We need another Metal (and beer)!

メタルCD、ヘッドホン、DTM、プラグインのブログ。オススメが多いです。
SoundCloud
プロフィール

やまちゃ

Author:やまちゃ
スラッシュメタル大好きっこ!
質問したい方はAsk.fmからどうぞ
[Ask.fm]

検索フォーム
カテゴリ別検索
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Twitter
ブログRSS

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

【アルバム】Icarus / Dew-Scented【レビュー】

Icarus


ドイツのデスラッシュメタルバンド、Dew-Scentedの9thアルバム「Icarus」(2012年)です。
14曲収録、内3曲ボーナストラック。


驚異的なスピードでアルバムをリリースしますねー。
1stを出してから16年でアルバムを9枚。
なんて精力的なのでしょうか。


ガスマスクの革命者みたいな格好。
ギリシャ神話のイカロスとかけて翼を付けているのでしょうか?
それにしてもこのバンドはガスマスクが好きだね!


相変わらずのゴリゴリな音を出してますね。
さすがデスラッシュ!さすがデューセン!

全体的には前作と同じような音なので割愛。

違いが一番あるといえばスネアの音が低く響きにくい音にしてあることでしょうか。


各トラックのレートは、


#1 Hubris ★4
#2 Sworn To Obey ★5
#3 Thrown To The Lions ★4
#4 Storm Within ★4
#5 Gleaming Like Silver ★4
#6 By My Own Hand ★4
#7 The Fail Of Man ★4
#8 Reawakening ★3
#9 Destined To Collapse ★4
#10 A Final Procession ★4
#11 Perpetuated ★4
#12 In Dying Mode ★4
#13 Good Day For A Hanging ★5
#14 The Storm ★3


Top3は、


#13 Good Day For A Hanging
いきなりTop1がボーナストラックからってのもあれですが・・・
邪悪でノリの良いイントロリフ!
ボーカルもキレキレでかっこよい!
細かくリードギターを入れるところも良い!
中盤にはスローなパートを作り小休止。
そこからのー、超絶ノリノリパート&ギターソロ!!!
ここすんごいかっこいいの!
(よーく調べたらWasted Youthのカバーやん・・・完全に自分の曲にしとる)


#2 Sworn To Obey
これはやはり#1のイントロトラックから聴いて欲しいですね。
ゴリゴリなデスラッシュですが、イントロトラックから続けることで様式美を作り出しています。
哀愁漂いまくりなイントロトラック、それが#2の本編へ切り替わった瞬間とてつもない爆走!


3つ目は選曲無しかなー・・・
(実はどれも似たり寄ったり聴こえたり・・・)


全体的に前作よりもスラッシーさは減っています。
が、勢いはなかなかに高く、今回もまずまずの出来!
中盤ちょっとダレるのが残念かなー。

前作でもそうでしたが、どうやらボーナストラックに良い曲が入ってくるバンドですね!


評価 ★3+


動画はSworn To Obey



スポンサーサイト

【ヘッドホン】DT990 PRO / beyerdynamic【レビュー】

DT990PRO
今回はbeyerdynamicのヘッドホン「DT990 PRO」です。
価格.com最低価格(11/27時点):¥14,399


○基本スペック
タイプ:オーバーイヤーヘッドホン
構造:オープンエアダイナミック型
インピーダンス:250Ω
再生周波数帯域:5Hz-35,000Hz
音圧感度:96dB
プラグ:3.5mmストレート
コード長:コイルタイプ3m(引き伸ばし時)
質量:250g
付属品:6.3mm変換アダプタ


○外観
まず目に付くのはハウジングの開放感。
網のような目が武骨で堅実。
そしてベイヤーダイナミック独特なヘッドバンドからアーム部分。
どこからどう見てもベイヤー製品。
イヤーパッドはシルバーのような薄い灰色のベロア地。
ぶっちゃけ音が良いようには見えません。


