We need another Metal (and beer)!

メタルCD、ヘッドホン、DTM、プラグインのブログ。オススメが多いです。
SoundCloud
プロフィール

やまちゃ

Author:やまちゃ
スラッシュメタル大好きっこ!
質問したい方はAsk.fmからどうぞ
[Ask.fm]

検索フォーム
カテゴリ別検索
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Twitter
ブログRSS

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

【逸曲】The Toxic Waltz / Exodus【入魂】

Fabulous Disaster


さて、今回の一曲は、
アメリカのスラッシュメタルバンド、Exodusの3rdアルバム「Fabulous Disaster」(1989年)よりThe Toxic Waltzです。


そうExodus。
スラッシュメタルの始祖とも考えられるExodusです。
(Metallicaはスラッシュメタルが有名になるきっかけを作ったのね。)

以前レビューした、10thアルバムのような変化球の効いたものではなく、もっと直線的で直球なスラッシュを作ってるころの曲ですね。
Exodusの中でも特に評価の高い曲なのでは。
にしては、Bonded By BloodやExodus、Strike of the Beastなどの名曲の影に隠れがちです。


ジャケットは当時の彼らのマイブーム?バンド内ブーム?なのか、周辺のアルバムとあわせてなんか妙な写真です。
ほかにも車みたいなのに乗って鉄球に追いかけられながら笑顔なのもありましたね。


音は1989年のせいなのか、CD通して若干小さいです。
音質もさほど良いというわけではないです。

ギターはこの頃からというか、1stから変わらないExodusとイッパツでわかるようなジャリッジャリのギターですね。

ベースはギターを支える程度にベゴンベゴンなってる感じ。

ドラムはなかなかにリバーブがかかっていて音が広がる。
最近のスラッシュと比べるとバスドラムの音が控えめ。

なんといってもボーカル、スラッシャーに愛されたポール・バーロフに代わりスティーブ・ゼトロ・スーザが歌っているのですが、なんとも高音が効いてて癖になる声。
わかりやすく表現するなら、(バイキンマン+フリーザ)÷2って感じの声。
ポールとゼトロで人気が分かれるでしょう、私は現ボーカルのロブ・デュークスも好きです。


曲詳細


●イントロ
なんともノリの良いギターリフでスタート。
気持ちの良いジャリジャリなギターの音で、気持ちの良いリズムのリフを弾かれると非常に気持ちが良い。

●ヴァース
イントロからの流れそのままのリフ、そこに特徴的なゼトロのボーカルが入ります。
タメの効いたバスドラムも良い。

●プリコーラス
不思議な空間の取り方をするボーカルが最初に入ります。
イントロから続くリズミカルさを失わないギターリフには相変わらず頭を振られっぱなし。
合言葉は「With us! Exodus!」です。

●コーラス
「Everybody's doin' the 」「「Toxic Waltz!」」
とりあえず「トキシックワルツ!」
そう叫んどけばOKです。
ドコからドコまでもリズミカル。

●他
最初のコーラスの後に入るちょっとしたドラムフレーズが良いオカズ!
ソロ後はそのままスピードダウンして終わります。


若干、ホントに若干ですが、数ある名曲の中でもちょっと影の薄い。
しかし名曲であることには変わりなく、何度もリピートしたくなります。
それもそのはず、謎の魅力があるボーカル、気持ちの良い音を気持ちの良いリズムで刻む気持ちの良いリフ、癖になるほどのタメの効いたドラム。
そりゃあ勝手にリピートしちゃいますよ。

やっぱりExodusはかっこいいね!


関連記事
スポンサーサイト
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。