We need another Metal (and beer)!

メタルCD、ヘッドホン、DTM、プラグインのブログ。オススメが多いです。
SoundCloud
プロフィール

やまちゃ

Author:やまちゃ
スラッシュメタル大好きっこ!
質問したい方はAsk.fmからどうぞ
[Ask.fm]

検索フォーム
カテゴリ別検索
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Twitter
ブログRSS

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

【ヘッドホン】HD7 DJ / Sennheiser【レビュー】

IMG_0912.jpg


中途半端な時間に寝てしまい、変な時間に起きたので書いてみます。

今回はドイツの音響機器メーカーSennheiserのヘッドホン「HD7 DJ」です。
価格.com最低価格(2014/12/21時点):¥29,700


○基本スペック
タイプ:ヘッドホン
構造:密閉型
ドライバー:ダイナミック型
インピーダンス:95Ω
再生周波数帯域:8Hz-30,000Hz
音圧感度:115dB
プラグ:3.5mm L型
コード長:ストレート3m、コイル1.5m
質量:263g
付属品:ケーブル2種類、6.3mm変換プラグ、ベロアイヤーパッド、レザーイヤーパッド、ハードケース


○外観
かっこいい。
正直かっこいい。
若干灰色がかった渋いブラックにゼンハイザーブルーが映える。
でもHD8 DJはこれの上を行くんだよな・・・

サムネをクリックすると大きな画像が出ます。
ケース
IMG_0909.jpg

収納時
IMG_0910.jpg

いろいろ
IMG_0911.jpg



○音域別音量分布図
超高:■■
高音:■■■
中高:■■■
中音:■■■■
低中:■■■■
低音:■■■■□
超低:■■■□


○音
DJ型なだけあってやはり低音は強いし、低音の見え方はなかなかに良い。
なかなかな低音ホンではあるが、一応中高域、高域も生きている(若干弱いが)。
さすがにこのレベルの製品でその辺死んでる状態はありえないか。
過去、ここで紹介したド重低音ホンみたいな恐るべき低音タイプではない、というかそれら低音ホンの中ではこれはバランスが良いほうだと思う。
高域が丸い印象がある。

音場は特筆なし。
でも低域のリバーブの掛かり具合がすごく分かりやすい。
さすがDJ系製作者向け機種。

遮音性はまあ悪くは無いね、程度。
音漏れ普通程度、さほど多くは無い。
電車ではまあ使えるんじゃね?程度の実力。


○聴き比べた主な曲
#1 Toxic / Pripjat(オールドスクールスラッシュメタル)
#2 King of the Rat Bastards / Overkill(スラッシュメタル)
#3 Sirene / Nachtgeschrei(フォークメタル)
#4 Hell Funeral / Grave Digger(正統派ヘヴィメタル)
#5 Free Will Sacrifice / Amon Amarth(激重ヴァイキングメタル)

気持ちの良かった順番
#3=#5>#4=#2≧#1


#3や#5のような本当に低音が効いているものは良い。
特にベースには高域成分を少なめにしか振っていない系ベースの曲。

#4は高域に音量を多めに振っている曲だからなのかちょっと迫力に欠けたな。

#1や#2のようはバッキバキのスラッシュメタル系ベースの曲にはあまり合わなかったな・・・
それにスラッシュメタルを聴くには高域と、高域の尖り具合が足りない。


○欠点
ちと側圧強いな・・・頭が痛くなるよ。
ゼンハイザーお約束のティッシュ箱挟んで調教が必要と思われ。

ケーブル長い、マジで現場、製作用です。
はっきり行って持ち出しは想定していないようなので、外で使いたければケーブルをカットして短くするか、リケーブルすることです。
リケーブルの際はヘッドホン側の端子は2.5mm、そしてロック機構が付いていることに注意。


○その他所感
うーん、頭頂は快適。
スライダーもカッコいいじゃないか・・・
この辺全部前回のSRH1540に移植して欲しいくらい。

ヘッドホンのヘッドバンドやイヤーパッド部分などヘッドホン全体でホールドしている感が強く、非常にズレにくい。
スライダーをしっかり調節するとヘドバンしても全然ずれない。


○メタル度
中。

正直メタルを聴くのにこれはオススメというほどではないけど、ヘドバンしてもずれないと言う点では他のいろんなヘッドホンにはなかなか無いアドバンテージ。
そして低域の質は言わずもがな。
本当に重い系のメタルを聴く人、頭をガンガン振ってヘッドホンがずれて困るという人には良いと思われます。