○音域別音量分布図
超高:■■
高音:■■■■
中高:■■■■
中音:■■■
低中:■■■■
低音:■■■■
超低:■■■


○聴き比べた主な曲
#1 I Don't Wanna Stop / Ozzy Osbourne(正統派メタル)
#2 Razor's Edge / Hell's Thrash Horsemen(オールドスクール系スラッシュメタル)
#3 Satanist / The Crown(デスラッシュメタル)
#4 Living Dead Beat / Children of Bodom(メロディックデスメタル)
#5 Fiur ~ Muspilli / Nachtgeschrei(フォークメタル)

気持ちの良かった順番
#1=#2=#3=#4=#5

はっきり言って優劣付けがたい!
どれもそつなくこなし、過不足なく綺麗に音を鳴らしてくれますね。
そのおかげか、順位が付けられないほどにどのジャンルも非常に気持ちよいです。

#1では重いザックのギターとレベルの高い各楽器隊に絡むオジーのボーカル、どれもメタルらしさが前面に出る鳴り。
#2は、オールドなスラッシュ特有の過剰なザクザク感、異様に響くバスドラムもしっかりと迫力の音で表現されます。
#3の圧力の高いデスラッシュでもなんのその!
#4はギターの轟音のような唸りとシンセの切り裂く音、ベースとドラムの低音圧力の壁、ボーカルのグロウルの荒々しい攻撃性を見事に再現。
#5は一変してクリーンギターも、バグパイプも、ハーディカーディも、それらの歪みのないクリーンな音をしっかり出しつつ、強烈なバスドラムやタム、そして力強い音のギターまできっちりと分離感のある音で再生してくれます。


○欠点
なんでしょうね、イマイチ見当たりません。

あ、インピーダンスが高く効率があまりよくありませんのでアンプ必須です。
開放型なので、電車などでは使わないでくださいw


○その他
まずは音が優しくも強く、音楽を非常に気持ちよく聴けるバランスで鳴らしてくれますね。
分離感は非常に高いわけではないのですが、きっちりと音一つ一つが聴こえます。

インピーダンスが高い分ノイズに強い(らしい)です。

そして側圧は強くなく、ベロア地イヤーパッドのおかげで快適な付け心地。
メガネをしていても気にせず長時間使えます。

名前の通りもともとプロ用ということで、頑丈な作りをしています。

そして何より、これだけレベルの高い製品を、こんな価格で買えるあたりさすが質実剛健な(イメージの)ベイヤーダイナミック。
販売から6年過ぎた今でも人気の機種です。


○メタル度
激高!
ドンシャリ傾向にありますが、その具合が絶妙で特にメタルには合うのでは。
ジャンル関係なく気持ちの良い音で聴けます。
メタルに限らずこの価格帯では真っ先に勧めたくなるような非常に良い機種ですね。

これの更に上位機種や、さらなるハイエンド機種があるというのだから気になってしまいますが、この機種でも満足してしまいます。


【アルバム】Born of the Bomb / Lich King【レビュー】

Born of the Bomb


俺待望!

アメリカのオールドスクール系スラッシュメタルバンド、Lich Kingの4thアルバム「Born of the Bomb」(2012年)です。
10曲収録。


来たよ!俺が大好きLich King!
どうやら以前ベースをしていた人がリズムギターへ転向、ベーシストを新たに迎えたようです。


ジャケットはアルバムタイトル通り、爆弾生まれな感じですね。
前作までのキングさんは爆弾生まれということでしょうか?


内容は、
前作までよりもかなり洗練された音になっています。
というか、意図的に音を変えた?
非常にきっちりカッチリと作られた音になっていますね。

ギターは以前のような刺さる音が抑えられ、非常に聴きやすくもスラッシーなジャキジャキ感がよく出ています。
刻み至高は相変わらず。
あれ、このリードギターなかなか上手くね?

