We need another Metal (and beer)!

メタルCD、ヘッドホン、DTM、プラグインのブログ。オススメが多いです。
SoundCloud
プロフィール

やまちゃ

Author:やまちゃ
スラッシュメタル大好きっこ!
質問したい方はAsk.fmからどうぞ
[Ask.fm]

検索フォーム
カテゴリ別検索
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Twitter
ブログRSS

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

【アルバム】THE BITE OF SARCASM / Disaster!【レビュー】

THE BITE OF SARCASM



日本のスラッシュメタルバンド、Disaster!のミニアルバム「THE BITE OF SARCASM」(2014年)です。
4曲収録。


今作からいくつか変わっております。
専属ボーカルAkibaさんが加わり、これまではギター兼ボーカルKinoshitaさんが紆余曲折ありーので現在ギター専任。
そしてもう一人のギターSugoさんが脱退、ギターGunjiさんが加入。
そんでもってベースTakahashiさんが脱退、一時期Kinoshitaさんがベースをやり、今ではベースHaradaさんが加入。
ドラムTomizawaさんは全く変化なし、さすがドラム。

iTunesに取り込んだらバンド名がDisaster!って感じで「!」が付いてたけどいいのかなヾ(*´ー`)ノ


ジャケットはクールなゾンビー顔。
まさしくスラッシュといった感じのジャケですな。
因みにうちの嫁さんがこのジャケット見てかわいいと言ってました。


内容のほうは、このバンドの特色である「とにかく楽しい!」が全面に出ている!
これに一貫しているところがまた好感。
全体的に柔らかめの音だけど前回から比べても確実にパワーアップしていると言える。

ギターは前作の高音が強いシャリッとした音から、もう少し腰を落として重心が安定した感じ。
刻みの音がすごいかっこよくなってる。

ベースは若干高域抑え目のブリブリと粘りがあるタイプの音になってる。
しかしアタック感が強くそしてどっしりと太い音で、がっつり体に響いてくる。

ドラムは全体的に素の音を活かして出しているイメージかな。
スネア高めの音でバスドラムはボコッと殴ったような音。
金物が全体的にはっきりした音で出て周囲に広がっていて、そして柔らかめな音なので聴きやすくて良い。
#3ではこれまででも特に激しいドラミングが聞けて楽しい。

ボーカルはやはり交代しただけあってかなり変わったね。
前回までがパワータイプとしたら、今回からはきっちり歌うテクニカルタイプといったところかな。
高音が多く、全体的に伸びる声。
ああ因みに今まで通り全員で歌うタイプです。
でも専任ボーカルが居るのでその比率が高くなってる。


各トラックのレートは、


#1 FIST UP ★5
#2 THRASHIN' ★4
#3 INTO A CORNER ★5
#4 THRASH ON THE BEACH ★5


#3 INTO A CORNER
スラッシュ!!
ってイメージのスピード、高速回転刻みリフで始まるナンバー。
イントロのギターの刻みの音、ベースの入り、そしてドラムの加速感がすごく良い。
そしてボーカルがアグレッシブなのにきっちりと伸びる歌唱をしており、そこが短く切る楽器隊との対比になってて良いね。
中盤のスローパートがまた全体的なスピード感を強調する良い味付けになってるね!


#4 THRASH ON THE BEACH
ラジオっぽい音から始まるのがまたタイトルのビーチっぽい。
最初のほうの変態的とも言えるリズムチェンジ、極端なチェンジなのにノってしまう不思議。
中盤辺りからまた雰囲気が変わるが、本当の変化こんなものではなかった。
終盤のあのノリがすごーーーく良い!
まさしく楽しい曲を、とのこのバンドの特色を一番良く現していると思う。


#1 FIST UP
短い中でも良くできており、そんな中で出し切りつつも次を期待させるというね。
サクッと聴けて気持ちいい!


#2 THRASHIN'
今の編成になって最初の曲なのかな?デモ版を聴かせていただいたことがあります。
スタスタとリズミカルに進むドラムが小気味良い。
中盤からの展開、そしてボーカルの掛け合いもいいね!


