We need another Metal (and beer)!

メタルCD、ヘッドホン、DTM、プラグインのブログ。オススメが多いです。
SoundCloud
プロフィール

やまちゃ

Author:やまちゃ
スラッシュメタル大好きっこ!
質問したい方はAsk.fmからどうぞ
[Ask.fm]

検索フォーム
カテゴリ別検索
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Twitter
ブログRSS

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

【ヘッドホン】Pro2900 / Ultrasone【レビュー】

お久しぶりーです!
最近ちょっとヘッドホン&イヤホンスパイラルがひどいので、できるだけ我慢するようにしてます。


Pro2900


ということで今回はドイツのヘッドホンメーカー、UltrasoneのPro2900です。
価格.com最低価格(7/31時点):¥38,000


最近かなり値段落ちてますね。
私が買ったときは6月の終わりか7月の初め頃で、そのころ国内では4万を超えてました。
私はアメリカで買ったので円高のおかげで今の最低価格より安かったです。


○基本スペック
タイプ:オーバーイヤーヘッドホン
構造:オープンエアダイナミック型
ドライバー口径:40mm
インピーダンス:40Ω
再生周波数帯域:6Hz-42,000 Hz
音圧感度:96 dB
プラグ:6.3mm/3.5mm ストレート
コード長:カール3m(6.3mmプラグ)、1.5m(3.5mmプラグ)
質量:295g(本体のみ)
付属品:キャリングバック、ハードケース、スペアイヤパッド、脱着式ケーブル、デモCD


○外観
色は黒一色。
側面のメタルプレートと渦を巻いているオープンエアな部分がかっこよい。
が、ヘッドバンド内側のベロア地クッションがちょっとかっこ悪い。
着けてみると若干宇宙人な見た目になっちゃう。


○音域別音量分布図
超高:■■■
高音:■■■■
中高:■■■■
中音:■■■
低中:■■■
低音:■■■
超低:■■■■


○聴き比べた主な曲
#1 For Victory Or Death / Amon Amarth(メロデス/ヴァイキングメタル)
#2 Food For Vultures / Injury(スラッシュメタル)
#3 Emeral Sword / Rhapsody(シンフォニックメタル)
#4 Otsego Undead / Static-X(インダストリアルメタル)
#5 Windstill / Nachtgeschrei(フォークメタル)

気持ちの良かった順番
#4>>#3=#5>#1=#2

前評判では電子音楽が合う、と言うことを聞いていました。
なるほどインダストリアルメタルのような電子音を多く使った曲によく合う。
#4ではバッキバキなベースの倍音もよく出ており気持ちよかったです。
そしてシンフォニックメタルでは、高音付近が良く出ているだけに弦楽器などのオーケストラ系楽器の音が綺麗でした。
フォークメタルでも同じく高音の強い楽器が多いため良い感じに聴こえます。
今回聴いた#1ではメロデスと言いつつも電子音は無いタイプで、無骨で重い音を出しているため若干スピード感無く聴こえてしまいました。
スラッシュメタルはもともと電子音はほぼ皆無ですがギターの倍音がちょっと強調されていて、ギターのザクザク感は増していましたね。
それでも他の曲と比べると・・・って感じです。
また上記の#1と同じくスピード感がちょっと、ね。


○欠点
まずは頭頂部に当たるヘッドバンド内側のクッションが痛いです。
なぜこんな形のクッションを作ったのか・・・そのうち改造しようと思います。
他は全体的に良いのに、この点だけで・・・


○その他
ケーブルが脱着式というのは良い!
そして脱着式で6.3mmプラグと3.5mmプラグを付け替えると言う点も!
あと、スペアのイヤーパッドが最初から付いている点は高評価!
着け心地は頭頂部以外は上々、それだけに頭頂部をどうにかしたいところ。

音に関して言うと、S-Logic PlusというUltrasone社の特許技術のおかげかそのせいか、ヘッドホンを後ろにさげめ(ヘッドホンの前側に耳がくるよう)につけると高音が増します。
また、私的にはS-Logic Plusの作る空間表現はなかなか合います。
所々でリバーヴ具合が変えられている曲でも、その度合いの違いをはっきり表現していて気持ちが良いです。
低音は出てるー!と言うほどは出てませんが、超低音域が他のヘッドホンに比べて異様に出ます。
そのため、バスドラムなどのドラムの伸びや空間表現がなかなかに良いです。
低音は若干スピード感のないタイプな音なのでベースはのっぺりめに聴こえるのですが、高音域のスピード感はすごいので、この点でもドラムのスピード感が増して良いです。


○メタル度
中くらいかな。
モロに硬派なヘヴィメタル、電子音もオケ楽器も要らない、バンド形態だけで勝負!って音を鳴らすバンドの曲はさほど合わないようです。
しかし、インダストリアルのような音を出す曲では激変!
それらのような「ヘヴィメタル+他の要素」な音を出す曲にはかなり強いヘッドホンとなるでしょう。


関連記事
スポンサーサイト
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。