ベースはやはりバキバキな音。
かなりパワーが出ていますね。

ドラムもかなり綺麗で激しい音になっています。
今までスカスカなような軽めだったスネアとバスドラムが重い音へ変わり、そして激しく打ち鳴らす金物が激しさを倍増させる。
タムは重心高めで飛び道具的な感じ。
スラッシーなドラミングで突き進む。

ボーカルは以前よりも高音成分が多くなり、以前のようにガナリたて吐き捨てるだけからしっかりと、リズムを取り若干のメロディを付けつつも更に激しさの増した吠え方をします。
#6で思いますが、ただがなり吠えるだけの前作までからかなり上手くなってる。
稀にですがハイトーンまで出します。
コーラスもパワーがあってよい。


各トラックのレートは、

#1 All Hail ★4
#2 We Came to Conquer ★5
#3 Wage Slave ★4
#4 In the End, Devastation ★4
#5 Fan Massacre ★5
#6 Agnosticism ★5
#7 Combat Mosh ★5
#8 Axe Cop ★4
#9 Agents of Steel ★4
#10 Lich King IV (Born of the Bomb) ★5


Top3は、


#2 We Came to Conquer
音とかこんだけパワーアップしたのに、イントロとか至るところに一発でLich Kingだ!って分かるリフがいっぱい!
初っ端から回転が速くテンションの高い刻みを見せ付けます。
ソロ後の終盤の展開も、一旦落ち着けてからとなかなかに巧み。
ホントは#1から続く曲なので続けて聴いてもらいたいです。


#7 Combat Mosh
イントロからいきなりノっけてくるネーーー!!
これもまたLich Kingと一発で分かる!


#10 Lich King IV (Born of the Bomb)
最後の最後でやはり持ってきますねー、セルフタイトル4作目!
しつこいほどにLich kingと名の付く曲を持ってきますが、今作はひたすらに高速で刻む!
そんなんで8分近くやって大丈夫なのか、と言いたくなるほどです。
(大丈夫です、いろんな展開をしっかり作ってましたから)
最後のほうでは他のメンバーがボーカルに参加しています。


Top3とは言いましたが、もう1曲。
#6 Agnosticism
Lich Kingにしてはかなり珍しい曲調。
スローでかなりタメている感じ。
若干哀愁漂うバラードな雰囲気まで出してくる。
が、後半のソロに入ったところからの展開が見事!
リフもかなりかっこよいものを持ってきている。
必聴の1曲!


はっきり言って今作は、
かっけーーーーーー!!!
です!
最近の、若手で特に実力のあるバンドはLazarus A.D.やWarbringer、個人的にはあとInvectionと思っています。
今作を聴いて、Lich Kingはそこへ迫る勢いです。
前から劣化Warbringerとか言われていましたが、私的にはWarbringerの最新作よりこっちのほうがかっこよい!

以前からの鋭い刻みとしっかりとノせるフレーズ、そこへ音質面の強化と全体的なレベルアップ、とかなり強力になって帰ってきました。
もう少し聴いていたら、下手すりゃ★5がもっと増える勢いです。


評価 ★5


動画はWe Came to Conquer



【アルバム】The Fatal Feast / Municipal Waste【レビュー】

The Fatal Feast


アメリカのクロスオーヴァースラッシュメタルバンド、Municipal Wasteの5thアルバム「The Fatal Feast」(2012年)です。
16曲収録、内1曲インスト。


Nuclear Blast Records移籍後の初作品ですね。
またしても結構なかっ飛ばせ!でございます。

ではでは、今回はかっと・・・ばしませんw


ジャケットは、宇宙船にゾンビ現る、ですね。
#1のタイトル通り、宇宙まで荒地にしちゃうかって感じです。
今までゾンビ風なジャケで通してきただけ合って、この人たちってホントにゾンビ大好きなんですねw


内容は、
ギターは今までよりも中音豊かで厚みのある音になっていますね。
若干ボワつきのある音ですがジョリンジョリンに刻む感じが良い感じ。

ベースは相変わらずなベコンベコン音ですが、響きすぎずバランスよく下から支えていますね。

ドラムは、軽めでパコッとなるスネアに歯切れの良いバスドラム、そんな中シャリンシャリンに鳴るハイハットが目立ちます。
タムがもっと出ればなーなんて思ったりしますが、勢い重視なドラミングなのでよし。