4曲と少ないながらもどれも良い出来ですね!
アグレッシブなものから変化を上手く使ったものまでなかなかに多彩で聴いていて飽きない。
それでいてコンセプトを見失わない。
確実な成長を感じるものでした。


評価 ★4


動画はTHRASHIN'


と現編成バージョンのYou Asked for It(ライブ版)

こっちで聴くとボーカルが更にアグレッシブでパワーがあってすごく良い感じ。
スポンサーサイト

【Plug and Mix】VIP Bundle【簡易レビュー】

以前の記事で買ったと言っていたPlug and Mixのプラグイン全部入りで、今現在私が使えると思って、実際に使っているものを紹介しましょう。
全部で45個あるので全部使ってみるのは大変でした。。。


○Tone Stack
TS
アンプトーンシミュレーターって感じかな?
(2015/3/31追記 どうやらキャビネットシミュレーターですね)
今現在使用率No1。
本当はこれ、ギターやベースに挿して使うものなんだと思います。
しかし私はこれをスネアとバスドラムに挿して使います。

するとどうなるかと言うと・・・

まずはTone Stack無し



Tone Stack使用



こんな感じに突き抜ける感が出てくる。
前回の記事の7Zを使用した曲に、このドラムを使用しています。
オケに混ぜると変化が如実。
デフォルトではCabinetがオンになってるので、オフにして使うことをオススメします。
ドライブはすぐに音が割れるのでホントーにホントーに少ししか回さないほうがいい。


○Monster Boost
MB
エンハンサー系って言ったらいいのかな?
これ挿して軽ーくブーーースト!!
んで一番下のNatural、Lush、Mellowからタイプを選んで、その上の3つのツマミで調節。
Naturalは読んで字の如く自然に、Lushは高域強め、Mellowは高域控えめ、と言う風に理解してます。
ツマミは左から順に低音、中音、高音と理解してます。
簡単にグイッとパワーや存在感が上がる。
他にもLoudBassというものもありますが、こっちのほうが質感が良いし音が割れにくい。


○TransControl
TC
これはトランジェントを弄るためのもの、つまり音のアタック感や伸びを弄るもの。
そこそこ使ってるかな。
はっきり言ってFluxのBitterSweetでいいのかもしれないけど、私のPCでは何故かFlux製品は同じプラグインを1つしか挿せないのでこっちを使う。


○Stereolizer
Stereolizer
これはMS処理でMiddleとSideの音のバランスを調整するもの、LRバランスも出来るよ!
ど真ん中の大きなツマミがサイド、左下がセンターの成分の音量を上げ下げ。
右下がLRのバランスを変えるものです。
・・・LR要るのか?


○Retro Equalizer
RetroEQ1
画像には左側にTone BoostersのEQを表示してます。
このRetro EqualizerはQのツマミが無い3バンドのEQです。
挿しただけでも若干音が変わる、サチュレーションのような機能が入っておりレトロ感を演出してくれます、使いどころは各自で考えて欲しいけどEQが増える分には悪いことは無い。
んでEQの性能なんだけど、上のTone BoostersのEQのアナライザーと下のやつを比べてください。
下は2KHzを-12dBにしています。

RetroEQ2

かなりゆるいかかり方のようです。


○Clarisonic
Clarisonic
サブベースを追加してくれるプラグインです。
でもそんなに強く音を出すわけではないのでホンノリ味付けって感じ。
低音がもっと強く出て欲しいけど、元々の音源に低音が少ないってときに使えますね。



以上です。


今あなたは「少なっ!!!」と思ったはず。
45個中6個、しかも特に使うのは上4つで、Retro EQとClarisonicは使用頻度低いです。
上4つは使いやすくて良い感じだし下2つは増える分には選択肢が増えて嬉しい。

でもこのメーカー、基本的に飛び道具系が多い!
ホント謎のフィルター系とか、勝手に音を入れ替えてみるとか、そんな使いどころが難しいものばっかり。
特にフィルター系は全体の半分を占めてるんじゃないの?って思っちゃうレベル。
そしてコンプ、リミッター系はあんまり期待できない。


