We need another Metal (and beer)!

メタルCD、ヘッドホン、DTM、プラグインのブログ。オススメが多いです。
SoundCloud
プロフィール

やまちゃ

Author:やまちゃ
スラッシュメタル大好きっこ!
質問したい方はAsk.fmからどうぞ
[Ask.fm]

検索フォーム
カテゴリ別検索
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Twitter
ブログRSS

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

【逸曲】Assassins Of Youth / Wayne Static【入魂】

Pighammer


さて、今回は私が作りたいメタルを作るために勉強として聴いたものから1曲!

あ、そういえば【一曲入魂】ですが、【逸曲入魂】に改題します。
それにあわせて全記事のタイトルとタグを変更しました。
一曲だとMuzieのあのコーナーとかぶるしね!(・∀・)b


ということで、今回はアメリカのインダストリアルメタルバンド、Static-Xのギター兼ボーカルWayne Staticのソロ活動で、アルバム「Pighammer」(2011年)から「Assassins Of Youth」です。


インダストリアルメタルバンドの中でもStatic-XはEVIL DISCOを自称しており、それに見合うようなシンセ使いや曲展開の作品が多く出されています。
そんなStatic-Xのギター兼ボーカルのWayne Staticとしての作品ですが、EVIL DISCOをさらに突き詰めたようなものになっています。
今回の曲はそんな中でメタルファンも特にノリやすそうな曲です。


ジャケットはまぁWayne Staticですね、なんともマッドサイエンティスト、マッドドクター的な感じ。ブックレットの中身もまさにそんな感じです。
スタティックさんの髪型相変わらず!


曲詳細


音はやはりStatic、インダストリアルなイメージからは遠めな重いギターをズンズンに刻む。

ベースも基本的にギターのラインで多くは主張しないけどギターとともに重いサウンドを作り出しています。
Static-Xと同じくちょっと特徴的なイコライジングな気が。

ドラムはシンセ的な音にチューニングした生ドラムの音、完全にシンセな音の2種類を使い分けており、人間的な強弱の付いたパート、強弱無しなパートがあります。
このメリハリで独特なグルーヴ感が作られているようです。

ボーカルはもうWayne Staticそのままで、歯切れの良い、軽いグロウルとも取れそうなしゃがれたような声。

シンセはリードシンセ系な輪郭の鋭いような音とパッド系な柔らかい音の中間のような音が使われていすね。
パッド系に近い気がします。
シンセの知識はあまりありませんが;


●イントロ
始めにちょっとした語り?アナウンスのようなものが流れ、重めなギターから入り、順に左右のギター、重いベース、そしてドラムと入ります。
このときからドラムが4つ打ちになっており、EVIL DISCOを象徴するかのよう。

●ヴァース
リズミカルに8分音符の刻みで進行。
スタティックさんのリズム的なボーカルが特徴的。
勝手に体の動く感じがたまらん!

●コーラス
シンセもメインとして入ってき、そして2本目のシンセ。
リフはイントロのリフを使用。
ドラムはシンセみたいですね。
相変わらずのテンポでずっとノリを変えない。

●他
どうやら中間にはシンセメインな感じのパートが入っており、ギターソロはありません。
そこがおそらくEVIL DISCOに特化した結果なのでしょう。
確かに、純粋なメタルでも頭をよく振るのはギターソロではなくリフメインな気がします。

そして最後はフェードアウト。


なるほどこれがEVIL DISCO、と言ってしまう様な曲。
ただ、メタル的に普遍的でわかりやすいリフを使っており、メタルだなと感じる部分も多々あります。
本アルバムではこの曲が一番好きです、かなりリピートして聴いています。


でもそろそろStatic-Xとしてもアルバム出して欲しいなぁ。


スポンサーサイト

【アルバム】Feed the Beast / Bonded By Blood【レビュー】

久々にアルバムレビュー!
けど、新譜ではありませんー><

Feed the Beast



ということで、今回はアメリカの若手スラッシュメタルバンド、Bonded By Bloodの1stアルバム(2008年)です。
14曲収録。


パワフルな若手のデビューアルバムですが、1stから既に物凄いものを出しましたね。
なかなか話題になったみたいなので、ここに来る人はこのアルバムを持ってる人も結構いるのでは。
初期のExodusに影響を受けていると思います、バンド名的にも。


ジャケットですが、未だにどんな状況なのかよくわからないんですよね・・・
最終決戦的な?ジャケット真ん中ちょい右側に座ってる人と。
でも手前の人はなんか引っ張ってきてて、これはこれで悪そうです。


音ですが、

それはもーーー!強烈なギターを聴かせてくれます!
例えるなら、クギバットガツンガツン!な感じ!

