We need another Metal (and beer)!

メタルCD、ヘッドホン、DTM、プラグインのブログ。オススメが多いです。
SoundCloud
プロフィール

やまちゃ

Author:やまちゃ
スラッシュメタル大好きっこ!
質問したい方はAsk.fmからどうぞ
[Ask.fm]

検索フォーム
カテゴリ別検索
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Twitter
ブログRSS

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

【アルバム】Pound For Pound / Anvil【レビュー】

Pound For Pound


さて、今度はAnvilの5thアルバム「Pound For Pound」(1988年)です。
10曲収録。


ジャケットは体重計を破壊するAnvil、金床。
あれですね、重いですよアピール。
金床なので重いのは当然ですw


音は・・・Anvilのアルバムの中でも屈指といえるほど悪いかも;
まだスタジオアルバムは2枚聴いてないんですけどね。
全体的に音がだいぶ篭ってる感じ。

ギターはまださほど重さをアピールしていないようです。
さほどザクザクでは無い。
ちょっと音が遠い。

ベースは最新作路線なバキバキ感の少ない音ですが、やはり篭っておりそしてあまり分離が良くなく聴き取りづらい。

ドラムは聴こえやすいほうかな。
タムの重さはさすが。

ボーカルはまだ若い頃のためか張りのある感じ。
でも現在もそんな大きくは変わってないな。


各トラックのレートは、

#1 Blood On The Ice ★3
#2 Corporate Preacher ★3
#3 Toe Jam ★4
#4 Safe Sex ★3
#5 Where Does All The Money Go ★3
#6 Brain Burn ★3
#7 Senile King ★3
#8 Machine Gun ★3
#9 Fire In The Night ★3
#10 Cramps ★3


Top3は、


#3 Toe Jam
本作では一番わかりやすく激しい。
あまりスラッシュ的ではないけど、まあスラッシュメタルではなくスラッシュメタルの元となる立ち位置なのでこんなものか。
緊張感のあるリフが良い。
リード多め。


#6 Brain Burn
わかりやすくアンヴィルロックンロール。
ブレインバ~~~ン!
ホントAnvilって曲名をサビで叫んでばっかりだよねw


3曲目は、んーーー決まらんです。


正直このアルバムはイマイチ。
爽快感はほとんど無く、Anvilの持ち味であるミドルテンポでもノれるヘヴィメタル、、ロックンロールってのからノれる部分だけ外したような状態。
勧めることは無いですが、Anvil好きとしてコレクションには持っておこうかなって感じ。


評価 ★2


動画はToe Jam



スポンサーサイト

【アルバム】Juggernaut of Justice / Anvil【レビュー】

Juggernaut of Justice


しばらく、新譜以外はAnvil押しで行こうかなと思ってます。


では、今回もカナダのヘヴィメタルバンドAnvilで、14thアルバム「Juggernaut of Justice」(2011年)です。
13曲収録。


今回は現在の最新アルバム。
で、もうしばらくで新譜が出ますね!
かなり期待してます。


ジャケットは、しつこいくらいにずっとアンヴィル、金床。
今回は十戒の如く海を引き裂いていますね。
なんて強力で強大な金床なんでしょう。


音は、録音レベルが特にかなりレベルアップしております。

ギターはまさにヘヴィメタル。
最近のレビューに出てたようなスラッシュ的音はだいぶ影を潜めました。
そんな意味では私的にはパワーダウン。
しかし今までで一番しっかりした音。

ベースは今までのギターに食われまくりが嘘のようにはっきりと、ずっしりと、重い音を鳴らしつつはっきりと聴こえます。
これまた最近のレビューに出てたようなベキベキ感は影を潜め、重さや厚みを重点に置き、かなりヘヴィになっています。

ドラムはキレの良い音になっています。
バスドラムは若干小さめかな、スネアはかなり歯切れが良くはっきりした音。
キレの良さは主にスネアから来ているようです。
金物は適度に広がり、バランスよく左右に振ってあり聴きやすい。
相変わらずフィルインが多彩。