スポンサーサイト

【アルバム】R.I.B. / Tankard【レビュー】

RIB


ドイツのベテラン酔いどれスラッシュメタルバンド、Tankardの16thアルバム「R.I.B」(2014年)です。
10曲収録。


いやあなんとバカっぽいジャケ!!
最高ですね!
C2H6O・・・エタノールですな、ホントに酒好き、アルコール好き。


サウンドは今風な音に少々の古めかしさを混ぜた曲を同じようなスタイル、テンポで突き進むタイプ。
突き進むと言っても初期の頃のような爆速曲は無く、良いノリを保つ程度のスラッシーさです。
過去にレビューしたThe Beauty and the Beerは大好きです。

ギターはガリッと柔らか!暖かい硬さのある矛盾ギターサウンド!
とでも言いたくなるガリガリジャリジャリと削られるような硬さを感じるのに、何故か温かみのあるような不思議だけど癖になるような音ですね。

ベースは高域がかなりベキッと、ベリッとしていてそのうちその音に気が付かなくなるくらいにギターと混ざる。
残りはしっかりと低域を支えているようですが、今までのTankard通り比較的軽い音作り。

ドラムは観客視点での配置のようですね、最近あまり聴かなくなった(気がする)配置です。
バスドラム、スネアは控えめな音ですが、全体的にしっかりとしていて悪くない。
そんなにドコドコ鳴らすのではなく、スタスタとスラッシュなビートを刻むことが圧倒的多数。

ボーカルは相変わらずの歌いっぷり。
しゃがれめで高めの声を活かした叫ぶように歌うスタイル。
歌としては(多分)上手くはないがこのスタイルのスラッシュのボーカリストとしては上手い。


各トラックのレートは、


#1 War Cry ★4
#2 Fooled by Your Guts ★4
#3 R.I.B. (Rest in Beer) ★4
#4 Riders of the Doom ★4
#5 Hope Can't Die ★5
#6 No One Hit Wonder ★4
#7 Breakfast for Champions ★4
#8 Enemy of Order ★3
#9 Clockwise to Deadline ★4
#10 The Party Ain't Over 'Til We Say So ★3


Top3は、


#5 Hope Can't Die
全体的に正統派臭の漂う曲。
おどろおどろしい曲調や、勇ましい曲調など盛りだくさん。
ときどき左右の非常に極端な位置にこっそり配置されているフェイザーの効いたギターが良い味。
ギターソロのコード進行に、ソロのメロディが非常にかっこよい。
うーん、やっぱり正統派臭がなかなかに多い。


#4 Riders of the Doom
3連符の系譜再び。
3連符のノリの良さと、3連符中心のギターリフのかっこよさは異常。
ここでもやはり正統派のような臭いが・・・
こんなに正統派の臭いが混ざるバンドだったっけ?


#7 Breakfast for Champions
むむむ、なんだこのGrave Digger臭は!
いやでもスラッシー。

ああ、R.I.Bも捨てがたい。。。


うむ、安定しております。
意外にも多く正統派臭が含まれている気がしています。
やはり初期の頃のTankardとは変わりましたな。
しかしこっちはこっちでまた良いし、本当に安定して「超絶優良」まで行く曲はないが「不可」が皆無という状態でまずまず。


評価 ★4


動画はR.I.B



DTM用ノートPC&今後のDTMの方針 覚書

今使っているノートPC、2010年に買ったNEC製のLavieG Lです。
もう5年目に入り画面がファミコンみたいにバグったり、稀に起動しなかったり、この前Dドライブが吹き飛んだため交換したりしました。
そして最近メモリ不足に悩んだり、Wave ArtsのTube Saturatorを使いたいのに今のPCにはCPU負荷が高過ぎてまともに使えなかったり、とそろそろ替え時?と思っています。


PCとか

とりあえず今現在のノートPCのスペック。
サイズ:15インチ
OS:Win7 64bit
コア:core i7 M620
CPU:8GB(4GB×2)
クロック数:2.67GHz
Cドライブ:SSD 180GB←交換しました
Dドライブ:HDD 500GB 7200rpm←交換しました

以前載せたものからドライブが変わっています。


では今現在の要求をまとめる。
1、画面もうチョイ大きいのがいいな、15インチ→17インチ?
2、メモリがもっと欲しい、8GB→16GB
3、CドライブはもちろんSSD 256GB以上
4、Dドライブは今のPCから持ってくるのもあり、でも出来れば1TB
5、冷却性能が高いほうがいいな!BTOにて高品位グリス塗布?
6、プロセッサーはi7 4710MQくらいあればいいなと思うけど、もしかしてi5の上位陣でもOK?
7、OSはWindows7を積みたい。