でもこれ全部入りで$49で買えたんだからいいか!って思っちゃいました。
今は一応セールで全部入り$199で販売してます、因みに単体で買うと1つ$49。

正直無くても困らないし、すぐに欲しくなるって物でもないです。

時々、Facebookでいいねすることを条件にプラグイン1つ無料でくれます。
そんなときに上記6つの中から選んでみても良いのでは。

【Versus Audio】7弦ギター音源 VS HEAVY 7Z【Kontaktライブラリー】

VERSUS AUDIOさんから発売されたKONTAKT用7弦ギター音源「VS HEAVY 7Z」(以下7Z)を使ってみました。
まだ大部分の機能を活用出来てない感満載ですが・・・




7Z
画像をクリックすると大きな画像で開きます。


使っててよかったと思う良かった点を。
1、スライド時、スライド速度を後ろのノートのベロシティで調整できる
2、スライド速度、ベンド幅などを変更できる設定がたくさん
3、ベンド(チョーキング)をピッチベンドではなくモジュレーションで行う
4、ハーモニクスの種類がいっぱい
5、ブラッシングが入ってる
6、音を止める、ストップノイズまでベロシティで出るようになっている
7、ピックアップをフロントとリア2箇所収録している
8、ラウンドロビン、ピックアップの読み込み設定を変えることで読み込むデータ量を減らすことができる


ではそれぞれ説明を、

1、スライド時、スライド速度を後ろのノートのベロシティで調整できる
これ実装したことがマジ神。
KONTAKTの製作元、Native Instrumentsが作ったScarbee Bassシリーズに(ギターも?)搭載されている機能で、V-Metalの後にScarbee RickenBacker Bassを使い始めたらこの機能に感動してスライド使いまくったのと同時に、同じ機能を持っててメタルに使いやすいギター音源が欲しくなった。
そしたらこのVS HEAVY 7Zの登場、あなたが神ですか、と思った。

この機能だけのためにこっちに乗り換えてもいいくらいの神機能だと思う。


2、スライド速度、ベンド幅などを変更できる設定がたくさん
3、ベンド(チョーキング)をピッチベンドではなくモジュレーションで行う

最初はピッチベンドでやってみたら変だったのでちょっと探した、そしてなんでモジュレーションにあるんだと思ったけど、ちょっと使ったらすぐに分かった。
ピッチベンドだとマイナスがあるんだよね、でもギターのチョーキングは上方向にしかない。
ピッチベンドでやるとどうしてもマイナスの数値も入ってしまうのが、モジュレーションならプラスの値しかない!
これ最初に考えた人マジ天才、そしてこのようにプログラムしたこの音源使いやすい。


4、ハーモニクスの種類がいっぱい
ハーモニクスは同じ弦でも1つだけではない!
以前ギターを勉強してたときにこのことについて詳しくは見てないので詳しいことは良く分からないけど、選択肢が増えるのでとりあえず幅が広がるね!ってことで。


5、ブラッシングが入ってる
個人的にはこれもすごい欲しかった。
ブラッシングの音かっこいいじゃん?
わかりやすいので言うと、Judas PriestのBreaking The LawのAメロでコードを変える直前に入るあれ。
あれすごい使いたかったんだよね、着メロ作ってたときはあれ再現する為に打ち込みめちゃがんばってた。


6、音を止める、ストップノイズまでベロシティで出るようになっている
V-Metalを使ってたときストップノイズとか入れるにはずーっと下のほうの音階にいってノートを打ち込まないといけない。
これがまた上下移動したりでちょっと分かりにくかったんだけど、ベロシティ変更だけで出来るので楽!


