We need another Metal (and beer)!

メタルCD、ヘッドホン、DTM、プラグインのブログ。オススメが多いです。
SoundCloud
プロフィール

やまちゃ

Author:やまちゃ
スラッシュメタル大好きっこ!
質問したい方はAsk.fmからどうぞ
[Ask.fm]

検索フォーム
カテゴリ別検索
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Twitter
ブログRSS

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

【アルバム】Dawn of the New Centurion / Hatriot【レビュー】

Dawn of the New Centurion



今回はアメリカのスラッシュメタルバンド、Hatriotの1stアルバム「Dawn of the New Centurion」(2014年)です。
9曲収録。


さて、バイキンマンの時間です。
ボーカル交代しなかったんですね、てっきり息子のバンドにちょっと力を貸してすぐバイバイキンするものだと思ってましたが、モロに自分が楽しんでますね。
バイキンマン「みんなの楽しみは俺のもの!」(意訳:みんなが楽しんでると僕も楽しい!)
ってやつですね!


今回のジャケットは前作と打って変わって、壁際に置かれた剣闘士の兜とソード。
そして大きなバンドロゴ。
壁には前作キャプテンアメリカ風シールドのマークがうっすらと。
暗い青系が基調の、シリアス路線。


音は前作とは大きくは変わらずとも、前作のようなトゲのある音、Exodasにも似た音からは若干離れて行ったようです。。
ミックス自体は聴きやすくなりました。

ギターは前作よりも低音が強調され、鋭さの中身も若干丸みがあるような感じ。
前作がサバイバルナイフのような音だとすれば、今回はマチェットナイフみたいな音(わかりにくい)。

ベースは硬質なのは変わりありませんが、ギターと同じく若干重さを重視する方向へ。
このアタック感の強さは癖になる、ベースが大事だってのがよくわかる。

ドラムは、特にバスドラムがかなり落ち着いた音になりました。
スネアはさほど変わりません。
金物もバランスよく調節されており耳障りにならない。
全体的に歯切れが良い音。
音的にはこれが一番変わった。

ボーカルは怒れるバイキンマン!
やはりこの独特の、粘りがあるのにスパッと切れるような歯切れの良さ。
これが良い。
ここまでの特徴を持ったボーカルってなかなか居ないので貴重ですね。
これからも衰えずに続けて欲しいです。

それにしてもリバーヴとディレイの効いてるな。


各トラックのレートは、

#1 My Cold Dead Hands ★5
#2 Your Worst Enemy ★4
#3 The Fear Within ★4
#4 Honor in the Rise and Fall ★5
#5 Superkillafragsadisticactsaresoatrocious ★4
#6 Silence in the House of the Lord ★4
#7 World Funeral ★4
#8 Dawn of the New Centurion ★4
#9 Consolation for the Insane ★5

Top3は、


#1 My Cold Dead Hands
さすがの#1!
演説だかなんかのSEから始まる。
イントロはいかにもで、ゆっくりな部分がそびえたつ魔王城が地平線の向こうから見えてくるかのよう。
速い3連ブリッジミュートは悪魔の騎士が乗る馬が駆けるかのように重く素早く、そして威圧的。
バイキンマン声と、コーラスとして入る低めなグロウルがまた凶暴さを強調してて良い。
何気にドラムのフィルインが聴き所。


#4 Honor in the Rise and Fall
凶悪
もうそれしか言えない。


#9 Consolation for the Insane
あーーっはっはっはー(あーーっはっはっはー)
から始まるこの曲。
とにかく疾走疾走疾走からの幕開け。
最高に途中ちょっと落としてみるけどやっぱり疾走。


全体的にきっちりとスラッシュで、それでいてよく練られていて良いアルバムですね。
最近のExodusは逆に曲が練られ過ぎていて1曲1曲がかなり長くなってますが、これはちょうど良いのでは。
(長編を作るExodusも大好きです)
それにしてもギターが侮れんな、#5のソロとかやるやん。