こんなところかな。

んで優先順位を付けるなら。
2=3>7>6>1=5=4


2、3が優先なのは当然として、

7、
これは安定性を重視してWindows8.1より7、Home PremiumよりProfessionalが良いのかは考え中。

6、
これはずっとi7 4710MQ以上で考えてたんだけど、メモリ8GB×2枚でいくからクァッドコアの意味は無いんだよね。
そしたらあとは処理能力。
i5の上位陣はなかなかの性能だと聞くし、それでもいいんじゃね?と思えてきた。
今のi7は初期のデュアルコアのやつだし。

んーでもこれ見たらi7 4710MQ以上のほうがやっぱり良さそうかな・・・
でもこの二つ(i7 M620i5 4210Mやそれ以下)で見ると、現PCのi7より最新のi5のが余裕で良いんだよね。
悩む。

1、4、5は出来ればって感じだけど、
17インチは組み合わせ自体は色々出来て選びやすいし今のPCキャリーバッグには入るので17インチ濃厚。


予算は15~17万円、もしそれより安くなるんならそれでもいいな。
ってことで今は、

サイズ・・・17インチ
プロセッサー・・・core i7 4710MQ
メモリ・・・16GB
Cドライブ・・・SSD256GB以上
Dドライブ・・・搭載出来るならOK
OS・・・Windows7(出来ればProfessional)

を最低条件にして探してるところ。
誰か、良い案があったらアドバイスをくださいorz

(2015/4/14追記)
新PC買いました、購入したPCの記事はこちら
PC記事


では、やっとこさ今後のDTMに関しての覚書。

・ドンドン曲作ろうぜ!→ゆきづまったー活用しまくるのも良いな
・これまでは曲が出来た!と思ったらすぐ公開→今後は1日置いて聴き返してみるかな・・・
・ミックスするときギターにEQでブーストするの意味なくね?→サチュレーターなどでブースト後EQでカットのみ
・だからbx_saturator V2欲しい・・・→クリスマスセール狙い
・音圧は本当に重要か?この前のDominationは最近の中でも音圧低いほうだが特にカッコいい音になったとは思うぞ
(謎のお曲さんはちゃんとやってないので除く)


この辺を意識して作ってみる。

【オリジナル曲】Domination【スラッシュメタル】




ちょいと短い曲になりました。

これも前回と同じくゆきづまったーでお題を作ってそれを元に作ったのですが、お題とあまりにもかけ離れているためお題は載せませんw
とりあえず、前回と同じく6/8拍子です。

前回のかなりふざけた感じからは離れて真面目に作りました。

使用音源は、
リズムギター:VS HEAVY 7Z
リードギター:VS HEAVY 7Z
ベース:Shreddage Bass Picked Edition
ドラム:Steven Slate Drums4

主なプラグインエフェクトは、
IKのT-RackS系、Brainworx(Plugin Alliance)のbx_digital V2とbx_XL V2、Tone BoostersのTB CompressorやTB EQ、Studio One付属品です。


Brainworxのプラグインすげえわ・・・
[ 2014/12/14 05:21 ] DTM オリジナル曲 | TB(0) | CM(2)

【アルバム】Free Beer...Surf's Up!!! / Alkoholizer【レビュー】

Free Beer Surf's Up!!!


今回はイタリアのスラッシュメタルバンド、Alkoholizerの2ndアルバム「Free Beer...Surf's Up!!!」(2014年)です。
10曲収録。


初めに言っておきます。


もう最高ですわー



ジャケットはAlkoholizerでお馴染み?のイノシシさんがサーフィン中。
大ダコに取られたビールを取り返しに行ってるところですね、完全にTankard状態ですね。
サメに襲われてるのかと思いきや、並び的にサメともビールを取り合っているようです。


内容は酔いどれ突貫スラッシュメタル。
オールドスクールな音でかなり刻みが多いタイプのバンドですね。
非常に攻撃的。
前作よりかなりしっかりした音です。
でもギターがすごい音なのは相変わらず。

ギターは唸りのようなガリッとした音で非常に力強い。
刻みも非常に速くなんともすごいテンションの高さ。

ベースはさほど重くは無く、高域のアタック感が少し強め。
若干ギターに押され気味かな。

ドラムは交代したみたいですね。
ドラムはだいぶ強調されてるけど古めかしいドタドタな音のバスドラム、スネアはパッシンタカタカで要は弱め。
金物は何か音が悪いような、ハイが押さえられたようなイメージを受ける。
DTM風に言うと暖かみがある、的な?