ベースは、ギターが強烈で印象が薄くなりますが、それはもうベキンベキンな音を鳴らしています。
基本的にギターラインと一緒。
そのおかげかギターに厚さが、熱さが増しています。

ドラムは異様にバスドラムが目立つように思います。ボスンボスン!
それに対しスネアが軽く、スコスコなってる感じです。
そのスコスコなのを金物で補ってる感じ。

ボーカルは以前の2ndのレビュー通りヒステリックでブチキレタ感じで、吐き捨てまくり!
若干声高めで跳ねるようなリズムで早口めに歌います、が現時点ではさほど上手くはない。
2ndでなかなか上手くなったんですが、その後脱退したんですよねー・・・


各トラックのレートは、

#1 Immortal Life ★5
#2 Feed the Beast ★4
#3 Psychotic Pulse ★4
#4 Necropsy ★5
#5 Mind Pollution ★5
#6 Another Disease ★4
#7 The Evil Within ★5
#8 Tormenting Voices ★4
#9 Civil Servant ★4
#10 Self Immolation ★4
#11 Vengeance ★5
#12 Teenage Mutant Ninja Turtles Theme ★5
#13 Severe Violation ★4
#14 Unusual Punishment ★5


Top3は、


#11 Vengeance
なんともテンションのクソ高い一曲!
かなりの高速で刻まれるギターリフ、殴りつけるようなベース、一気に攻め立て捲し立てるヴォーカル、気持ちの良いタイミングで入るコーラス。
高速なギターリフから一変、ノリの良いリフへも変幻自在!
ギターソロも高速且つメロディアス!
ドラムボッコボコに叩きまくり!
どこをとってもスラッシュで、既に一級品!


#7 The Evil Within
なにやら軽快なような、怪しいような、ペテン師的メロディのイントロです。
そんなリフがだんだん加速していき、そして正体を現す!
ストレートなリフのヴァースに、縦ノリを重視したようなコーラス。
しかし、ホントに本気を出すのは終盤から。
ギターソロのテンションの上げ方が半端ではない!


#12 Teenage Mutant Ninja Turtles Theme
ミュータント忍者タートルズのテーマのカバー!
スラッシーで、しかもかっこいい!
こんなかっこいいカバーを聴ける私は、特別な存在なんだなと思います。
今では私がおじ(以下省略)
短いですが、最高のカバーです。

ああ#14 Unusual Punishmentも捨てがたい・・・


というわけで、ひじょーーーーーーに!良質なスラッシュメタルアルバムであります。
Bonded By Bloodがこのアルバムで一気に若手のトップ界隈に躍り出たのも頷けます。


評価 ★5


動画はVengeance



ツインフォールズへのBGM!(流し読み推奨)

ちょっくらツインフォールズという、「西のナイアガラ」と呼ばれる場所に観光に行ってきました!
そのときのBGMを晒し~!

あと、最後に要所の写真を数枚かな!

プレイリストに選んだ曲はメタル、非メタル合わせて183曲!
それをシャッフルで再生、再生されたのは115曲!

