We need another Metal (and beer)!

メタルCD、ヘッドホン、DTM、プラグインのブログ。オススメが多いです。
SoundCloud
プロフィール

やまちゃ

Author:やまちゃ
スラッシュメタル大好きっこ!
質問したい方はAsk.fmからどうぞ
[Ask.fm]

検索フォーム
カテゴリ別検索
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Twitter
ブログRSS

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

MDR-1Rリケーブル

リケーブルやってやりました。
その感想などを書きます。

まずはリケーブルに使用したケーブル。


その①
Bispa BSP-HPCL-CXKHPMM(mini-mini)
Bispa SYBHPMM

その②
BSP-HPCL-SYBHPMM(mini-mini)
Bispa CXKHPMM



まずは音質の変化的な意味で「噂」(私の感想ではない)をまとめると、
その①は、
・高音が綺麗になる
・音場が広い
・音が澄んだ感じ

そしてその②は、
・重心低め
・低音リアル
・柔らかめの音

そんな感じだそうです。


さて実際に使った感じですが、


変わらんわ!( ゚д゚)

いや、実際には変わってるんだと思う、思いたい、両方とも5000円も出してんだし。
でもさ、でも何回聴き比べても評判みたいな変わり方してないと思うんだよ。。。

変わってるのかもしれないけどそれはプラシーボ効果、これだけお金を出したんだから良くなるはず!って思い込みから来ると思うんだ。。。



はっきり言っておきましょう。
MDR-1Rに対してリケーブルは基本不要!

修理と言う意味以外でのリケーブルには3種類の目的があると思います。

1、音質改善目的
2、外観変更目的
3、機能性向上目的


そして今回のMDR-1Rに対して、

1、
元のケーブルがPCOCCであり、リケーブル用ケーブル単体としても売られているものと同等のケーブルを使用しており、もともとグレードが高いケーブルである

2、
今回買ったケーブルで銀のプラグのはかっこよいが、付属のでも全く問題ないほど見た目は悪くない

3、
最初から2本のケーブルが付いており、本来の目的であるポータブル用としては妥当な長さである1.2mなので、ケーブルを長くしたい人じゃない限り不要


なのでMDR-1Rを音質改善目的でリケーブルする場合は、相当グレードの高いケーブルを使わなければ意味が無いと思いました。
それこそMDR-Z1000に使用されている7N-OFC以上のレベルのやつ。


ついでに言うと、リケーブルによる音質の変化は無いとまでは思っていません。
実際、RHP-20では若干ですが変わっているのを体感しました。
(ホントは付属のケーブルが長すぎたので短いケーブルが欲しくて買ったのですが、たなぼた)

が、よく言われるほどの変化はまず期待できないです。
音質を補正したいのであればアンプなど再生機周辺でいじったり、イコライザーを軽くいじるのが良いと思っています。

そんなこんなで、MDR-1Rにリケーブルは不要!
今後、他のヘッドホンを買っても音質補正目的でケーブルを買うことはありません。

でも今回買ったケーブルは記念に残します^p^



あ、因みに試聴環境は
PC→KORG DS-DAC-10→ヘッドホン
で、再生してた楽曲は96KHz/24bitなので音源が悪いということはと思います。
スポンサーサイト

【ヘッドホン】MDR-1R / SONY【レビュー】

MDR-1R


今回はSonyのヘッドホン「MDR-1R」です。
価格.com最低価格(6/13時点):¥15,480


○基本スペック
タイプ:オーバーイヤーヘッドホン
構造:密閉、ダイナミック型
ドライバー口径:40mm
インピーダンス:24Ω
再生周波数帯域:4Hz-80,000Hz
音圧感度:105dB
プラグ:3.5mm Lタイプ
コード長:1.2m
質量:240g
付属品:ノーマルケーブル(1.2m)、iPhone・iPod用ケーブル(1.2m)、キャリングポ-チ


○外観
安っぽさはさほど無く、なかなかにスタイリッシュ。
SONYロゴが一際輝く。
ブラック&クロームメタルに赤が映える。

キャリングポーチも安っぽくなく良い感じ。


○音域別音量分布図
超高:■■
高音:■■■□
中高:■■■
中音:■■■□
低中:■■■■
低音:■■■□
超低:■■


○聴き比べた主な曲
#1 Resuscitate / Alkoholizer(オールドスクール系スラッシュメタル)
#2 Weapons of Class Destruction / Hatriot(ニュースクール系スラッシュメタル)
#3 Made In Hell / Halford(正統派ヘヴィメタル)
#4 Sirene / Nachtgeschrei(フォークメタル)
#5 Assassins Of Youth / Wayne Static(インダストリアルメタル)

気持ちの良かった順番

#4>#1=#2=#3=#5

どれでも素直に表現して、その曲の楽しい部分を上手く引き出してくれてました。
そんな中でも#4のような楽器数が多く、そして綺麗な録音がされているものはより一層気持ちよくなる。

