We need another Metal (and beer)!

メタルCD、ヘッドホン、DTM、プラグインのブログ。オススメが多いです。
SoundCloud
プロフィール

やまちゃ

Author:やまちゃ
スラッシュメタル大好きっこ!
質問したい方はAsk.fmからどうぞ
[Ask.fm]

検索フォーム
カテゴリ別検索
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Twitter
ブログRSS

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

【アルバム】Downfall and Rebirth / Northland【レビュー】

Downfall and Rebirth


あーなんて久しぶりのアルバムレビュー。

久しぶりなところですが、その前に若干聴き方?聴くときの意識?が変わりましたので先に言っておきましょう。
知っている方もいるかと思いますが、youtubeでラウドネス・ノーマライズが導入されたことがちょっとした話題になっております。
「これで音圧戦争に終止符が打たれる!」とか、「ふざけんなク〇野郎音圧の違いも曲の特徴じゃねえか!」とかいろいろ言われています。
なんにせよyoutubeにはこれまで見たいな海苔波形の曲は不要になるわけで、曲のダイナミクスを確保したほうが曲として活きる状態になったわけです。
この動きがyoutubeだけに留まるのか、それとももっと広がりよく知るところではSoundCloudなどでも導入され始めるのか、注目したいわけです。

一番の注目はiTunesとiPhone、この二つには既にサウンドチェックという、youtubeとは度合いが異なりますがラウドネス・ノーマライズが行われる機能が搭載されています、デフォルトではOFFになっています。
これがデフォルトでONに変わるのか、そしてそれがいつなのか。
サウンドチェックがデフォルトでONになったとき、ほぼ100%音圧戦争の終了と考えて良いでしょう。

長くなってしまいましたが、つまり意識が変わった部分とは「ダイナミクス」です。
どちらに動くにしてもこのダイナミクスを活用する方法を覚えておくことに損は無いでしょう。
因みに最近作った曲もこのダイナミクスを確保することを意識して作っています、まずはyoutubeに合わせて。
(まだyoutubeに投稿してませんがw)
これまでのような圧があれば良い音カッコいい音、圧が低い音は古い音、という意識を取り払ってレビューとDTMを行っていきます(=゚ω゚)ノ


ではではレビューを。
今回はこのブログの初期にレビューをしたスペインのヴァイキング、フォークメタルバンド、Northlandの2ndアルバム「Downfall and Rebirth」(2015年)です。
11曲収録。

実はツイッターでつぶやいたこともあるんですけど、このバンドの人たちからメールが来たんですよね。
ぜひレビューをお願いします!って、日本人スタップでもいるのかって思うくらいめちゃくちゃ丁寧な日本語で。
いやあ、レビュー遅くなって申し訳ない;


まずはジャケット、うーんと、うーんと、、、ナイアガラの滝の主!
そんな感じでよくわからないのですが、
広い湖の滝に草?地?属性っぽいドラゴンにも見える植物?
うーんよくわかんない。


とは前作と比べてもスカスカ加減は多少よくなってますね。
前作はだいぶコスッコスッって感じのスネアに、軟らかめなジャキンジャキンギター。
悪く言えば薄い印象でしたが、今回はちょっとだけ濃くなっています。

全体的な雰囲気としては前作と大きくは変わらずでヴァイオリン、フルートが重なる軽快なサウンド
アコーディオンが減った?
あれ好きだったんだけどなー。


各トラックのレートは、

#1 When Nature Awakes ★4
#2 Bloodred Sunrise ★5
#3 Together We Die ★3
#4 The rite ★3
#5 Fury´s Unleashed ★4
#6 Duskriders ★5
#7 Spirit in Darkness ★4
#8 Whispers in the Wind ★5
#9 Downfall and Rebirth ★5
#10 Moonlight Spell ★4
#11 Newborn Star ★4


