We need another Metal (and beer)!

メタルCD、ヘッドホン、DTM、プラグインのブログ。オススメが多いです。
SoundCloud
プロフィール

やまちゃ

Author:やまちゃ
スラッシュメタル大好きっこ!
質問したい方はAsk.fmからどうぞ
[Ask.fm]

検索フォーム
カテゴリ別検索
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Twitter
ブログRSS

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

【アンプシミュ】いろんなアンプシミュを並べてメタルしてみた【聴き比べ】

持っているアンプシミュレーターをいろいろ並べてみました!
とりあえず音!





並べたアンプシミュは、
スポンサーサイト

【アルバム】Penalty by Perception / Artillery【レビュー】

Penalty by Perception


おっひさー(=゚ω゚)ノ
最近どんな記事を書いたらいいか迷ってたら全然書いてない系でしたーオオォォォ(゚ロ゚*)(゚ロ゚*)

ってことで、
デンマークのベテランスラッシュメタルバンド、Artilleryの8thアルバム「Penalty by Perception」(2016年)です。
11曲収録。

前作でボーカルが交代し、そんなに好評は見なかったですが果たして今回はどうか。
今回も同じボーカルです。

まずジャケットはいつもの死神さん。
死神さん、大鎌を使わずに大筒を使うんだね!
これは戦場?

音は圧力高め、詰まってる。
前作までよりもさらに高いと思います。
古い感じはしないけど、ベテランって感じの洗練された刻みが特徴的。

ギターはほんっっっっとーにジャリッジャリ。
もうこれしか言葉が見つからないくらい。
このArtilleryの音、刻みが大好きなんですよね。

ベースはギターに高域を渡しているのかバキバキ感はそんなにないですが、非常に重くキックより下に位置しているイメージ。
粘りがすごい!って言いたかっただけ。

ドラムはかなりギターに場所を渡してるように思います。
キックとスネアがすっきり目で、金物はかなり左右に広く配置。
タムもかなり極端な配置になってるように思います。
もしかしてパンを左右全振りのあの手法やってる?

ボーカルは前作と同じ人でパワーメタルとか正統派メタルを感じさせるタイプのボーカル。
中域がしっかりしてて、かなりしっかり歌い上げるタイプ。
歌い方に全然粗さが無くきっちりしている。


各トラックのレートは、

#1  In Defiance of Conformity ★5
#2  Live by the Scythe ★4
#3  Penalty by Perception ★4
#4  Mercy of Ignorance ★4
#5  Rites of War ★4
#6  Sin of Innocence ★4
#7  When the Magic Is Gone ★5
#8  Cosmic Brain ★4
#9  Deity Machine ★4
#10 Path of the Atheist ★3
#11 Welcome to the Mindfactory ★5

Top3は、


#1 In Defiance of Conformity
もうこの音で一発ノックアウトですわ。
右も左も刻みまくり。
このジャリッジャリのギターでメッタメタに刻まれると弱いですわぁ・・・
途中サビかと思ったらそのあとに本サビが出てくるタイプで、これが非常に今のボーカルとマッチ。
1曲目から前作でのボーカルの違和感を大幅に解消です。


#11 Welcome to the Mindfactory
だいぶスラッシュメタル的なフレージング!
そして特徴的な中東風フレージング!
ガリッガリな刻みがかっこよく、そして曲の組み方、一瞬雰囲気をガラリと変えるフレーズとセンスの多様さがいい。
AnthraxやParadoxみたいなしっかり歌うタイプのスラッシュ曲としていい感じに成立。


#7 When the Magic Is Gone
3作前のWhen Death Comeの雰囲気を感じる、タイトルだけか。
メタルバラード曲です。
When Death ComeのDelusions of Grandeurもバラード系なフレーズを多く含む曲でしたが、
これが一番ボーカルの力を引き出している気がします。


全体的にあれです、ボーカルに寄せたイメージがあります。
そこが前作でのボーカルの違和感が解消された要因かと思います。
バンドとしてそれは間違っていないと思うんですが、やっぱあれですね、Artilleryだと粗めのボーカルを期待しちゃいますね。
中東を思わせるようなフレージングは減りましたし、どちらかというとパワーメタル的な方向へ動いてる感じがします。
そのおかげか前作よりも違和感なく聴けました。

ギターの音が相変わらずすっっっごいかっこいい。
こんな音欲しいわぁって思います。


評価 ★4


動画はIn Defiance of Conformity



【Cubase】アフタータッチなどをノブやホイールに割り当てる【MIDIキーボード】

アフタータッチ非対応の安いMIDIキーボードを使ってるのに、アフタータッチを活用しまくる音源を買った人っていません?