ボーカルは今まで通り叫びまくりですが、若干メロディが付くようになっています。
でも勢い重視は今まで通り。


各トラックのレートは、

#1 Waste In Space ★3
#2 Repossession ★4
#3 New Dead Masters ★5
#4 Unholy Abductor ★4
#5 Idiot Check ★4
#6 Covered In Sick/The Barfer ★4
#7 You're Cut Off ★5
#8 Authority Complex ★4
#9 Standards And Practices ★4
#10 Crushing Chest Wound ★4
#11 The Monster With 21 Faces ★5
#12 Jesus Freaks ★4
#13 The Fatal Feast ★4
#14 12 Step Program ★4
#15 Death Tax ★3
#16 Residential Disaster ★4


Top3は、


#11 The Monster With 21 Faces
イントロの超絶ノリノリなリフが最高!
中間はと・に・か・く・か・っ・と・ば・せ!
最後にもイントロと同じリフを使ってくるのがニクイ一曲。


#7 You're Cut Off
最高に、か・っ・と・ば・せ!な曲。
中盤の作戦は「ノリを大事に」
最初のほうだしやっぱかっとばしは大事だよね!


#3 New Dead Masters
まさにMunicipal Wasteを象徴するかのような曲。
1分14秒しかありません。
その中にかっとばしとノリノリを詰め込んでるわけです。
イントロのコーラスの勢いもいいですね!


今回は16曲で37分と以前にレビューしたものよりは大幅に長くなりました。
1曲平均は見た感じ1分50秒~2分。
やはり短いですね。

ボーカルは上手くなったし、音は大きなレーベルに移動したおかげか厚く熱くなったし更に勢いを付けたな、と思います。
ただ、音は4thのほうが好きです。
なかなかなパンチのある曲も合ったりと、良い盤なのでは。


評価 ★4


動画はThe Monster With 21 Faces



【アルバム】Desire World(慾念橫行) / Sideffect(賽德費)【レビュー】

Desire World


台湾のDeath Metal / Deathcoreバンド、Sideffect(賽德費)のEP「Desire World(慾念橫行)」(2012年)です。
6曲収録、内1曲イントロのためインスト。


台湾のメタルバンドといえばChthonicですね。
今、仕事で台湾にいるのですが、光南という生活雑貨屋の洋楽CDコーナーのメタル枠で見つけて珍しいなと思って買ってみました。
今考えれば、台湾の店の洋楽枠に台湾バンド・・・そりゃ珍しいよなぁw


ぶっちゃけあれです。
このジャケ見て絶対スラッシュメタルだっ!!!
と思って買いましたw
バンドロゴは思いっきりデス系だなって思ったんですけどねー。


ぶっちゃけぶっちゃけデス系ってあんまり好きではなかったのですが、意外にもこのバンドが良く今後もっと聴くようになってしまいそうです。
デス、デスコア、ちょっとだけスラッシュを足したような音で、基本的にはミドルテンポ。

ギターは低音強調めのザリザリな音、非常に乱暴、凶暴なイメージを受ける音です。
結構厚いと思ったら3人ギターでした。
結構かっこよい。

ベースは真ん中にベゴンベゴン、ギターに埋もれるときもあるけどどっちかというとギターと共に重い音を出している感じ。

ドラムは音低めなスネア、かなり強調されたバスドラム。
金物は広がりこそ少ないけど手数が多く激しさがかなり出ています。

ボーカルは2人いる?って思っちゃうくらいタイプの違う声が入っています。
いずれもグロウル、ガテラル系。
何も知らずに聴いたら台湾とは思わないかも。

そして意外にもそこそこ多くのシンセ音を使っていますねー。


各トラックのレートは、

#1 Intro ★3
#2 Illusion ★4
#3 Desire World ★4
#4 Black Jack ★4
#5 This is the sign ★4
#6 Apocalypse ★5


Top3は、


#6 Apocalypse
やはり私はスラッシャーか・・・
一番?スラッシュな要素の多いこの曲が一番好きです。
特に3:15辺りからの変化がすごく良いです。
スラッシュ的なフレーズに切り替わるのがすごく気持ちよい!
これはもう下に動画を貼るので聴いてもらうしかない!