7、ピックアップをフロントとリア2箇所収録している
8、ラウンドロビン、ピックアップの読み込み設定を変えることで読み込むデータ量を減らすことができる

私的には主に8の要因が大きいんだけど、7は音作りとか途中で音を変えるとか出来るよね、これも幅が広がる。
そして2種類あることで片方を切って容量を節約できる、俺みたいなノートPCでやってる人には容量の節約は重要な課題。
Scarbee Rickenbacker BassやSSD4も使ってるので容量いっぱい喰うんでね。




次に若干不満に感じた点。
1、読み込みに時間がかかる
2、モジュレーションをチョーキングに使っているので、本来のモジュレーションの使い方で簡単にビブラートを掛けることが出来ない
3、音作りが難しい


では1つずつ。

1、読み込みに時間がかかる
特にKONTAKTのライブラリーで7Zを選択してから右側にUIが出てくるまでの時間が。
UIが表示されてからは、SSDに入れてるしすぐ読み込み終わるんだけどね。
これはまあ、大容量音源だしまあ一種の宿命かとは思うけど。
でもV-Metalの場合、同じ条件なのになんか知らないけど速い。


2、モジュレーションをチョーキングに使っているので、本来のモジュレーションの使い方で簡単にビブラートを掛けることが出来ない
私が知らないだけなら教えて欲しい。
これは作り込みのしやすさを考えるとこっちのほうがいいんだけどね。
V-Metalではモジュレーションアフタータッチを使うと自動的にチョーキングでのビブラートがかかるのが楽だったから。
11/24追記
間違えた、V-Metalではアフタータッチだった。

7Zでのこれを楽にするためにnanoPad2のX-Yパッドにモジュレーションをアサインしたので、今後意見が変わるかもしれないけど。


3、音作りが難しい
一番感じたのがこれ。
なんか音作りが難しい。
そんでたまたま気がついたんだけど、原音の音が2KHz辺りからかなり少ない。
ちょっと画像を貼ってみる。
左が7Z、右が同じ7弦ギターのShreddage 2X、どっちも7弦の最低音Cをミュートで連弾。
アナ1
アナ2
アナ3
特に3枚目はEQ側で+10dBにしたもの。
7Zは明らかに少ない。
+10dbしても7Zは4KHz辺りがたまーに顔を覗かせるくらい。

このせいかは分からないけど、なんか若干音を作るのが難しかった。
まあ音作りが上手な人は何とかできるんじゃないかな。


総合してすごく良い音源と思います。
UIや操作はわかりやすく、簡単にいろんな奏法にアクセスできるし、他の音源にはあまり無さそうな音も入ってる。

製作者さんは不具合とかその他の対応がすごい速かったので、かなり安心して使える音源の一つでは。
今は同時に別の曲をV-Metalで作ってるので、次の次辺りからしばらくこの音源をメインに使おうかなって思ってます。

それにしても私が作る音はまだまだミュートが弱い、どうやったらもっとカッコいいミュートができるのか研究しないとな。


あ!チュートリアル動画も作ってあって操作がすぐにわかるよ!

【昔作った】新・必殺サザエさん / (原曲)明るいサザエさん【着メロ】




むかーしむかし、今から6年ほど前(最後に出力したデータが2008/11/21だった)。
まだ私がDTMではなく着メロを作って楽しんでいた頃に出来た遺物です。
着メロのデータがまだ残ってたので録音しました。

原曲はず---っと昔、火曜日版サザエさんのエンディングに使用されていた曲「明るいサザエさん」です。
音ゲーか何かに使われていた?らしい必殺サザエさんと言うものがあり、それに対してこちらを作りました。

当時、某J研に投稿したところ2曲を同時に流すレベルのアレンジは扱えないと却下されました。


過去の遺物として残しておきます。
SoundCloudならダウンロードできない設定にしておけば大丈夫だもんね!

