネーションも良い!
途中のベースソロの独特のタメがいいな。
そして後半の(最初にもありますが)Destructionバリの「ヒヤーーーーー!!!」
最高です。


#10 Possessed By Evil (2011)
これは鳥肌立つ!
Necronomiconの1stの再録版ですかね、すげえかっこよい!
刻む刻む、さすが1stの曲。
もうとにかく刻むことしか知らないような、そんな曲。
あれ、間になにやら会話とか入れてますね~。
最後にオチャラケ有りw


#5 Unconquered
ほお!そこでヴァイオリン奏法を使うか!
最初のほうのノリがよいリフ好き!!

でも終わり方をもうちょっと考えて欲しかったな・・・


まず音が非常にスラッシュメタル的で良い!
曲そのものがかなり良い曲だらけで良い!
そこら辺の若手スラッシュメタルバンドを軽く蹴散らしています。
それどころか、ここ最近のベテランスラッシュメタルバンドすら蹴散らしていますね。

ずっと聴いてたらボーカルが若干Onslaughtの最新アルバムのに似てきた。
とりあえず、(Destruction+Onslaught)/2=Necronomicon

正直、去年のDestructionのアルバムより好き。
やばいな、今年の傑作候補の一つに入ったかもしれん・・・


評価 ★5


動画はUnconquered



【アルバム】Kivenkantaja / Moonsorrow【レビュー】

Kivenkantaja


フィンランドのヴァイキングメタルバンド、Moonsorrowの3rdアルバム(2003年)です。
6曲収録。


6曲と侮ることなかれ。
10分越え2曲、8分台2曲、7分台1曲、4分台1曲と、非常に長尺な曲を作るヴァイキングメタルバンドと有名なのです。
その点で本当にすごいのは5thだけど・・・


ジャケットは、雪原の石碑のような感じ。
Månegarmのときも石碑でしたが、硬派なヴァイキングメタルバンドは石碑がお好き?


内容は、全体的にスローなヴァイキング。
硬派。
風の音を盛り込んだりいろんな音を出すシンセ、ギターの奏法で寒々しさを演出しています。
力強いギターに、どっしりしたベース。
リバーヴちょい強めな響くドラム。
そして幻想的なシンセ。
民族的コーラスから力強い咆哮グロウルまで。


各トラックのレートは、

#1 Raunioilla ★4
#2 Unohduksen Lapsi ★4
#3 Jumalten Kaupunki Including Tuhatvuotinen Perintö ★5
#4 Kivenkantaja ★4
#5 Tuulen Tytär Including Soturin Tie ★5
#6 Matkan Lopussa ★3


Top3は、


#3 Jumalten Kaupunki Including Tuhatvuotinen Perintö
全曲中でも2番目に長尺。
いや、Moonsorrowの平常運転、といったところか。
ひっじょーーーーにクサいパート満載!
長い!なんて文句は言わせません!
ただ、これは#1から順に聴いたほうが良いでしょう。
それでこそ、疾走もあるこの曲が映える!
この寒々しさと熱さ、力強さがウリ!


#5 Tuulen Tytär Including Soturin Tie
寒々しく壮言な雰囲気。
そんな中に響く、荒々しく鋭いギター。
ほとんどボーカルは無く、というかあるのは語り。
だがそれが良い!
実際には控えめにボーカルあります。
緩急で言うなら明らかに緩の曲ですが、すごく練りこまれた感じで次は次は、と先を期待してしまいます。


#1 Raunioilla
クサくも悲しげなような、どこか懐かしいメロディのイントロ。
ドラムの響きが非常に気持ちよく、もうちょっとドッスンドッスンやって!と思っちゃいます。
全曲中最長尺13:37。
ああ、でもこのポジションに#4 Kivenkantajaも捨てがたい・・・むしろ2番目でも・・・


内容は長尺なれど、ヴァイキングのかっこよさを余すところなく盛り込んだ結果、聴いていて無駄な部分はありません。
疾走パートはほとんどありませんが、北欧的ヴァイキング的寒々しさ、このドッシリ加減、力強さ。
北の大地に生きる者たちの力強さをあらわすようです。

激走爆走暴走が多いスラッシュメタルが好きな私がなぜこれを好きなのかと思ってしまうほどゆっくりですが、何度も聴きたくなるような疾走とはまた別の中毒性を持っています。

このバンド最新作6thアルバムが聴きたいのにまだ手に入れてない・・・


評価 ★4


動画はJumalten Kaupunki Including Tuhatvuotinen Perintö



【アルバム】Worldwide Hypnotize / Re-Armed【レビュー】

Worldwide Hypnotize


ドイツのデスラッシュメタルバンド、Re-Armedの1stデビューアルバム(2012年)です。
9曲収録。


今年発売で、1stアルバムでデビューってのを見つけました。
勢いで買いましたので早速レビューを。


ジャケットは、独裁者のような人が映ったモニターが付けられている、ガンタンク的足回りの戦車?ですね。
あとそれに群がるゾンビのような、サイボーグのような、その中間的人らしき人たち。
なんか世紀末って感じです。


内容は、まぁデスなスラッシュな感じです。
さほど速くもなく、かといって遅くてドゥーミーな感じでもありません。
音もさほど悪くなく、ただしここでレビューした他のデスラッシュ勢と比べるとイマイチな感じかな、と。

ギターが結構テクニカルなことをやろうとしてる感じです。
ちょっぴり複雑なリフって感じのフレーズがちょいちょい入ってきます。

ベースは結構ベキンベキンに鳴らそうとしてるようですが、ギターの壁に阻まれベキンベキンがあまり目立っていないようです。
が、それでも一応ボンボン鳴ってるのはわかります。

ドラムは程よくドコドコな感じな・・・でもイマイチ物足りないような・・・
いま一歩といった感じ。
もうちょっとタムの音を強い音にして欲しかったかな。

ボーカルはちょい高めなグロウルといった感じ。
これといって大きな特徴はないですが、音作りのところで普通より強めに味付けがしてある気がします。


各トラックのレートは、

#1 Natural Backlash ★4
#2 Save Yourself ★4
#3 Feardrops ★4
#4 Hoax ★3
#5 Worldwide Hypnotize ★4
#6 Deathtrap ★3
#7 The Bridge That Leads Nowhere ★3
#8 King Authority (Honour To Serve) ★4
#9 Trance ★3


Top3は、


#2 Save Yourself
結構テクニカルそうなフレーズを入れてきたり。
あと、全曲中でもドコドコ多め。
途中に変拍子入れてたりするっぽいです。


#3 Feardrops
最初はゆっくり、ちょい怪しげ。
急にスピードアップか、と思いきやさほど速くなるわけではない。
ただ、そのパートと前後との対比が良い感じ。


3曲目選曲無し。


ん~、なんか物足りないですね~。
今年デビューのスラッシュ系バンドなので勢いで買ってみましたが~・・・って感じ。
キラーチューンな、一撃を持った曲が一つもない。
耳を惹くようなリフがなかなか出てこない。
これはなかなか痛いですね・・・

ただ、ちょいちょい変拍子を入れたり、テクニカル(気味)になるので、Vektorのように突き抜けて異質な感じなのを作ってくれそうな期待感も・・・
無いかな・・・?


評価 ★2+


動画はNatural Backlash

良い動画がこれくらいしか見つからん!




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。