#3 Desire World
私的には前半のごりっごりに刻むパートと、その後のドッコドコにドラムを叩きまくるパートが好きです。
基本的にスローな部分が多いですが、展開が多くなかなかに聴き飽きないです。


#5 This is the sign
イントロの刻みや、間の変化、展開がなかなか面白いですね。
2種類のボーカルの使い分けでメリハリを付いてて好きです。
周りからのコーラスも力強くいいですね。


やはり、思った以上にレベルが高くなかなかにかっこよい!
音も力強くチープでない感じが私的には好感!


評価 ★4


動画はApocalypse



【ヘッドホン】IE80 / Sennheiser【レビュー】

IE80
今回はSennheiserのイヤホン「IE80」です。
価格.com最低価格(11/12時点):¥29,800


○基本スペック
タイプ:インナーイヤーヘッドホン(カナル型イヤホン)
構造:ダイナミック型
インピーダンス:16Ω
再生周波数帯域:10Hz-20,000Hz
プラグ:3.5mmL型
コード長:1.2m
質量:16g
付属品:イヤーアダプターセット、キャリングケース、イヤーフック、ケーブルクリップ、クリーニングツール


○外観
見た感じは、ハウジングにアルミが使ってあり高級感があります。
堅牢なイメージです。
プラグなどは普通な感じですね。


○音域別音量分布図
超高:■■
高音:■■■
中高:■■■
中音:■■■■
低中:■■■■□
低音:■■■■
超低:■■□


○聴き比べた主な曲
#1 March of the Sycophants / Exodus(モダン系スラッシュメタル)
#2 Attack of the Wrath of the War of the Death of the Strike of the Sword of the Blood of the Beast
/ Lich King(オールドスクール系スラッシュメタル)
#3 Flames of the Free / Týr(メロスピ系ヴァイキングメタル)
#4 Stargazers / Nightwish(シンフォニックメタル)
#5 Hate Crew Deathroll / Children Of Bodom(メロディックデスメタル)

気持ちの良かった順番
#5=#4>#2=#3>#1

(メタル的に)バランスの良さのおかげでどのジャンルも高レベルで気持ちよく鳴らしてくれます。
メロデスやシンフォ系はそんな部分が特に顕著に現れたように感じました。
モダン系スラッシュは気持ちよく聴けましたが、いま一歩といった感じ。
ただし、低音を調節すればもっと上へ行くと思われます。
私個人としては、意外にも低音重視でない曲のほうが気持ちよく聴けると思いました。


○欠点
結構耳の形状を選ぶようです。
私の耳にはあまり合いませんでした。
耳の手前にイヤホン本体が来る感じで、遮音性は高くありません。


○その他
まず、なんといっても低音調節機構!
最低の状態でもそこそこ低音は出ていますが、自分の好きな量に調節することが出来ます。
結構変わります。
私は下から2メモリくらいにしています。

一度付けると、もともとShure掛け使用を想定されているだけあって動いてもずれたり外れたりは少ないです。
が、あまり外で使えるほど遮音性は無いので、やはりイヤーモニターシリーズなんだなと思います。

音的にはよく重低音イヤホンといわれていますが、案外そうでもなく低中音辺りが多い様に感じます。
それでいて高音は綺麗にはっきりと鳴らすため、なかなかにバランスが良いと思います。

また、ケーブルは脱着式で交換が可能!大量のイヤーチップが付属しており耳に合わせて交換可能!
イヤーフックのおかげで装着時の安定感抜群&タッチノイズ激減!


○メタル度
高いです。
低音が効きつつ締まっており、かつなかなかに豊かな中低音でギターが厚く、綺麗に聴かせる高音で金物による激しさプラス、とメタルを聴くにはなかなかに良いバランスだと思います。
しかも、自分の好みに低音を調節できるという。

雑誌で手放しに高評価になっており疑問を感じた人もいるみたいで、私もそう思いました。
が、今冷静になって聴いてみれば、やはり音や装着時、付属品や機能などバランスが良く、高評価にせざるを得ないくらいの出来のイヤホンだと思います。


なお、2012年11月9日~2013年1月14日までキャッシュバックキャンペーンをやっているみたいで、本機種は\5,000のキャッシュバックだそうです。
クリスマスから新年にかけてのセール時に購入するのが得策でしょう。




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。