【アルバム】Blood in Blood Out / Exodus【レビュー】

Blood in Blood Out


アメリカはベイエリアのベテランスラッシュメタルバンド、Exodusの10thアルバム「Blood in Blood Out」(2014年)です。
12曲収録、うち1曲ボーナストラック。


いやー出ましたねExodusの新譜、長いこと待ちましたよ。
前作がすごく良くて未だ私の中でExodus史上最高のアルバムです。

さてさて今回はボーカルがロブ・デュークスからスティーブ・ゼトロ・スーザに戻っています。
バイキンマンです。


音は基本的に最近のExodusと変わりません。
非常に尖った音です。
モダンなスラッシュメタルの音って感じ。

ギターは上記の通り、というか尖り具合が一番はっきりとしている部分。
高音成分が非常に強い、イメージで言えば鉄板とゴツゴツの岩を力いっぱい擦り合わせてる感じ。
ゲイリー・ホルトがSlayerのサポートから戻りましたが、Slayerの影響はほとんど感じさせない程度にExodus感。

ベースはホントにもう、とッッッてつもなく重い!超重量級。
重さとアタック感、両方がしっかりと成り立っていて、この音作りを教えてもらいたいぐらい。

ドラムは若干軽め、でもタムメタメタ重い。
パッシンパッシンスネア、バッチバチキックで全体からよく抜けてくる音で気持ちが良いね。
そんな軽い音からフィルインでのタムの重さが更に心地よい。
金物?適量です。

今回でボーカルはロブからスティーブに変わった点やはり一番大きく、かなりのバイキンマン臭がします。
なかなかのブチ切れ具合ですが、思ったよりバイキンマンになっていない。
意外とディテールが細かい。


各トラックのレートは、


#1 Black 13 (feat. Dan the Automator) ★4
#2 Blood in Blood Out ★4
#3 Collateral Damage ★4
#4 Salt the Wound (feat. Kirk Hammett) ★5
#5 Body Harvest ★3
#6 Btk (feat. Chuck Billy) ★3
#7 Wrapped in the Arms of Rage ★4
#8 My Last Nerve ★2
#9 Numb ★3
#10 Honor Killings ★4
#11 Food for the Worms ★5
#12 Angel of Death ★3


Top3は、


#4 Salt the Wound
これぞ完全なExodus節ですな!
Metallicaのリードギタリストで元Exodus、Exodus創始メンバーのカーク・ハメットがギターソロで参加しています。
なんてこと無い、フツーに溶け込んでで違和感ないです。
あえて言うならワウ具合とフレージングがLiveでよく聴かれるソロにそっくりなカークが出てますかね。


#11 Food for the Worms
超シリアス路線。
イントロの煽りが長い。
そしてそこからのテンポアップの加速感がカッコいい。
Exodus特有の奇怪なリフが繰り出す恐怖感と高揚感をのうち、特に恐怖感を押し出したような曲です。
アウトロのトム・ハンティングのドラミングがすごい好き。


#1 Black 13
プイーンというサイレンのような音とノイズとリズミカルなドラムから開始。
のちに入ってくるギターは再結成後の大曲志向なExodusを象徴するかのような煽り、焦らし、引き伸ばし。
わざと過剰に潰し音割れさせたかのような音のイントロ。
即座に繰り出される高速リフはストレートなものになっており、この辺りにスティーブの影響を感じる、というかスティーブに合わせて作った印象。


Angel of Deathワロタ
これ、Slayerのカバーじゃないですよ。
誰かがいきなり普通の声で歌い始めます、逆にビビります。
スティーブはちゃんと後ろでコーラスやってます。


全体として悪くは無いしちょこちょこと他のサイトやいろいろなところのレビューを見るんですが、どこも概ね高評価。

でもちょっと待ってください。
そうなのか?私は#1を聴いた瞬間に即座にHatriotが出てきましたね。
確かにリフもドラミングもExodusですが、それだけにスティーブのアクの強さと同時に、Hatriotの新譜の出来も引き立ってしまいました。
そこが問題なんです、これまでスラッシュメタルバンドとして大きな歴史を築いてきたExodusの曲を聴いてHatriotを思い出しそちらを聴きたくなる。
これってもうExodusは死に体なのでは、と感じてしまいました。

私のExodus聴き始めはShovel Headed Kill MachineのDeathamphetamineからです。
そして前作Exhibit B: The Human Conditionが最高だと思っるので、完全なロブ・デュークス派なだけかもしれません。
今作が発表される前に突然ロブ・デュークス解雇でスティーブ・ゼトロ・スーザに交代、電話一本で解雇とのこと。

それが聴いてる私に影響しちゃってるのかもですね。
音楽って耳で聴くだけと思ったら大間違いだと思いますよ。
音楽って聴いてて興奮したり感動したり元気になったりと心を動かすものだから、耳で聴くと同時に心で聴いてるんだと思います。
だから上のふざけた解雇の仕方に疑問と不信感とを抱いたら気持ちよく聴けなくなる。

こういう人って多いんじゃないの?