またギターの壁という表現が似合うくらいギターを厚く熱く聴け、録音状態の良いものはかなり良い。


○欠点
あまり見つからず。
何か書いときたいと思ったのに何も思いつかない。

強引に言ってしまえば、スペック表の「再生周波数帯域:4Hz-80,000Hz」は体感できないのでこれに期待しても意味は薄いこと。


○その他
まずはその装着感に度肝を抜かれる。
とてつもなく付け心地が良い。
メガネをしてたってヘッドホン使ってないときと変わらないくらい。

そしてバランスが良く、軽く感じる。
さほど重いものではないが、バランスの良さと付け心地の良さで実際の重量よりも軽く感じる。

音は全体的にバランスの良い低音寄り。
低音寄りとは言っても重低音系ではない程度。

音場はちょい広め。
不自然じゃない程度。

音の各所がなかなか細やかに再現されている。
若干の曇りはあるが、さほど気にはならない。
値段の割りに、抜きんでた能力と思われ。

スペック的に高域は80,000Hzまで出るとなっているが、その辺はどう効果があるのかわからない。

音漏れは若干。
ただ電車のときのように音量を上げた状態で部屋で聴くと、と言った感じなのでさほど気にする必要はないかも。

遮音性は低い。
外の音は結構聴こえます。
逆にアナウンスとか聞こえ易くていいかもしれんけど。

ポータブルを想定されているだけあって、スイーベル機構も付いてて薄くなるし軽いし、質の良いキャリングポーチは付いてるし文句無し。

ケーブルも2本付いてる太っ腹ぶり!

ちなみに、ドライバーが斜めに配置されているため、後ろへ下げ気味に付けるとUltrasoneのヘッドホンみたいに高域がさらに強くなります。


○メタル度
高!
メタルに合わせる場合には、音を細やかに再現してくれるだけにギターの壁を作ってあるメタルで圧倒されるような圧力。
低域も高域しっかり出るためメタルの重さも、激しさもしっかり表現。

正直言って、メタルじゃなくてどれでも無難に楽しめると思う。
今現在、初めて1万を超えるヘッドホンを買う人へはダントツでオススメしちゃう逸品。


リケーブルはまた今度^^


【アルバム】Last Night of Solace / Essence【レビュー】

Last Night of Solace


デンマークのスラッシュメタルバンド、Essenceの2st(2013年)です。
10曲収録、内1曲ボーナストラック。


前作が絶賛だったので新譜も買いました。
結構待ちわびた感じ。


ジャケットはなかなかシンプル。
前回のジャケットの髑髏の人の顔アップ。
いたってシンプル。


音としては相変わらずに隙の無い重厚かつ攻撃的。

物凄い鋭さのギター。
まさに「刻む」そのものと言った感じ。

ベースは前回ほどには速弾きはしない。
前よりも若干やわらかさがある音。
前回はバッキバキの音を大音量で鳴らして主張しまくりだが、今回はあまり主張はしてこない。
逆にバランスが取れていると思う。

ドラムはスタンダードなメタルの音と思われ。
さほど打ち回らないが、アルバム後半ではブラックメタルバリに叩きまくることも。

ボーカルはさほど変わってない。
かすれるようなハスキーなシャウトと言った声で音程をあまり上下させず叫ぶスタイル。
もうちょっと変化は欲しいよねってところ。


各トラックのレートは、

#1 Intro ★4
#2 Final Eclipse ★4
#3 Arachnida ★4
#4 For the Fallen ★4
#5 Children of Rwanda ★5
#6 Gemstones ★4
#7 Dark Matter ★4
#8 Last Night ★4
#9 Opium ★4
#10 Fractured Dimension ★4


Top3は、


#5 Children of Rwanda
若干Artilleryを意識したようなイントロ。
イントロ後半~Aメロで使われるリフはこれからの爆発を予感させる。
そして1:30辺りに使われるリフは至高!
本アルバム最大の爆発!


#10 Fractured Dimension
スタンダードなメタルって感じの曲!
このバンドはこれ系の、スタンダードなヘヴィメタルの雰囲気をまとったスラッシュが一番似合うと思うのです。


#2 Final Eclipse
#2は前作と同じく#1から続く曲です。
最初のハイハットの使い方がテクニカル。
そしてテクニカルで、やけにテンションを上げるこのリフ。
たたみ掛けるようなボーカルがまた良い。


全体的には相変わらずなかなかのクオリティを保っています。
前作ほどではないですが、なかなか印象に残るフレーズなどもあり良いです。
やはり同じ国出身のArtilleryの影響が大きいように思います。
個人的にはボーナストラックのような路線、Paradoxのような路線が一番合うと思います。
まだまだ今後にも期待!


評価 ★4


動画はChildren of Rwanda






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。