We need another Metal (and beer)!

メタルCD、ヘッドホン、DTM、プラグインのブログ。オススメが多いです。
SoundCloud
プロフィール

やまちゃ

Author:やまちゃ
スラッシュメタル大好きっこ!
質問したい方はAsk.fmからどうぞ
[Ask.fm]

検索フォーム
カテゴリ別検索
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Twitter
ブログRSS

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

【アルバム】The Wrong Side of Heaven and the Righteous Side of Hell Vol.1 / Five Finger Death Punch【レビュー】

The Wrong Side of Heaven and the Righteous Side of Hell


今回はアメリカのオルタナティブメタル、ヘヴィロックバンド、Five Finger Death Punchの4thアルバム「The Wrong Side of Heaven and the Righteous Side of Hell, Vol. 1」(2013年)です。
14曲収録。


いろんな人とコラボをしているすっごい豪華なアルバム!
以前に逸曲入魂で紹介した、「Lift Me Up」でコラボした"メタルゴッド"ロブ・ハルフォードを始め、In This Momentのマリア・ブリンク、SepulturaやSOULFLYのマックス・カヴァレラ、HATEBREEDのジェイミー・ジャスタ、そしてラッパーのTech N9neとホントに豪華。


5FDP髑髏仁王立ち!
こいつぁ強敵ですわ!
そんなジャケット。


音的には前作と大差なし。
クリアかつ雑音、ノイズなどのような無駄は無い。

ヒッジョーーーに力強く重いギター。
相変わらずそんなにいっぱい刻むわけではないけど、要所でよい刻みをするのが心地よい。

ベースはやはりかなり重い。
ブリンブリンに震え昂ぶる轟音ベース、まるでマリア嬢のおっきなオッ○イのよう!

ドラムも力強く、メインであるバスドラムとスネアは言うまでも無く。
意外とハイハットを叩かない、シンバルなどを多用して激しさ強調。
タムは乾き目の音ですっきり。

ボーカルは相変わらず聴きやすいグロウルと上手なクリーン。
そこへ各コラボ相手となんとも豪勢に来たもんだ!


各トラックのレートは、


#1 Lift Me Up (feat. Rob Halford of Judas Priest) ★5
#2 Watch You Bleed ★4
#3 You ★4
#4 Wrong Side of Heaven ★3
#5 Burn MF ★4
#6 I.M.Sin ★4
#7 Anywhere But Here (feat. Maria Brink) ★3
#8 Dot Your Eyes ★5
#9 M.I.N.E (End This Way) ★4
#10 Mama Said Knock You Out (feat. Tech N9ne) ★3
#11 Diary of a Deadman ★4
#12 I.M.Sin (feat. Max Cavalera) ★4
#13 Anywhere But Here ★4
#14 Dot Your Eyes (feat. Jamey Jasta) ★5


Top3は、


#1 Lift Me Up
詳細はこれ(以前のレビュー)を見ていただくとして。
何度聴いてもいいよね!
小気味良いギターの刻み、ベースの重いリズム、力強いドラム、そして今イケイケのボーカリストと"メタルゴッド"ハルフォードのコラボ。
超強力コンビです。


#14 Dot Your Eyes (feat. Jamey Jasta)
愛すべき咆哮バカとのコラボ!(失礼)
どっちの咆哮もかっこよすぎて、楽器隊もかっこよすぎて濡れちゃう!(汗的な意味で)

#5 Burn MF
バーン!マザーファッカーバーン!マザーファッカーバーン!!!
なんともキャッチーで、破壊力のあるサビ!
クリーンとグロウルのコントラストがなんとも上手い。


オウ、全体的にすげえいいぞ、さすがといった感じです。
メタル玄人からメタル素人、オールドなものが好きな人にも新らし物好きな人にもすすめられるものです。

しかも今年の後半にVol.2が出るっていうね。


評価 ★4+


動画はDot Your Eyes




スポンサーサイト

【ヘッドホン】HA-FX711 / セブン&アイグループ(セブンイレブン)【レビュー】

HA-FX711


今回はセブン&アイグループ(セブンイレブン)のカナル型イヤホン「HA-FX711」です。
セブンイレブンにて¥998(税込み¥1077)

ハイコスパシリーズ!