レビュー書いてる人は概ね高評価だけど、
一ジャンル築き上げてきた有名ベテランバンドの、しかも昔の人気ボーカリストが復帰!という割りに思ったよりレビュー数が少ない、ヘヴィメタルと言うちょっと限定的なジャンルではあるけども。

そこが、そういうことなんじゃないかと思う。

内容自体は悪くないんだけどね。


評価 ★3


動画はSalt the Wound



【アルバム】Return Of The Reaper / Grave Digger【レビュー】

Return Of The Reaper


今回はドイツのベテランヘヴィメタルバンド、Grave Diggerの17thアルバム「Return Of The Reaper」(2014年)です。
12曲収録。


実は初Grave Diggerなのですよ!
実はDimmu Borgirと混同してたのですよ!(笑)


タイトルが返ってきた死神だそうで、ジャケットがまんまです。
シニガミさん、馬に乗って超特急で帰ってきましたーヽ(・∀・)人(・∀・)ノワーイみたいな
Artilleryと被るよね!


音は、ヘヴィだぜ~、ワイルドだろ~?あ~ん?みたいな(テキトー過ぎ)
結構高域を抑えられて、ギターは中域大事にしてる感じ?
聴きやすい音になってると思う。

ギターは上記の通り中域が(意外と)強い。
メロディやロングトーンを刻むとすごく気持ちの良いタイプ。
しかしそんな中に突如出てくるブリッジミュートの刻みとハーモニクスがすごくかっこいい。

ベースは控えめだねえ。
かなり淡々としたイメージ。
しかし#12のようにときどきすごい動くんだから聴き逃せない。

ドラムも控えめだねえ。
さほど強くは無いバスドラム、音量控えめに弾ける音のスネア、金物類は抑え目。
タム溶け込みまくってる。

ボーカルが特徴的。
おじさんのガナリ声で力強く歌う。
え、メタルでは珍しくない?この声はそんなことないよ。
あと、コーラスをかなり大事にしてるよね。


では各トラックのレート。

#1 Return of the Reaper ★1
#2 Hell Funeral ★5
#3 War God ★3
#4 Tattooed Rider ★4
#5 Resurrection Day ★3
#6 Season of the Witch ★3
#7 Road Rage Killer ★4
#8 Grave Desecrator ★4
#9 Satan`s Host ★4
#10 Dia De Los Muertos ★3
#11 Death Smiles At All Of Us ★3
#12 Nothing To Believe ★4


Top3は、


#2 Hell Funeral
イントロのこの高揚感からのヴァース、プリコーラスでの淡々さ、コーラスでの全員で歌い叫ぶんだぜ的なこの一体感。
Overkillの最新作が出たときにArmoristと比べられてましたが、ちょっとこっち傾きかけたよ。
まあそれがあったからこそこのアルバム買ったんだけど。


#7 Road Rage Killer
このドライヴ感!!
この効果的なブリッジミュート!ハーモニクス!
まさにメリとハリの塊!


#4 Tattooed Rider
ライドーン!(゜∀゜)
め○ゃギントンですかね?
こっちもドライヴ感重視っぽい曲。


上記のように良い曲はそれなりにあるんだけど、全体通したらそうでもないんだよね・・・
というか最初の曲のイメージとアルバム後半のイメージの違いで、あれっ?思ってしまうのか、思ったほどこれは!って感じにはならなかった。
やはり最初の死神などのダークなイメージがある曲から後半の疾走感が強いスピードメタルのような雰囲気に変わるので、出来れば統一して欲しかったかな。


評価 ★3


動画はHell Funeral

PVには#1から続けて入ってます。





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。