ボーカルは相変わらずのリップスですが、いつもよりもちょっとばかり、2割くらい楽しそうに歌っている気がする。
#7ではいつものリップスとは違うボーカルが聴けます、これも結構良い。
コーラスもパワーアップしています。


各トラックのレートは、


#1 Juggernaut of Justice ★5
#2 When Hell Breaks Loose ★4
#3 New Orleans Voo Doo ★3
#4 On Fire ★3
#5 Fuken Eh! ★4
#6 Turn It Up ★4
#7 This Ride ★5
#8 Not Afraid ★5
#9 Conspiracy ★3
#10 Running ★4
#11 Paranormal ★5
#12 Swing Thing ★3
#13 What I Want to Be ★4


Top3は、


#1 Juggernaut of Justice
アルバムタイトル曲で初っ端の曲。
The End Recordsのサンプラーでも頭を飾った曲で、スタンダードなヘヴィメタル且つAnvilらしいミドルテンポながらもノリの良い曲。
全体的にも非常に良くまとまっています。
今までの曲でも屈指の曲では。


#7 This Ride
2ndアルバムであるMetal on Metalに収録されているMarch of the Crabs的な立ち位置?
一定のリズムで刻み、一定のリズムでバスドラムを踏む。
ただし、今までのリップスとは違うボーカルが聴けます。
別の人か歌い方を変えてみたのかわかりませんが、かなり良いアクセントになっていますね。


#11 Paranormal
ひたすらに重く、ただひたすらにヘヴィ!
怪しい幕開けのこの曲はとにかく我慢する曲。
6分我慢してください、むしろこの重さを聴いて先を想像してください。
6分の後、最後の1分のアウトロためにこの曲があるのです。
むしろ、6分間イントロ。(そして即アウトロ)


今までのAnvilの中でも特に出来がよいのでは。
School Love→Juggernaut of Justice
March of the Crabs→This Ride
Metal On Metal→Paranormal
と初期の名曲をこのように置き換えることができるほどです。

Anvilはどれが良いか聞かれれば、まず間違いなくこのアルバムは入るでしょう。


評価 ★4+


動画はJuggernaut of Justice



【アルバム】Plugged In Permanent / Anvil【レビュー】

Plugged In Permanent


またしてもカナダのヘヴィメタルバンド、Anvil。
7thアルバム「Plugged In Permanent」(1996年)です。
10曲収録。


ジャケットは相変わらずアンヴィル、金床。
金床でアコースティックギターを踏み潰してます。
多分「そんなことよりメタルしようぜ!」
って感じの意味だと思います。
作戦:楽器大事に


今回の音は、まあ悪くは無いかなと思います。

ギターは高音強調のかなり鋭い刺さるような音。
ギャリギャリ感たっぷり。
低音時はバリバリと壁を壊すような音。
左耳が若干こそばゆい。

ベースは聴こえにくい。
バキバキめな音ですが、時々バキバキに聴こえる高音部分が聴こえる感じ。

ドラムはさほどおかしいところは無いかな。
ペタペタバスドラにスナッピーのシャカシャカ成分多めなスネア。
かと思えばスネアはスッコンスッコンなってたりもするという。
金物は適度に鳴ってます。

ボーカルは、まあこれまでのレビューと変わらずということで。
ちょっとエフェクトを深めにしたのか、若干機械的な響きになってます。


各トラックのレートは、

#1 Racial Hostility ★3
#2 Doctor Kevorkian ★4
#3 Smokin' Green ★4
#4 Destined for Doom ★3
#5 Killer Hill ★4
#6 Face Pull ★4
#7 I'm Trying to Sleep ★4
#8 Five Knuckle Shuffle ★5
#9 Truth or Consequence ★3
#10 Guilty ★4


Top3は、


#8 Five Knuckle Shuffle
軽快かつギャリギャリ感たっぷりなイントロから、低音効きまくり轟音リフへ。
本作の中では特にテンポが良く、そして激しい音の一曲。
途中パーカッションがシャッカシャカです。
若干変拍子?
冷静にリズムを考えてるとあれ?あれ?ってなる。


#6 Face Pull
イントロのギターがかっこいいね!
とりあえずそれがあればいいんだよ!