製造元はJVC。
HA-FR8のリモコン無しバージョンと思えばよいです。
型番が何気にセブンイレブン。


○基本スペック
タイプ:カナル型イヤホン
構造:密閉型
ドライバー:ダイナミック型
ドライバー口径:11mm
インピーダンス:14Ω
再生周波数帯域:10Hz-23,000Hz
音圧感度:101dB
プラグ:3.5mm ストレート
コード長:1.2m
質量:3.7g(ケーブル含まず)
付属品:イヤーピース


○外観
ダーククロームのメッキで若干渋い。
しかしよく見ると少し荒い部分もあったりかなー。
まあ値段相応かな、と。


○音域別音量分布図
超高:■■
高音:■■■□
中高:■■■
中音:■■■
低中:■■■□
低音:■■■■□
超低:■■


○音
だいぶドンシャリ系かな、しかも相当な低音寄りで。
中音付近がやはり弱いけど、高音だってだいぶ弱い。
しかしこの低音はなかなかノリがよい。
若干ボワボワな低音ではあるが・・・

音場は特筆するほどでもない。

遮音性は良好、音漏れはあまり無い。

値段に対しかなり綺麗な音を出しています。


○聴き比べた主な曲
#1 Summon the Beast / Toxic Holocaust(オールドスクール系スラッシュメタル)
#2 So Grim So True So Real / One Man Army and the Undead Quartet(デスラッシュメタル)
#3 This Calling / All That Remains(メタルコア)
#4 Blut Im Auge / Equilibrium(シンフォニックブラック系ヴァイキングメタル)
#5 Hoffnungsschimmer / Nachtgeschrei(フォークメタル)

気持ちの良かった順番
#2=#3>#1=#4>#5

全体的に低音を効かせた曲が気持ちよい。
#2なんかは他の曲と比べても圧倒的に気持ちよい低音が鳴っており、このイヤホンで鳴らすには最高!
あと、#3みたいなシンセは意外と上手く鳴らす。


○欠点
まずハウジングから直接、特別な保護など無しにケーブルが出ているため、装着時に持ちにくい。
あとはー、んー、特別これというものはありません。


○その他所感
これで1000円ほどやん?
悪くない音やん?
とりあえずコスパ高いやん?

音はさほど破綻しておらず気持ちよく聴ける程度のドンシャリで悪くない。
とりあえずイヤホンが壊れたけど音楽がとにかく聴きたい!ってときはこれを買ってもいいなって思える感じ。

100均とは天と地の差。


○メタル度

若干曲を選びますね。
が、低音強めのノリ良しで超低価格帯としては悪くないのでは。


【オリジナル曲】Formidable Enemy【ヘヴィメタル】




とりあえず置いとく感じ。

ゲーム用BGM(RPG等中盤ボス戦とか)をイメージして作り始めたんだけど、全然続きが思い浮かばんからとりあえずループさせて終わったというw


使用音源等
ギター:ShreddageⅡ
ベース:Shreddage Bass
ドラム:EZ Drummer(Metal Machine使用)
シンセ:MorphoX
アンプ:Amplitube3(ギター、ベース共)

あとはCubase5付属とT-rackSでミックス!


もっとちゃんと作らんといかんね!