ボーカルも今回交代しています。
ですが前作のときのボーカルと似たタイプの歌い方ですが前作より低音が強めで力強く、交代によって良い方向へ進んだパターンです。
ただ、前ボーカルのようなハイトーンは少なめになりました。


各トラックのレートは、


#1 The HogMosh - Nozno Strikes Back!!! ★5
#2 Faceless ★4
#3 Surfin' Beer ★5
#4 Breathalize and Destroy!! ★5
#5 System Aberration ★5
#6 Never Come Back Sober... ★5
#7 Antisocial Trap ★4
#8 Skating Madness ★5
#9 Mind Pollution ★5
#10 Stop Hit Off the Ghetto - Join the boar Party!!! ★5

Top3は、


#3 Surfin' Beer
ふぉおおおおううぅぅぅぅー!!!
そんなイントロが最高にきもちいいです。
超高速ノリノリ突貫Thrash 'n Rollって感じで、リフの音階上下がそんなに複雑なものではないのにすごく良い。
ギターソロの一部にエジプシャンなような、Misirlouの一部のようなフレーズを突っ込んでくる。
イケイケノリノリ突貫具合が最高。
物凄いテンション上がるからタバタプロトコルやるときに流すと超全力になっちゃっていい感じ。


#1 The HogMosh - Nozno Strikes Back!!!
アルコライザーコールで開幕!ジャガリコかよ!
その後はゆっくりめなリフなんだけど、焦らして焦らして超速リフに切り替わるのがニクイ。
そのときのギターのうねるような粘りがすごくきもちいい。
イントロ長い。


#5 System Aberration
ハイトーンで
ふぉおおおおおおおおおおおおおおおおーーーーーーーう!!!
これ好きなんだね。
これまたすごいテンションの高さ。
ふぉおおおおおおおおおおおお゛お゛お゛ーーーーーーーう゛!!!


どの曲にも必ずどこかにすごく良いリフを突っ込んでくる。
かなりツボを押さえてるし、力を入れるところと抜くところを心得てる。
こいつらすごい。
#10はいろいろ意見があるかもしれないけど、やはり突っ込んでくるリフがすごくいい。
全体的に16分の刻みと8分の刻みの切り替えが絶妙。

そして何回も聴いてて気づいたんだけど・・・#10の終わり方が#1に繋がるやん!
すげえ!無限ループ!

1stもすごく良かったけど、これもすごい大当たりです。
でも、1stってレビューしてなかったっけ?したような気がするけど記事が見つからない。


評価 ★5+


動画はSurfin' Beer


【オリジナル曲】謎のお曲さん【ヘヴィメタル】




一応VS HEAVY 7Z使用

意味がわからないよ


ということで、ツイッターでわいんさんに教えてもらった「ゆきづまったー」というものでお題を出してもらいました。














( ゚д゚)











( ゚д゚ )










こんなお題が出ました。



あなたの愛する人は、
今年の冬、
屋根の上で、
忍び足で、
血を流した。

そう、安らぎを感じながら。

そのとき、ふと青いベンチが目に映った。

そしてあなたは腹立たしいと感じる。

真実を知りたかったから。


そんなとき羽・陽炎・唇という言葉が浮かんできた。


そのときの情景を、あなたはキーC#(D♭)で、

かつ拍子を6/8、

アップテンポで、

コード進行は【C-F-C-G7-Em-F-C-G7】(key=Cの場合)をモチーフに、

エモーショナルな顔つきで作曲すると、

名曲が生まれる予感。





仕方ないのでこれを出来るだけ踏まえるように作りました。
コードのところはキーがC#に指定されていたので【C#-F#-C#-G#7-E#m-F#-C#=G#7】となるでいいんだよね?いいんだよね?(理解してない)

結果、謎の曲の完成。
コードは
C#←使った F#←使った G#7←忘れてた E#m←G#7飛ばして使った

6/8に従った。
アップテンポというか、破壊的ブラスト。
前半のイメージガン無視ですわ。

すんごいテキトーに作ったのでドラムもほとんど弄ってないし、ミックスマスタリングテキトー、2日で合計5時間を切る程度です。
テキトー過ぎ邪悪過ぎ意味不明過ぎワロタ。

ブルデスを作る人の気持ちが少しわかりました。
誰かボーカル入れてみてください。

強引に焦らし効果狙いました。




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。