最近Exodusのリードギター、ゲイリー・ホルトはSlayerでの活動が多いみたいだし、アルバムは作ってるみたいだけど、もう変わりにこれでいいじゃんね?って思えるくらいになかなかの出来でした。


評価 ★4


動画はHonor in the Rise and Fall




スポンサーサイト

【アルバム】Chasing The Dream / Skull Fist【レビュー】

Chasing The Dream



今回はカナダのNWOBHMバンドSkull Fistの2ndアルバム「Chasing The Dream」(2014年)です。
9曲収録。


来ましたSkull Fistの新譜!
まず最初に言っておくと、

「変わんねーな!」(褒め言葉)

この古さ、このクサさ、このロックマン臭。
まさしく今までどおりのSkull Fist!


ジャケットは今までどおり黒&青(藍?)中心の配色で、やはり髑髏さん。
髑髏さん、寒そうですそんなに痩せてて(当たり前)。


音は前回と方向性はほぼ変わらず。
80年代を意識したような音ですが、やはり前作のようにそれからは若干離れようとはしている音。
でも特にパワーがあるスネアが80年代を醸し出していてなんとも言えない。
しかし、前作よりも全体的にすっきりしていてクリアな音になっています。

ギターは重くなく鋭さ重視の音で、このザクザク感は結構癖になる。
前作よりもギターの左右の振り方を狭くしているのか、近くで鳴っているように聴こえます。
やはりかなり動き、メロディを作るタイプ。

ベースはかなりはっきりと音が聴こえますね。
ベキベキと硬質なベースで、低音の全てをベースに任せていると言う感じのバランス。
ギターとは対照的にコードの根音に終始していることが多い。

ドラムは上記のようにまずスネアがすごく目立つ。
80年代かのようなパワースネアって感じの音でそれはもうバッシンバッシン!
バスドラムもかなりのドコドコ感を出しているはずなんですがスネアの印象が強過ぎて。


ボーカルもなのか、80年代感。
まだグロウルなどがなかった頃の、特徴をつけるために高域をがんばってたあの感じ。
ハイトーンは少なくなった(´・ω・`)
いやそれでもかっこ良いが。


各トラックのレートは、

#1 Hour To Live ★5
#2 Bad For Good ★5
#3 Chasing The Dream ★4
#4 Call Of The Wild ★4
#5 Sign Of The Warrior ★5
#6 You're Gonna Pay ★4
#8 Don't Stop The Fight ★4
#8 Shred's Not Dead ★3
#9 Mean Street Rider ★4


Top3は、

#5 Sign Of The Warrior
やはりというべきか、この曲を2ndに持ってきましたね。
イントロがEP収録版から変わってますね。
ドラムがよりテクニカルに、そしてギターまで少し追加されてます。
そして音程も下げてあります。
それにしても相変わらずのクサさだな!


#1 Hour To Live
イントロは淡々と。
かと思いきやゆっくり、いや急激にスピードを上げます、全然淡々とではなかった。
そんでもってヴァース1後にはまさにSkull Fistじゃねえか!って言いたくなるギターフレーズ。

アルバムの最初っからこんなことしてたらテンション上がる!


#2 Bad For Good
これまでの高評価な曲とは対照的にゆったりとした曲です。
ボーカルもかなり落ち着いていて、最初のうちなんてしっとりとした低音です。
そこから若干音程が上がるのがかっこいいね!

なんといってもクッサクサなこの曲展開。
そしてサビのこのクッサクサなお約束感。
う~ん様式美。


そんなわけで今回もなかなかなアルバムだったわけですが、後半になるにつれて若干ダレてきてしまいます。
全体的には良さ気ですし、前作から比べて成長も感じ取れたりするアルバムです。

1stEPの#2に収録されていたHeavier than Metalがまだ出てきていないって事はもしかして3rdも大方考えているとか?
期待しておこう。


評価 ★4


動画はHour To Live




ヘッドホンイヤホンメーカー/代理店別対応リスト

暇なのでちょいと書く。
これまでに修理依頼やメールなどを送ったときの、メーカー側や代理店側の対応を記録しておこう。

対応が悪いメーカー/代理店はよく書かれるけど、対応が良いメーカー/代理店ってなかなか書かれないよね。
どっちも書くけど、大きな目的は対応のよかったメーカーの名前を出したいということ。
ついでに対応の悪かったメーカー/代理店黙って引っ込んでろってこと(いや黙ったらダメなのか)

対応が良いメーカー/代理店ってまた買いたくなるね!