[ 2013/09/17 00:50 ] DTM オリジナル曲 | TB(0) | CM(0)

【ヘッドホン】Edition 12 / Ultrasone【レビュー】

Edition 12


さてさて、所有するヘッドホンの最高額記録を更新してしまいました。
今回はドイツのヘッドホンメーカーUltrasoneのヘッドホン「Edition 12」です。
価格.com最低価格(9/13時点):¥175,770


○基本スペック
タイプ:オーバーイヤーヘッドホン
構造:オープンエアー
ドライバー:ダイナミック型
ドライバー口径:40mm
インピーダンス:40Ω
再生周波数帯域:6Hz-42,000Hz
音圧感度:99dB
プラグ:6.3mm ストレートタイプ
コード長:3m
質量:282g(本体のみ)
付属品:クリーニングクロス


○外観
かっけえ!マジかっけえ!と言いたくなる。
外観だけなら全ヘッドホン中最強レベルと言われた前作Edition 10と同じ形状で、それをシルバーに統一した外観!
蝶をイメージして作られたとのハウジングはとてつもなく上品。
Edition 8で好評だったヘッドバンドで宇宙人ヘッドにはならない。
分岐部分までこだわってあり、そしてプラグは頑丈そのもの。


○音域別音量分布図
超高:■■■
高音:■■■■
中高:■■■□
中音:■■■
低中:■■■□
低音:■■■■
超低:■■■□

○音
弱ドンシャリ。

高音がUltrasoneの割りに落ち着いているが、全体的にバランスが良く聴きやすい。
同社の他製品のように刺さるような高音ではないため聴きやすい。

低音は少し強めに出ているのもあるが分離感がかなりすごく「見える、私にも低音が見えるぞ」とでも言いたくなるほど。

そんな弱ドンシャリな割りにボーカル、特に男声が浮き上がるようにはっきり聴こえる。
力強い。
そして、男声が力強く聴こえると言うことは、帯域が近いギターの音が力強くなるということ。
女声だって綺麗だよ!

音の分離感は高め、上記のように特に低音すごい。

音場は広い、かなり広い。
左右に広がる音、タムやパンが振られたリードギターなどが動き回る。

Ultrasoneの特許S-Losic plusのおかげか、前方から迫るように聴こえる。

遮音性皆無の音ダダ漏れです、オープンエアーですし。


○聴き比べた主な曲
#1 Delusions of Grandeur / Artillery(スラッシュメタル)
#2 Drug Justice / Invection(オールドスクールスラッシュメタル)
#3 Emerald Sword / Rhapsody(シンフォニックメタル)
#4 Cannibal / Static-X(インダストリアルメタル)
#5 ONSLAUGHT / ANTHEM(パワーメタル)
#6 The Islander / Nightwish(シンフォニックメタル)(オマケ追加)

気持ちの良かった順番
#2=#3=#6>#1=#4=#5


#2のような古めな音を再現した音でもなんのその!
ガリガリジャッキンジャキンのギターがかなりのパワーアップをとげ、物凄い。
ベースもドラムも、ボーカルでさえそれに負けない。
特にドラムの金物は突き抜けるように出てきて激しさをプラス!

意外だったのが、電子音楽に強いと思われていたUltrasone製品なのにオーケストラ系の楽器にかなり強かったこと。
#3では本物のオーケストラを用いたシンフォニックメタルだが、弦楽器、管楽器、打楽器などどれもバランスよく綺麗で、しかもどのパートもはっきり認識できるほどに良く聴こえる。
そんな中でギターの音にも強いと来た。

ついオマケで入れた#6だが、ひっそりとした雰囲気でメタルとは言い難いかもしれない。
どちらかと言えば映画のサウンドトラック的なイメージなのだが、音の広がりや繊細さ、静寂さが余すところ無く表現されている。
あとから入ってくる女声ボーカルやコーラスも綺麗。

#1はもともとかなりジャッキジャキなギターにバッキバキの硬質轟音ベースであるが、二つの楽器が今まで以上に主張しつつ調和。
それはもうパワーの塊。

#4の電子音を多用した曲ではどちらかと言うとバンド系楽器が勝ち気味ではある。
意図的に出したノイズも、ウニョウニョのシンセも、ピンピンに音を立てるシンセもイケイケ状態。