#10 Guilty
メタルというだけでアレですが、Guiltyというタイトル、それだけで厨二心をくすぐる。
さらに厨二心をくすぐるようなこのダークさ、重苦しさ、そして若干の哀愁を含んだギターメロディ。
メロスピやラプソディ系シンフォニックメタルとは別の厨二感があります。
何気に#9から連続トラックです。


なんかちょっと急ぎ足になってしまいましたね。
本作はさほどパッとしないイメージです。
特別これ!っていうようなものはないかな。
それでも、#8はあとから聴くとああそういえばって思い出せるくらいに、他の曲でもこんなの無かったっけ?って思えるくらいに耳に残りやすいものです。

ん~、悪くはないかな。


★3


動画はFive Knuckle Shuffle



【アレンジ曲】ホバー・スター・ジオーン戦/ジョイメカファイト




ほい!
ファミコン末期の名作から!


【ヘッドホン】ZH-BX500 / ZERO AUDIO【レビュー】

ZH-BX500

今回は日本のメーカーZERO AUDIOのカナル型イヤホン「ZH-BX500」です。
価格.com最低価格(3/23時点):¥5,480
ちなみに上記価格はブラックで、私が持っているダーククロームは価格コムで6500円、eイヤホンで6290円になってました。


○基本スペック
タイプ:カナル型イヤホン
構造:バランスドアーマチュア(BA型)
インピーダンス:22Ω
再生周波数帯域:20Hz-16,000Hz
音圧感度:113db
プラグ:3.5mm L型
コード長:1.2m
質量:約3.6g(コード除く)
付属品:シリコンイヤーピース3種、キャリングバッグ


○外観
非常にシンプル。
ソニーのXBA-1SL(もしくはXBA-10)よりもシンプルでスマート。
ブラックはまさにブラック!ダーククロームはダークな銀で渋い!
ちなみに、付属のシリコンイヤーピースは白色透明ですが、写真はノイズアイソレーションイヤーピースを無理やり付けて使用してます。
レビュー時は付属のものに交換してます。


○音域別音量分布図
超高:■
高音:■■■
中高:■■■□
中音:■■■
低中:■■■□
低音:■■■
超低:■


○聴き比べた主な曲
#1 Hyades / Hyades(スラッシュメタル)
#2 Electro-Violence / Overkill(オールドスクールスラッシュメタル)
#3 Matador / Halford(ヘヴィメタル)
#4 Hate Me! / Children Of Bodom(メロディックデスメタル)
#5 Päät Pois Tai Hirteen / Korpiklaani(フォークメタル)

気持ちの良かった順番

#1=#3=#4>#2

フラットな傾向にあり、全体的にどれも上手く鳴らしてくれます。
基本的にどれもボーカルとギター、それに近い楽器が良い感じに鳴ります。

ただし、#2のような録音が古い、荒があるようなものははっきりと表現してしまうため若干聴きにくくなるところがあるようです。
が、それは高級機によくある現象。
この価格帯でそれが分かるほどにレベルが高いということです。


○欠点
んー、若干音量が取れすぎる感じがします。
簡単に音量が上がってしまうので、ちょうと調節がしにくいですね。

シュア掛けをするにはあまり向かない形なので、摩擦音対策に他のイヤホンからケーブルクリッパーを持ってくることをオススメします。


○その他
まず、BA型なのに音場が意外に広め。
真ん中が空き気味なとこはあります。

そしてBA型なのに意外にも低音が出る。
若干ダイナミック型に近い雰囲気。

でもBA型の良い所である高音の綺麗さを保ち、そして分離感が高い。
ダイナミック型大好きな私でも気に入る音でした。

装着感は上々。


○メタル度
中。

音的にはBA型としては低音が出るといってもやはり中音高音が強く、重さはさほど伝わりません。
メタル用としては特別良いと言う訳ではないようです。

が、ギターは鋭くそして力強く伝わります。
その点では、良い感じにメタルが聴けると思います。
全体的にフラットで万能といった感じ。

なんでも聴く人は結構これ一本でいけるのでは。
私としては、オススメ度は高いです。

そして、私的にはソニーのノイズアイソレーションイヤーピースを使うほうが遮音性が高く、低音高音が上手く伝わるようになり良いと思います。


くっそおおおーーーー!!!