2014/4/9時点

DENON
・機器
AH-NCW500

・依頼内容
Bluetoothで接続時に片側から音が出ない、有線での使用だとちゃんと音が出るのに。

・対応
めちゃ良かった。
公式サイトからメールでの質問を最初に行い、確かメールはある日の夜に送ったはずだが返信は翌日にはあった。
その後、メールの内容では直らなかったためメールに記載されていた名古屋サービスセンターに電話。
電話では原因不明だったため名古屋サービスセンターに着払いで送ってください、とのこと。

後日、新品交換での対応になった。
俺が買ったのは台湾の免税店でだったため、もちろん保証書も中国語で対応してもらえるかすごく気になっていたけど、全く問題なく対応してくれた。

原因はだいぶ前のことだから詳しく覚えていないけど、内部のソフト的な?ネットワーク的な?何かの不具合だそうでした。

どの対応も非常に丁寧でかなり好感。



×Timelord(代理店)
・機器
Edition12(メーカー:Ultrasone)

・依頼内容
イヤーパッドがなんか意味不明なボロボロなんですが・・・、交換って出来ますかね?

・対応
公式サイトからメールにて質問。
もちろん自分のE12のシリアルナンバーや、自分の情報が分かる内容も一緒に送信。
返信なし(゜д゜)

詳しくはPycoのレビュー記事で。



×WiseTech(代理店)
・機器
Ironfist(メーカー:Motorheadphones)

・依頼内容
片側音が出らんのですけど、脱着式のケーブル交換しても直らんのですけど。

・対応
公式サイトからメール。
返信なし(゜д゜)



今のところは以上!
今はまだ3社だけだけど、今後増えたらこれに追記していく。
[ 2014/04/09 13:47 ] 雑記 | TB(0) | CM(0)

【ヘッドホン】Pyco / Ultrasone【レビュー】

Pyco



さてさてー、ではエイプリルフール風の宣言後一発目を行きましょう!

今回はドイツのヘッドホンイヤホンメーカーUltrasoneのイヤホン「Pyco」です。
価格.com最低価格(4/1時点):¥17,820

値段下がりましたねー(゜∀゜)
ついこの前まで¥21,000くらいだった気がします。
私は年末年始セールで¥16,000で手に入れましたがね!


○基本スペック
タイプ:カナル型
構造:密閉型
ドライバー:ダイナミック型
ドライバー口径:6.5mm
インピーダンス:16Ω
再生周波数帯域:20Hz-20,000Hz
音圧感度:96dB
プラグ:3.5mm L型
コード長:1.2m
質量:6g(コード含まず)
付属品:イヤチップ(コンプライ2ペア、シリコン5ペア(S/M/L/M long/L long) 、専用収納ケース、デュアルプラグアダプター 、OMTPアダプター(航空機用のあれ)


○外観
私はオレンジを買いましたが、オレンジ!(゜∀゜)って感じの色です。
いかにもな色ですが、珍しい色なのでこれに決めてました。
そう、ずーーーっと前から欲しかったのです。

そんでもって側面には
綺麗な青にUltrasoneマーク!
このコントラストにやられたのだ!
(4/6追記 青いのは保護用ビニールシートとのことです、あまりに綺麗に貼られてたので気が付かなかった・・・)

プラグもリモコンも妥協は(あまり)ない感じ!