私です(=゚ω゚)


私は今iRig KEYSを使っています。
これ。
iRig KEYS 


これ、アフタータッチ非対応なんですよね。
でも、SonokineticのHurdy Gurdy買っちゃったんですよね。

SonokineticのHurdy Gurdy、アフタータッチで唸りを鳴らす仕様なんですよね。
すごーく探しましたがSonokineticのHurdy GurdyのGUI上に唸り駒パラメーターは出てこないのでMIDI CC Learnが出来ません。
キーエディタからマウス入力でアフタータッチを弄るとKontakt内でCC#110に何かが割り当てられているのは見て取れましたが、ノブにCC#110を割り当てても唸り駒はウンともスンともジジジーとも言いません。

唸り駒、ハーディガーディをリズミカルな音にするのに使いたいですよね。
リズミカルにするならマウスポチポチでアフタータッチを打ち込むよりリアルタイムレコーディングで入れたいですよね。






アフタータッチ非対応のMIDIキーボード・・・
キーボードの設定でどこかにアフタータッチをアサインすることも出来ない・・・




ってことで何とかしました(=゚ω゚)ノキューベースで




○やり方

まずはインストゥルメントトラックを選んでインスペクターから「ノートエクスプレッション」を選びます。
ノートエクスプレッション 


それからパラメーターの欄でアフタータッチを選びます。
そしてパラメーターの下の欄で[MIDIの割り当てなし]の部分を好みのCCにします。
割り当て. 


もしくは[MIDIの割り当てなし]の右側にある[Ⅼ]をクリックして、割り当てたいノブやホイールを動かします。






これで好みのCC、もしくはノブにアフタータッチが割り当てられました。

ただ注意する点は、もともとの音源で使っているCC、例えばモジュレーション(CC#1)を割り当てると両方とも動いてしまう状態になっちゃいます。
まずは使用されていないCCをノブに割り当て、それから[Ⅼ]を使ってそのノブにアフタータッチなどを割り当てると良いでしょう。
幸運なことにSonokineticのHurdy Gurdyはモジュレーション(CC#1)を使用しません。
なので私はこれでモジュレーションホイールにアフタータッチを割り当てました。


これ、そのトラックのみに有効な設定のようです。
なので他のトラックでは通常通りのモジュレーションホイールの動きになります、便利ですね。

実際にアフタータッチに対応したMIDIキーボードとはちょっと違う動作になりますし、本来片手だけで操作ができるのがアフタータッチの利点ですが、両手で操作することになるので本当に限られた用途になります。


しかし、今回の私のようなパターンではすごい助かる!


ということで、ネットをめちゃくちゃ探し回ったけどそういう記事や情報が無かったので今回こんな記事を急遽書きました。


まあ、今後の記事を書くための布石なんですけどね(=゚ω゚)ノ
ではでは。

【2016年3月まとめ】浜松楽器博物館に行ってきました

○ブログ
201603

記事をあまり書いてないせいかアクセス数はだいぶ減ってます(=゚ω゚)
まあ、後半は日本に帰って忙しくしてましたし。

検索ワードとかは代わり映えがしないので省略。


○書いた記事
まとめ記事を除くと2つだけ。

3/2
【アルバム】Braindead / Lost Society【レビュー】

【オリジナル曲】Ahyahyai Song【スピードコア?】

とにかく思いつくままにやってみました。
何か面白いリード?シンセが出来たのでそれを使ってみました(やいやいやいイエーをベロシティで調節できるやつ)

曲名?思いつくままにつけました(=゚ω゚)




これ作る前くらいに、ずーーーっと前に買ったスピードコアのコンピレーションアルバムを聴いてたので多分そんな感じ(=゚ω゚)ノ
どれくらいかは忘れたけど良い感じに音圧稼いどいた(=゚ω゚)ノウルサイ
[ 2016/04/06 02:24 ] DTM オリジナル曲 | TB(0) | CM(0)

【オリジナル曲】ラスボス【深夜の2時間DTM】

だいぶ前の、3/5のお題ですが記事にするのを忘れていたので今更٩( 'ω' )و✧






ラスボスとのことですが、ラスボスってそれまでのストーリーありきじゃないですか。
そしたらどんなゲームのラスボスかってのも重要になるわけで、RPGなのかシューティングなのか各ゲーなのか、それとももっと他のものなのかが重要になります。
そこで考えたやまちゃ氏、

「RPGとかだとよくオープニング曲を利用したラスボス曲があるよな。丁度いいことに以前の深夜の2時間DTMでそんな感じのお題で作った物があるな。」


これのやつです。
【オリジナル曲】Began【深夜の2時間DTM】

なのでとりあえずRPGのラスボスで、このオープニング曲として作ったものを流用する方向で行きました。

そんで出来たのがこんな感じ。




構想と音色選びや、オープニングのほうの曲の呼び出すためにファイルを探すなどに時間がかかったためまだちょっと中途半端かなーと思います。
しかし2時間と言う制限時間がこの企画のルールですからね、(過去に大幅にオーバーしてたけど)できるだけそれを守っていきたいところです。
もっと練って続きを作っていけば相当な長さの曲になりそうですね。

まあ、気が向いたら(笑)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。