同乗者がメタルに思い入れがある人ではないことを考慮したリストです。


曲名 / バンド名 で表記します。
では再生順に、

Gilt Complex / Sons and Daughters
Animals / Nickelback
少年の空 / ジャパハリネット
LOVE DISCHORD / BEAT CRUSADERS
Do What You Want / Ok Go
Under And Over It / Five Finger Death Punch
Otsego Undead / Static-X
BAD FEELING / 布袋寅泰
どんなときも。 / スコット・マーフィー (ex-ALLiSTER)
7 / Arctic Monkeys
Ain't My Bitch / Metallica
Who Knew / P!nk
Flathead / The Fratellis
Devil's Got A New Disguise / Aerosmith
Walkie Talkie Man / STERIOGRAM
High School Never Ends / Bowling For Soup
Burn It to the Ground / Nickelback
Saccharine Smile / Donots
Boogeyman / Motörhead
Resurrection / Halford
Stand Up And Fight / Turisas
I'm The Man / Anthrax
Are You Gonna Go My Way / Lenny Kravitz
Bedroom Talk / The Starting Line
哀愁交差点 / ジャパハリネット
Sour Cherry / The Kills
Auf nach Wacken / Onkel Tom
Higher Ground / Red Hot Chili Peppers
Run Rudolph Run / Lemmy Kilmister, Billy Gibbons & Dave Grohl
Sabbra Cadabra / Metallica
Black Sails At Midnight / Alestorm
In Love With a Girl / Gavin DeGraw
Startime / Tsar
Kimi wo Nosete / Imaginary Flying Machines
Charlene / Radio Caroline
What the Milkman Saw / Reverend and the Makers
ラインを超えて / ジャパハリネット
Kalevala / Kalevala
1℃ / FUZZY CONTROL
Wooden Pints ~ 酒場で格闘ドンジャラホイ / Korpiklaani
Bring The Noise / Anthrax
Band-Girls-Money / Tsar
Rock Child / Pearl
Stargazers / Nightwish
Red Flag / Billy Talent
Anarchy In the UK / Sex Pistols
Medicate / A.F.I.
Stone Deaf In the USA / Motörhead
約束の場所 / ジャパハリネット
Bugger Off /Fiddler's Green
Dancing Shoes / Arctic Monkeys
Rock And Roll Music / Chuck Berry
Reflection / FUZZY CONTROL
Let It Rock / Chuck Berry
I Want to Be Wrong / No Use for a Name
It's Electric / Metallica
The Final Countdown / Europe
Nowhere To Run / Toxic Holocaust
Just Kidding / Disaster
All Seeing I / Savage Messiah
The River / Good Charlotte
Guardians of Fate / Ensiferum
Stone of the Seven Suns / Suidakra
Heavyweight Champion of the World / Reverend and the Makers
State Of Emergency / Skindred
インダーソング / ジャパハリネット
Last Of The Lookers / The Metros
Thunderhead / Overkill
Open Your Window / Reverend and the Makers
Got The Time / Anthrax
By the Way / Red Hot Chili Peppers
脳内百景 / フラワーカンパニーズ
深夜高速 / フラワーカンパニーズ
Do the Robot / 7 Dollar Taxi
Helicopter / Bloc Party
Blackened / Hellsongs
百花繚乱 / ジャパハリネット
蹴り上げた坂道 / ジャパハリネット
Fight Music for the Fight / Bromheads Jacket
Vodka / Korpiklaani
U + Ur Hand / P!nk
I Don't Wanna Stop / Ozzy Osbourne
1985 / Bowling For Soup
Are You Gonna Be My Girl / JET
Mily / Kalevala
To Holmgard And Beyond / Turisas
Bloodshed and Violence / Ancesttral
Chip / The Real McKenzies
Too Late Too Late / Metallica
インドア風チキン ラッパ添え / FUZZY CONTROL
Miss Brown / Reverend and the Makers
烈の瞬 / ジャパハリネット
Wallet / Puffer / Smokes / Keys / The Cops
栄華の花 / ジャパハリネット
The March Of The Varangian Guard / Turisas
モナリザ / FUZZY CONTROL
She Does / Locksley
Call Me / Blondie
Born to Be Wild / Steppenwolf
Peacemaker / Sonata Arctica
Henrietta / The Fratellis
Assassins Of Youth / Wayne Static
Grandfather's Clock / スコット・マーフィー (ex-ALLiSTER)
Spotlight / MuteMath
Delusions of Grandeur / Artillery
Hard Times-Fast Ladies / Anvil
Sweet Home Alabama / Lynyrd Skynyrd
Stickin' to the Floor / Arctic Monkeys
Steel Lord On Wheels / Hibria
What Ifs & Maybes / Bromheads Jacket
Radio Grooovie Drunkers(Full Edit) / Rocket K
ベクトルが消えた夏 / ジャパハリネット
My Friend John / The Fratellis
Push It / Static-X
Politically Correct / SR-71 & Honor Among Thieves


こんな感じです。
気になったものはありましたか?


さてさて、ここからツインフォールズとその他行ったところの要所の写真です。

谷(下流)
谷(後ろ)

谷(上流)
谷(前)

谷(斜めにしてみましたテヘペロ)
谷

ちっちゃい俺
俺

ごっつい鹿みたいなのおった
鹿

バランスドロック!
バランスドロック

滝その1
滝1

滝その2
滝2


まあこんな感じでした!
こんなところをメタル流して走って観光してきました~!

