We need another Metal (and beer)!

メタルCD、ヘッドホン、DTM、プラグインのブログ。オススメが多いです。
SoundCloud
プロフィール

やまちゃ

Author:やまちゃ
スラッシュメタル大好きっこ!
質問したい方はAsk.fmからどうぞ
[Ask.fm]

検索フォーム
カテゴリ別検索
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Twitter
ブログRSS

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

【Ilya Efimov】Fretless Bassを使う【5弦フレットレスベース】

201603Fretless_1


去年末ですが、Ilya EfimovのFretless Bassを買いました。
なので、以前紹介したBassysm Fは速攻で見限りました。
Bassysm Fの記事


何が違うかっていうと色々違うんですが、まずは奏法の量ですね、
これ見て!
スポンサーサイト

【アルバム】Braindead / Lost Society【レビュー】

Braindead


フィンランドのスラッシュメタルバカでスラッシュメタルバンド、Lost Societyの3rdアルバム「Braidead」(2016年)です。
10曲収録、うち過去のTerror Hungryの別バージョンが1曲、ライブ音源が1曲。


ジャケットは監禁された女の人?
扉のほうへ向かって坂になっているようにも思えるような書き方で、そこはそびえ立つ壁という雰囲気を出したのかな?
これまで以上にB級臭するジャケットになったような気がします。

中身はモダンで1級品なスラッシュメタル系、グルーヴメタル系です。
そうです、グルーヴメタル系な要素が多く入ってきました。

音は全体的に2nd寄りの音。
隙間の少ないエッジの立ったギターの音。
前作同様低域が少なめのようです。
ベースは主張が激しめ硬質な音、ちょいちょいグリッサンドをフレーズに盛り込んで主張する。

ドラムは2ndよりも重心低めで、スネアの広がりがいい。
以外にもキックは高域をさほど上げていないように感じる、その分低域のパンチーさがよく出てる。
金物類の広がりがかなり広い
ハイハットの細かい打ち分けが気持ちいい。

ボーカルは高域成分多めの叫ぶ吐き捨てタイプですが、若干イメージが変わったような。
うーん曲によるのかな、スロー~ミドルテンポな曲は特にボーカルのタイプが変わったようなイメージを受ける。
Panteraのフィルみたいな感じが強くなってる。


各トラックのレートは、


#1 I Am the Antidote ★4
#2 Riot ★4
#3 Mad Torture ★5
#4 Hollow Eyes ★4
#5 Rage Me Up ★5
#6 Hangover Activator ★4
#7 Only (My) Death Is Certain ★4
#8 P.S.T.88 ★4
#9 Terror Hungry (Californian Easy Listening Version) ★4
#10 Overdosed Brain (Live) ★4


Top3は、

#3 Mad Torture
アルバムを聴き始めて最初のスピード曲!
軽いノリにテンポよくボーカルを乗せて進んでいくいつものタイプです。
中盤の落とし方からギターソロの弾き倒し具合、そこからサビへの繋ぎ方がかなりLost Society!


#5 Rage Me Up
爆速超速曲!
こういう勢いでやりました的な曲もLost Societyには大事です。


#2 Riot
こういうゆっくりさは嫌いじゃない。
ゆっくりだけど勢いはある、ボーカルが煽る系でいいよね。
そして聴きどころは後半のボーカルとコーラスの掛け合いと、ギターソロの弾き倒し具合。


とりあえず一安心して良いです、大部分はいつものLost Societyです。
先行して公開された I Am the Antitodeが#1でかなりのグルーヴ重視、続いて#2もグルーヴ重視と来たら不安にもなりました。
しかしそれ以降は大体これまでと同じです。
そして#2ではいつも通りのギターソロでの弾き倒し具合だったので、その頃から「お?大丈夫っぽい?」とは感じました。

#8は知る人ぞ知る、私も知らない、というか聴いてないPanteraがああいうスタイルになる前の非常にダサい頃のアルバムからだそうです。
メタル通は見たことありますよね?虎漢?がナイフを持った絵がジャケットのPanteraのアルバム、あれからだそうです。
フィンランドでは1曲そういうマニアックな曲をカバーする風潮が出ているそうです、そういうの好きです。

しかし今回アルバムの内容を見ると、このアルバムで初出の曲は7曲、1曲カバー、1曲別バージョン、1曲ライブ音源、これで合計10曲とちょっと内容が少なくなってない?って感じました。
だって前作14曲、前々作15曲よ、どっちもカバー曲1曲ずつ。
ちょっとこれは期待され過ぎてレーベルがアルバムを急がせたのではー、なんて思います。


評価 ★4


動画はHangover Activator




【2016年2月まとめ】引き籠り充してました

○ブログ
201602

2月は日数が少ないと言うことを考えても1日平均が少ない。
やっぱり記事数は閲覧者数に直結ですね!
それにしても2/4は飛びぬけて多い、この日がコンプの説明記事を書いた日ですね。


201602キーワード



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。