○音域別音量分布図
超高:■■
高音:■■■■
中高:■■■□
中音:■■■■
低中:■■■
低音:■■■■
超低:■■


○音
ウルトラゾーンなのに意外とバランスが良い!
若干低音寄りめだがバランスは良く、フツーな音を出す。
これまでのウルトラゾーンのような
「低音バリバリダゼー!高音ジャリジャリダゼー!イカス!イカス!」
って音ではない。
飽くまでフツー。
ウルトラゾーンなのに高音が結構自然なんだよね、そして低音は過多ではなく締まりはほどほど。
過多すぎず硬すぎないドヤァ

音の分離はまあ悪くは無いんじゃないかな。
値段に対しては良いほうだと思われます。
さすがUltarasone、そこが取り柄!

傾向としてはEdition12方面?
Edition8や、Pro2900とは方向性が違う。

音場はなかなか広めなんでない?
S-Logicを開発するくらい音場には一捻りも二捻りも加えてくるメーカーだけに、なのかな?

遮音性は高い、特に付属のコンプライ使うとすごい。
まあコンプライだし、モロ耳栓だし。

音漏れはちょっとするかなー?でも電車で使っててもそんなに聴こえないかもねって程度。
あまり音漏れしないかも(どっちか分からない)
普段の流れでいくならば、音量に気をつければ大丈夫!


○聴き比べた主な曲
#1 Good Day for a Hanging / Wasted Youth(オールドスクールスラッシュメタル)
#2 The Persecuted Won't Forget / Testament(スラッシュメタル)
#3 GRIEVE OF HEART / ANTHEM(正統派ヘヴィメタル)
#4 End of All Hope / Nightwish(シンフォニックメタル)
#5 Satanist / The Crown(激重系デスラッシュメタル)

気持ちの良かった順番
#3=#5>#1=#2=#4

#3はー、もしかしたら曲補正かもしれんが・・・
ギターがかっこええよね!
中~高音が多めなおかげでこのギターの鋭さやジャリジャリ加減が際立ちさらにかっこよい!
#5はそれプラス、低音の適度な出具合が良い!

その他#1、#2、#4も上記2曲にそれほど押されてはいない。
どれもこれも無難に、かつかっこよく聴かせてくれる。


○欠点
うーむ、イマイチ思いつかないんだが。
うーん、しいて言えばリモコンの位置が悪いからシュア掛けが出来ないので摩擦音いっぱい。
VictorかSonyとかのケーブルクリップ使うといいよ!


○その他所感
このイヤホンはなかなか気が利いてる。
ケーブルストラップをデフォルトで付けてくれてるし、ケースは丈夫でコンパクトだけど収納に便利、そしてなによりよくぞこの形で開発してくれた!マジで!

私の耳って柔道やってた影響で若干潰れてるんですよね、なんでシュアなどのよく装着感良い!って言われてるイヤホンは左右で付け心地が違うから、左右で音が変わっちゃうんですよね。
このPycoの形はそんなこと気にする必要は無い!
だって、イヤーピースしか耳に触れないんだから!


○メタル度
中高~高!

やっぱりUltrasoneはメタルに合うと思うの!
このイヤホンでは、このイヤホンでもかな?メタルの金属感というか、硬い、鋭い、重いを上手く表現してくれる。
メタルギターの厚くも鋭い音、ベースの硬く重い音、バスドラムの重くさと跳ねるような軽さが合わさった音、スネアの金属のような強いアタック感のある音、ボーカルの太かったり鋭かったり迫力の轟音だったりする声が上手いこと出てると思う。

メーカー毎に音を定義していくっていうのは必ずしも良い考えとは言えないだろうと思います。
特にオーテクやソニーのような、かなりの数を出しているメーカーには特にいろんな音を作って出しているでしょうけどね。
しかし、必ず傾向はあるはず。
そしてUltrasoneで聴くメタルの音と、私が好きな音とが一致したのでしょうかね。



さてここから余談になります。
かなり愚痴系なので、見たくない人はそっとじで。




上記のようなわけでUltrasone製品大好きなのですが、このUltrasoneを扱う代理店がTimelordというところ。

実はEdition12の左のイヤークッションがありえない状態になっていったのですよ。

こんな感じ↓
E12_2
E12_2

見た目的に内側にクッション詰めすぎで生地が耐え切れず伸びてきた雰囲気。
右はなんともありません。
普通にポン置き、もしくは布製の袋に入れて持ち運んだくらいです、こんな高いものを壊れるような扱い方はしません。


私のE12はシリアルNo二桁真ん中くらいの初期型なので、まあUltrasoneは許そう。
で、もちろん代理店で7年保障にも登録してあってそれの範囲内かどうかも気になるし、範囲外であっても自分で修理したいのでTimelordに対応を問い合わせるわけです。
上記の状況を説明して交換できますでしょうか?と。



その結果、

回答なし!