#5のパワー押しがすごい。
ボーカルが迫る。


○欠点
とりあえずあまりにも高いところかなw
あとは、付属品がクリーニングクロスだけなのでケースかキャリングバッグが欲しかったなあ。

6.3mmプラグ対応のアンプ等、もしくは6.3mm⇒3.5mm変換プラグが必須。

今更オープンエアーに外ではとか書かない。


○その他所感
ハイエンド系、しかもホームユースにしてはかなり軽い。
側圧もちょうど良く、ベロア製イヤーパッドで快適な装着感です。
メガネしてても痛くならない。

高級感がすごいので、所有欲をばっちり満たす一品。


○メタル度
激しく高い!
これぞメタルホン!と言いたくなる。
見た目もメタル!(シルバーだけど)
値段も激しく高い上に、買ってすぐは若干「うーん・・・」と思ったが長いこと鳴らしていると化ける。

音良し、見た目良し、使い心地良し、何よりメタル向きな音。
メタルに対し良いヘッドホンだと思います。

そんでもって、こっそりドラムンベースやミニマルに、ジャズやクラシック、ピアノ曲、カントリー調などのハイレゾ曲を聴いたけどどれも苦手を感じさせない。
結構何でもかんでもこなせる万能機なのでは・・・

ドラムンベース聴いてて思ったけどやっぱ電子音に強いわ


【ヘッドホン】HA-S500 / JVC【レビュー】

HA-S500


そろそろ低価格帯ヘッドホンイヤホンのレビューで記事数を稼ぎたいと思います。
というか、毎月使えるお金の額に制限を設けたので、高いのを買うには数ヶ月かかるようになります。
まあ、それが本来の姿ですよねー!


ということで、
今回はJVCのポータブルヘッドホン「HA-S500」です。
価格.com最低価格(9/8時点):¥2,790


○基本スペック
タイプ:ポータブルオンイヤーヘッドホン
構造:密閉、ダイナミック型
ドライバー口径:40mm
インピーダンス:32Ω
再生周波数帯域:8Hz-25,000Hz
音圧感度:106dB
プラグ:3.5mm L型
コード長:1.2m
質量:168g
付属品:無し


○外観
なかなか頑丈そうなヘッドバンド、、ガンメタルに輝くハウジング、厚めの低反発素材を使用したイヤーパッド、太めのケーブル。
形も悪くありません。
値段に対してここまで出来るとは、と思うほど良い見た目。

色はガンメタルとブラックの2種類。


○音域別音量分布図
超高:■■
高音:■■□
中高:■■■□
中音:■■■
低中:■■■□
低音:■■■■
超低:■■■□


○聴き比べた主な曲
#1 Fire In The Hole / Lääz Rockit(オールドスクールスラッシュメタル)
#2 Day of Judgement / Paradox(スラッシュメタル)
#3 Behemoth / Static-X(インダストリアルメタル)
#4 End of All Hope / Nightwish(シンフォニックメタル)
#5 The Fire and the Fury / Firewind(パワーメタル)

気持ちの良かった順番
#3>#2=#4=#5>#1

意外とどれでもそつなくこなす。
ベース強めでドラム系が良い感じのアタックのため、リズム隊が気持ちよく聴ける。
そのため、リズム隊の種類(音色)が豊富な#3は聴いていて楽しい。
#2、#5もドラムの強さ+ギターの圧力があり良い。
#4はこれまた意外にもヴァイオリン系の音にもよく対応している。
#1に至っても悪くは無い。


○欠点
ずっと50倍ほどの価格帯のヘッドホンを使っているせいか、若干ざらついた音が出ているように感じます。
中音域辺りで邪魔になりやすい音域が多めのようですが、あまり追い込んだ音質チューニングできないこの価格帯ではまあ仕方ない。