Top3は、


#6 Duskriders
これよこれ、このバンドは本当にこういう引きが上手い。
引く場面に持ってくるクサ過ぎるフレーズと、そこから爆発するかのような曲展開が大好き。
これこそが、私が1stのレビューでも言ったEquilibriumより好きってのはここから来てますね。


#8 Whispers in the Wind
なんか1stでも聴いた雰囲気、でもなんか違う、そのバンドの特色、いわゆるNorthland節があるな。
3連譜が効いたフレーズがノリをよくしてていいね。
中間の重くしたかったと思われるパートは、あまり重くないw


#2 Bloodred Sunrise
若干激しくも大人しめな雰囲気のヴァイオリンとフルート。
シリアス系で大部分をグロウルで占める。
そんな中のサビで少しだけクリーントーンを使う、ニクイ演出。


全体的に1stのような超クサクサメロは減っており、そして全編通してシリアス路線。
1stのThe Old Town's Innのような要素も欲しかったなとは思います。

しかしなかなか悪くない。
Duskridersはいいね、このメロディにこの展開、この強弱の付け方はかなりかっこいい。


評価 ★4


動画はDuskriders



スポンサーサイト

【Tone Boosters】TBのプラグインをオススメする記事【レビュー】

以前にもちょっとオススメしましたが、今回もうちょっと本格的にオススメをしてみたいと思いますw
以前の記事

今回は以前に書いたTrackEssentialsだけでなく、BusToolsで購入したもの、購入しなくても良い感じに使えるもの、買ってないしデモだと不便だけど今後買いたいものを紹介します。




◎購入したものの中から
主にTrackEssentialsからです、それに1つだけBusToolsから買いました。

〇TB Compressor
TB Comp動作時

【SSD4】Steven Slate Drums4の使い方解説【ドラム音源】

以前も紹介しましたが、非常にテケトーーーな記事だったのでもうちょっと詳しい記事を書こうと思いました。
過去記事


ということで、SSD4です。
以前紹介しましたが、Steven Slate Drums4 Platinumを(だいぶ前に)買いました。

今回はCubase Pro 8での使い方です。
(恐らくCubase 8シリーズは同じですし、他のDAWでもほぼ同じです。)


〇ドラムキットの読み込み
まず音源の立ち上げ先はRack Instruments推奨です。
なぜかというとパラアウトを行うためです。
せっかくのドラム音源だからドラム一括で音をいじるよりも一つ一ついじりたいですよね。
これは動画を用意しました、こんな感じです。
中には顔が映りこんでる動画がありますが気にしないでください(笑)



【Amplitube】初心者のためのメタルな音作り手順解説!【アンプシミュの使い方】

今回はAmplitube CSのプラグイン解説と言うよりも、アンプシミュ全般におけるメタルな音の作り方の解説です。


まずはなぜこういう解説を書くのかと言うと、
DTMでメタルな音を作りたいけどこれまでギターとか触ったことない方、音の作り方なんて全くわからないと思いません?
ネットで調べても基本は実機アンプを使ったものだしイマイチ参考にならない、そう思いません?

私がそうでした。
ギターを(あまり)触ったことがなく、ましてやでかいアンプなんて触ったこともないのでわかるはずもない。
もちろんネットで調べてもイマイチピンとこなかった。

そんな方たちへのヒントになればと思います。

因みに私は結局実機アンプの解説動画をヒントに試行錯誤しましたw


〇今回の使用プラグイン
・ギター:VS Burst LP
VS Burst LP

【音源あり】コンロでお米を炊く!

本日はいつもの記事とはちょっと趣向を変えまして、コンロでのお米の炊き方を記事にしたいと思います。

どういうことかと言いますと、私はアメリカへ出張していることが多いのです。
すると当然お米がなかなか食べられません。

アメリカのホテルは部屋にキッチン付きタイプとキッチン無しタイプがあり、出張者は基本的にキッチン付きを利用します。
なのでお米を炊飯器無しで炊く方法を試しました。


今回使用するお米はこちら、
「カリフォルニア産ささにしき 夢」
夢




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。