うむ、メールの返信がありません。
返信用の私のメールアドレスが間違っているのかと思って、自動返信メールに載っていた私が書いたアドレスに自分でメールを送る→ちゃんと届きます。
この問い合わせ、去年の12/24にしたんだぜ・・・

つまり返信自体がない。


これって7年保障とか意味無くね?


そんなわけで、私は今後一切Timelord経由の製品は買わないことにします。
Ultrasone製品やその他FocalやChordが欲しくなったら海外出張のときに外で買おっかな!
それ以外にも個人輸入だって出来るしね!


お知らせ

お久しぶりでーす(・∀・)ノ
ここ最近全然更新してないですねw

いやあ、最近は仕事が忙しくて疲れて帰ってきちゃうんですよねー。
そんで帰ってきたらモスピーダ見るのに忙しい?っていうw


さてさて、お久しぶりの更新ですがここでお知らせ?があります。



いやあ、このブログを始めて2年と9ヶ月、更新が少なくともなんとかやってきたものです。
最初は偏見たっぷり勢い任せなメタルCDのレビューオンリーでいき、そして今は無きエロジャケ企画とかやってみたり、そんでもっと気楽に更新したいからって逸曲入魂と言う企画までやってみたり(逸曲入魂を辞書登録までしましたw)、そして最後にはメタルに合うヘッドホンやイヤホンのレビューまでやってみたりと幅を広げてきました。









「最後には」


「最後には」


「最後には」





んーここらで潮時かなってね(゜∀゜)
製作者側になっちゃおうかなって(゜∀゜)



















まあエイプリルフールなんですけどね。
実際音楽は底辺アマチュアレベルの製作者側もやってますしねヾ(*´ー`)ノ

こんな弱小ブログでエイプリルフールなんてやっても面白いことなんて起こんないですよねー(゜∀゜)

んー、まだまだレビューするネタ事態はあるんですよねー。
CDでいうならHatriotとSkull Fistが新譜出しましたし、今年はLost SociatyとOverkillが控えてますし、Dioトリビュートも気になりますし、Doroのカバーアルバムだっけかな?これもすごい気になる。
あ、あとTankardも出すね!

ホントいい加減メタリカとエクソダスは新譜出してくれないかなー、あとInvection新作マダー???
Northlandとhyadesも出して欲しいんだけど活動してる雰囲気がイマイチ無いよね。


そんでもってイヤホンヘッドホンでは、UltrasoneのPycoや、MaxellのDB900、Sound WarriorのSW-10も控えています。
そして今後VictorのHA-FX850も欲しいなあ、Victorのこのシリーズ大好きなんだよね。
(特に)FX500でイヤホンにハマった身としては、FX500を2回買った身としては、すっごい気になるけど、1ヶ月のお小遣い?(と設定してるだけの額)が一発で吹っ飛ぶんだよね。

DTMではStudio One Proessional 2を買って更に磨きを掛けるつもりでいます。
今現在、ロマサガのサルーインの曲を絶望しか出てこないようなアレンジを加えて作ってるとこなんですが、さっそく私が絶望しております。
他の曲が先に仕上がるかもしれません。


まあ要するにこのブログ、一応まだまだ続けますw
何でこんなこと書いたかと言うと、最近更新が少な過ぎたので何か書かないとってのと、続けるって意思表示と、あと最後の今のストックというか今後の予定はどんなのがあるってのを出しておきたかっただけです。
それをエイプリルフールにあやかってやってみただけ^p^


では、のちほどー


[ 2014/04/01 14:00 ] 雑記 | TB(0) | CM(0)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。