○その他
まずは音。
ホントに2000円代で買えるの!?と思ってしまうほどになかなか良い音を出します。

音としては上記の分布図のように低音強め。
かなり出ておりますが、ボワンボワンな音ではなく適度に締まっている。
中音域若干引っ込み気味かと、そして中~高音域が多めで荒いメタルギターの音が非常に力強い。

上記の欠点のように若干ざらついた音と書いてはいますが、それでもこの値段に対してはかなり良いほうだと思います。

音場はなかなか広い、小さなポータブルとは思えない。

遮音性は高めで、音漏れも少なめ。

付け心地はオンイヤーにしては良好。
今まで使ったオンイヤーヘッドホンよりも痛くなりにくい。

このヘッドホン、折りたたみ方式が2種類あり、バッグに合わせて好きなほうを選べます。
とことんポータブル用。


○メタル度
高!

いやあ、こんな安いヘッドホンでこんなに良い感触が得られるとは思いませんでした。
最近と言うかちょっと前から流行のベース強めなチューニングではありますが、他の音域もそれに負けない必要分の音が出ています。
そんな中で圧力高めでベースがゴリゴリに攻めてくるような音といったら、メタル用になっちゃうでしょう。

低価格帯、やるではないか。


【アルバム】Dawn of the End / Hatchet【レビュー】

Dawn of the End


アメリカのスラッシュメタルバンド、Hatchetの2ndアルバム「Dawn of the End 」(2013年)です。
10曲収録。


ジャケットは若干Lich Kingな雰囲気がありますね。
真ん中の人Lich Kingで、怪物召喚してるとこ。
緑基調で目に優しい侵略者です。


音はかなりモダン的な音。
ギターはパリッと辛味が効いているかのような、鋭いジャリジャリな音。
刻みとメロディラインのバランスが良い。

ベースはかなり聴こえやすく硬質な音。
しかしさほどバッキバキな音ではなくギターを邪魔しない。
たまにあるソロでのツインギターがなかなか綺麗。

ドラムは、スネアが弾けるような高めで破裂音のような音、バスドラムはそれに合わせてか無難ではあるが良いコンビネーション。
全体的に金物の音が小さめで落ち着きを感じる。
タムは強過ぎないほどほど。

ボーカルは声高めの投げやりな吐き捨て系。
Exodusのロブ・デュークスの声を高くして勢いを上げた感じ。


各曲のレートは、


#1 After the Dark ★4
#2 Silenced By Death ★5
#3 Screams of the Night ★4
#4 Fall From Grace ★4
#5 Revelations of Good and Evil ★3
#6 Signals of Infection ★5
#7 Dawn of the End ★3
#8 Sinister Thoughts ★4
#9 Welcome to the Plague ★5
#10 Vanishing Point ★4


Top3は、


#2 Silenced By Death
イントロトラックから続く#2。
とりあえず勢いのある曲で、勝手に頭が動く。
刻みはなかなか、曲展開もなかなか。


#9 Welcome to the Plague
イントロから落ち着いた感じ。
全体的に落ち着きつつリズミカルな刻みが気持ちよい。
ちょこちょこと拍子を変える部分がなんか病み付きになる。


#6 Signals of Infection
最初の一瞬がやたら激しい。
それ以外でももちろん激しい、恐らく本アルバム中一番激しい。
かなり刻みまくる。


成長し過ぎワロタw

前作はかろうじて買っていましたが、印象としては中途半端にメタリカ的な変拍子を入れて失敗してる感がありました。
音もブルンブルンな感じでポンコツ感たっぷりだった。

それがどうだ、変拍子を取り入れつつも違和感がほとんど無く、音も非常に良い。
曲構成もしっかりしており、そして演奏技術も高くなっている。
なにより、これらを確保した上でスラッシュメタルに大事な刻みなどの激しさをしっかり保持している。

他にももちろん良い若手スラッシュメタルバンドはいっぱい出ているのでさほど驚くほどではないが、何気に良い感触。


評価 ★3+


動画はSilenced By Death






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。