ではまたー(・∀・)ノシ


[ 2012/05/20 11:25 ] 雑記 | TB(1) | CM(0)

【逸曲】Dying Season / Heathen【入魂】

The Evolution Of Chaos


最近の記事は一曲入魂ばっかりになってきましたね・・・
むしろそっち系な方向性に変えちゃおうかなと思っちゃったりしてるところです。
でも新譜の紹介もしたいしなあー。


そんなわけで今回の入魂作品は、

アメリカのスラッシュメタルバンド、Heathenの3rdアルバム「The Evolution Of Chaos」(2010年)より「Dying Season」です。
ちなみに#2に入っていて、#1はこれに続くイントロトラックです。


Heathenそのものはあまり知らず、本アルバムで初めて聴きました。
確か記憶ではCDショップで直接試聴して買った中でも数少ない当たりCDだったと思います。
もちろん、今回紹介するDying Season(+イントロトラック)に一発でやられて買ってるはずです。


音は、
ザリザリジョキジョキな感じのギター。
ヤスリで作ったハサミで刻む、そんな感じ、どっちもいける感じ。
それがハモったりしています。

ベースはちょっと聴き取り辛めではありますが、ベコンベコンな音を響かせております。
上手い具合にギターに絡んでて○

ドラムはパワーと歯切れが共存する感じ。
スネアとドラムにかなりの威力があり、ドラムトラックだけ聴いても聴いても気持ち良いんじゃないかってぐらいに良い音。

ボーカルはちょっと独特な声質をもったボーカルで、歌い方は若干歌う感じの吐き捨て。
突然音程をあげたりなど、なかなかにテンションを煽ってきます。


曲詳細


●イントロ1(イントロトラック)
アラビアンの夜な雰囲気を醸し出す静かな出だし。
最初のキラキラな音と、強くリバーブのかかったバスドラムの音がさらに雰囲気を加速させます。
そして一瞬の間を置き、若干速めなフレーズへ。

●イントロ2(メイントラックイントロ)
イントロ1の速めなフレーズそのままに、激しく歪んだギターの音へ。
ここでバスドラムとスネアの音がすごく効いており加速感がすごい!

●ヴァース
イントロ2のフレーズを周到したリフでズンズンに刻んでくるギター、捲し立てるボーカル、それに加勢する周りのコーラス。

●プリコーラス
ドラムはそのままに、ギターがロングトーンを使い、さらにはツインギターでハモり、若干ながら怪しい雰囲気を演出。

●コーラス
ドラムがずっと一定のドラミングを保っているせいかサビに入っても勢いは落ちない。
ここからまた激しい刻みが入るが、相変わらずに気持がちよい。
サビ後の一瞬のブレイクも良い。

●他
曲後半の(2:45辺りから、上の動画では3:57辺り)のモッシュパート?なんかついつい体が動いてしまう。
これも確実にノリの良いドラムのせい。

そこからギターソロへ、相変わらずのアラビアンな雰囲気。
ソロの間に入るツインギターもかっこよい。
そして何より、イントロのフレーズを再度使うところがニクイネ!

アウトロも油断せず、さらなるフレーズを盛り込んでくるとか、すごい力の入れようです。


初めて聴いたときはベテランの作品とは知らず、すごい新人がとも思いましたが、これは新人だろうとベテランだろうとどっちが作ってもすごい作品!
これもドラマティックスラッシュメタル系の最高峰辺りへいけるのでは。
最高にかっこよい一曲でした!


【逸曲】I Rise / Overkill【入魂】

スーパーウルトラ超絶お久しぶり!
いやあ日本を満喫してまたアメリカに戻っちゃいました!


そんなわけで、久々のレビューです。

今回は私が大好きな、アメリカのベテランスラッシュメタルバンド、Overkillの13thアルバム「Killbox 13」(2003年)より「I Rise」です。

Killbox 13



アルバム紹介ではよく、「傑作だ!」「近年の最高傑作!」との文句を見ますが、実際にレビューしている人でそのようなことを書いてる人を見かけたことがありません。
やはり過去の名作に比べれば・・・
といった感じではありますが、音の圧力感は高く、パワフルで爽快な音を聴かせてくれるアルバムです、私はそこそこ好きです。


そんな中でも今回のI Rise。
何気に私の中でもOverkillでトップレベルに好きな曲です。


曲詳細



●イントロ
最初は重さを強調したフレーズから、いきなりこれぞスラッシュ!と言わんばかりのリフへ。
リフはザクザク、ドラムはドコドコでかっこよい!
ベースの変化もクール!

●ヴァース
イントロ後半の勢いそのままにノリをよく!
コーラスも手伝ってか、かなりの力強さを感じます。

●プリコーラス
速度を落としまたしても重さを強調。
この重さから一気にスラッシュリフへの爆発がたまりません!

●コーラス
え、プリコーラスに書いた部分がコーラス?

●他
軽快なリフにボビー・ブリッツ・エルズワースのボーカルが乗ったり、ギターソロが乗ったり。
万能なリフでしかもかっこよいときてる。


ある意味ではこれがOverkillの一つの真骨頂とまで言いたくなるような、そんな出来。
スラッシー度が非常に高いパート、重いブレイクダウン、ノるパート、そしてそれらの切り替えが非常に気持ちいい1曲!




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。