ヘッドホン欲しくなった


このスパイラルはどうやったら抜けられるんだ・・・

今回、というより今欲しいのはいろいろあって、
1、Sony [MDR-1R](リケーブル用ケーブル含む)
2、Sony [MDR-Z1000]
3、Ultimate Ears [UE9000]
4、onkyo [ES-HF300]
5、とにかく低音強い機種


まず1と2は、ヘッドホンとしては最広域レベルの再生周波数帯域である、4Hz-80,000Hzを誇る。
その超広再生周波数帯域でハイレゾ音源を聴いてみたい。

その中でもMDR-1Rはリケーブルが簡単に楽しめそうだな、と。
まぁ、リケーブルしても目隠しされたら聴き分け出来んよというブログを見て躊躇してるわけで・・・
イヤホンでは実際に聴き分け出来ないことを体感したわけで・・・

そんでMDR-Z1000。
これは定番というか、確実に無難、リケーブルやる必要すらない。
全ヘッドホン中でも1位2位を争う音の分離感、解像度(ヘッドホンにこの言葉はあまり使いたくない)だとか。
もともとプロのモニター用として出されてるのでDTMにも役立つかなと。
でも高い・・・


そんで3と4。
これは単純に新製品だから。

UE9000はワイヤレス&ノイズキャンセリング付き、もちろんケーブルありでも使える。
UE6000を聴いたときは驚愕したよ、ノイズキャンセリングなのに思ってたより良い音を出してたから。
それの上位機種+ワイヤレスか。
ワイヤレスノイキャン機はDENONのAH-NCW500で失敗してるのに・・・

んでES-HF300。
ホントに新製品だからと言うだけ!
数々の良スピーカーを出したオンキヨー初のヘッドホンだからね!
リケーブルも簡単に出来るタイプだしね!
でも新製品はしばらく待って安くなってから買う!これ鉄板!


それから5は機種は決めてないけどとにかく低音強い機種。

最近T90の綺麗な高音+締まりがあり適度な量の低音を聴いてて、それからド重低音イヤホンのHA-FXZ200を聴いたらド重低音ヘッドホンが欲しくなってなぁ・・・


マジで俺は何を求めてるんだ!
って状態。


上記をまとめてみると、

Ⅰ、超広再生周波数帯域でハイレゾ音源を聴いてみたい
Ⅱ、DTM用にミックスとかしやすいヘッドホン欲しい
Ⅲ、リケーブルをやってみたい
Ⅳ、とりあえずUE6000の上位機種が欲しい
Ⅴ、とにかく新製品が欲しい
Ⅵ、ド重低音機が欲しい


では1つ1つ潰していき、本当に欲しいものを探してみましょう。

Ⅰ、
T90は5Hz-40,000、Edition8は6Hz-42,000Hzという人間の可聴領域を大きく超えたものなのに、4Hz-80,000Hzとか本当に必要なのか?
ていうかハイレゾ音源はMegadethのPeace Sells ...But Who's Buying?(リマスター版)しか持ってないぞ!
メタルはハイレゾが少ない。

Ⅱ、
俺はプロではない。
正直DTMは趣味であり、普段聴き慣れたヘッドホンでやるのが良いとも思ってる。

Ⅲ、
上にも書いたように目隠ししたら分からんとの意見有り。
因みにその情報元はオーディオ系ブログでいろいろやってる人から。
あとイヤホンでの体験談。

Ⅳ、
Ⅵの条件とも合う、しかし安くなるまで待て。
そしてワイヤレス機は失敗すると言う不安がある。

Ⅴ、
Ⅲの条件とも合う。
が、安くなr(以下略)

Ⅵ、
Edition8は、PRO2900は、RS2iは重低音ではないのか。
Custom One Proだってバリアブルバスレフポートを重低音全開にすればものすごいぞ。


さて、どれが欲しいか決める前に全て潰してしまいました^p^
やっすいのでも買って楽しんでおくのが一番かな!

自分を制御できる、自制心を持った大人になりたいものですね。
つもり貯金ってこうやるんですか?




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。