We need another Metal (and beer)!

メタルCD、ヘッドホン、DTM、プラグインのブログ。オススメが多いです。
SoundCloud
プロフィール

やまちゃ

Author:やまちゃ
スラッシュメタル大好きっこ!
質問したい方はAsk.fmからどうぞ
[Ask.fm]

検索フォーム
カテゴリ別検索
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Twitter
ブログRSS

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

【ヘッドホン】UE4000 / Ultimate Ears【レビュー】

UE4000


今回はUltimate Earsのヘッドホン「UE4000」です。
価格.com最低価格(4/24時点):¥9,800


○基本スペック
タイプ:オンイヤーヘッドホン
構造:密閉、ダイナミック型
ドライバー口径:40mm
インピーダンス:32Ω
再生周波数帯域:20Hz-20,000Hz
音圧感度:92dB
プラグ:3.5mm L型
コード長:1.3m
質量:130g
付属品:キャリングポーチ、スプリッター


○外観
悪くはないと思いますが、良くも悪くもUE的で若干独特。
特にケーブルが青というところ、紫は紫ケーブル。
他はまあまあ。

私が買ったのはハウジングが白のタイプ。
他にも黒と紫があります。
色のチョイスがUE的。


○音域別音量分布図
超高:■■
高音:■■■
中高:■■■
中音:■■■■
低中:■■■□
低音:■■■■
超低:■■■


○聴き比べた主な曲
#1 King Of The Kill / Annihilator(スラッシュメタル)
#2 Up All Night / Speedwolf(オールド系スラッシュ、スピードメタル)
#3 I'm With Stupid / Static-X(インダストリアルメタル)
#4 Back To Back / Pretty Maids(正統派ヘヴィメタル)
#5 End of All Hope / Nightwish(シンフォニックメタル)

気持ちの良かった順番
#4>#3=#5>#1>#2

中音から低音にかけてが強く、高音は必要な分だけでさほど出ません。
音場はオンイヤーとしては広めなのでは。
分離感はさほど高くなく、暖かく丸みのある音を出す。

#4のような正統派ヘヴィメタルでは中音が気持ちよく出てグッド。
ボーカルやギターが力強い。

#3ではギターとベースの重さが際立ち重厚感たっぷり。

#5では中音の強さもさることながら音場広めなためシンフォニックが綺麗に広がって聴こえる。

逆にスラッシュメタル系では高音がちょっと足りず、耳に刺さるようなジャッキジャキの音が少ないのが残念。
また、中音が良いと有利なボーカルは吐き捨てるなどリズム要素が強く、ボーカル的要素を重要視していないためそこが不利に働いたと思います。

○欠点
オンイヤーの宿命か、しばらくすると耳の外側が痛くなります。
また、メガネをしていると結構ピンポイントでメガネの縁の部分を押さえるのでその痛さはさらにアップ。

小型で軽いのは良いのですが、折りたためない。
UE6000は折りたためたのに。


○その他
まず、その軽さ。
折りたためないけど、オンイヤーのためあまり分厚くならずカバンには比較的入れやすいと思います。
そんなポータブル用でもこの軽さ。
ヘッドホンをしてても使ってないかのような軽さです。

次にコスパの高さ。
値段のみ見ればヘッドホンに興味の無い人にとっては高いかもしれない。
しかしこの音を聴くと、1万を切るのにこんな音が出せるのか!と。

側圧は若干弱い?
そのおかげか、オンイヤーだけど思ったほど耳は痛くならない。

普通に使ってれば音漏れはあまりありません。

キャリングポーチがスウェード?のような手触りの素材で質感が非常に良い。


○メタル度
中高。
メタルとしては、新しめなインダストリアル、オルタナメタルなどサウンドプロダクトのしっかりしたものが合うと思います。
スラッシュなどに使うのはおすすめできません。

音そのものは良くまとまっており、メタル以外でも気持ちよく使えると思います。


スポンサーサイト

【ヘッドホン】Custom One Pro / beyerdynamic【レビュー】

日本に帰ってきてペースが更新落ちちゃいそうです、、、

COP


今回はbeyerdynamicのヘッドホン「Custom One Pro」です。
価格.com最低価格(4/6時点):¥14,800


○基本スペック
タイプ:低音可変式オーバーイヤーヘッドホン
構造:密閉開閉可変式、ダイナミック型
インピーダンス:16Ω
再生周波数帯域:5Hz-35,000Hz
音圧感度:96
プラグ:3.5mmストレートタイプ
コード長:1.5m
質量:290g
付属品:工具(六角レンチ)


○外観
ベイヤーダイナミック特有のヘッドバンド、アーム部はそのままに、ハウジングが他の同メーカー製品と比べて今風になっています。
全体的に黒で仕上げてあり若干の重厚感と高級感ありです。
発表されたころは見た目までもカスタムすることが出来るとアナウンスされてましたしそれ用に六角レンチが付いているのですが、そんな計画はどこへやら・・・


○音域別音量分布図
超高:■■
高音:■■■
中高:■■■□
中音:■■■□
低中:■■■(■)
低音:■■(■■□)
超低:■■(■)

括弧については後ほど。


○聴き比べた主な曲
#1 Beneath The Clay (R.I.P.) / Artillery(オールドスクールスラッシュメタル)
#2 Necrosphic Blessing / Legion Of The Damned(モダン系デスラッシュメタル)
#3 I Am the Anger / Firewind(パワーメタル)
#4 Scorn / Dope(インダストリアルメタル)
#5 Northland / Northland(メロデス系ヴァイキングメタル)

気持ちの良かった順番

#1=#3>#2>#4=5
(#2>#4>#1=#3=#5)

バリアブルバスレフポートで低音~中低音を調節できるので大抵のものに合わせられます。

が、何故か#5のような弦楽器を使った曲ではちょっと低め。
とは言っても低音量3段階目にするとだいぶ良い感じにはなる。


○欠点
ん~、これといったものはないのでは。


○その他
まずこの機種の売りである、バリアブルバスレフポート。
これは簡単に言うと、ハウジングに開けてある穴をスライドで開閉して低音の量を調節するものです。
穴を塞ぐと低音が減り、開くと低音が増える。
不思議ですね、密閉型のほうが低音が有利と言われてるのですが、穴を塞いで密閉型に近づけると低音が減る。
上記の括弧無しはバリアブルバスレフポートが低音最低状態、括弧付きはバリアブルバスレフポートが低音最大の状態です。
相当に変わります。

音場感は広くも無く、狭くも無く。
まぁ普通くらい。

音の分離感は、現在の価格帯から考えると良さ気。

装着感は悪くなく、ちょうど良い強さの側圧です。
また、イヤーカップが深いため耳がドライバー付近のメッシュに当たることも無く、快適な付け心地です。
メガネをしていても痛くなりません。


○メタル度
ち、中~高?
バリアブルバスレフポートで低音が調節できるため好みや曲に合わせて調節出来ます。
そのため、どんな曲でも上手く合わせることが出来ます。
メタル度はちょっと判断がし辛いです。

ただし、それ以外の特別な特徴というものが見当たりません。
まあバリアブルバスレフポートが特徴的過ぎるのですが。




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。